人気ブログランキング |
ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)





にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(291)
(120)
(69)
(57)
(48)
(46)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
その他のジャンル
リンク

・撮ったもの(iStock:Linoleums)
・好きな色や形(Pinterest:Karino Tohko)
・好きなものメモ(Untitled)
(tumblr Gallery : Untitled)



・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。


Twitter
@linoleums
連絡先として利用してきたexciteのメールサービスが終了するので、代わりにtwitterアカウントを貼っておきます。





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2008年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧
2008年 03月 27日
白い大きなごみ箱 2
f0000211_18413165.jpg下の四角いごみ箱を買う前に、台所のプラスチックごみ用に買ったごみ箱。
自治体のごみ袋に合うサイズで、片手でごみを捨てられるフラップ式。
簡単に洗える樹脂製で(でも洗ったことはないけど)、台所にあっても目障りじゃない白い艶消しで、すっきりしたデザイン。
(ピンクの「PLASTICS」の分別シールは家にあったもので、元は真っ白。)

そこまでは下のゴミ箱と同じだけれど、丸いのは失敗だった。
サイズを測って買ったけれど、狭い台所に置くと思っていた以上にジャマで、流し台とガスコンロの間の動線を遮ったり、冷蔵庫が開かなくなったり。
台所に置くのはすぐにあきらめて、リビングのプラスチックごみ用にまわってしまった。

リビングから出るプラスチックごみは庭に出しておいても犬猫に荒らされることがないので、小さなごみ箱でもよかったんだけれど、袋にジャストサイズのこれに替えたら、満杯になるまでここにためておいていっぱいになったらそのままごみの日に出せるので、これもごみの管理がラクになった。
by karino-tohko | 2008-03-27 18:42 | モノ 家 雑貨 蒐集
2008年 03月 26日
白い大きなごみ箱 1
f0000211_208281.jpg下の日記に少し写っている、台所のプラスチックごみ用にしているごみ箱の全体写真。

私が住んでいる地域のプラスチック用ごみ袋は60Lほどあるので、その袋に合う大きなサイズで、なおかつ台所にあっても目障りじゃないすっきりしたデザインのもの、という条件で探して見つけたもの。
蓋は片手でごみを放り込めるフラップ式で、洗いやすい樹脂性。
本体部分は白く塗装された鉄板製で、白いホーローに似た質感。
隙間に収まる長方形。

確か1万円近い値段で、ゴミ箱にこんなお金をかけるのはとずいぶん迷ったんだけれど、それまで10年かかってもちょうどいいサイズで台所に収まるものが見つからなくて、そのため台所にごみが溢れて不便だったので、10年目にして見つかったサイズと形で色も白なら、これ以上条件に合うものはあと10年は見つからないかも知れないと、思い切って購入した。
鉄板を嵌め込んで組み立てるタイプで底に多少隙間があるので、生ごみを入れるには向かないけれど、プラスチックごみ専用で袋も水分が漏れないビニール製なら問題なし。


f0000211_2084684.jpgこれを見つけるまではもう少し小さなごみ箱を使っていたんだけれど、そうすると、ごみ箱がいっぱいになっても袋はまだまだ入る状態なので、満杯になるまでのごみ袋の置き場所に困っていて。
ごみ袋を庭に出すと、プラスチックに付いている食品の匂いで猫などにごみ袋が破られて荒らされてしまうし、それを防ごうとキャスター付きの大きな屋外用ドイツ製ごみ箱を買ったんだけれど、そこに入れてしまうと、見えなくなると忘れてしまう私はよく何ヶ月もそのままにしてしまって、いくらプラスチックごみとは言え、蒸れまくって夏場はおそろしいことになってしまってたり。

思い切ってこれを買って、ごみの管理がずいぶんラクになった。
(と言いながらも、すぐに下の日記のような状態になってしまうんだけれど。)



