ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














タグ:家 ( 120 ) タグの人気記事
2015年 04月 10日
とっておきでなくなった石鹸
f0000211_19525840.jpg

朝、リビングから出ると、トイレの前にRのバブーシュが揃えてあって、なんだか新鮮な光景で思わず写真を撮った。
そう言えば、Rがトイレに入っているタイミングでここを通ることって、普段あまりないかも知れない。
朝の光で腰壁が青っぽい。



カメラを手にしたついでに、浴室の石鹸を撮った。
f0000211_19532596.jpg
前の晩にお風呂に入ったときに「ああ、使う前に撮っておけばよかった」と、カメラを取りに出ようかどうしようか一瞬迷った、細かいきれいな彫り模様が刻まれていた古い石鹸。
半分溶けてしまった模様は、元はアールヌーヴォーのポスター風。
長く開けていなかった物入れから年末に出てきたもので、確か20年ほど前にRにもらって、もったいなくて使えなかったもの。

パラフィン紙製の袋にアンティーク調のラベルが付いていたけれど、今見ると、使うのを惜しむほどでもない市販品。
まだまだ先が長いと思って何でもとっておきにし過ぎてた、20年前の私。
みんな、使えるうちに使ってしまおう。
(なぜかペリカン石鹸の限定商品だと思い込んでいたけど、前に撮ったパッケージ写真を見ると「1909 AOYAMA SAIKOHKAN」となっている。←あとで確認したらやっぱりペリカン石鹸だった)



この二日前、いつの間にか桜が満開なのに気付いて泣けてきた。
自分から遠いところで時間が流れているよう。

   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-10 20:18 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 03月 19日
寝室模様替えと背筋矯正マシン
二月半ばの日曜日、少しだけ寝室の配置換えをした。


これまでは、窓際にチェストを置いて、その脇にコートハンガーを、それらの前にマッサージ機を置いていた。
f0000211_20385371.jpg
床に敷いてあるマットレス状のがマッサージ機で、我が家にあるものの中で婚礼家具の次に高価だと思われる、「インフラツボヘルサー」なるもの。
マッサージ機と言うより、背筋矯正マシンっぽい。
Rの激しい慢性肩凝りの緩和のために、20数年前、私側の親とR側の伯母の両方から「あれは本当にいい」と勧められて思い切って買ったもの。
確かに、Rはこれを使うと肩の痛みを忘れてそのまま熟睡することが多く、真似て使った私も背筋が伸びて血行が良くなるような気がしたけれど、今の仕事に変わって帰って寝るだけの生活になってからは使う時間がほとんどなくて(一回25分くらいかかるし、古い型だからか、夜中に使うには音が大きい)、さらに、去年の手術以降Rには使えなくなったので、Rが使わないと私もわざわざ使うことはなく、埃を被る一方の邪魔物と化していた。


で、使わなくなったマッサージ機のカバー類を洗ってセットし直して、ほこり除けの布をかけて向こうに押しやって、窓際にあったチェストの方向を替えてみた。
f0000211_20391381.jpg
ああ、なんて快適。
身を乗り出さなきゃいけなかったチェストも手元で開け閉めできるようになったし、逆光だった引き出しの中も明るく見やすくなったし、窓の開け閉めもラクになったし、コートハンガーも使いやすくなったし、コートハンガーがじゃまして閉めっ放しだった右手のカーテンも全開できるようになったし、床も広くなったし。
(手前の黒っぽいのはファンヒーター)

マッサージ機は半分に折りたたむこともできるけれど、そうしたらRの手術痕が治ってももう二度と使わなくなる気がするので、使いたくなったらいつでも使えるように広げたままにしておいた。

ああそうだ、どうせならこの上を、使っていないクッション置き場にしよう。
さっきのほこり除け布では幅が足りないので、古シーツを掛けて。



その夜、先に寝室に上がったRからメール。
「だれかねてらる」
(訳:誰か寝ておいでになる)
f0000211_20392965.jpg
ファラオか。




あと、非常時に懐中電灯にもなるシンプルなデザインの2WAYライトを会社で安く分けてもらえたので、ベッド脇に置いた。
f0000211_22331823.jpg

上部のスイッチ部分を押すと、柔らかな電球色に点灯する。f0000211_22333816.jpg

そのスイッチ部分を引き抜くと、f0000211_2234378.jpg

引き抜いた部分が明るいLED懐中電灯になるので、非常灯にもなる。f0000211_22345421.jpg

スイッチ部分は蓄光になっている。f0000211_223559100.jpg

発売当時から気になっていた無印良品のLEDランタン・サーチライト付 (無印良品ネットストアにリンク)が、値段に躊躇して「いつかそのうちに…」と思っているうちに販売終了になってがっくりしていたけれど、私にはこれで充分。
MUJI LEDランタン・サーチライトの30分の1(!)の値段で買えた。

