人気ブログランキング |
ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)





にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(291)
(120)
(69)
(57)
(48)
(47)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
その他のジャンル
リンク

・撮ったもの(iStock:Linoleums)
・好きな色や形(Pinterest:Karino Tohko)
・好きなものメモ(Untitled)
(tumblr Gallery : Untitled)



・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。


Twitter
@linoleums
連絡先として利用してきたexciteのメールサービスが終了するので、代わりにtwitterアカウントを貼っておきます。





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














タグ:雑貨 ( 291 ) タグの人気記事
2015年 10月 01日
一年ぶりのお風呂 (もうお風呂は腐らせない)
九月が終わった。
九月、15日ほどしかなかった気がする。


f0000211_23411786.jpg
昨晩、Rが「お風呂入れようか。寒くなってきたね」と言うので、湯船を洗ってお湯を張った。
お湯に浸かるのは一年余ぶり。
こんなに長くお風呂に入らなかったのって、人生で初めてかも知れない。


去年の秋にRが手術を受けて、傷がふさがらずお湯に浸かれないまま冬が終わって春も過ぎて、夏になって。
その間、風呂好きのRがシャワーで済ませているんだから風呂嫌いの私のためだけにお湯を張るなんてもったいない(というか、面倒な)ことをする必要はないと、一緒にシャワーで過ごしてきた。
一年ぶりのお風呂は、ぬるめの39度弱。
とろんとあったかい。

f0000211_23414732.jpg
(100円ショップで見つけた真っ白な湯温計。お風呂にぷかぷか浮かせるタイプ。
日本語が書いてあるけれどドイツ製で、100円だけどしっかりしてる)




九月に入った日曜日、そろそろお湯が欲しくなる頃かと風呂掃除したときに、思わぬものを見つけてしまった。

f0000211_2342185.jpg
カビカビだった二十年物の蓋から買い替えて満三年の、まだ白さを保てている風呂蓋の凸凹をブラシで洗って、

f0000211_23423757.jpg
裏も磨いて、

f0000211_23425637.jpg
立てて乾かそうと持ち上げて、窓からの日射しに蓋が透けたとき、

f0000211_2343157.jpg
ん? 何か緑色の芋虫的なものが…?

f0000211_23433342.jpg
驚いて日にかざしたまま全体を眺めると、端の方に緑色のものが溜まってる。

慌ててもう一度裏と表を確認したけれど、表面はちゃんと白い。
どうやら、空洞になっている内側に、苔状のものが発生しているらしい。
確か防カビ仕様だったけれど、コケは別?

洗うにも端のキャップは外れないし、無理矢理外して洗っても中が乾かず余計大変なことになりそうだし、日に透かさなければ見えないしで、見て見ぬふりすることにした。
端から侵出(滲出)してきませんように。



以前は、秋になって数か月ぶりに浴槽の蓋を開けたら、最後に使ったまま落とし忘れてたお湯からいろんなものが発生していたり、丸めて置いてあった蓋の間で置き忘れられた濡れタオルが腐ってたりしていた。
今は、湯船を使わない季節も定期的に燻煙するついでに風呂掃除をしているので、お湯もタオルも腐らせることなく、カビもなく、人並みの浴室を保てている。

まだ人並みでない部屋があるけれど、水回りが清潔だとメンタル保てる気がする。
いや、メンタル保てているから清潔な状態を維持できるのか。
このまま維持できますように。



      にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ



お気に入りの湯温計、目盛り部分のデザインが少し違うけれどこれと同じ商品のよう。
ベビー用だったらしい。
言われてみれば、裏側にも角がなく全部丸く処理されていて、温度管部分が手に触れないよう、へこんだ底にあるスリット内にかっちり収まっている。
 ↓


amazonにも目盛り部分のデザイン違いのがあった。
こっちは見た目もドイツ製っぽい。
日本でのあかちゃん用のお湯の適温は40度でドイツでは36度なのか。(40度、熱くないか? 冬温度? そう言えば前に使ってた温度計は、赤色で「ふゆ」青色で「なつ」とそれぞれの適温を指してたっけ)
TFA Dostmann社製。(売り切れ中)
 ↓

