ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














タグ:好きなデザインの家電 ( 45 ) タグの人気記事
2015年 08月 20日
欲しいスマートフォンを見つけてしまった
買って間もなくワンセグが使えなくなり、ドキュメントが使えなくなり、そのうちOSも更新できなくなった愛機 IS01
少し前から動画も再生できなくなって、twitterのTL上のリンクも半分ほど開けなくなってきて、そろそろ買い替え時かと思い始めたところで、今月に入ってメールや電話機能にも不具合が出始めた。


で、一昨日の定時後、衝動的に一刻も早くiPhone6 plusに機種変更したくなって、このタイミングで行かねば、と、帽子を被ってカバンを持って立ち上がった。
…けど、「あ、念のため…」ともう一度腰を下ろして検索してみたら、来月にはiPhone6sかiPhone7が出るらしい。
あと一ヶ月、壊れず持ち堪えておくれ。


で、次のiPhoneの色形がわからないかと画像検索していたら、スマートフォンのいろんなコンセプトデザインが出てきた。
iPhone、早くこんなふうにならないかなあ。(すぐに踏んで割る)
f0000211_21331326.jpg
天気によって本体の様子が変わる窓のような携帯電話「Window Phone」 より。)



そして、今日。
次こそiPhoneにするつもりだったのに、気になるデザインのアンドロイドを見つけてしまった。
バラバラになってるけど。
『Googleの組立て携帯 Ara が発売延期。落下試験でバラバラ』

f0000211_2133451.jpg


f0000211_21341435.jpg

好きな写真を嵌められるんだろうか。
セルロイドっぽいパーツも気になる。
デザインだけで選ぶのはIS01の二の舞だとわかっているものの、これはたまらない。

いや、IS01には満足しているけれど。
(でなきゃ、不具合だらけなのに4年以上も使い続けたりはしない)

f0000211_20281748.jpg

f0000211_9591363.jpg

せめてOSがアップデートできればなあ。


   にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-08-20 21:39 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 08月 01日
夜に磨いてた
続き。

ゴールデンウィーク最終日の夜10時前。(3か月遅れ)
リビングの収拾をつける前に、気付いたら電子レンジ周辺を磨いてた。
(Rが帰ってきて我に返った)
しまった。
f0000211_21445720.jpg
ホコリで触れない状態だったレンジ周りがすっきりしたのはいいけれど、座る場所がない。


磨き始めたきっかけは、いつか何かを軽く破裂させた、このレンジ内から。
f0000211_21103777.jpg
 ↓
f0000211_21105534.jpg
すっきり。


ついでに、電子レンジが載っている食器棚の上(に置いてあるものの上)にたまっていたほこりも久しぶりに掃除して、
f0000211_2111163.jpg
 ↓
f0000211_21113916.jpg


レンジの上でほこりを被ってた電気コンロ(電熱器)も掃除した。
f0000211_21115944.jpg
 ↓ 
f0000211_2116871.jpg
上から見ても白くてわかりにくいので、横から。
上面や持ち手部分に起毛したように積もってたほこりがなくなって、光沢が戻った。


トップのコイルの溝にもほこりがたまってたので、いったん溝からコイルを外して拭いた。
f0000211_21164167.jpg
今度からは上にアルミホイルをかけておこう。


レンジ脇のほこりにまみれたレトロトースターも、
f0000211_2117311.jpg
(もちろん使ってない。昔ヤフオクで「完動品」と出ていたのを落札して届いたら、中が掃除しても使いたくない状態だったので、そのまま持て余してる)

磨いてアルミホイルをかけておいた。
f0000211_21172870.jpg
(いや、ここに置いておいて誰かが間違って使ってしまってはキケン(衛生的に)なので、二階の雑貨置き場にでも移そう。←今、写真を見て思った)


横のテープカッターは、20年以上前に「レトロ!」と飛びついて買った、ずっしり重い鋳物製。
f0000211_21175411.jpg
重いから片手で簡単にテープが切れるだろうと思ったら、買った当初から刃が悪くて使いづらく、テープが必要な時にはリビングまで取りに行くようになって、このカッター台の存在は忘れてた。
テープもすっかり黄ばんでる。
刃はビス留めされてるから交換できそうだし、今度替刃を探してみよう。


反対側には、お気に入りのレシピケースと、昔買って持て余してる(けど、色合いがちょうど合うのでここに置いてある)陶製のジャーふたつ。
f0000211_21181842.jpg
これらもすっかり忘れてほこりを被っていたけれど、掃除した。
使おう。