f0000211_22361921.jpg

f0000211_2236316.jpg
ベッドに寝転んだまま手元で灯りが点けられるのはうれしい。
毎晩ワクワクして、用もないのにつけたり消したりしてる。




ところでインフラツボヘルサーってまだあるのかなと検索してみたら、ヒットするのは中古品の売買情報ばかり。
もう製造されていないのかと思いながらよく見たら、今も改良型が販売されているよう。
インフラツボヘルサーNX (メーカーのページにリンク)
なんだかあやしい健康器具のサイトのように見えるけれど、掲示板等によるとそういうメーカーではないらしい。

検索してあれこれ読んでたら、なんだか久しぶりに使いたくなってきた。
せっかくカバーを掛けて奥に押しやったけれど、体調整えるために日曜日ごとに使ってみようか。


    にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ



398円!
 ↓

インフラツボヘルサー、未使用品とは言えかなり古そうなのに、この値段で売れた様子。
すごい。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2015-03-19 22:59 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 03月 09日
クロームメッキのシャワーヘッドに交換した
シャワーホースをつやつやに磨いたその翌々週、シャワーヘッドを交換した。


家を建てた時に黒いシャワーホースとセットで取り付けたのは、TOTOの黒い小さなシャワーヘッド。
f0000211_20513116.jpg


f0000211_21294689.jpg
建築費用が1000万円台だったので、抑えられるところは抑えようと格安品の中から選んだ小振りでシンプルなもので(確か数百円!)、このシャワーヘッドに合わせて壁の一部を黒とアイボリーの市松模様にしたんだった。


それを、無印良品の白い浄水シャワーヘッドに替えたのは、約15年前。(…も経ってたことにびっくり!)
結婚当初から台所や洗濯に石鹸を使っていたのを、髪も石鹸で洗うようになった頃。
f0000211_21301020.jpg
(直立!)
石鹸で洗髪するなら、水の塩素を除去して石鹸かす(金属石鹸)をできにくくすればクエン酸リンスなしでも髪をさらさらに保ちやすいと聞いて近くの店を見て回り、シンプルな見た目と手頃な価格で選んだのがこれだった。

けれど、数年前からフィルター出し入れ口あたりがひび割れてきて、手で握る部分数箇所から水が細く吹き出すようになっていた。
見て見ぬふりをしていたけれど、Rに「こわれてるよ。目に水が入る」と言われて(うん、思わぬタイミングで勢いある水が顔に直撃してくることがたびたび)、棚にしまってあった元の黒いヘッドと交換。
そうしたら、「黒いシャワー、水が弱いよ」。
そう?
私は気が付かなかったけど、一旦他のヘッドに替えてから元に戻すと、その水圧の弱さが気になったらしい。


で、近くのホームセンターでいくつか現物を見比べたあと、買った人たちのレビューをネット上で確認して、これに決めた。
f0000211_21303257.jpg
「SANEI 低水圧用マッサージシャワーヘッド PS309-80XA-C」 (楽天にリンク)。
すっきりしたクロームメッキが気持ちいい。
(シャワー板部分はごちゃっとしているけれど、普段は見ないから気にならない)
「低水圧用」を謳っているだけあって、水圧は充分。
ヘッドの外側のリングを回すと、水流が「シャワー」「マッサージ」「ミックス」に切り替わるようになっている。



三つのシャワーヘッドのシャワー板部分。
f0000211_2130547.jpg
TOTOの黒も無印の白もそんなに違いはないように見えるけれど、無印の方が水圧がある。
さらに水圧のあるクロームメッキのは、穴の数が無印の半分ほどしかないので、その分水圧が高いのかも知れない。
穴は少なくても、シャワー板が大きくて水が広がるからか、使っていて水量が少ない感じはない。


f0000211_21311488.jpg
市松タイルの前ではやっぱり黒の方が納まりがいいけれど、単独で見ると、クロームメッキの方がきれい。
手に持った時の質感もすっきり気持ちいい。
これからのバスタイム、よろしく。




無印の浄水シャワーヘッドは、もう生産終了していたらしい。
替えフィルターを長らく買いに行ってなかったので知らなかった。
15年間ありがとう。

   にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ



送料を足しても、近所のホームセンターで買うよりもネットショップの方が安かった。
けど、今検索して、定価が税別6300円だったと知ってびっくり。
最初の格安シャワーヘッドの10倍近い!
 ↓


最初に取り付けたTOTOの黒は、多分これ。
当時も数百円だったけれど、今でも税込990円!
 ↓
TOTO シャワーヘッド 黒 (THY496)

TOTO シャワーヘッド 黒 (THY496)
価格:990円(税込、送料別)