お風呂用温度計【かわいい魚クン】3681:amazon
by karino-tohko | 2015-10-01 23:50 | 日記
2015年 09月 11日
紅茶の標本
探し物をしていたら、2002年頃の写真が出てきた。
f0000211_2164558.jpg
本の部屋の窓辺。
テクストがプリントされた布地が好きで、薄地の白いカーテンにはプリントで、それに重ねたオレンジ色のカーテンには刺繍で、それぞれ筆記体で何か綴られている。
でも刺繍の方は色褪せて見えなくなってしまった。



そういえば、リビングにカーテン代わりに間に合わせで掛けたマルチクロスもテクスト入りで、間に合わせのまま20年以上経っている。

f0000211_217594.jpgこのカップボードの左手のクロス。
アイボリーに金色の手書き文字のプリント。
これも2002年の写真。
カップボードの中は、今もこの時のまま時間が止まってる。
(=10年以上前の茶葉やお茶用の砂糖がストックされたまま)



    にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
by karino-tohko | 2015-09-11 21:17 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 08月 17日
CDスタンドから水切りトレイへ
f0000211_2139771.jpg

六月二週目の日曜日にやったことメモ。


物を少し整理して、芽だらけになってたじゃがいも3個を庭に植えて、少し草を抜いて、密集していた青紫蘇の芽を植え替えて、浴室の石鹸受けの下の目地を塗り直して、寝室にルンバかけて、税金納付用のお金を下ろしてきて、買い物して、車のボンネットにべっちゃり落ちてた鳥のフン洗って、洗濯して、たまっていた牛乳パック開いて、ごみ出して、台所の出窓掃除した。

こんなにフルに動いてたのに、家の中は、出窓以外ほとんど変わってない。



台所の出窓を掃除したのは、この、ディッシュスタンド代わりに間に合わせで25年間使ってきたCDスタンドを撤去して、水切りトレイを置くため。
f0000211_21394089.jpg
このCDスタンド、食器が載っていないときはシンプルで小ぶりですっきりしていていいけれど、水切り中に下に水たまりができるし、出窓の奥まで手が届かないのでたまった水を掃除しにくいし、水がたまらないように吸水クロスを敷いたら(敷きっぱなしにするので)カビるし。

いっそ、世間の流れに逆らって今から(今さら)水切りかごを買おうかと検討し始めたところで、これを見付けた。
f0000211_21404458.jpg
水受けの付いたBew ベウ キッチントレーと、シリコンラバー製のBew ベウ キッチンマット(M)。(どちらも楽天にリンク)


f0000211_21411554.jpg
水切りトレイは、届いて実際に食器を置いてみると、サイズから計算してイメージしていたよりも小さい感じ。
ふたり分ならなんとかなるかな。


細いワイヤー製のと違って平面が多いので洗いやすくて、それだけでもかなり有り難い。
手軽にさっと洗えるし、水受けの裏にも小さな脚(というほどじゃない突起)が付いているので、出窓の掃除後やトレイを洗ったあと、乾くのを待たずにすぐ置ける。
f0000211_21413641.jpg

CDスタンドと違って、食器を片付けたあとフラットになるのも気持ちいい。
f0000211_2142310.jpg
こんなふう。


ラバーマットの方は、いつも洗ったあと置き場所に困っていたお弁当用のスープジャーとマグボトルの水切りにする予定で購入したんだけれど、
f0000211_21422969.jpg
(写真を撮る時点で乾いてたのでつい上向きに置いたけれど、伏せて使うつもりだった)


トレイを使い始めてみたら、洗った食器から水が落ちるのを気にしなくていいのが気持ちよくて、その分、グラス立てから水が滴るのがこれまで以上に気になってきたので、スープジャー&マグボトル用にするつもりで買ったマットをグラス立ての下に敷いて水受けにしてみて、
f0000211_21455876.jpg
でも、考えてみれば、マットがあるならグラス立てはなくてもいいよね、ってことで、
 ↓
この形になった。
f0000211_21463392.jpg
トレイ、長い方がちょうど出窓の奥行きと同じなので、縦置きで。

