人気ブログランキング |
ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)





にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(291)
(120)
(69)
(57)
(48)
(46)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2018年 09月
2018年 06月
2018年 03月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
その他のジャンル
リンク

・撮ったもの(iStock:Linoleums)
・好きな色や形(Pinterest:Karino Tohko)
・好きなものメモ(Untitled)
(tumblr Gallery : Untitled)



・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。


Twitter
@linoleums
連絡先として利用してきたexciteのメールサービスが終了するので、代わりにtwitterアカウントを貼っておきます。





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2007年 03月 25日
「良心をもたない人たち」
f0000211_1215214.jpgこの間、積み上がった山の中から出て来た本。
『良心をもたない人たち -25人に1人という恐怖-』。
「一見、魅力的で引きつけられるが、身近につきあってみると、うそをついて人を操る、都合が悪いと空涙を流して同情を引き、相手に「自分が悪い」と思わせる、追いつめられると「逆ギレ」して相手を脅しにかかる……そんな人たちがいる。」
「出世であれ遊び暮らすことであれ、手段を選ばず自分の欲求をみたそうとするので、周囲の人は手ひどいとばっちりを受ける。だが本人は悪びれず、自分こそが被害者だと言いつのる。」

去年だったか、ネット上で見かけて 「まさしくあの人だーっ! そのものだーっ!!」 と興奮して、すぐにユーズドで注文したんだった。
注文してから落ち着いてレビューなどを読むと、この本で扱われているそういった人たちは 「精神病質(サイコパス)」「社会病質(ソシオパス)」 と呼ばれている人たちで、最近「反社会性人格障害(APD)」 という呼び名で統一されてきている人たちのことらしい。
「サイコパス」というと快楽犯罪者や猟奇的殺人者などのイメージにつながるけれど、その根本にはこの反社会性人格障害があるらしい。

私の知り合いのその人のことは、以前から、境界性人格障害や演技性人格障害の特徴に重なる部分が強いように感じていた。
その人が反社会性人格障害なのか境界性人格障害なのか演技性人格障害なのかそれらのどれでもないのかはわからないけれど、それら3つに共通する 「感情の混乱が激しく、演技的で、情緒的で、ストレスに対して脆弱で、他人を巻き込む事が多い」 という特徴は、まさにその人を表している。
でも、その人が何なのかはどうでもいい。
「本書は、25人に1人いるという「良心のない人」の事例をタイプ別に紹介し、もし彼らにかかわってしまったらどうすればいいのか? 事前に見分ける方法はあるのか? そんな疑問にすべて答えてくれる。」
私が知りたかったのは、「もし彼らにかかわってしまったらどうすればいいのか?」 の一点。
これ以上周囲の者が振り回されず、取り返しのつかない人間関係のトラブルを引き起こさず、現実的な大きな損害を出さないためには、どうすればいいのか。

届いた本にきっちり巻かれたラップを剥がすのももどかしくすぐに読み始めると、
… 延々、タイプ別事例。(--)
このテのアメリカの本って、こういうのが多い。
(前にも、八方ふさがりで立ち行かなくなってダメ元でこういうのをまとめて買った時期がある。)
事例なんかどうでもいい。すでに事は起きている。
事例の次には、そういった人たちの見分け方。
見分け方も今さらいらない。まさにその特徴を持つ人への対処法を知りたいんだ。
見分け方の次には、そういった人たちは何が原因でそういう人間になったのか。
原因を知っても仕方がないし、原因がわかったからといって治るものだとも思えない。
とにかく早く対処法を―、と読み飛ばしていると、残り1/5のところにきて、ようやく
「良心のない人たちに対処する13のルール」。
そうそう、これこれ!

でも、その13のルールのうちの前半は、見分け方のまとめ。
残り半分のうちのさらに後ろ半分も、前々からわかっていたことで、具体的な対処法とは言えないもの。
私が求めていた問いへの答えと言えるものは、真ん中あたりになんとか2つほど見つかったけれど…。

(-_-)

そうはできないからこの本を買ったのに、どうしろと。

答えを書きたいけれど、ネタをバラしては出版元などから叱られるかもしれないので、
気になる人は本をどうぞ。

でも、今現在amazonに寄せられているレビューでは、9人中8人が★5つで、ひとりが★4つ。
本に求めていたものが私と違ったんだろう。
読み物としては 「ええっ! そんな人が!」 と新鮮かも知れないし、ずっと引っかかっていたことを納得するためにはいいかも知れないけれど、今現在その問題を抱えていて立場上そこから離れることができない人は、読んでもガッカリするだけかも。
いや、こういった人たちに困らされているのは自分だけじゃないんだ、というなぐさめにはなるかな。(私にはならなかったけれど。)
by karino-tohko | 2007-03-25 23:00 | ARTS、CINEMA、BOOKS
<< ブログのバックアップ1 簡単コンロ掃除 >>