[PR]
by karino-tohko | 2015-03-09 22:14 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 09月 15日
ワイングラスにグラスハンガー
流し台の前にたまっていた、食器棚に入りきらない(または背が高くてどこにも入らない)Rのワイングラス類。
洗ったあとの置き場所に困ってそこに置くようになったけれど、伏せて置くには衛生面で問題があるし、上向けて置くと度々中に入ったほこりを濯がなければいけないし、何よりじゃまだし。
使ってないものは箱にしまっておきたかったけれど、Rによるとその日飲む物やその日の気分で使い分けているそうで、全部必要とのこと。
f0000211_1244326.jpg

で、ずいぶん前からグラスハンガー(グラスホルダー)に掛けることを検討しつつ、
「でも、ぶら下げたら、唯一すっきりしてる棚下までごちゃつくし」
「いや、元々ツール掛けのバーもごちゃついてるから多少増えても同じだし」
「けど、一度取り付けたら、やっぱり目障りだからと外しても棚裏にネジ穴が残ってしまうし」
と、何年もぐるぐる。


とにかく、中にほこりが入るのが耐えられないし(ホコリだらけの部屋で生活してるけど、そういうのはすごく気になる)、私が洗いそびれてるうちにRが濯がずそのまま使ってしまうかもと気にかけているのがストレスになって、思い切ってぶら下げることに決めた。

棚の奥行きを測って注文したのは、長さ10インチの真鍮製グラスハンガー、2つ。
f0000211_12451893.jpg
届いたのは、3月。
重い腰を上げて取り付けにかかったのは、8月の終わり。

取り付けるのは、この棚の下。
f0000211_1247710.jpg



5か月間寝かせて、いざ、取り付け。
奥の壁や横の棚受けにグラスの足が当たらないよう位置決めして、手前のネジ穴の位置に錐で目印を付けて、
f0000211_12475033.jpg

前回(タオルバー取り付け)、及び前々回(キッチンツール掛けのブラケット取り付け)の教訓を生かして先に充分な深さの下穴を開けておこうとネジの深さを確認したところで、気が付いた。
f0000211_12512073.jpg
付属のネジが、長い…!
棚板を突き抜けてしまう。

長さ17mm以下で頭7mm以上の頭でっかちなネジを買ってこないと。
f0000211_1302740.jpgf0000211_1304387.jpg
思い立った時にしなきゃまた当分取り掛かれないので、すぐにホームセンターへ。


でも、売り場で30分かけて探しても、壁一面に何百と並ぶネジの中に、長さと太さと頭の形と色の4つの条件に合うものが見つからない。
あれこれ見比べて、「トラス頭」(なければ「なべ頭」)で、真鍮製(なければ「鉄製クロメート処理」の「ゴールド」色)で、太さ4mm×長さ16mmのものが条件を満たすとわかったけれど、ない。
力尽きてスタッフに訊いても(先に訊け?)、「その色はありません」と、即答。
「いえ、長さや頭の形の違うのだったら、ゴールドのや真鍮のがあったんですけど…」
「ゴールドは基本的に置いてないので、あるだけです。真鍮もあるだけです」
つれない。
「取り寄せてもらうことはできますか?」
「取り寄せたら何千個って単位になりますよ」
うう…。

もう一度売り場に戻って見落としてないか確認して、あきらめてwebショップで探そうかと帰宅。
ダメ元で、工具箱の中に数ケースあるネジ入れの中をひとつひとつ探したら、
f0000211_1311439.jpg
…あった!!!
一度何かに使って外した形跡があるトラス頭のが4本(上中央)と、なべ頭のが2本(右上)で、ちょうど、必要数6本きっちり!
目に入りにくい奥側なら、なべ頭で充分。
捨てずに残しておいた使用済みネジに助けられるとは。
これでまた、捨てられない性分が強化されてしまう…。



夜7時半、作業再開。
前回のタオルバー取り付け時の失敗を糧に、じっくり下穴を開けて無理せずネジをねじ込んで行くけれど、木が硬くてネジが長く、しかも下から上への垂直方向の穴開けで、なかなか進まない。
f0000211_1314463.jpg
なんとか手前のネジ一本を仮留めして「やった!」と喜んだところで、ミスに気が付いた。
慎重に位置決めしたはずなのに、下を横切るツール掛けのバーにグラスが当たってしまう。
しかも、この位置だと、奥のネジの位置の真下をバーが通っているので、錐やドライバーが使えない。

ネジをそろそろと抜いてグラスハンガーを外して、
f0000211_1321995.jpg
錐を使う時にバーを壁側に押してずらせるよう、20年前に取り付けたパイプの端のブラケットを外して。

f0000211_1324770.jpg
取り付けられるギリギリの位置へ、再度取り付け。

夜9時。
f0000211_133896.jpg
できた!!!

f0000211_1333228.jpg
ワイングラスを掛けてみた!