ステンボトルやスープジャーは、これまではCD立てに立てられなかったから他に置き場所が必要だったけれど、トレイにだったら食器と一緒に置けるんだった。(気付くの遅い)
f0000211_21465969.jpg


下にたまった水もさっと捨てられるし、軽くて洗うのも簡単だし、ストレスがずいぶん減った。
f0000211_21472383.jpg
(縁にかけて風通しよくしてる)

ただ、平たいお皿はちょっと置きにくいけれど。
f0000211_2147439.jpg


確か、お皿三枚ほどだけ置ける手のひらサイズのディッシュスタンドがどこかにしまってあったから、それを探してこのトレイの隅に置いてみよう。



 にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ



シリコンラバーマットの方は3色各3サイズあり。
(ホワイト、ブラウン、グレー×S、M、L)
 ↓



by karino-tohko | 2015-08-17 21:48 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 08月 01日
夜に磨いてた
続き。

ゴールデンウィーク最終日の夜10時前。(3か月遅れ)
リビングの収拾をつける前に、気付いたら電子レンジ周辺を磨いてた。
(Rが帰ってきて我に返った)
しまった。
f0000211_21445720.jpg
ホコリで触れない状態だったレンジ周りがすっきりしたのはいいけれど、座る場所がない。


磨き始めたきっかけは、いつか何かを軽く破裂させた、このレンジ内から。
f0000211_21103777.jpg
 ↓
f0000211_21105534.jpg
すっきり。


ついでに、電子レンジが載っている食器棚の上(に置いてあるものの上)にたまっていたほこりも久しぶりに掃除して、
f0000211_2111163.jpg
 ↓
f0000211_21113916.jpg


レンジの上でほこりを被ってた電気コンロ(電熱器)も掃除した。
f0000211_21115944.jpg
 ↓ 
f0000211_2116871.jpg
上から見ても白くてわかりにくいので、横から。
上面や持ち手部分に起毛したように積もってたほこりがなくなって、光沢が戻った。


トップのコイルの溝にもほこりがたまってたので、いったん溝からコイルを外して拭いた。
f0000211_21164167.jpg
今度からは上にアルミホイルをかけておこう。


レンジ脇のほこりにまみれたレトロトースターも、
f0000211_2117311.jpg
(もちろん使ってない。昔ヤフオクで「完動品」と出ていたのを落札して届いたら、中が掃除しても使いたくない状態だったので、そのまま持て余してる)

磨いてアルミホイルをかけておいた。
f0000211_21172870.jpg
(いや、ここに置いておいて誰かが間違って使ってしまってはキケン(衛生的に)なので、二階の雑貨置き場にでも移そう。←今、写真を見て思った)


横のテープカッターは、20年以上前に「レトロ!」と飛びついて買った、ずっしり重い鋳物製。
f0000211_21175411.jpg
重いから片手で簡単にテープが切れるだろうと思ったら、買った当初から刃が悪くて使いづらく、テープが必要な時にはリビングまで取りに行くようになって、このカッター台の存在は忘れてた。
テープもすっかり黄ばんでる。
刃はビス留めされてるから交換できそうだし、今度替刃を探してみよう。


反対側には、お気に入りのレシピケースと、昔買って持て余してる(けど、色合いがちょうど合うのでここに置いてある)陶製のジャーふたつ。
f0000211_21181842.jpg
これらもすっかり忘れてほこりを被っていたけれど、掃除した。
使おう。



壁と同じ黄土色になっていた冷蔵庫の天面も、
f0000211_2118401.jpg
(手前の角だけ、少し前までプラスチックケースが置いてあったので白い)
 ↓
重曹水だったかクエン酸水だったかを(適当に選んだので忘れた)スプレーして汚れを拭き取って、
f0000211_21195718.jpg
(油汚れがあるから重曹を使ったんだったかな。さっと拭くだけですっきり)
 ↓
茶色くなってたジューサーとトースターも、重曹かクエン酸かを振りかけて磨いて、
f0000211_21202570.jpg
(向こう半分をこすったところ)
 ↓
f0000211_21205190.jpg
ピカッ。
でも、このトースターも(こっちは結婚した頃に新品で買ったもの)、ターンテーブル型のを買ってから使わなくなったし、ジューサーも買った当初しか使わなかったし、そろそろ処分すべきか。