壁と同じ黄土色になっていた冷蔵庫の天面も、
f0000211_2118401.jpg
(手前の角だけ、少し前までプラスチックケースが置いてあったので白い)
 ↓
重曹水だったかクエン酸水だったかを(適当に選んだので忘れた)スプレーして汚れを拭き取って、
f0000211_21195718.jpg
(油汚れがあるから重曹を使ったんだったかな。さっと拭くだけですっきり)
 ↓
茶色くなってたジューサーとトースターも、重曹かクエン酸かを振りかけて磨いて、
f0000211_21202570.jpg
(向こう半分をこすったところ)
 ↓
f0000211_21205190.jpg
ピカッ。
でも、このトースターも(こっちは結婚した頃に新品で買ったもの)、ターンテーブル型のを買ってから使わなくなったし、ジューサーも買った当初しか使わなかったし、そろそろ処分すべきか。

冷蔵庫が白くなったら壁の茶色いのが目立つようになったけれど、塗り壁なので水拭きすることもできず、このままそっとしておく。



午前1時。
磨く作業に没頭していたら、気持ちが少し落ち着いた。
シャワー浴びて寝る準備しよう。

(でも、このあとなかなか寝付けず、ベッドに入ってから4時間半ずっとうつらうつら寝返りばかり打ってたようで、翌朝はアラーム前にすっかり覚醒した)



この前日のリビングの片付け写真、一昨日更新した日記に入れるの忘れてた。
あまり変わり映えしないけれど、せっかく撮ったので載せておく。

5月5日、15時。
f0000211_2127050.jpg
 ↓
16時半。
ミニホットカーペットとブランケットを洗って、周りも少し片付けた。
f0000211_21273490.jpg

f0000211_21285431.jpg
その過程で写真手前の方に移動したものなど。
ここは通り道なので夜までに片付けないと。
 ↓
18時。
右手のヒーターの前や脇に積んであった紙類を少し整理した。
右手も一部床が見えた。
f0000211_21292310.jpg

f0000211_21301488.jpg
手前の通路部分は跨げば通れるようになった。


で、この状態のまま連休が終わってしまった。


    にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-08-01 21:40 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 09月 18日
シュレッダー最強化
買い替えの機会を何年も待っていて、やっと手に入れたと思ったらすぐに切れ味が落ちて、さらにほんの数ヶ月で壊れてしまった、「YUENTO バイバイハンディーシュレッダー」よ。

f0000211_18552285.jpg
f0000211_1992860.jpg
(未練がましく過去記事から写真再掲)


がっくりしつつも、今度こそ満足できるシュレッダーを手に入れようと、春の買い替え時に比較検討した機種を念のためブログにメモしておいたものを再チェックしていたら、前回値段を見た時点でパスしたamadana パーソナルシュレッダー DS-106-W(amazonにリンク)の新品未使用品が定価の35%ほどで出ているのを発見した。
(35%引きではなく、35%!)

「パーソナルシュレッダーとしてはトップクラスの静音設計(55db)」「裁断枚数5枚」「連続運転5分」とあるのを見て、もうこれにしようかと決めかけたけれど(35%だし)、あらためてレビューを読んでみると、その値段はほぼデザイン代のようなもので、機能的にはイマイチだという声が。
それではまるっきりYUENTOの二の舞だし、その割には、15年間使ってきた1,000円の手動シュレッダーとかぶるデザインだし…。
(え? 全然違う?→)f0000211_18592716.jpg
(写真、過去記事から再掲)
どうせなら、同じような無色透明のフロスト調アクリルでなく(だから、全然違うって?)、印象の違う色物にしたい気もする。



無色や白以外でいいのがないかと探してみたら、珍しい色合いのものが出てきた。
説明を読むと、「2.0×10mmのマイクロカット」。
マイクロカット!? 欲しい!
f0000211_18201652.jpg
(にんじんのみじん切りっぽい)
アスカ [Asmix] ハンドマイクロカットシュレッダー モカ HM-01M (楽天にリンク)
でも、手動。
いや、これまでもずっと手動だったんだから手動でもいいんだけれど、ただ、クロスカットだったYUENTOのカットスピードが非常に遅くて(ハンドル一回転で進むカット長がわずかで)作業にずいぶん時間がかかったので、同じ手動クロスカットでしかもマイクロカットなら、YUENTO以上に時間がかかりそうで心配。



ああ、この室内に置かれた写真で、前に少し気になっていたデザインユニットn.o.lのコノフ/conof 電動デザインシュレッダー (楽天にリンク)が激しく気になってきた。
f0000211_18205838.jpg
他の写真によると、もう少し明るくて緑味が強くて、好みのピスタチオグリーンのように見える。
ただ、黒に近い(いや、黒そのものかも知れない)天面のチャーコールグレイが重い。
KNOXシュレッダー 101 (デザイン情報サイト JDNにリンク)のような白木は無理だとしても、せめて淡いグレイならなあ。
あと、ショップによって本体のグリーンの色味がずいぶん違うのも気になる。
どの色が現物に近いんだろう。
f0000211_1822048.jpgf0000211_18222097.jpg
(色違いかと思ったら同じ商品だった。希望するのは上記3つを足して3で割ったくらいの色)