あ…。
f0000211_1335182.jpg
洗ったグラスを掛けたら、下の、あれこれ積み上がった調理台に水滴が落ちる…。


下がシンクになっている右側に取り付け直そうか、どうしようか。
位置決めして取り付けるのに1時間かかったのに、また最初からになるし、左にネジ穴が残るし…。

迷っていたところで、R帰宅。
「おー、がんばったねー、いいねー」(人ごと。自分が使うグラスの置き場所だけど、たぶん、本人にはどこでもいい)
「でも、ほら、水滴がこの上に落ちちゃう。ここにふたつ並べたかったんだけど」
「じゃあもひとつのは右に付けたら? 乾いたらそっちに移したらいいよ」
「ふたつ並べたいなあ。でも付け直すのもなあ…」
「こっちにひとつ付けてから考えたら?」
うん、左にふたつ並べるのはナシだと思うから、とりあえずもひとつをこっちに付けてみよう。


なら、ツール掛けバーの右側のブラケットも外さなきゃいけない。
20年以上放置してたのを、やっと今年の2月に取り付け終えたと言うのに。
f0000211_1341173.jpg
ブラケットを外してバーをずらして、かかってたツール類を除けたりずらしたり。

f0000211_1342936.jpg
右側も何だかんだで二度やり直して、余計なネジ穴ふたつ。

けど、台座部分でうまく隠せた。よかった。f0000211_1345419.jpg



夕食をはさんで、午前0時半、Rが下穴開けを手伝ってくれて右側も取り付け完了。
f0000211_1382536.jpg
(いや、下穴を開けてもらったら、もう全部やってもらったのも同然なんだけど)


いったん取り付け終えたら「もうこれでいいや」となって、二本並べたかったグラスハンガーがシンクの左右に分かれた状態のまま、完成。
f0000211_139043.jpg
(ピントを手前側のグラス掛けに合わせたら、よくわかんない写真になった。真ん中にごちゃっとあるのは、ツール掛けを動かすために真ん中に寄せたツール類)



注文前にハンガーを通るグラスの足幅を問い合わせて、2客ある大ぶりのグラスは掛けられないようだと思っていたけれど、入口の対角線になるようにグラスを傾ければ通すことができた。
f0000211_1392047.jpg
ってことは、他のグラスだと簡単に口を通るので何かの拍子に落ちて割れそうだと心配していたのが、この大きなグラスを一番手前にしておくことで、ストッパーになる。
思わぬ効用。



気にかかっていたワイングラスのほこり問題、ひとつ解決。
よかった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村



10インチ(本体部分長さ254mm)、16インチ(406mm)、20インチ(507mm)、24インチ(610mm)の4サイズあり。
一番短い10インチで、普通サイズのワイングラスなら3客、握りこぶしが入るくらいの大ぶりのグラスなら2客掛けられた。
また、それらが2連~4連になっているものや、壁付けタイプもあり。(商品ページの下の方)
他のシリーズには、もっと短い1客掛けもあった。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-09-15 13:34 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 09月 10日
廊下の景色が変わってる!
夜、帰宅して玄関を開けて驚いた。
f0000211_1822889.jpg
えっ!? 景色が違う!!
上り口をふさいでいたamazon箱は?
壁際に積み上がってたダンボール箱は??


朝家を出た時の廊下は、こんなふう。
いや、これは去年の年末の写真で、この時より1,2段高く箱が積み上がっていた。
f0000211_1825773.jpg
ここにあったダンボール箱は、9割方Rが持ち込んできて積んだもの。
中身はお酒だったり、本だったり。
数年前からこんな状態になっていて、湿気で壁にシミができるから移動して欲しいと何度か頼んだことがあったけれど、前触れなく突然きれいさっぱりなくなると(いや、奥にまだひと山あるけど。手前にも私が置いた物が残ってるけど)見慣れた景色でなくなって驚いた。


ああ、Rがある程度動ける体調で一日家にいたのって、もう10年ぶりくらいかも知れない。
寝込まない限り休みが取れなかったから、片付ける間もなかったんだ。
(基本的に、私はRの物には触らないし、Rも私の物には触らない)

どこに移動したのかと思えば、二階の空き部屋の中央。
しかし、酒も重いし本も重い。
まだ傷口が痛むだろうに、そんなのを持って階段を上り下りして大丈夫?