冷蔵庫が白くなったら壁の茶色いのが目立つようになったけれど、塗り壁なので水拭きすることもできず、このままそっとしておく。



午前1時。
磨く作業に没頭していたら、気持ちが少し落ち着いた。
シャワー浴びて寝る準備しよう。

(でも、このあとなかなか寝付けず、ベッドに入ってから4時間半ずっとうつらうつら寝返りばかり打ってたようで、翌朝はアラーム前にすっかり覚醒した)



この前日のリビングの片付け写真、一昨日更新した日記に入れるの忘れてた。
あまり変わり映えしないけれど、せっかく撮ったので載せておく。

5月5日、15時。
f0000211_2127050.jpg
 ↓
16時半。
ミニホットカーペットとブランケットを洗って、周りも少し片付けた。
f0000211_21273490.jpg

f0000211_21285431.jpg
その過程で写真手前の方に移動したものなど。
ここは通り道なので夜までに片付けないと。
 ↓
18時。
右手のヒーターの前や脇に積んであった紙類を少し整理した。
右手も一部床が見えた。
f0000211_21292310.jpg

f0000211_21301488.jpg
手前の通路部分は跨げば通れるようになった。


で、この状態のまま連休が終わってしまった。


    にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
by karino-tohko | 2015-08-01 21:40 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 06月 18日
25年目の刻印
結婚25年目の区切りの年だと気が付いたのは、結婚記念日の二日前
さらに、25周年は銀婚式だと知って、「銀婚式?? こんなままごとみたいなことしてるうちに?」と驚きつつ、記念に銀製品を買うことにした。


置いておくだけのインテリア物は銀製品だと黒ずみそうだし、時計は(静電気体質ゆえ)すぐに壊してしまいそうだし、指輪以外の装飾品はほとんど着けないし、指輪は20年目で買ったし…と消去法で考えて、残ったのは、お箸。

「銀のお箸…使うかなあ。っていうか、使いにくくないかなあ」
「銀のカトラリーも使わず持て余してるし」
「見た感じ、韓国料理店の銀色のお箸とあまり変わりないんじゃない?」
「夫婦箸、ってねえ…」
うん、夫婦箸って、なんか時代錯誤っぽいよね。
「でも、うちの親も、結婚のときに記念にもらったか買ったかした象牙の夫婦箸を20年くらい使ってたし、ずっと使えていいかも」(ずいぶん不仲な両親だったけれど。)

不仲でまったく見習いたくない親だったけれど、認知症が進んで何もわからなくなってしまった父と、ガン手術の後遺症で悪くなった足を引きずりながらも、ずっと嫌っていたその父を定期的に見舞う母の今を思うと、妙に切なくて、ひとつくらい両親に倣うことがあってもいいかと、そうしたくなった。

「お父さんとお母さん、夫婦箸使ってたの? じゃあ、そうする?」
なぜかRも、そこでふいに、箸でよくなったらしい。


選んだのは、明治13年創業の宮本商行という会社の製品。
明治の頃から「宮内庁御用達として宮家の食卓を彩り、迎賓館の晩餐で諸外国からの国賓をおもてなししてきた」銀製品を手掛けてきたとのことなので、ここの製品なら間違いないだろうと、迷うことなくこの会社に決めた。

最初、オンラインショップから銀製夫婦箸セット (宮本商行の商品ページへ)を注文しようとして、刻印する文字のことで問い合わせをしたところ、「大変申し訳ないのですが、リンク先の銀製箸は現在販売しておりません。ですが、別の銀製夫婦箸を弊社店頭にて販売しております」とのことで、21.5cm 25g(1膳)と19.5cm 22g(1膳)のセットを紹介してもらい、写真を確認して、そちらに名入れしてもらうことにした。