カット幅は「33mm×5mmのマイクロダイヤモンドカット」。
最大細断枚数8枚、連続使用時間10分なのは助かる。
運転音は「65dB以下」とあって一般的な音量のようだけれど、レビューによると「音が小さくてビックリ。耳障りでない音」とのこと。

amadanaとconofで迷う中、ちょうどamadanaからこのconofに買い替えた人のレビューを発見して、
「裁断速度や裁断量は格段に違います!とても快適な感じ。DVDやCDも裁断できるのでお得(amadanaは紙のみ)」
とあるのを読んで、こちらに決めた。
レビュー書いてくれた方、ありがとう!



さっそく注文して到着!
ダンボール箱もいい感じ!
f0000211_18235051.jpg

f0000211_18242447.jpg
取り出すと、イメージしていたのに近いピスタチオグリーン! よかった!
(部屋のカーテンを閉めたまま撮ったので、実物より黄味が強く写ってる)

f0000211_1827524.jpg
トップは黒だった。黒々感の少ない艶消しだからまあいいや。

f0000211_18292071.jpg
CDや樹脂カード専用の投入口があって、それらの裁断屑は紙屑と混ざらないように、取り外せる別ポケットで受けるようになっている。
助かる。

f0000211_18293740.jpg
33mm×5mmのマイクロダイヤモンドカット。
(なお、新型の「コノフシュレッダー2」はさらに細かい9mm×3mmの「超マイクロダイヤモンドカット」らしい。↓ 欄外参照)


f0000211_1831323.jpg
リビングのお気に入りのリップ型ごみ箱とおそろいの色になると思ったら、ごみ箱の方はこの24年間ですっかり色褪せて、ぼんやりしたからし色になっていた。

しかし、ごみ箱よりシュレッダーの方が大きい…。
夜、Rが帰ってきて、部屋の真ん中にあるこれを見て「うわっ、何これ? 大き過ぎる!」と驚いていた。

f0000211_18313414.jpg
確かにデカいけど、部屋に馴染む。よかった。
見た目にうるさくなければ、大きいのはごみ捨ての回数が少ないからむしろ助かる。(これまでのは作業途中で何度も何度もごみ捨てしなきゃいけなかった)

YUENTOとのサイズ比較。
f0000211_18315620.jpg
(部屋、ちょい片付けた)
ダストボックス部分は容量12L(+CD、DVD、カード受けポケット1.2L)。
YUENTOの10倍近くありそうで、続けてザンザン裁断できる。


使ってみたら、実に快適!!
これまで使ってきた小さな手動のとは比較にならないのは当然ながら、会社の電動シュレッダーに比べても音や振動がずいぶん小さくて、夜中Rが寝てからでも問題なく使える。
手でちまちまガリガリやっていたのから一気に進化した。
フタになっている黒いトップ部分が結構重いけれど、普段は置きっぱなしだし、ごみ捨ての頻度も少ないから気にならない。

紙を差し込めばあとは勝手にサクサク裁断してくれる手軽さ!(当たり前?)
今度は長く使えますように。



    にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ



人気商品らしいのにほとんどのショップで売り切れていると思ったら、新型が出ていた。
新型は、裁断寸法が9mm×3mm(!)の「超マイクロダイヤモンドカット」。
ただし、最長連続使用時間が3分とのこと。旧型の1/3以下??
最大細断枚数も8枚から6枚に減っている。
あと、旧型にあったCD、DVD、カード専用の細断口がなくなって紙専用機になっている。
大量にザクザク処理したければ旧型、慎重に極細にカットしたければ新型、ってところか。
新型の「コノフシュレッダー2」はこちら。
 ↓

私が買ったのはこっち。
33mm×5mm、最大裁断枚数8枚、最長連続使用時間10分の旧型。
 ↓

オレンジも気になったけれど、数量限定で販売終了していた。
 ↓



またまた念のため次回に備えて、他に気になったものをメモしておく。

スリムサイズのYUENTOが数枚シュレッダーするごとにごみ捨てが必要でそのたびに作業中断して面倒だったので却下したけれど、置き場所的には助かりそう。
 ↓


手動にんじんみじん切りにも色違いでグリーンあり。
 ↓


75%引きにちょっと後ろ髪引かれたアマダナ。
 ↓
amadana パーソナルシュレッダー DS-106-W
f0000211_18375873.jpg

ああ、単に、ショップの写真によってはYUENTOの色に近そうで気になっただけ。
 ↓
アスカ 電動クロスカットシュレッダーSC801B
f0000211_18383777.jpg