それに、重量物を上階の中央に置くのはまずいだろう。下手したら床が抜けてしまう。
(と、数年前に一階に収まらなくなった本をRが二階に積み始めた時から心配していたものの、そのまんま。)
早目に部屋を片付けて、せめて壁際に移動しよう。


それにしても、廊下が広くて気持ちいいー。
これを刺激に、煮詰まって進まなくなってる他の箇所の片付けも少しは進むかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
   にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2014-09-10 18:31 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 06月 06日
20年越しのタオル掛け
四月終わりの祝日の夜更けにやったこと、もうひとつ。
f0000211_18541146.jpg
23時半。
真鍮のパイプとブラケットで、洗面所のドアにバスタオル用のタオル掛けを作った。
思い立ってから20年越し。
このタオル掛けを取り付けられたことで、滅入ってたのが少し落ち着いた。



前の週の日曜日、取り付け作業を始めたら、最初の木ねじをちゃんと最後まで回し入れることができなくて、少し浮いたままになってしまった。
なんでだろう、あとで締めればいいか、と、いったん置いておいて別の一本をねじ込んでいったら、それも途中で抜くことも挿すこともできなくなって。
さらにもう一本。
それも斜めに入ってしまい、2mmほど浮いた状態で動かない状態に。
結局、ひとつのブラケットを止める三本のねじが、どれも中途半端に止まってしまった。

しばらく格闘したけれど力尽きて、ドアに宙ぶらりんのブラケットを残したまま、中断。
ねじ一本締めることもできないなんて。
いつの間にこんなこともできなくなってたのかと滅入ってた。

必要数だけ入ってたねじを一本つぶし、ラジオペンチでドアを傷付けながら、飛び出た状態で動かなくなっていたねじを無理矢理引き抜いていたら泣けてきて。
なんで、何でも自分でできた20年前にやっておかなかったんだろうって。
今さら取り付けても、あと何年使うんだって。

f0000211_18544815.jpg
(つぶれ後、つぶれ前)

ドアもだめにしてしまった、と滅入ってたけれど、単に、気分が降下していた時期だったよう。
10日近く放置したあと、少し気持ちが落ち着いたところで考え直した。
二月に同じ道具で同じ物を取り付けたばかりなんだから、しかもあんな体勢であんな手の届きにくい場所でもできたんだから、いくらなんでもわずか二ヶ月で、それができなくなるくらい急に衰えるわけがない。

単に、あそこの木とこのドアとでは木の材質が違っていて、ドアには硬い木が使われていたんだろう。
下穴が浅くて木が硬くて進まなくなった時に無理矢理ねじ込もうとしたから、ねじ山がつぶれて抜き差しならなくなったんだろう。



で、この夜に再挑戦。

タオル掛けにしたのは、二月にブラケットを取り付けたキッチンツール掛けと同じ直径9.5mmの真鍮パイプと、それを受ける9.5mm用 R型エンド用首長真鍮ブラケット(楽天にリンク)。
もう少し太いパイプにしようかとも思ったけれど、ドアに重さをかけるのはよくないかもと思い、9mmで。
1mのパイプをタオル掛け用に59cmにカットしてもらい、残った部分は他で小物掛けや雑巾掛けにしようと、23cmと18cmにカットしてもらった。
f0000211_18551590.jpg
二月に取り付けた渋い色のと違って、届いたばかりの真鍮は、明るい色でぴかぴか。
これも何年か経てば飴色に変わるはず。


f0000211_18554390.jpg
思い出した。
このドア、越してきた頃に向こう側の面にプレートを取り付けた時も、思ってた以上に木が硬くてなかなかねじが入っていかなくてまいったんだった。

f0000211_190558.jpg
前の週に使った間に合わせのドライバーでは、ブラケットの頭とハンドル部分が当たるのでねじが斜めになって下穴に添わず、硬くてそれ以上入らなくなって、なのにそれを「この間できたんだから、このまま力づくでやれば入るはず」と無理矢理ドライバーを回して、ねじ山をつぶしてしまったよう。

ブラケットとねじを持ってホームセンターに行って、長さやねじ山サイズの合うドライバーを買ってきた。
f0000211_191294.jpg
f0000211_19323333.jpg
深めに下穴を開けて、ねじ山をつぶさないように様子を見ながらドライバーを回して。
ねじがそれ以上進まなくなりそうになったら、早目に戻して下穴を開け直して。

f0000211_192144.jpg
できた!!
(失敗して抜けなかったねじ一本は少し浮いたままで、つぶれた分ねじ一本足りないままだけど。)

f0000211_1923191.jpg
バスタオル、かけてみた。
万歳!