注文してから約二週間。
お箸が届いた。f0000211_1965292.jpg


注文はしたものの、銀製の箸の現物を見たことがなくどんなものなのかうまくイメージできていなくて、メールに添付してもらった商品写真を見ても「料理店の銀色のお箸っぽい…?」と、あまりピンと来ないままだったので、不安と期待でどきどきしながら包みをほどき、桐箱を開けた。
f0000211_1972024.jpg
どきどき。

おそるおそる、くるまれていた薄紙を開くと…
f0000211_197445.jpg
「…!」
ひと目見て、その美しさに感激した。
「白銀」のことばどおり、なんてなめらかで柔らかな光を放っていることか。

f0000211_1981357.jpg
刻まれた文字も美しい。


彫刻は、手に持ったときに文字が逆さにならないように、左利きのRの分は上から、右利きの私の分は下から彫ってもらった。
f0000211_1983554.jpg
入れてもらった記念の文字は、Rの片方には「17th, May 2015」、もう一本にはRの名前を。
私の片方には「25th wedding」、もう一本は私の名前で。(名前部分、ぼかしてます)


選んだ書体は英字筆記体。
見本から想像していたより繊細で美しい。
f0000211_1985663.jpg
4本とも、名入れした面の裏の一番端に、宮本商行さんのシンボルのクラウンマークが刻印されている。

f0000211_1993552.jpg
天の部分には「銀製」の刻印。
(普通に撮っただけなのに、神々しいくらい白い光を湛えてる)


使い心地は、商品ページに
「中空のため、軽くて持ちやすい銀の箸です」
「熱伝導に優れた銀ですので、金属独特の冷やりとした感触が少なく、口に入れたときもやわらかな質感で、食べ物の風味を損ないません」
とあるとおり重さは感じず、柔らかいというよりも、この上なくなめらか。
舌に当たる感触は、まるで水銀の玉が転がるようで、箸と舌の間につるりと逃げる空気の層があるかのよう。

手に持った感じはこんなふう。
f0000211_19102620.jpg

陰になっても、明るく柔らかな色。
f0000211_19105479.jpg
(ポーズを取ってもらったのでなく食べているところを撮ったので、左利きで箸の持ち方がイマイチなのはご容赦)


なめらか過ぎて木や竹の箸に比べるとやや持ちにくいけれど、「お使いいただくごとに手に馴染んでくると思いますので、楽しく毎日のお食事にお使い頂ければと存じます」とのことで、このお箸を使いこなせるようになるのも楽しみ。
箸自体が熱くなる鍋物や(やけど注意)、つるつるすべるうどんなど以外は、普段の食事はこのお箸でいけそうだし、空気に触れると硫化して黒ずむ銀製品は、日常的に使うことで輝きを保つので、「とっておき」にせずこれから毎日使いたい。
(食器によってはこの箸が当たって苦手な金属音がするものがあるけれど、音を立てないよう丁寧に食べる練習ってことで)


細かな問い合わせにも丁寧に対応してくださった宮本商行様、素敵な記念の品を、どうもありがとうございます。



流し台の隅で黒くなってるアンティークの銀のカトラリーも、今度、銀磨きでピカピカにしよう。

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
by karino-tohko | 2015-06-18 19:51 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 05月 11日
白い泡立てネット
しっかり更新する間がないので、細かい更新を。


f0000211_219184.jpg
ずいぶん長く使ってきてぽろぽろ破れ落ちるようになってきた洗顔ネットを

f0000211_21102331.jpg
買い換えた。
無彩色のものが欲しくて、でもあちこち探してまわる間がなかったので、MUJIで調達。



元のは引っ掛け部分がグレイのサテンリボンだったのが、
f0000211_21113971.jpg


乳白色のプラスチックの輪っかになった。
f0000211_2112832.jpg


落ちそうだったので輪っかをもう少し引っ張り出して、ハンドルを横にして、すこんと嵌める形にした。
f0000211_21123339.jpg


無印良品のネットは袋から出してみるとコシがなくてふなふなで、最初「これでしっかり泡立つ?」と思ったけれど、前のより目が細かいからか、クリーミーな泡がちゃんとたっぷりできた。
ただ、目が細かくてしんなりしている分、前のシャキッとしたのよりはやや乾きが悪そう。