一時期どこも売り切れていたYUENTOのシュレッダー、amazonに在庫があった!
いや、裁断能力がイマイチだったしわずか数ヶ月でハンドルが折れるしで、お勧めはできないけれど。
でもやっぱりかわいい。
ブルー、イエロー、ピンク、ホワイトの4色あり。
 ↓
YUENTO バイバイハンディーシュレッダー YDS001-BL 4800013f0000211_1839783.jpg

[PR]
by karino-tohko | 2014-09-18 20:20 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 02月 27日
レトロ扇風機からレトロ風サーキュレーターへ
「製造後10年以上経っている扇風機は使用中に発火する危険が…」というニュースを耳にしたのは、去年の夏。
そのタイミングで、我が家で一番新しい、それでも20年経っている黒い鉄製の扇風機が壊れて、新しいレトロ風扇風機(風力が弱くて根性ないよ!)に買い替えた。(→「レトロ風扇風機からレトロ風扇風機へ」

一番新しくて20年物だから、あとの古い二台は、本物の昭和レトロの50年物。
一台はアイボリーで、もう一台はほぼ色違いの(製造年が異なるらしくデザインが少し違う)薄青緑。
f0000211_20424513.jpg
昭和初期の電化製品特有の中間色に、ぽってり丸い形としっかりした質感。
昨夏買った軟弱な「レトロ風」扇風機と違って、最弱風力でしか使ったことがないくらいパワーもある。
飴のようなダイヤルスイッチも薄青緑の電源コードもかわいいし、リビングの腰壁と同じ色なので部屋にも馴染む。

発火するかも知れないとなると使い続けるわけにはいかないけれど、次の夏までにこれ以上に好きな扇風機を見付けるのは難しいだろう…とあきらめていたところで、扇風機ではないけれど、まあまあ好みのものが目に留まった。

いや、必要なのは扇風機だし、といったん却下したけれど、代わりにならないでもないし、「やっぱりあれを」と思った頃にはなくなっているかもと、決断。


扇風機の代わりに買ったのは、これ。
f0000211_20431849.jpg
アンティークグリーンのサーキュレーター、VFAN-JP。
(光の加減で柔らかい色合いに写っているけれど実物はもう少し青緑が強い)
6~24畳対応で、小型ながら強力。

f0000211_20435431.jpg
首元には、艶消しゴールドのVORNADOのロゴ。
そう、2年半前に寝室用に買ったコレのシリーズのデザイン違い。
f0000211_19193318.jpg
エアコンの冷気の循環や押入れの湿気飛ばしに使っている、小型ながら強力なボルネードのサーキュレーター。
Rがこれを買ってきた頃にこのクラシックデザインの先行機のVF20も販売されていたようだけれど、知らなかった。

VFAN-JP は60年前に生産された製品のデザインを忠実に再現したレプリカモデルとのことで、スイッチ部は、こんなふう。
頭の後ろに OFF→Ⅲ→Ⅱ→Ⅰ と切り替えるダイヤルが付いている。
f0000211_20491045.jpg
OFFの次がいきなり最強なのはアメリカ式なのか、定番デザインの方の白いサーキュレーターも、愛用してきた昭和初期のレトロ扇風機もこの順番になっている。


リビングにサーキュレーターがやってきたので、薄青緑の扇風機は、和室で使っていたアイボリーの扇風機の隣へ。
f0000211_20493561.jpg
どちらも見ているだけで心地良くなれるデザインなので、使わなくなっても処分できない。
置き場所があるうちは置いておこう。
(そうやって眠っているレトロ電話機が家に5台…)



それにしても、レトロなデザインの家電って、人気がある割には滅多に発売されないのはなぜだろう。
(私の周りにレトロ好きが多いだけ?)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村



6~24畳対応サーキュレーター。
色はアンティークグリーンとホワイトの二色。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-02-27 21:20 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 12月 10日
今度こそ
これまで何度も買ってきては何度も枯らしたミルクブッシュ。
水をやり過ぎては枯らし、放置し過ぎては枯らし。
f0000211_1504268.jpg
買うのは数百円から1000円台の小さな苗ばかりなので、株がまだしっかり育っていないから弱いのかも知れないとも思ったけれど、大きな株を枯らしてしまうとショックが大きそうなので、これ以上大きなのを買う勇気はない。

f0000211_151299.jpg
廊下の小窓のカーテン(っていうか、越して来た頃に間に合わせで窓にかけた布っきれ)を閉めると、和室の破れた障子の隙間から洩れ入る光がスポットライトのようになる。

f0000211_1511764.jpg
壁に落ちた影が水底のよう。
今度こそ、このままずっと持って欲しい。



ちょっと、仕事が押してきて、不安感が強くなってきた。
いや、ちょっとじゃなくとんでもなく押してる気がするけれど、コワくて正視できない。
(日記書いてる場合じゃないけどそんな時ほど書きたくなる)
時間の流れるペース、ちょい落として欲しい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-10 15:09 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 07月 25日
レトロ風扇風機からレトロ風扇風機へ
製造から10年以上経った扇風機は発火の危険があるから使わないように、というニュースを耳にしたのは、去年だっけか。
家には3台扇風機があって、そのうちの2台は、約50年前の昭和初期のレトロ扇風機。
丸っこいデザインと柔らかな色がお気に入り。
ニュースを聞いて以来、そのうち買い替えなきゃとは思ってきたけれど、置いてあるのはリビングと和室なので、そばを離れる時にスイッチを止めるようにすればいいかと、そのまま使ってきた。