元々洗面所に取り付けてあったタオル掛けは、これ。
幅40cm。
f0000211_1931569.jpg
当時、工務店が持って来たカタログ類の中で、一番シンプルで余計なデザインがなくて安いもの(家全体の予算が1,000万円台だったので)がこれだった。

工務店からはバーがダブルになったものを勧められたけれど、見た目が好きでなかったので、「シングルタイプで足りなければ、あとで好きなのをドアにもう一本付ければいいや」と却下。
フェイスタオルとバスタオルを一緒に掛けようとすると狭いものの、まあなんとか掛けられたので、「またそのうちに」と思いながらそのまま20年経っていた。

けれど、数年前、ヘアドライタオルをぺらぺらのものから厚みのあるものに買い替えたら、お風呂上がりのタオルがずいぶん窮屈な状態に。
f0000211_1933943.jpg
フェイスタオル、バスタオル、ヘアドライタオル。
それでもこの状態のままでいたら、バスタオルの湿気が飛ばず臭うようになってきたので、やっと、ドアにバーを取り付けようと腰を上げた次第。

f0000211_1935856.jpg
もう今さらいいか、いや、やっぱり…と迷いつつ注文したけれど、取り付けてすっきりした。




今回、近所のホームセンターにこの真鍮パイプとブラケットを買いに行ったら、
「うちでは取り扱いありません。え? 昔ここで買われたんですか? いや、今はもうステンレス製しかないですねえ」
と買えず、ならばネットで注文を…と探しかけたところで、前に建築店のサイトで見かけて気になっていたタオルハンガーのことを思い出した。


確かブックマークしたはず…と探したら、
…あった!
問い合わせるのに製品名や品番が書かれてないかと見てみたら、
…フタガミ?
最近見かけるようになった、月型の真鍮の栓抜きや鍋敷きを作っているメーカー??

f0000211_1965123.jpg
f0000211_19788.jpg
FUTAGAMI フタガミ 真鍮製タオルハンガー (楽天にリンク。画像はショップから拝借)


手で削ったような見た目の印象から、てっきり、建築金物を作っている職人さんや町工場の手仕事の製品だと思っていたけれど、有名な真鍮製品メーカーの商品だったらしい。→
「神秘的な真鍮の色をそれぞれ『月』『太陽』『銀河』『星』に見立てた鍋敷きのシリーズFUTAGAMI (二上)」 (楽天にリンク)


高いけれど見惚れるほどきれいだし、一生使う物だし、フタガミのタオルハンガーにしようか…と心が決まりかけたところで、サイズが全然合わないことに気が付いた。
長いLサイズの方でも35.5cm。
必要な長さの約半分。
残念…。


ならばほかにもこういうのがないかと探してみたら、


タオルハンガー:アイアン タオルレール L (楽天にリンク)f0000211_197465.jpg
でもやっぱり、短い。
幅40cm。


こういった素材感のもので60cm前後のものがないかとしばらく探してみたけれど、見付けられず、結局、キッチンツール掛けやドアの嵌めこみガラス部の目隠し布掛けに使ったパイプとブラケットになった次第。

f0000211_2015349.jpg




深夜、取り付けたタオル掛けに満足して寝室に入ると、Rが優しい雨音のようなピアノ曲を聴きながら眠っていた。

   ブログランキング・にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ








写真に見惚れてしまう。
ステンレスのフェイスタオル掛け、これに付け替えようかなあ…。
 ↓



[PR]
by karino-tohko | 2014-06-06 21:03 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 05月 30日
水色のリネン
四月第四日曜日。
布団からカバーをはがそうとしたら、無数の羽毛が舞い上がった。
外国映画のパーティのシーンのよう(違)。
どこか破れてる?



シーツと布団カバーは、親元を離れて最初に買った1セットを除くと、真っ白のもの(にパイピングが入ったもの)しか買ってこなかった。
(初めて買ったものだけはライトグレーだった。10代の頃にクールなモノトーンのインテリアに憧れていた名残り)
けれど、今回初めて色物を買った。

買ったのは、リネン100%の水色のカバー類。
シーツはここ数年、夏さらっと涼しく冬に冷たさが穏やかな麻を使っている。
そろそろ新しいシーツを…と思っていたところで、通販雑誌で麻100%の濃い水色のカバー類を見かけて、麻で濃い色物のシーツ類は珍しかったし、しかも私の好きな少し緑がかったぽってりした水色に見えたので、二ヶ月ほど迷ったあげく注文した。

白いシーツ+白いカバー+生成りの毛布から
f0000211_21311741.jpg
 ↓
f0000211_21313917.jpg
初めての色物。

濃い色の家具の前では薄い水色に写ってしまったけれど、

f0000211_21315541.jpg
実物は、これくらいの色。

f0000211_213296.jpg
愛機IS01の保護色。
散々迷ったけれど、思ってたのに近い色でよかった。


ただ、残念だったのは、フラットシーツじゃなかったこと。
f0000211_21322499.jpg
シンプルなフラットシーツが好きで頭の中では「シーツ=フラットシーツ」になっていたので、開封して取り出してこんなふうになってた時には「何!?」と驚いた。
買うのも実物を見るのも初めてのワンタッチシーツ。
ま、セットが簡単でずれないしいいか。
(干したりしまったりがしにくそうだけど。)