追記:
頂いたコメントから、このごみ箱の正確な商品名がわかりました。(カタログには「ダストボックス」というふうにしか載ってなかった。)
ドイツのハイロ社の、Hailo Big Box (ハイロ ビッグボックス)とのこと。
40Lと60Lがあるようで、これは60L。
でもどうやら、今はデザインが変わっているよう。→Hailo(ハイロ) ダストボックス ビッグボックス60L
by karino-tohko | 2008-03-26 20:12 | モノ 家 雑貨 蒐集
2008年 03月 26日
やや片付け
23日、日曜日分。
Rからのメールで目が覚めたのは昼12時過ぎ。
体が鉛のように重くて頭もぼんやりしていて目を開けるのもつらくて、そのままあと数時間眠っていたかったけれど、なんとか1時間後にベッドから這いずり出た。

この間の休みで洗い切れなかった洗濯物を洗濯機に入れて廻して、冷蔵庫の中を眺めてそのまま食べられるものを適当に食べて、ぼんやりして、気が付くと、4時。


何かしなきゃと立ち上がり、月曜日はここしばらく出し損ねていたプラスチックごみの日だと気が付いて、ごみ箱の上に積み上がっていたゴミをあたりにぶちまけながらパンパンに詰まっているごみ袋をなんとかごみ箱から引き抜いて、ぶちまけたゴミを袋に詰め直して、口を縛って、すぐに出せるように準備。

f0000211_1922457.jpgこの間久しぶりに使おうとしたら中までカビ臭くなっていた十数年前のラップも、巻きにカッターナイフで切り込みを入れて裂いて、芯から剥がして、ゴミ袋へ。
芯は古紙リサイクルへ。
(最初クルクル剥がして分別して捨てようとしたら、剥いても剥いてもキリがなくて剥いたラップがすごくかさばることに気が付いて、しばし思考停止。
またほとんど使わないうちにカビくさくしてしまった時のために、覚えに写真を撮っておいた。)


続けて、プラスチック用ごみ箱の横に積み上がっていた、牛乳パックと食品トレイを袋へ。
いつでもすぐにパックを切り開けられるように横にカッターナイフを常備してあるのに、山の一番下にあった牛乳パックの日付は2007年7月。

上に積みあがっていたパックやトレイがなくなるとゴミ箱の汚れが目に付いたので、濡らして重曹を振りかけたマイクロ繊維のクロスでこすって拭き取り。
プラスチック用ごみ箱に新しいごみ袋をセットして、この部分は一段落。
f0000211_1902323.jpg
 ↓
f0000211_1904385.jpg


そういえば確かこれ以前の牛乳パックやトレイもまだスーパーに持って行ってなかったはず、と見渡すと、ポリ袋に詰められたまま、台所の一角を占領していた。
袋の中の牛乳パックの日付は、2007年4月。
一年分、台所にためてあったらしい。
それらを玄関に移動して、それらに混じって置かれていた保存食品が入ったままのポリ袋や紙袋の中身を出して整理したら、ちょっとスッキリ。

牛乳パックを開いてポリ袋に詰めていた時点でなんだかしんどくなってきて、床の上を片付けているうちにだんだん手も震えて冷や汗が出始めたので、急いで写真だけ撮って休憩。

f0000211_1913830.jpg
 ↓
f0000211_1915562.jpg
(なんとかぎりぎり自然光で撮れる時刻。)

秋頃に届いた山の芋や、「要らないからあげる」と言われてもらってしまった焼酎の甕、この間キャビネットの下から出てきたアクリルケース、脚立の上に積み上がった箱類など、もう少し片付ける余地はあるけれど、体調が悪くなっては仕方がない。
片付けにかかった時間は約1時間。
頑張り過ぎた、というほどでもないのに。
何か悪いもの食べたっけ…と考えてみると、そういえばお腹が張って、なんだかもよおしているような気がする。
トイレ…?
あたり。
出すと、震えも冷や汗も治まった。
どうして自分の便意に気付かないのか。