わかったこと。
ブログは写真の整理やリサイズに時間がかかるんだと思ってたけど、単に文章書くのに時間がかかるんだった。
文章が短ければ写真が複数枚あっても合間見て更新できる。

最近文章がほんとうにまとまらなくなってきて、アタマの劣化が心配。

      にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ



お気に入り。
(でもハンドルの向こうのパイプ部分がサビます…)

Present Time ホット&コールド フック

Present Time ホット&コールド フック
価格:2,100円(税込、送料別)



by karino-tohko | 2015-05-11 21:23 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 13日
ヌメ革のバブーシュ
金曜日から風邪をひいてしまっているけれど、これ以上ガマンできないくらいに髪がぼさぼさに伸びていたので、日曜日にカットしてきた。

「どんなふうにしますか」「襟足ぎりぎりのショートボブでお願いします」「思いきり軽くしていいですか?」「はい、お願いします」とやってもらったら、シルエットが自分じゃなくなった。
f0000211_21482039.jpg
(背中のデコボコはカーディガンのフード)

私の思ってた「軽く」と違う。
そもそも私の思う「ボブ」には段や凸凹ラインはない(勝手な私基準)。これは私の中ではボブではなく「段カット」(って今でも言う?)
今度からは「短いおかっぱ」と注文しよう。



帰りに、最近新しくできた街路の一角でパンを買ってきた。
f0000211_2149495.jpg

f0000211_21502935.jpg
パリ風の造りを意識したパン屋さんだそうで、内装はともかく、スタッフの人の線の細い輪郭や陶器のように白い肌にさした赤味や睫毛がほんとにパリジェンヌ風で見とれてしまった。



同じく、その中にあった雑貨やさんで、ヌメ革のバブーシュを買ってきた。
f0000211_21511617.jpg
いつものモロッコ製の柔らかな羊革のバブーシュでなく、ごつごつした牛革のインド製で、素のままの革の色とザクザク刺されたステッチに一目惚れ。
f0000211_21514329.jpg

ちょうど、普段家の中でスリッパ代わりに履いてるバブーシュの側面が破れかけてきたところ。
底にがっしり厚い芯が入ってるので柔らかくしならないけれど、その分、いつものより長持ちしてくれそう。
f0000211_2152994.jpg





  にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ
by karino-tohko | 2015-04-13 21:59 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 06日
自家製表札修理
先月分。
物凄い勢いで時間がびゅんびゅん過ぎていくことにあせる中、私がしっかりしているうちにやっておかなきゃ、と気になりつつ長年放ってあったことに、手を付けた。

やったのは、表札の修理。
玄関に付けてある表札は、家を建てる際に使いたい建材を探してメーカーを回っていたときにもらってきた資材見本と、大学の頃から持っていた銅の切り文字とで作ったもの。
間に合わせのつもりだったのが、そのまま二十数年。

f0000211_1947237.jpg

その切り文字がぽろぽろ取れ始めたのは数年前。
落ちた文字は玄関のトレイの中に集めてあったけれど、Rはそんなこと知らないし、他の細かいものと混じって「よくわからない要らないガラクタ」のようになっていたので、もし不意に私の身に何か起きたら表札は永遠にあのままで、今まだかすかに残っている接着剤跡もそのうち消えて、いずれ判読できなくなって郵便物が届かなくなるんじゃないかとずっと気になっていた。

いや、表札を出していない家はたくさんあるし、それに、落ちた文字を見付けられなくてもホームセンターで新しい表札を簡単に作れるし、何なら厚紙にマジックで書いて貼っておいてもいいんだけど。
Rはそんなことしそうにないし、万が一老後に年金や保険なんかの重要な書類が届かなくなっても気にせず放っておきそうで、なんだか不安で。

