ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














タグ:カメラ ( 7 ) タグの人気記事
2015年 10月 31日
Getty Images(の欄外のiStock)に写真が載った!
Getty Imagesから ”Congratulations!” ってメールが届いたの、いつだっけ。
何をどうすればいいかわからないうえに英語がネックになって、「いつかその内に…」と放ってあった中、Rに「せっかく審査(?)に通ったのに登録しないの? じゃあ、こっちは? これだったら日本語で登録できるし、審査もきっとgettyよりゆるいよ」と言われて、「PIXTA」という素材販売サイトに登録してみた。
で、そこで必須になっていたサイト内の「入門講座・入門テスト」というのを受けて、なんとなく販売素材のポイントがわかったところで久しぶりにGetty Images - iStockのページを開いたら、「クリエーター募集 10月末まで」の文字。
え? もしかしたら、10月末までに登録手続きを終えなきゃいけない?? と、慌てて、google翻訳首っ引きで登録した。

前に審査(?)に通った時の名前とは別のアカウントで新たにiStockへの登録が必要だったようで、それで登録し直して、メールに書かれていた招待コードを入力。
そこまでたどり着くのに数時間かかった。


数日後、”iStockphoto Upload Application” というメールが届いて、そのメールにあったリンクからpayment optionというのを登録して、Tax Interviewっての済ませて、やっと写真1枚アップロードできた。
payment optionは、振込先銀行のSWIFTコードとかいうのを探してるうちにタイムアウトするし、(途中二回タイムアウトして三回最初からやり直した)、一番わけわかんない Tax Interview のページが「日本語」を選んでも英語しか表示されないから、いちいちgoogle翻訳して、翻訳しても意味わからなくてぐぐって…って、三時間くらいかかった。
(けど、今探してみたら、個人ページでTax Interviewの解説をしてるページがあった…)


そして、約10日後の10月24日、ついに、iStokにアップロードした写真のページができて、

f0000211_1862271.jpg
Rosemary herb against a blue sky - Stock image


今週、Getty Imagesの検索結果の下のiStock欄に、私が撮った写真のサムネイルが表示されるようになった!

f0000211_1865212.jpg
ページ下欄の ”iStock” の帯の左から二番目に出てる!(登録順?)


ここに載っただけで目標達成した気になってるけれど、まあ、これだけ膨大な写真がある中でこの写真が買ってもらえる可能性はほとんどなさそうなので、売れたら儲けもの、くらいで。



最初の Congratulations! メールが届いてたのは一か月前くらいだと思っていたけれど、確認すると、7月14日
登録手続きを取ったのが10月9日。
三か月も前だった?? と驚いた。
時間の経つスピード、やっぱり以前の三倍速になってる。


    
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-10-31 18:46 | WEB、PCなど
2015年 07月 14日
通知
f0000211_026144.jpg


そんなことを書いた昨日の今日、思わぬ通知が届いた。

Congratulations!
The editing team here have been through your submissions and think you might be very promising as a future iStocker!
We would like to offer you an invitation to share your talents and apply to become an iStockphoto contributor.

「え? え? ええーっ!?」


発信元は、getty images。
会社のカタログやパンフレットを作るときによく写真データを購入しているサイト。
英語はよくわからないけれど、”Congratulations!” と、このあとに埋め込まれた写真と、それらに振られたコードナンバーや登録に関するあれこれが書かれているのを見ると、「コントリビューター/コンテンツクリエイター」ってのに応募した写真のうちの3枚が審査を通ったらしい。

「コントリビューター/コンテンツクリエイター 応募サイト|gettyimages iStock」
「想像してみてください・・・・・・ 
ご自身の写真・動画が世界の広告ビジュアルに使用されることを!」

いや、想像できない!


先月、Rに「こんなのがあるよ。自分が撮った写真がgettyのページに載るんだよ。応募してみたら?」と言われ、
「ふーん、今度ゆっくり見てみる」
「そんなこと言ってたらいつまでもしないでしょ。今ぱっと送ったらいいよ」と急かされて覗いた応募ページ。
そこにあったのは、プロのカメラマンが撮ったような写真ばかり。
「絞り」も「シャッタースピード」もわからないままオートで撮ってる見るからにシロートくさい私の写真じゃレベルが違い過ぎて話になりそうになかったおかげで、あれこれ迷わずその場で簡単にざっと15枚選んで送ったんだった。

「かえってこのシロートっぽいのがプロには新鮮で目に留まったりして…」なんて思ったけれど、まさか本当に通るとは!
私の写真がこういったページ ↓ でライセンス販売されることになるとは!
http://www.gettyimages.co.jp/search/2/image?phrase=cutlery&family=creative

いや、ここに登録されたとしても、こんな何千万点もある中で、誰かが求めている被写体やイメージに一致して購入してもらえる可能性なんてまずないだろうけれど。


いや、その前に、難関が。
応募サイトには日本語のページがあったのに、審査後の手続き案内はなぜ英語だけなのー!
本人確認がどうとか高画質の画像の適用がこうとか、なんとなくわかるようでよくわからない。
登録する前に力尽きそう。
もっとがんばって、Google翻訳!