日が暮れてから、一年分の牛乳パックと食品トレイをリサイクルボックスに出すために、近くの店へ。
売り場にあったR御用達のコーヒーを全部買い占めて、ついでに簡単に調理できそうな夕食の材料を買って、帰宅。
HDD-DVDの中を少し整理。


ほんとはもっと急ぎの、「早く処理しないといけない物」「そのままにしておくとどんどん酷い状況になっていく部分」など(上にどんどん積み上げられて重要書類がどこにあるのかわからなくなりつつあるところや、カビてそうなものや、修復不可能になっていく部分など)からなんとかしなければといつも気が焦っているんだけれど、じゃあどこから手を付けようかと思いめぐらすと、ぐるぐる考えているだけでどっと疲れて何もできないまま終わってしまうので、まあ、放っておいてもそれ以上どうなるわけでもない部分でも、片付いただけよしとすることにする。
一部がスッキリしたら、その周りの散らかっているところや汚れている部分が目に付いて、徐々に片付けやすくなっていくだろうし。
by karino-tohko | 2008-03-26 19:10 | 日記
2008年 03月 24日
ガム
f0000211_21204879.jpgぼんやりなのか落ち着かないのか。
落ち着かないのでつい足を組んでしまい、しかもほとんど一日中ガムを噛みっぱなし。
(一粒を3時間くらい噛んでいる。メーカーによっては途中でもろもろと粉状に崩壊してくるものもアリ。)

足を組んだ状態で物を噛むのは、背骨に偏った大きな負担をかけて体が歪む原因になるのでよくないとわかっているのに、気が付くといつの間にか。


月末なのに仕事が手に付かず、写真の整理もできなくて。
昨日の日記はまたそのうちに。
(書きかけの日記がたくさんたまっているけれど、どうもぼんやりしていてまとまらない。)
by karino-tohko | 2008-03-24 21:23 | 日記
2008年 03月 23日
ピナ・バウシュ 「パレルモ、パレルモ」
f0000211_15413881.jpg

昨日Rが「ほら」と差し出してきた日経新聞に、ピナ・バウシュが載っていた。
舞台前面に置かれた巨大な壁が、一瞬にして崩れ落ちる―。現代ダンスの巨匠ピナ・バウシュとヴッパタール舞踏団による舞台「パレルモ、パレルモ」の衝撃的な幕開けである。
(略)
舞台はガレキの山に。そこで始まったパフォーマンスは痛々しいものだった。ダンサーたちが「私の手を取って」「抱きしめて」などの要求をしては拒絶する。スパゲティを一本ずつ手にして「これはあたしのよ」「これもあたしの。誰にもあげない」と言い放つ。自分の腕の肉を削り取り、焼いて食べる。自傷や、不毛な争いを想起させる行為の数々。舞台にはゴミも散らかり、ガレキと合わせてまるで戦場のようだ。
「激しいダンスもあれば、出演者が何かセリフを語ることもある独特の構成。物語はなく、短いシーンの連続」
とのこと。


ピナ・バウシュは、物語的要素が多い最近の作品よりも、初期の、独特の空間の中でひたすら同じ身体の動きを繰り返すようなノイエ・タンツに分類される作品の方が好きだけれど、この作品は見てみたい。
このところ頭がぼんやりしているので、皮膚がざらざら擦られるような、足裏に砕けた石を感じるような、痛々しいものに惹かれるのかも。

…と言っても、今すでに来日公演中とのこと。
いつも気付くのが遅い。
公演は、上記「パレルモ、パレルモ」と、水の舞台「フルムーン」。
NHKの芸術劇場で放送しないかな。
(前に見損ねた「カフェ・ミュラー」も再放送して欲しい。少ししか見られなかったけれど、インタビューもすごくよかった。)

そろそろ動き出さないとマズイので、今日は新聞記事と公演のお知らせだけ。


(携帯からでもblockquoteタグがうまく使えるのか不明。
写真と引用は日本経済新聞3月22日の紙面より)
by karino-tohko | 2008-03-23 15:41 | ARTS、CINEMA、BOOKS
2008年 03月 22日
何をしたいのか
『ひぐらしのなく頃に解』の中に見ていない話があることに気付いてYoutubeで再生しながら、ハイクの気になるキーワード画面を時々更新しつつ、mixiの気になるコミュニティのトピックを読んで。