あとの1台は、以前、Rが会社の在庫品を買い取ってきた、黒いレトロ「風」扇風機。(扇風機の話なので紛らわしいけれど、レトロかぜ、ではなくレトロふう)
こっちはまだ新しいし…と思っていたら、数えてみれば、これも20年ほど使っている。
寝室で使っているので、眠っている間に火を噴いては危険。
入院中の気掛かりを少しでも減らせるように入院前に買い替えておこうか…と思ったタイミングで、私の気持ちを読んだかのように、スイッチ部分が壊れてしまった。

f0000211_2024423.jpg
レトロ「風」のちゃちいデザインながら重さだけは昔のもののようにずっしり重い、金属製の黒い扇風機。
電源コードは昔懐かしい布巻きコード。
好きな色じゃないので早く買い替えたいと思いながら20年使ってきたけれど、いざ買い替えるとなると、別れ難かったりする。

f0000211_2025385.jpg
20年間ありがとう。



「あ、そうだ! これで、ついに、欲しかったあの扇風機が買える!」と気持ちを切り替えて、3年前にTumblrに写真をクリップしておいたレトロ風扇風機を見に行ったら、
「…!?」
素材感やデザインが変わってるー!

欲しかったのは、これ。
f0000211_20253151.jpg
http://gardens.tumblr.com/post/916877060/ (私のTumblrページにリンク)

商品ページに行こうとTumblrに貼った写真をクリックすると、現行商品(HERMOSA レトロテーブルファン RF-001 /楽天ショップにリンク)の画像に入れ替わっていた。

現行商品の説明に
「シルバー以外のテーブルファンは凹凸のある昔ながらの機械を再現するかのような塗装」
「ビンテージ感のある凹凸の機械塗装(ハンマートン)」
とあるけれど、今の商品は、3年前に保存した上の画像のようなぽってり厚塗りされた目の荒い凹凸ではなく、もっと塗装が薄くて目の細かい梨地くらいになっていて、羽も丸いものに変わっている。
残念。



結局買ったのは、同じシリーズでフロアタイプのHERMOSA レトロフロアファン RF1W-002。 (楽天ショップにリンク)
2年前に、崩壊しかけていたロータイプのベッドを高さのあるものに買い替えて以来、寝室に背の高いタイプの扇風機が欲しいと思っていたので、凹凸ある仕上げが好きだけどあの厚塗り塗装でないならと、つるんとした仕上げのスタンドタイプで妥協した。

買った色は、サックス。
ショップページで見た写真よりも緑っぽくて濃いめ。
f0000211_2031338.jpg

f0000211_20313340.jpg
首振り有無のボタンが、昔の扇風機と同じ懐かしい形。
風の強さはMINからMAXまで無段階調節。
ラベルはMINからMAXまでが45度くらいの角度になっているけれど、スイッチはラベルの範囲を越えてぐるっと一周くらいまわる。
で、「1W省エネタイプ」だからなのか、それとも、普段、容赦なくガンガン吹き付ける昭和の扇風機(風が強烈なのでいつも最弱で使ってる)に慣らされているせいか、MAXにしても風力弱め…。
省エネタイプじゃない従来の商品(も販売されていた)はもっと風力があるのかも。
まあ、眠っている間にそよそよ緩くそよがせる目的で買ったんだからいいか。


f0000211_20331812.jpg
最初、濃い色の家具の前で撮ってカメラモニタで見たら色が飛んでるように見えたので、
f0000211_2033362.jpg
廊下に出して撮り直した。
ここの方が似合う。

f0000211_20341534.jpgオマケで付いてきたウォールナット色の細い羽に付け替えてみた。
これはこれでヴィンテージっぽいけれど(ちょうど寝室の家具の色にも合うけれど)、この羽を本体と同じ色に塗って付け替えるつもり。

(カバー、溶接されてるのかってくらい開けるのが固かった)


f0000211_20344038.jpg
スイッチが壊れた黒い扇風機の金属羽とオマケの替羽を比べてみたら、ほぼ同じ形とサイズ。
だったらウォールナット色は着せ替え用に残しておいて黒い方を塗装して付け替えればいいか、と試しに付けようとしたら、軸に1mm差で入らない。
軸受け部分は樹脂製なので削れば入りそうだけれど、へたに緩んだら危ないので、保留。


