人気ブログランキング |
ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)





にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(291)
(120)
(69)
(57)
(48)
(47)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
その他のジャンル
リンク

・撮ったもの(iStock:Linoleums)
・好きな色や形(Pinterest:Karino Tohko)
・好きなものメモ(Untitled)
(tumblr Gallery : Untitled)



・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。


Twitter
@linoleums
連絡先として利用してきたexciteのメールサービスが終了するので、代わりにtwitterアカウントを貼っておきます。





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2005年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧
2005年 07月 20日
室温
事務所の空調は、彼女の権限下。
異常な寒がりの彼女に合わせて、冬は25~28度。(=夏日。)
(ファンヒーターが目の前に置かれた彼女の席で測れば、なんと30度。=真夏日。)
そんなに寒がりなら夏場の冷房は控えめかと思えば、夏は25度くらいでは暑くて我慢できないそうで、冷房の温度設定は20~22度。なんで?
それでもまだマシになった方で、去年は18~20度に設定されていた。
そんな事務所に一日中座っていると、体中の毛穴が固まってくるような気がしてくる。


休みの日に、家の中のムッとする熱気がたまらず測ってみたら、部屋の両側の窓を全開にして換気扇を廻しっぱなしにしていたのに、室温36度。
湿度もかなり高そうだった。(湿度計は壊れていて計れない。)
閉め切っている平日の昼間は軽く40度越してそうな気がする。
事務所の倍。
家中の物が腐っていく気がする…。
by karino-tohko | 2005-07-20 20:06 | 日記
2005年 07月 19日
チェック
労働基準局から来ていた賃金調査票にやっと記入した。
提出締め切りから1ヶ月半以上遅れている。
しかも、16行記入した中で、記入してから説明をよく読んだら不要だったので抹消した行が5行、それ以外に記入ミスがあった行が4行。

そう言えば、私はミスのチェックは得意で、前のバイト先でも、先に数人がチェックして見つけられなかったミスも私がチェックしたら2,3箇所出てきたり、人がやったデータを拾う作業を私がチェックしたら赤ペンで真っ赤になったりしていた。

でも自分で作業するなら、記入してから細かくチェックするより、まず記入する前に記入方法をよく読むべき。
by karino-tohko | 2005-07-19 20:29 | A-spectrumの脳みそ
2005年 07月 18日
ホコリ
目が覚めたら昼前。
Rとごはん(十割ざる蕎麦と、トマトと生バジルとアボガドのサラダ)を食べた後、予定していたリビングの掃除に取り掛かろうと思って薬を飲んだ。
でも、あまりの気温と湿度に、洗濯かごの底に何ヶ月もためたままの冬物のセーター類が気になり始め、天気もいいことだし今日なら今からでも夕方までに乾くだろうと、まず冬物の手洗いをすることにした。

干すスペースに合わせて10点洗濯。
1時間弱で終わるだろうと思っていたのに、時計を見たら2時間。
1点につき10分強。そんなにかかってたかなあ。
残りの冬物は後10点ほど。
今年は夏の間に洗い終えることができそう。


さあ、いよいよリビングの掃除。
と言っても、やっぱりどこから手を付けたらいいのかわからない。
「どこから始めよう?」
「まずテーブルの上。その山を片付けて。」
「ああ、なるほど。」
「それが終わったら、その足元の山。それからその後ろのぐちゃぐちゃのところ。それからその通路のぐちゃぐちゃのところ。それから…」
「あー、そんなにいっぺんに言われてもわかんない。一緒にやってくれないの?」
「会社に行かなきゃ。」
ああ、明日から新しい営業の人がふたり来るから、そのマニュアル作ってたんだっけ。

いつもはリビングの入り口側から片付けていくけれど、今日は台所に掃除機があったので、奥の台所側から始めた。
いつもRが座っている場所の後ろに、Rの本が約150冊積んである。
いつもは最後のそこにたどり着くまでに疲れきって、本の隙間や一番上の本の埃を取るだけだけど、今日はいったん本を全部動かして、一冊一冊の埃を取ることにした。

私は片付けが苦手だけど、埃はすごく気になって、普段埃がたまっているところは触ったり上に物を置いたりしないようにしてるんだけど(上に物を置いたり積み替えたりする時には、ダスキンや掃除機のブラシノズルで埃を取ってから置いている)、Rは埃は気にならないようで、埃がたまっている本の上にまた別の本を重ねていって、本の間に埃がサンドイッチされている。
チリの部分(ハードカバーの表紙と中のページとの段差の部分)にも埃がたまったまま。
それがずっと気になっていたけれど、書庫に移す時にきれいにすればいいやと思っていたら、この間、Rがそこの本をふた山、そのまま書庫の方に持っていってしまった。
「やめてー! 埃取ってからにして!」と止めたんだけど、機嫌が悪かったようで取り合ってもらえず、「じゃあ私がするから置いておいて!」と言っても無視されて、埃が付いたままそれぞれ棚の中に収められていってしまった。
その時に持って行かれた本は50冊ほどあったし、どの本だったのかもわからないのであきらめたけれど、もう二度とごめんだ。