不安なのに、それを付けるための接着剤を買ってくるまでに数年。
実際の作業はほんの数分で終わった。



金属・陶器用の接着剤を買ってきたついでに、前に二度補修したのにまた接着剤が剥がれていた陶製のミニバスタブ型のミニソープディッシュをひっつけた。
f0000211_194858.jpg
浴室の窓の鍵置き場にしているもので、接着剤が合っていなかったのか、それとも濡れた鍵を入れるからか、修理しても数年で接着剤が取れてしまった。
今度は長持ちしてくれますように。



   にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
by karino-tohko | 2015-04-06 20:03 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 03日
ドイツ製のブラシクリーナー
f0000211_20365337.jpg

昨日のミニ毛玉取りブラシの日記でタイルの上の写真の手前に写っているのは、ブラシに絡まった髪やほこりを取り除くブラシクリーナー。
一緒に写っているヘアブラシと同じ、レデッカー社のもの。
ヘアブラシ自体がやや小ぶりなのでわかりづらいかも知れないけれど、ブラシクリーナーは指先でつまむ小ささ。
そう、見つけてリンクを貼った570円のダブル毛玉取りブラシのオマケに付いていた掃除ブラシと同じようなもの。
(昨日のリンク先の掃除ブラシの金属のツメがずいぶんぎっしり詰まってるように見えるのは、毛玉取りブラシの毛がびっしり密集しているから?)


親がヘアブラシに絡まった髪を櫛で梳き取っているのを見て、以前は私もそうしていたけれど、一度それで気に入っていたセルロイドの櫛の歯を折ってからは指や爪楊枝で取るようにしていた。
(柔らかいセルロイドでやったのがそもそも間違い)

それで特に不便は感じていなかったけれど、(毛束の中に絡みこんだ髪が取りづらかったり、束の根元の方に無理矢理爪楊枝を差し込むとブラシが傷みそうだったり、手が汚れるのが気になったり、爪楊枝でひと束ひと束掃除していくのが辛気臭かったりはしたけれど)、ネットショップで買い物をして送料無料になる金額に500円ほど足りなかった時にこれを見つけて、送料に840円払うくらいならこのブラシクリーナーに780円払った方がいいかと、一緒に注文したもの。


最初、横から歯(ツメ?)を入れて横に梳こうとしたら引っかかってうまくいかなかったけれど、毛の束の列の間に上からクリーナーの歯を立てて入れて上に掻き出すようにしたら、簡単に掃除できた。
毛の束と束の間に絡まった髪はもちろん、指や爪楊枝ではなかなか取り切れなかったひと束ひと束の中に入り込んだ一本一本や根元のほこりまできれいに取れる。
f0000211_20372653.jpg


指や爪楊枝で掃除していた頃はやるのが面倒で、絡まった髪でブラシが黒っぽくなるまで放っておいたりしたけれど、このブラシクリーナーを買ってからは使うのがうれしくてまめに掃除するようになって、ブラシがいつも気持ちいい状態を保てるようになった。
お気に入りのブラシを買う時には、ぜひ一緒に。



 にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ



ドイツ製らしいシンプルで美しく機能的なデザイン。
送料の件がなかったら買うことはなかったと思うので、高かった送料に感謝。
 ↓

by karino-tohko | 2015-04-03 21:03 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 02日
100円で見つけた天然木と豚毛のミニ毛玉取りブラシ
(昨日から近所の桜も咲き始めたし、これ以上季節外れにならないうちに書いとく)

なかなか動き出せない日曜日、カーディガンの毛玉取りをした。
使ったのは、前に誕生日に買ってもらったインド製の小さなはさみ。
小回り利いて切れ味良くて、毛玉取りにちょうどいい。
f0000211_20181943.jpg
はさみの写真を撮ろうと取り出したらそのまま毛玉取りに没頭してしまう、この中毒性。
中学生の頃取り憑かれてた枝毛取り並みにキケン。