ひと通り扇風機をあれこれいじって写真を撮ったあと、気が付いたら、その風に吹かれながら二時間ほど眠ってた。
f0000211_2035097.jpg



この日、これ以外にやったこと。


シーツや枕カバーを洗って敷きパッドを干した。
(わざわざ書くほどたまにしか洗わない)
f0000211_20353099.jpg
洗ったシーツを干しにテラスに出たら、テラスの支柱をヘクソカズラが占領していた。
f0000211_20355317.jpg
以前、支柱を立てる手間を省いて雨樋にゴーヤ絡ませて育てたことがあったけれど、ここの方が絡ませやすいかも。
来年やってみよう。


この暑さで、台所の換気扇のフィルターから油が滴り落ちてきていたので、換気扇のガードを洗ってフィルター交換した。
f0000211_20363540.jpg

あと、隣家まで伸びていた蔓草をカットして、玄関の外灯を被っていた蜘蛛の巣を払って、トイレに入ったらどこからか昔の公衆トイレのような悪臭がしていたのでクエン酸でシャワー便座の隙間隙間を掃除して、陽が落ちてから選挙に行った。

そう言えば、朝に牛乳と野菜ジュースでパンを一個食べたきりで、あとはペリエでしのいでた。


退院してきた頃には夏が終わってるかなあ。
さみしいなあ。

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村


一見3年前のものと同じに見えるけれど、仕上げやデザインが変更されてる…(泣)
 ↓


同じデザインでもう少し安くて省エネタイプじゃないのがあったけれど、オマケの細い替羽(ブルーに塗って付け替えたい)が欲しかったのでこっちにした。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-07-25 21:02 | モノ 家 雑貨 蒐集
2012年 04月 17日
ミーレ掃除機の紙パックに感動
去年新調したお気に入りの掃除機、ミーレのS4212MY メロンイエロー
一階は相変わらず物が床面を覆っていて普段は掃除機をかけるスペースがないし、二階は最近ルンバにまかせられるようになってきた(!)しで出番が減っていた中、棚や物の上に積もったほこりを小物用ブラシで吸い取ろうと久しぶりにスイッチを入れたら、
「うっ、くさ!」
いつになく強く匂う排気。
しかも、この掃除機の排気は床面のほこりを巻き上げないよう本体上部の網目部分から天井の方に向かって吹き出すので、それをその上にかがみこんでいてもろに吸いこんでしまった。
「清浄な空気を排気する11層のエアクリーンシステム」+「0.3ミクロンのチリも集塵するスーパーエアクリーンフィルター」+「9層特殊ファイバー製のハイクローズシステム付きダストバッグ」という謳い文句に油断していたら、何という匂い。
f0000211_20534867.jpg
…と思ったら、買った時期を思い起こせば、丸一年以上紙パックを交換していないんだった。(ごみメーターはまだ吸える表示になってた。)
中でほこりやダニが熟成していたのか。

で、購入後初めての紙パック交換。
(すいません。ダニのライフサイクルからすると紙パックが満杯になってなくても1,2ヶ月で交換するのがベストと聞いてます、ハイ。)
「ああ、しまった。さっき外に干してた洗濯物を取り込んで室内干しにしたところだ。粉ぼこりが舞わないように交換しなきゃ」と、部屋の隅でそっと掃除機の中を開けたら、
「あ、そっか」
紙パックの口には赤い樹脂製のフタがあって、吸引時以外はぴっちり閉まってるんだった。
これならパックをつかんでも中からほこりが出てくることはないし、あとは、掃除機内側の粉ぼこりが散らないように、そっと紙パックを取り出すだけ。
f0000211_20542469.jpg
…と、パックを取り出してみると、掃除機内部に粉ぼこりがまったくない。まるで未使用新品のよう。
すごっ。
ペタンコだった紙パックがこんなにパンパンに膨らむまでほこりを吸いまくったのに。(掃除機の横に写ってるやつ)
前の掃除機は中は粉ぼこりでざらざらだったのに。(数千円の掃除機と比較するなって?)
そして、パックの中がこんなにいっぱいになっていても吸引力がほとんど落ちていなかったのもすごい。

f0000211_20543482.jpg
集塵室アップ。
元々艶消しなので写真では白く粉っぽく見えるけれど、実物は見事にさっぱりほこりっ気がなく、ここにおにぎりを落としても拾ってそのまま食べられるんじゃないかってくらい気持ちのいいきれいさ。
排気口のフィルターも白いまま。
さすが、「9層特殊ファイバー製のハイクローズシステム付きダストバッグ」。
汚な家に住んでるくせにほこりに神経質で紙パック交換がストレスだった私には、このすっきりした清潔さはすごくありがたい