椅子の後ろにはVer.upしなければいけない会計ソフト類が3ソフト計8本。
支払い準備もしなきゃいけない。
来週は税理士も先月分の締めに来る。

ああ、途中で数分間急ぎの用のメールを打ってる間に急展開があったようで、話がわからなくなってしまった。
なんかむりやりな展開が。
by karino-tohko | 2008-03-22 22:13
2008年 03月 22日
リビング片付け
木曜日、祝日分。
もうほとんど記憶なし。
確か朝10時半頃起きて、何もしないうちに物だけ食べて寝て、目が覚めたら4時頃だったような。
ああ、そうだ、来週の月曜日と火曜日にNHK「ハートをつなごう」で発達障害就労編の放送があるようなので録画予約しておこうと思ったら、HDDにもう空きが4時間分しかなかったので、要らないものを消して残す物をDVDにダビングしていたら、そのうちに眠ってしまったんだった。
(後で確認したら、来週の「就労編」は以前放送されたものの再放送だった。)
目が覚めて夕方になっているのに気が付いて、このままじゃまた後で後悔するだろうと、リタリンを飲んでリビングの片付け。
と言っても、いつも自分が座っているあたりだけ。
今写真を見てみたら、覚悟決めてするほどの片付けか? という感じ。
(日が暮れてしまって、片付け後の写真が自然光で撮れなかったのが残念。べったりした色合いになってしまった。)
f0000211_12315179.jpg
 ↓
f0000211_131095.jpg


最近、タバコの本数がずいぶん減って(多分、大腸内視鏡検査以降)、以前は家で年に数回しか炊いていなかったお米を毎日炊いて昼と晩に食べるようになっている。
(というか、昼ご飯はおかずなしで十穀米一合のみ。日の丸にさえなっていない。
食べない時はまったく食べなかったのに、食べるとなったらそれだけ。両極端。)

タバコが減ってお米を食べるようになったと言えば健康的に聞こえるけれど、それがアタマを一層ぼんやりさせている気がしないでもない。
(炭水化物不耐症ぎみじゃないかという気がしてる。)
by karino-tohko | 2008-03-22 12:35 | 日記
2008年 03月 22日
覚えられないものいろいろ
火曜日分。
仕事の後、プールに行くというRに一緒に引っ張って行ってもらった。

ウォーキングレーンを歩くだけでいいやと思ってたんだけれど、アクアエアロとやら(この間参加したのとは違うやつ)に参加するようにRに言われて、一緒に参加。
「初めての方いますかー」と言われて一番前の方で手を挙げたら、Rに「違うでしょ。前にもやったでしょ」。
この間のは男の人がインストラクターだったので、それとは違う新しいやつだと思ったんだけど、その前に参加したことがあるらしい。
インストラクターの顔が覚えられないので、どれが初めてなのかわからない。

で、始めてみたら、案の定、エクササイズの順番が覚えられない。
最初はこれだけ、次にはそれにこれを続けて、その次はこれを足して…と、初めての人でもついて行けるように繰り返しながら一連の流れを少しずつ長くしていってくれているんだけれど、なかなか覚えられない。
「はい、次は右からー」というような漠然とした説明も把握しにくいし、左右がすぐに判断できないこともあって、キョロキョロ。
R 「他の人は初めてでもついて行ってるし、おばあさんだってすぐに覚えてるのに」

この間参加したのは30分コースだったけれど、この日は45分の長帳場。
長すぎて(覚えてもいないくせに)飽きてくるし、普段運動をしていないので、終わった時にはかなりヘロヘロ。
プールサイドのシャワーを浴びてRと一緒にタオルロッカーの前で水気を拭き取っていたら、女の人が近付いてきた。
? 「お疲れ様でしたー。奥様ですか?」
R 「ええ」
私 「どうぞよろしく」
? 「どうでしたか?」(と、私に)
私 「かなりふらふらです。普段運動をしていないので」
? 「最初はちょっとしんどいかもしれないけど、持久力を付けるコースなので、また来てくださいね」
私 「はい、ありがとうございました」