上の写真は、さっき見た空。
地面も建物も溶けだしそうなこの暑さの中、手持ちの飲み物が尽きたので何か買ってこようと事務所を出たら、こんな空だった。
不思議な色をしていたけれど、5年前のスマートフォンで電線の隙間から撮るにはこれが限界。


事務所の外に出した室温計が、夕方4時をまわっても45度を振り切っていた。
命、注意。

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-07-14 20:25 | 日記
2013年 10月 22日
柚子の冷凍保存
片付け日記を書く間がなかなか取れないので、すぐに書けるメモ日記で更新しておく。
柚子の実をもらったので、その保存メモ。
f0000211_21111848.jpg
皮は薬味に、実は絞ってポン酢やドレッシングなどに。

柚子やすだちをもらうたびに、ちゃんと保存しておこうと思いながらもつい放置してしまって、1、2個だけ使って残りはしなびさせてしまうことが多いので、一度写真に撮ってブログに残しておけば、ビジュアルでイメージできて保存作業に取り掛かりやすいかもと思って。


実をよく洗って、薄く皮をむく。
なるべく皮の裏に白いわたが残らないように。
f0000211_21114942.jpg
包丁でむくと右のUの字の皮のように裏のわたも一緒に付いてきてしまったので、途中でピーラーに替えた。
初めて柑橘類にピーラーを使ったけれど、ピーラーだと簡単に皮の黄色い部分だけがむける。
(わたが残っていると苦味が出るので、残ってしまったわたは包丁でこそげ落としておいた方がいいらしい)


皮を細長く刻んで針柚子にする。
f0000211_2112377.jpg
実は、絞った汁を製氷皿で固めておくと使いやすいと聞いて前に試したことがあるけれど、すぐに使わなかったので霜くさくなったり水分が抜けて変色したりしたので、今回は丸のまま冷凍することにした。
なるべく水分が抜けないようにラップでくるんで、まとめて冷凍保存パックへ。


刻んだ皮はそのまま冷凍保存パックに入れて平らに伸ばして冷凍しておくと、おすましの吸い口に浮かせたり、白菜漬けに入れたり、パラパラ砕いて味噌や七味に混ぜたりと、必要な分だけ取り出せる。
これも、以前、乾燥保存を試したことがあるけれど、うまく乾燥させられなかったので、今回は無難な冷凍にした。
f0000211_21122185.jpg
ここまでやってから、皮は全部刻まずいくらか大きいまま冷凍しておけば、そのまますりおろして使うこともできたなあと気が付いた。
次はそうしよう。



上の写真は、落下させて壊してしまったNikon D70の替わりに買い直した、中古のD80で撮ってみたもの。
この日は雨で台所はかなり薄暗かったのに、カメラのせいかレンズのせいか、驚くほど明るく撮れてびっくり。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-10-22 21:18 | 日記
2013年 09月 27日
カメラおだぶつ
時系列に書くのはあきらめて、今月の連休分。


洗顔洗髪できるようになったし(細菌感染防止のため、退院後三週間以上に渡って洗顔とうつむき洗髪が禁止されてた)、もうほこりっぽい場所やカビてそうな部分の掃除もできるだろうと、九月の連休は掃除に励むつもりだったけれど、眼鏡の度数が合ってなくて常にピントが緩くて、頭もぼんやり。
15、16日の連休は眠り続けて、台所の床磨きをしただけで終わってしまったので、次の連休こそ、と思ったものの、やはりほとんど何も進まず。


後の方の連休一日目の夕方、床を片付けようとしたところで、クッション脇に置きっぱなしにしていた袋の中で、お守りにしていた(というか、運転中の「タッチウッド」用にパオのハンドル脇にかけていた)ココナッツ製の鳥が割れているのを見つけた。
(おそらく私が踏んだ。)
割れたのは、袋をここに置いた時期的からすると、入院前後のよう。
別れが名残惜しいので残しておこうかと思ったけれど、身代わりになってくれたんだと思うことにして、大晦日に神社で焼いてもらうことにする。
f0000211_2221892.jpg
20代の頃に誰かにもらった鳥。(鳩? 鳩サブレっぽい形)
長い間ありがとう。