それにしても、紙パックがデカい。
これだけ膨らんでいても、パック交換メーターは吸引時に2/3あたりを指していた。まだ入る余地があるということか。(確かに、パックの端はまだ折り畳まれたまま。)
前に使っていたNECのや会社で使ってる掃除機の倍以上の容量があるんじゃないだろうかと確認してみると、容量3.5リットル。
日本の一般的な掃除機の紙パックはだいたい1.4リットルらしいので、やっぱり2.5倍サイズ。さすが欧州仕様。
つい満杯になるまでためてしまう私としては、もう少し小さい容量でその分安い方が助かるんだけど。


掃除機に付いていた替えの紙パックを使ってしまったから次の分を買っておかなきゃ、とインターネットで値段を見比べて、3.5Lダストバッグ4枚入り(+スーパーエアークリーンフィルターとモーター保護フィルター各1枚入り)×5箱で6,300円というのを見つけた。
紙パック1枚につき315円。
安いようだけれど、計20枚ってことは、20年分?? (違)
NEC製の店頭展示品掃除機でも20年以上もったんだから、20年保証付きのドイツ製掃除機ならその1.5倍くらいは軽くもつんじゃないかとは思うけれど、ちょっと迷う分量。
今でも対応機種や紙パック型番の変更があってどれを買えばいいのかわかりにくいのに、20年一度も買わないうちにまた型番の変更があったら、どれを買えばいいのか完全にわからなくなってしまいそうだし、第一、20年後に私はインターネットでそれを探せるのか?
いや、その頃には近所の店でも普通に取り扱っているかも知れない?
いっそ、それを2セット40年分買っておけば仕様変更もこわくないし、一生買い足す必要がなくなる計算か…
とだんだん思考がマヒしてきて2セット購入しそうになってきたところで、いや、冷静に考えればその前にフィルター素材やパックの接着部分が劣化してしまうか、と気が付いた。
今の消費ペースなら地道にひと箱ずつ買おう。



自分用覚え書き
Miele ハイクリーンダストバッグセット FJMタイプ
【S300/S500/S4000シリーズ用】 F/J/M
(希望小売価格1575円)
【セット内容】
・ハイクリーンダストバッグ (容量3.5リットル)×4枚
・スーパーエアクリーンフィルター×1枚
・集塵室フィルター×1枚
amazonで希望小売価格で販売されていたのがなくなって、なぜか500円ほど高くなってる。

[PR]
by karino-tohko | 2012-04-17 21:20 | 日記
2012年 03月 07日
日本で一番かわいいレトロガスコンロ
この間の片付けで出てきた、未使用のレトロな卓上ガスコンロ。
いつかヤフオクに出そうと思ったまま9年も経ってしまっていた(ことをあとで記録で知ってびっくりした!)のが、ブログに「希望があれば譲ります」と書いてすぐに、行き先が見付かって旅立って行きました。
ありがとうございます。

f0000211_2205985.jpg

「日本で今手に入る中で一番かわいいコンロだ!」と一目惚れした、レトロなルックス。
つるんとしたホーロー素材に、白+ミントブルーの配色。
この上なく超シンプルな丸いデザイン。
昔親元で使っていたのと同じ、マッチで点火してガス口のつまみで火力を調節するタイプになっている。
入手した目的に合わず使う機会がなくなってしまったものの、かわいくて手放すのも惜しくて、ついつい手元に置いてしまっていたけれど、この家で目の届かない閉め切った箱の中で錆も出ずぴかぴかな状態を保てていたのは奇跡かも。


箱の底にしまってあった黒い五徳をのせると、こう。
f0000211_2215483.jpg
いっそうレトロ。


f0000211_2222843.jpg仕様を確認するために取り出した取扱説明書の袋の中に保証書も入っていたので見てみたら、倉庫でのデッドストックではなくて、一度販売されて未使用のまま眠っていたもののよう。
昭和30年代頃の物かと思っていたら、昭和61年3月。
意外に新しい。
…と思ったけれど、電卓を叩いてみたら、もう30年近い。(叩かなくてもわかる?)