私 「…って、今の人、今やってたインストラクターの人?」
R 「はあ? 今45分間ずーっと見てたのにわかんないの?」
私 「いつも一緒にやってる仲間の人かと思ってたら『また来て下さいね』って言うから、そうかなって。プールの中から見上げてたらもっと背の高い人に見えたし、レッスン中に張り上げてた声と全然違う声だし、髪型もさっきはもっと短くて全然違う感じに見えたし」
R 「さっきは帽子被ってたんでしょ」
そっか。
後で廊下であってもゼッタイわからないや。


いつもは個室シャワーを使うんだけれど、立っていると足がガクガクしそうなくらいに疲れていたので、久しぶりに浴場の湯船の脇の座れるところのシャワーを使用。
うつむいて髪を洗っていたら、隣にやってきて座った人が、その向こうで体を洗っていた人に声をかけていた。
「あれ、こんな時間に会うなんて」
「アクアエアロに出てたの」
「混んでた?」
「うん、今日は若い人が多くてちょっと混んでた」
「若い人?」
「見かけない人がいるなあと思ってたら、『初めての人ー』って言ったら若い人ばかり2,3人手を挙げてたわ」
確かに私以外に2人ほど手を挙げていた。
そう話してる人は私と同じくらいか、むしろ私より若そうな気がするんだけど、もしかしたらその「若い人」の中に私も入ってる??
…って喜びかけたけれど、考えてみれば体はほとんど水中で見えないし、顔にはスイムキャップとゴーグルだし、単に水着の柄で判断されただけかも。
腰周りにこんなにゼイ肉巻いてる「若い人」はそうそういないだろう。
もすこしマメに通わないと。
by karino-tohko | 2008-03-22 12:20 | A-spectrumの脳みそ
2008年 03月 21日
他の従業員の仕事ぶりに腹を立てて文句を言いに来たパートの女性の話をひと通り聞いて
「わかった」
と言ったら、
「わかってへんやろ、あほ!」
と。
向こうはひとまわり以上年下。
私は一応経営者。

あー、もう、情けない。
by karino-tohko | 2008-03-21 15:05
2008年 03月 21日
「3月10日に拘束された15人の僧侶」
今、チベットの記事に頂いたコメントに返事を書いていて、先日見た「3月10日に拘束された15人の僧侶」の写真を改めて見て、胸が痛みました。

http://www.tchrd.org/press/2008/p001.html

僧侶と言ってもみんなまだとても若く、子どものような人もいます。
どうしてこの人たちがと、その邪気のない表情に本当に胸が痛みます。

少しでも多くの方に見て頂きたいので、できればここに写真を転載したいところなんですが、今書いているこのPCでは写真サイズを変えて貼り込むことができないので、リンクだけ貼っておきます。
ぜひ見てください。
こんな人たちが捕らわれて、今、酷い拷問を受けていると思われます。


また、以前行われていた酷い拷問の様子が、マンガでこちらに載っています。
かなろぐ 「チベット問題に厳しい視線を」
リンク先には、中国軍が、冬のヒマラヤ山脈を歩いて越えて亡命しようとするチベット人たちを狙撃する映像もあります。
ただ列を成して歩いているチベットの人たちを、遠くからシューティングゲームの駒のように撃つ中国兵。
仲間が銃声に倒れても、最初から覚悟を決めていたからか、それとも疲労の限界に達しているのか、何事もなかったかのように、振り返ることもなく歩いていく行列。
そして、中国側の嘘の報道。
この映像は当時Youtubeで見てショックを受けました。
by karino-tohko | 2008-03-21 02:34 | 異文化の人たち 日本語