積んであった本を一冊ずつ表紙と裏表紙をダスキンで拭いて、天地と小口の埃を掃除機のブラシノズルで吸い取っていった。
結局そこに時間をとられて、今日はそことテーブル周りの掃除だけで時間切れ。
「片付け」はまったくできなかった。
店が閉まるまでに買い物に行かなきゃ。


夕食はゴーヤチャンプルとサラダ。
庭のゴーヤが30cm近くに育っていたので、ついに食べることにした。
いつもは豚肉と絹ごし豆腐でゴーヤチャンプルを作るけれど、今日は厚揚げとRが買ってきたランチョンミートを使用。
(米軍が持ちこんだ安くて脂の乗ったランチョンミートを使うようになったせいで、沖縄の人の平均寿命が下がったそうな。)
ランチョンミート、どんな味になるかと期待したけれど、塩味が濃すぎてあまり食べられない。
泡盛には合うのかも。
f0000211_1494777.jpgf0000211_1493366.jpg
カメラがなかったので携帯で撮影。

by karino-tohko | 2005-07-18 23:00 | A-spectrumの脳みそ
2005年 07月 17日
流し台の下を掃除
朝目が覚めたら、リビングで寝ていた。
リビングでそのまま寝てしまった日はいつも、なぜか普段よりスッキリ目が覚める。
おかげで珍しくRより先に目が覚めたよう。
ゴーヤを見に庭に出たついでに(やっぱり雄花しか咲いてなかった)隣家に伸びていっている蔦を刈ったりしているうちに、会社への注文電話が転送されてきた。
Rを起こして一緒に朝昼食(と言っても、フルーツブランデーケーキ)を食べてRが会社に向かった後、片付けたばかりのはずのリビングがとんでもない状態になっているのが気になっていたので今日はなんとしてでも片付けなきゃ、と、薬を飲んだ。
(薬は実際のところ効いてるのか効いてないのかよくわからないんで、普段ほとんど飲んでないんだけど、今日はプラセボ効果に期待して。)

二階にある掃除機を一階に下ろすついでに、二階の床と階段をざっと掃除。
時間のかかるリビングに取り掛かる前に、やはりこの間ピカピカにしたばかりのはずの台所の床がひどく汚れていたので、先にそっちをざっと掃除してしまおうと、まず台所へ。
台所の床がきれいになったところで、そう言えば流し台の下も汚れていたなあと扉を開けると、思っていた以上に汚れていた。
調味料などを置いている棚のトレイを洗おうと取り出したら、棚の下や後ろに湿気でできた茶色いシミのような汚れ(カビ?)が広がっているし、小バエが発生した形跡もある。
こんなところにカビが発生したらヤバイし、この時期ここをこのまま放置しておくのは危険だと思って、リビングは明日にまわして先に流し台の下に取り掛かることにした。

棚を全部取り出して洗い、年代物の保存食や調味料を捨て、捨てようかどうしようかと思いながら取っておいた物(再利用できそうな空き容器や割り箸100本など)もほとんど汚れていたのでサッパリ捨てた。
(でもまだ別の場所にも割り箸100本ほどと空き容器のストックが…。)
暑さで汗だくになり、何度も水を飲みながら作業。
疲れて来たので途中で一服したら、もう動く気になれない。
時計を見たら4:30。
30分前に薬が切れている。
ってことは、一応効いていたのか。
そのまま途中で放っておくわけにいかないし、もう少しがんばって仕上げてしまおうと、もう一度薬を飲んで台所へ。
カラッポにした流し台の下の汚れを拭きとってアルコール拭きしたら、新品のようにスッキリきれいになった。
考えてみたら、流し台の下をちゃんと掃除したのは、この家に越してきてから初めてのような気がする。

流し台の下のカビ状の汚れを見て部屋全体の湿気が気になったので、掃除の後、普段使わないエアコンのスイッチを入れて除湿運転した。
湿度と気温が下がって快適。
どうせなら汗だくになって掃除していた昼間も除湿運転しておけばよかった。
あ、隣の書庫も今年は梅雨前に一度も風を通してないし、危ないかも。
明日リビングを片付けてる間、間のドアと書棚の扉を開け放してエアコンで除湿しよう。
by karino-tohko | 2005-07-17 23:00 | A-spectrumの脳みそ
2005年 07月 16日
時の止まった建物
夜、元料亭を見に行こうと思っていたけれど、気がついたら集合時間を過ぎていたのでそのまま仕事をしていたら、Yoさんからメール。
バスを逃したので行くなら拾って欲しいというメールで、今から向かう人がいるんなら私も今から行こうかと、一時間過ぎていたけれど向かった。