ガスの種類は確認したものの、ガス栓の口が合うだろか、使えるガスホースがあるだろうかとあれこれ心配していたら、ガスの点検の人にちゃんと使えることを確認してもらえたと聞いて、ほっとして発送できた。
気に入ってくれる人のもとに届けることができて、本当によかった。
なみたん。さん、どうもありがとうございます。
[PR]
by karino-tohko | 2012-03-07 22:32 | モノ 家 雑貨 蒐集
2011年 11月 17日
母の足踏みミシン
f0000211_2292341.jpg先月帰省して母の部屋を掃除したときに、作業台の上の重い大きなケースを開けたら、懐かしいミシンが出てきた。
最初足踏み式ミシンだったものを、私が小学6年生の頃、母が業者に頼んで卓上型の電動式に改造してもらったものだ。

子どもの頃、着るもののほとんどは、従姉からのお下がりか母の手製だった。
小学校の制服や帽子も、母が他の子の制服を借りて型をとって似たような生地を探して縫ったもので、ひとり、みんなとは少し色合いや素材感の違う制服で通っていた。
でも、みんなと違うからいやだという気持ちよりも、周りの制服よりも半端なぼんやりした色合いと、ぼってりした化繊の生地と、もろもろまとっていた毛玉がいやだった気がする。
あまり周囲が見えていない、自我のぼんやりした小学生だった。

それにしても、あの母親が、あの頃よくあんなにあれこれ作ってくれたものだと、よくあんなにマメに物事をこなしていたものだと、つくづく思う。
かたん、かたん、かたん…かっしゃかっしゃかっしゃ…という足踏みミシンの音が家の中でよく響いていた。


ミシンの音がしなくなったのは、妹が中学に上がった頃だったか。
母の本来の横着さが出てきて掃除をしなくなり、母の作業台の上に繕い物やアイロン待ちのものが年単位で山積みになってきた頃、去年着ていた制服のシャツがないとかで母の作業台の上の布の山の中を探っていた妹が、
「わ、これ!」
と、黄土色の長いかたまりを取り出した。
「お母さん! これ、小学校の時にお母さんに作ってって言ってたヘビのぬいぐるみの作りかけやん!」
「ああ、そうやね。中にぼろ布詰めてたんやけど、なかなかいっぱいにならなくてね」
出来上がる前に必要なくなってしまったぬいぐるみ。
小学時代がはるか大昔に思えた十代の私は、やりかけのまま5年も6年も放置していた母の引き延ばしに驚いて、お母さんはおかしくなってきたんじゃないだろうかとショックを受けたんだった。

けれど、おとなになってみると、5年なんてあっという間。
やりかけの物は10年単位で放置されている。
いつの間にこんなに時間の感覚が変わってしまったんだろうと驚く。
f0000211_2294122.jpg


覚え書き。
月曜日に妹から、母が退院したとの連絡あり。
「入院してても、ただ一日ベッドで安静にしてるだけで、リンパ浮腫のマッサージは結局自分でしなきゃいけないんやて。それやったら家にいてもおんなじやし、お父さんここにいたら悪くなる一方みたいやから、退院してもらって家でみてもらうことにしたわ」
病院でいる間はちゃんと正しいマッサージを受けられているものだとばかり思っていたけれど、違ったのか。
「足の腫れはましになったん?」と訊くと、「まあ、ちょっとはましになったんかな」
うーん…。
「お父さんの方は?」「自分の家に帰ったら、ちょっと落ち着いたみたい」
よかった。
ただ、あんな状態の父といることで、母にストレスがたまって体に障らないかが心配。
[PR]
by karino-tohko | 2011-11-17 22:21 | 日記
2011年 08月 29日
1ポモドーロ仕事しよう
この間の帰省時、妹の子らに付き合って100円均一ショップに行った時に、好みのデザインのタイマーを見つけてしまった。
f0000211_2234911.jpg


お気に入りのキッチンタイマーはもう持ってるし、今のところこれ以上タイマーは必要ない。
でも、この色と形には、非常に弱い。
ほら。
f0000211_2241234.jpg
まるでIS01の子機。
ああ、パオ系列。
余計なものはこれ以上持たないように、と思っているけれど、100円だし小さなものだし、これなら休日出勤時の自分の仕事の管理にも使えるかも、と、買ってしまった。


買って、日曜日に開封して、試しに15分セットしてみた。
あ、いい。
元々持っていたネジ式のタイマーと違って、セットがワンタッチでできて、セットした後のカチカチ音もなく無音で、ポモドーロ向きかも。
15分、何かに集中したくなる。

「Pomodoro Technique(ポモドーロ・テクニック)」25分単位で集中する時間管理術
私には25分単位はちょっと長い。
1ポモドーロ14分くらいがいいな。


前にtwitterでこのポモドーロテクニックのことをつぶやいた二日後、Rから「だらだらグセを直す」って件名の記事がメールで届いたので見てみたら、同じく「ポモドーロテクニック」の記事だった。
シンクロ。
その記事によると、「だらだらするのは何らかの不安があるから」らしい。
会員限定記事だけど、こちら。(読んだ内容は忘れてしまった)→つい現実逃避…「だらだらグセ」を直す 「悪いクセ」の断ち切り方


ああ、途中だけど「帰るよ」と車のエンジンかけられてしまったのでここまで。
[PR]
by karino-tohko | 2011-08-29 22:13 | モノ 家 雑貨 蒐集