大きな毛玉はこのはさみで取れるけれどぽろぽろした小粒の毛玉(ピリング?)には使えないので、この冬、乾電池式の毛玉取り器を買おうと近所の店を見て回ったら、置いているのはピンクやブルーやゴツイデザインのものばかり。
昔、間に合わせに300円ほどのピンクのを買ったことがあるけれど、早く買い換えたくて壊れるのを待つような状態になったので、なるべくなら気に入ったものを買っておきたい。

webショップにならシンプルなのがあるかと探してみたら、小型で真っ白なきれいな毛玉取り器、発見!
…と思ったらwebショップではなくカインズのオリジナル商品らしく、近くにはカインズがない。
ダイソーでもその色違いで部分的にグレイのパーツを使っているのがあるようなので、買い物ついでに近所のダイソーや他の100円ショップをいくつか覗いてみたけれど、見当たらない。
けど、代わりに、100円ショップシルクに小さな毛玉取りブラシがあった!
100円なのに、天然木+豚毛製。

前に毛玉取りブラシがいいと聞いたことがあるけれど、「ほんとにブラシで毛玉が取れるの?」と疑問だったし、そこで紹介されていた豚毛ブラシは持ち手付きでゴツくて、しかも苦手な見た目なのに数千円もするものだったので、迷わず却下したんだった。
けど、100円ショップのは小さくてストレスの少ない見た目だし、100円だったら試してみてうまく毛玉が取れなくても、タイル掃除ブラシにでもすればいい。
迷わず買った。


f0000211_20184948.jpg
奥の黒い毛のが100円ショップの毛玉取りブラシ。
手前のヘアブラシはサイズ比較用。(…だけど、小ぶりのヘアブラシなのでわかりにくいかも)

f0000211_20204631.jpg
ヘアブラシとの比較写真では妙に大きく見えるけれど(ヘアブラシが小さいから?)、手にすっぽり入る小ささ。


少し起毛した綿のカットソーの身頃全体にもろもろとできていた小さな毛玉群で試してみた。
生地の上を軽く撫でると、シャッシャッと毛玉を削り取ってくような感触。
f0000211_2021480.jpg
向かって左半分が使用前、右半分が使用後。
すっきり取れる!
(…と感激したけれど、一度洗濯して着たら、また元通りだった。
何年も着ているから毛玉ができやすくなっているのか、それとも、取れたように見えた毛玉は均されただけだったのか…? 確かに、小さいとは言えこれだけの数の毛玉を取ったのに、作業後のブラシにあまり毛玉が付いてなくて不思議だった)


全体がもやもや毛玉の塊のようになっていたアクリルのストールでも試してみた。
f0000211_20213247.jpg
さっきの綿とは違って、ザッザッと強く梳くような感触。
ふんわり柔らかな生地だけど、細い繊維一本一本に強度があるよう。
f0000211_20215293.jpg
仕上がりも、毛玉を取ったというより、ダマになってたのを解きほぐしたという感じ。
風合いも元の感じ(毛玉ができる前の)とは違って見える。
(こっちは、冬物をしまおうと手洗いしたあとに毛玉取りして、このままタンスにしまったきりなので、毛玉取り後の着用後どうなるかは、まだ不明)


あと、写真を撮りそびれたけれど、ウールの織物にポツポツできた2mmくらいの毛玉は、ブラシで軽くそっと撫でるようにするだけですっと取れた。
(で、そのあと着ても、すぐには毛玉は復活せず)


こうしてみると、毛玉に関しては毛100%のものが一番扱いやすそうな気がする。


f0000211_20221875.jpg
気付いたらさっと使えるように、冬の間はコートハンガーに毛玉取りブラシを掛けておこう。
ただし、毛玉を取る分生地が薄くなっていくだろうから、取りすぎないように。



  にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ



今検索してみたら、天然木+天然毛の毛玉取りブラシの背面にほこり取りのエチケットブラシも付いて、さらにブラシ掃除用のブラシまで付いたものが、数百円で出てる!
(前に見たときは最低でも1900円くらいしてた気がする)
 ↓

by karino-tohko | 2015-04-02 20:23 | モノ 家 雑貨 蒐集