着いたらもうみんな解散するところだったけれど、他の人に迎えに来てもらって先に一周見てきたYoさんに案内してもらって、中へ。
懐中電灯を渡されて廃墟探訪気分だったけれど、中は非常灯やいくつかの灯りが点いたままで、スイッチの場所がわかれば各部屋の明かりも点けることができた。
一階は、厨房とカウンター席と、カウンターフロアから続くいくつかの座敷席で、そこはそのまま生かして多国籍レストランにしようという話だそう。
厨房がとにかくやたら広い。
食器も調理器具もそのまま残っていて、レストランとして使うには助かるけれど、なんだか少し怖い。

二階、三階にはそれぞれいくつかの広間と大広間。
全室畳だけれど、フローリングに改装してもいいそう。
広間にもやっぱり、テーブルや床の間の花瓶がそのまま残されている。

一階の大厨房以外に、各階に10畳くらいの厨房がついていた。
厨房のホワイトボードには宴会の予定時間や仕入れメモなどが書かれたままで、横にはセロテープやペン、何か作業中のものなど。
数ヶ月前のある日に突然中の人たちがいっせいに姿を消したかのように見える。
営業を止めたのではなく、倒産だったのか。
時間が止まったままの建物の中に重い感情が充満しているような気がしてきて、足早に建物を出た。
by karino-tohko | 2005-07-16 23:00 | 日記
2005年 07月 16日
金曜日
朝から税理士、昼から銀行、夕方面接で、たまっている仕事が全然処理できなかった。

夜12時過ぎ、鏡を見たらあまりに見苦しかったので、髪を切った。
そう言えばRの髪もクルクルになっていたな。
切らなきゃ。
by karino-tohko | 2005-07-16 01:30 | 日記
2005年 07月 15日
実がついた
f0000211_21245980.jpgゴーヤの授粉は何時でもいいと書いてあるページがあったので、朝家を出る8時過ぎに人工授粉していたら、実が付いた。
3つ授粉して実が3つ。授粉さえすればほぼ確実に実が付くよう。
でも、その授粉がなかなかできない。
毎朝4つくらい花が開いているんだけど、なぜか、雌花ばかりの日や雄花ばかりの日ばかり。
この2週間の間に雄花と同時に咲いていた雌花はたったの3つだけ。

雄花と雌花が同時に咲かないのには何か原因があるんだろうか。
それぞれ開く気温や開く時間帯がずれていて、たまたま両方の条件が重なっているごく短い時間帯だけ同時に開いているとか。

植える時に支柱が必要だと書いてあったけれど、どれだけの高さの支柱が必要なのかわからなかったので、庭に転がっていた1mくらいの竹の支柱を立ててその先を雨樋に向かわせて、ゴーヤをそのまま雨樋に絡ませている。
すでに2m半くらいの高さになっているので、半端な長さの支柱を立てなかったのは正解。
脇蔓がどんどん出てくるのでそれも樋にからませて、樋がゴテゴテ派手になっている。

家で食べ物が採れるのはなんだかうれしい。
by karino-tohko | 2005-07-15 19:50 | 日記
2005年 07月 14日
検査2日目 (WAIS-R)
テストを受けるために、再び遠い方の病院へ。
同じ木曜日の朝なのに、前回来た時と違って、世間話に興じる年配の女性や仲のよさそうな夫婦、友達同士らしい30代くらいの3人組などがいて、見ただけでは誰が患者なのかわからないグループが目に付いた。
また反対に、前回は見当たらなかった目立って変わったタイプの人も何人かいた。
戸川純の舞台衣装のような、あるいはヨーロッパの貴族が寝るときのような服装や髪型(やたら華やかでくしゃくしゃで複雑で、頭中に様々な原色のバウスクリップ)の車椅子のおねえさんや、
ズボンのベルトを外したり締めたりしながらロボットのような歩き方で待合室をシャキンシャキンと歩きつづけるおにいさん、
両脇から今どきふうの若いおにいさんに腕をがっちり掴まれた20歳くらいの男の子など。
その男の子は、満面の笑みで「殺すぞ」「犯罪」「子どもの首をしめる」「赤ちゃんを虐待する」と文語体(?)交じりで大声で語り続け、隙を見てはすごい勢いで走って逃げ出そうとして、その度に両脇のおにいさんにガッと掴まえられて椅子に引き戻されていた。
その間ずっと満面の笑み。

しばらく待っていると、向こうから白衣の女性が私の方を見ながら近づいてきた。
髪型で、この間の臨床心理士らしいと気づく。
やっぱり顔は覚えていない。
「今部屋を用意しますから、もう少しお待ち下さいね」
深く帽子を被っていたのになんで私だとわかったんだろうと思ったけど、普通はわかるんだろうな。