羽毛布団の時期のベッドは20数年間ずっと真っ白だったので、寝室に入るたびにちょっとドキドキワクワク。

ブログランキング・にほんブログ村へ
   にほんブログ村



買ったのはこのシリーズ。
同じ生地でベッドリネン以外にマルチカバーとカーテンもあって、しばらく迷ってた。
 ↓


写真はナチュラルカラーだけどブルーも選べます。
 ↓


枕カバーは普通サイズと大判サイズの二種類あり。
 ↓



[PR]
by karino-tohko | 2014-05-30 21:45 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 03月 14日
金色のブラインド
寝室にボイルのカーテンを付けた先週の日曜日に、壊れていたリビングのブランドも付け替えた。

リビングのブラインドは22年前に近所のホームセンターで買って取り付けたもので、数年前から操作棒が動かなくなり、羽の角度が変えられなくなっていた。
普段開け閉めしない窓だから動かなくてもいいか、と気にせずそのまま放ってあったけれど、先月、キッチンツール掛けの真鍮パイプのブラケットを取り付けた時におのれの体力の衰えを感じて、いずれ付け替えるなら今のうちにやっておかないと自分で取り付けできなくなる、と慌てて注文した次第。


これまで付けていたのは、艶消しゴールドのブラインド。
f0000211_21284886.jpg
引っ越して来た時にこの窓に何を付けようか迷い、普段一番長く過ごすことになりそうなここにはどうせならこれまで自分が住んできた家に一度もなかったものを、と考えて、色柄優先でロールスクリーンにするか使い勝手優先でブラインドにするか迷って、店頭で生地見本や色見本帳を見比べてこのブラインドに決めたんだった。

2cm角ほどの見本帳を見てオーダーしたので、出来上がって来て取り付けるまではいったいどんなふうになるか不安もあったけれど、いざ取り付けてみると、金色なので一般のブラインドほどペタンとした質感じゃなく、マット仕上げなので金ぴかでもなく、結構いい感じになって気に入っていた。

横のテラス窓の、生成りに金色の手書き風プリントが入った布ともしっくりくる。
f0000211_2129272.jpg


今回このブラインドを20余年目に付け替えることになって、どうせなら雰囲気を変えてみたいと、厚い生地とレース生地の二重になったローマンシェードや半透明のスクリーンなんかを候補に、ホームセンターで生地見本帳を借りてきて検討してみたけれど、結果、やっぱり、元のと同じブラインドに決めた。
まだ同じのが売られていてよかった。
(いったん店頭で「今はもうありません」と言われたけれど、webで見付けて品番を確認して、もう一度お店に行って自分でカタログを繰って探して見付けた。あきらめないでよかった)



後日、オーダーした新ブラインドが入荷したという連絡が入ったので引き取ってきて、いざ、取り付け。

…の前に、元付いていたものを外さなければいけないけれど、外し方がわからない。
ブラインドは、新築の時に窓枠部分に穴を開けるのをためらったので、突っ張り式。
今回買ったブラインドに付いてきた説明書に外し方も書いてあるかと見たけれど、同じ突っ張り式でもこの20年間に取り付け方も進化していて、そこに書かれているパーツが付いていない。
数年前に同じシリーズのお風呂のブラインドを交換した時はどうやったんだっけ、と思い出そうとしたけれど、さっぱり記憶になく、端にある部品を適当に回したり引っ張ったりしても、びくともしない。

だんだん日が暮れてきたので、暗くなるまでに付け替えてしまわないと、と焦ってきて、力まかせに引っ張ってみた。
f0000211_21294997.jpg
そんなので外せるとは思えなかったけれど、体重をかけてぐいぐい引っ張り続けたら、最後に端の部品が割れて外せた。
よかった。

固定していた粘着テープが強力でなかなか外せなかったようで、割れたパーツの残りの部分が窓枠に貼り付いたまま。
f0000211_21301586.jpg
確かに、今度買ってきたブラインドには、まず端の両面テープを外すための機構がついていた。



外すよりも取り付ける方が簡単だった。
f0000211_21303917.jpg
出来上がり。
夜になって蛍光灯を点けたので、交換前の写真と雰囲気が違うけれど、実際にはほぼ同じ。
外から丸見えになる夜までに取り付けられてよかった。