テストについては、これから受ける人もいるだろうから内容は書けないけれど、テスト問題以外の部分で、自分がいかに集中力がないかがわかった。
素の状態がわかった方がいいだろうと思って薬なしで受けたんだけど、先生が言ったことを覚えて繰り返すテストでは、短いうちはいいけれど、少し長くなると、読み上げているその数秒間にも他のことを考えていて、はっと気付いたら聞いていなかったことが何回も。
耳に残っている音のあいまいな記憶で答えていたら、それ以上長いものは覚えられないと判断されたのか、最後の問題までやってもらえなかった。
(時間制限があったのかなあ。最初に時間と正解率の考慮の割合について確認したら、時間を測るものは先に言いますと言ってくれてたんだけど。)

あと、計算問題で、頭にイメージがまとまりそうにないやつは5秒ほど考えただけですぐに「わかりません」とパスしたものがいくつかあったんだけど、気になって後で絵の並び替えのテストをしながら問題を思い出して考えて、問題と問題の合間に「計算問題の最後の答え、わかりました。○○です」「さっきの割合の問題の答えもわかりました。○○です」と答えたものがあった。
でも合っていても加算されないだろうけど。
なんでその問題が出された時に、考えないでパスしてしまったのかな。
やっぱり時間が気になっていたのかな。

絵の並べ替えも、先生は時間を計るとは言わなかったけれど、明らかに時計を見て作業時間を書き込んでるように見えたので、気になって急いで適当に終えて次のをやりながら「あー、やっぱりさっきのはどう考えてもあれとあれが反対だったな」とか考えてしまって、悪循環。

ことばの問題も、答えがわかってるのに違うところを頭がぐるぐるしてたり、質問に答えるやつも、自分で「訊かれてるのはそういうことじゃないだろ」とつっこみながらピントのはずれた答えを言ってたり。

結果が出るのは来月だけど、思ったようにできなかったのでなんか心残り。
やっぱ集中力が問題だなあ。


覚え書き
検査費用1190円
(基本診療料1150円+検査料2800円=3950円 → 保1190円)
by karino-tohko | 2005-07-14 21:22 | A-spectrumの脳みそ
2005年 07月 14日
Siさんのことば
「僕のこの性格には、親密になった人はみんなガマンできなくなる。
 僕のこのこだわりを理解してくれるのは、僕の周りではトウコちゃんだけだよ」

自分のこの先について不安のある日系ブラジル人のSiさんはよく、自分の考えやこだわりや人生について語る。
自分に対する絶対的な自信と、それを引き出せない環境条件や自分自身に対しての絶望感の間を揺れ動いていて、不安定な時が多い。
前に会った時、自分のアタマに不安を感じるというSiさんに、私のアタマの話をした。

昨夜の豪雨の中で、明日アタマのテストを受けに行くと言ったら、
「トウコちゃんは世界中で一番魅力的な障害者だよ」。
ああ、ラテン人だ。
by karino-tohko | 2005-07-14 20:53 | 異文化の人たち 日本語
2005年 07月 14日
集中豪雨
昨日の夜11時半頃Siさんちに辞書を届けに寄って、すぐに帰るつもりで部屋には入らずアパートの入り口の階段に腰掛けて話をしていたら、雨が降り始めた。
雨はあっと言う間に激しくなって、目の前の車(ドアまでほんの5mほど)までも戻れないほどの降りに。
ふたりとも傘は車の中。
そのうち激しいカミナリも鳴り始めて、空がひっきりなしに昼間のように明るくなる。
30分以上経っても雨は激しくなる一方。
少しおさまるまでタバコでも吸ってようと、Siが部屋からパイプ椅子とタバコを持ってきて、ショーのような空を眺めながら、豪雨と雷鳴の大音響の中で話していた。

でも、降り出してから1時間経っても雨は激しいまま。
あたりは停電も繰り返すようになったので、待っていてもこれ以上小降りになりそうにないからと、大きなバスタオルを借りて車まで走って帰った。
Siさんちから家までの道路は、ほぼ全部冠水状態。エンジンあたりに水が入って途中で止まってしまうんじゃないかとヒヤヒヤしながら走った。
家まで帰ってくると、家のすぐ横の幅1m深さ60cmほどの排水溝が、後10cmほどで溢れそうになっている。1時間程しか降っていないのに。
床下浸水するんじゃないかと心配になったけれど、家に着いて10分ほどしたら小降りになってきて、溝の水もみるみるうちに引いていった。
サイアクの時に帰ってきたらしい。
このタイミングの悪さはなんとかならないものかなあ。
by karino-tohko | 2005-07-14 20:45 | 日記