ブラインドの下の端に、製品番号等が書かれている。
これで次回は簡単に注文できる。(その時まだ同じ製品があれば)
f0000211_2131043.jpg



ああ、今ブログの過去記事を探したら、お風呂のブラインドを外した時の記録があった。
「ブラインドを取り付けたけれど…」
この時も、越して来た時に付けたのと同じブラインドに買い替えてる。
で、この時も、古いのを外そうとしばらく格闘したあと、取扱説明書のところに専用スパナがあるのを見付けて外したんだった。
せっかく書き留めておいたのに、過去記事を見ることを思い付かなくて残念。



ブログランキング・にほんブログ村へ
   にほんブログ村



取り付けたのはこのシリーズ。
TOSOインテリアブラインド ニューセラミー25(マルチポール式)(他に「コード&ロッド式」もあり)。
色はベーシックトーンカラーの中のTB-908 ゴールド(ツヤ消し塗装)。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-03-14 21:38
2014年 03月 10日
寝室にトルコ製生地のボイルカーテン
寝室のレースのカーテンを処分したのはいつだっけ、と過去記事を探してみたら、カーテンの端を踏んづけてカーテンレールごと落とした2011年の秋だった。
今から2年半前。

20年以上前に買った昔ながらのレースのカーテンが見た目にうるさかったので、なくなってすっきりしたところで買い直さず、2年半、寝室は遮光カーテンだけでやってきた。

けれど、パイプハンガーを撤去したことで、半分閉めっぱなしだった遮光カーテンを全開できるようになると、その全開感が快感で、朝起きたら遮光カーテンを全開せずにはいられなくて。
すると外から寝室が丸見え状態。
で、いくらか視界を遮ってくれるボイルのカーテンを買った。

f0000211_18101980.jpg
買ったのは、ちょうど少し前に届いた通販カタログで見かけて気になっていた、「トルコ製生地使用ビーズトリム付きボイルカーテン」 (dinosの商品ページにリンク)。
角度によってゴールドに光るターコイズブルーの生地で、端にビーズのトリム付き。
縦の織目が表情あるシャリっとした生地で、レースより透け感がある。

f0000211_18111581.jpg
きれいだなあ、こういうのが部屋にあったら気持ちいいだろうなあ、でも必要ないしなあ、と最初見た時は見送ったけれど、いやいや、寝室に薄手のカーテンは必要だ。


機能重視で選んだ遮光断熱カーテンとの色のバランスが気になっていたけれど、届いて付けてみたらそれほど違和感ない。
f0000211_18114896.jpg
いや、ちょっとあるけれど…まあ、ストレスになるほどじゃない。


透け感はこれくらい。
f0000211_18121462.jpg
(片付けてから撮ろうよ)


f0000211_18123526.jpg
ベランダ側にも付けた。
開け閉めするたびに気持ちいい。


f0000211_18125732.jpg
カーテンの開け閉めがこんなに嬉しいなんて。



長らくずっと滅入りがちで、常に何かに追い立てられているような不安感や焦燥感があったけれど、ここ最近、家で過ごす時間に不思議に幸せを感じるようになってきた。
とくに、家に手をかけている時のこの幸福感は何だろう。
初めてこの町のアパートに越してきた頃の5月の空気感や、そこからこの家に越してきた頃の昂りに似ている。
休日が待ち遠しい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



ずっと以前、ゴールド箔プリントの入ったライラック色のボイルカーテンにひとめぼれしたことがあって、家具との配色といい、いつか寝室にボイルカーテンをかけるなら紫系で、と思っていた。
このピンクを濃くしたような、オリエンタルな赤紫だった。
 ↓
 ボイルカーテンUB30 100×198※2枚組

 ボイルカーテンUB30 100×198※2枚組
価格:4,819円(税5%込、送料別)


[PR]
by karino-tohko | 2014-03-10 20:17 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 12月 10日
今度こそ
これまで何度も買ってきては何度も枯らしたミルクブッシュ。
水をやり過ぎては枯らし、放置し過ぎては枯らし。
f0000211_1504268.jpg
買うのは数百円から1000円台の小さな苗ばかりなので、株がまだしっかり育っていないから弱いのかも知れないとも思ったけれど、大きな株を枯らしてしまうとショックが大きそうなので、これ以上大きなのを買う勇気はない。

f0000211_151299.jpg
廊下の小窓のカーテン(っていうか、越して来た頃に間に合わせで窓にかけた布っきれ)を閉めると、和室の破れた障子の隙間から洩れ入る光がスポットライトのようになる。

f0000211_1511764.jpg
壁に落ちた影が水底のよう。
今度こそ、このままずっと持って欲しい。



ちょっと、仕事が押してきて、不安感が強くなってきた。
いや、ちょっとじゃなくとんでもなく押してる気がするけれど、コワくて正視できない。
(日記書いてる場合じゃないけどそんな時ほど書きたくなる)
時間の流れるペース、ちょい落として欲しい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-10 15:09 | モノ 家 雑貨 蒐集