ここで片付け中断。
いや、中断するところまでやってない。
これが入っていた小さな袋をひとつ空っぽにして捨てただけ。


割ってしまった鳥への償いの気持ちからか、トイレに入った時に、少し前に床に落として欠けさせたまま放ってあった石鹸置きの脚のキャップを修理する気になった。
f0000211_22223411.jpg
26年前にパリでもらってきたワイヤーの石鹸置き。
当時、初めて見る形に「外国っぽい!」とワクワクしたけれど、今はどこでも見かけるようになった。
でも、今でもこのタイプのを見ると「パリのだ」って思う。

割れたかけらを接着剤で貼り付けた。
f0000211_22234137.jpg
水栓も磨いた。
思い出の石鹸置きだけれど、ビニールコーティングがあちこち割れてきていて、そろそろ寿命。


翌日、どれだけ眠っても眠くてたまらないのをおして、午後、庭の草抜きをした。

庭を半周まわったところで、長らく放置してある二枚のガラス板の隙間に、押し花のような平面状態で伸びてきているカタバミを発見。
f0000211_2224320.jpg
このガラス板、この時に棚から外したやつだ。
不燃ごみに出そうと置いたまま、8年半経過。

カタバミは、スライドグラスに挟まれたプレパラート状態。
f0000211_22265580.jpg
成長中なのに平面的なのが異様で、妙にぞわぞわする。
平面っぽさをうまく写せなくて残念。



このあと、玄関でぼんやり手からカメラを放し、次の瞬間、大きな衝撃音がして、一眼レフカメラをコンクリートの上に落としたことに気が付いた。
カメラ、即死。
ショック。
カメラの裏に小さなリセットボタンがあったので押してみたけれど、無反応。
ぼーぜん。


休み明けの翌日、Nikonのサポートページから修理を依頼した。
カメラはNikonのD70。
修理料金は25,000円超。(場合によってはプラスα)
それで直るなら、と思っていたら、今なら同じカメラが1万円以下で市場に出ていると教えてもらって驚いた。
ほんとだ。
このカメラを手に入れたのは7年半前。
その2年前にカメラ本体15万円(レンズキットは20万円余)で発売されたのを、中古で5万円余(+レンズ約3万円)で手に入れたもの。
ずっと「私には不似合いな上等なカメラ」だと思っていたけれど、古いとはいえ、まさか、そんなに安くなっているとは。

同じカメラを買い直すなら数千円で手に入り、修理料金の25,000円も出せばもっといいカメラがレンズ付きで充分手に入るらしいのを確認して、修理をキャンセルした。
ずっと使ってきた慣れたものを手放して別の物に買い替えるのは苦手だけれど、どうせならこの機会に、もう少し小ぶりで普段持ち歩きやすいのに替えたい気もするし。
ああ、でも、壊れてしまったカメラが心残り。
ちょっと考えてみる。



(お陀仏って、もしや死語…?)

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-09-27 22:44 | 日記
2013年 01月 08日
カメラに空いたウロ(レンズ覚え書き)
と言うわけで、小さなものが撮れるように、新しいレンズを買った。

f0000211_18253512.jpg
12月27日、この冬初めて雪がうっすら積もった。

f0000211_1826131.jpg


f0000211_18261457.jpg
(電線、じゃま)
マクロレンズって近くにある小さいものしか撮れないのかと思っていたけれど、普通に遠くも撮れる!(←ドシロートにつき)


これまでのレンズでは、一番近付いて最大ズームにしてもこれで限界だったのが、
f0000211_18265349.jpg
 ↓
同じ物が、これだけ大きく写るようになった。
f0000211_182798.jpg
(魚の全長約2.5cm)


ヤフオクでこのカメラ(Nikon D70)を落札して手に入れたのは、7年前。
ワクワクしながら届いた箱を開けて「あれ? なんかヘンな形」と思いながらレンズキャップ(っぽいもの)を開けた時、
「え…」
うろのようにぽっかり空いたカメラの内側に、呆然としたんだった。
そう、落札したのは、「カメラ本体」。
「カメラ本体」に「レンズ」が含まれていないことも知らなかったシロートの私は、「何? どういうこと??」と焦って出品者に連絡して、親切な出品者に説明を受けて「最初のレンズなら標準的なこれなどがいいかと」「相場はこれくらい」「あと、記録媒体のCFカードを入れないと撮影できないので」と懇切丁寧に適合レンズなどを教えてもらい、おのれの無知にあきれつつ、一ヶ月半後、再びヤフオクでなんとかレンズを調達して、「カメラ」が完成したんだった。

その時手に入れたレンズは、標準ズームレンズのAF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mm F3.5~4.5G。
小さいものが撮れず中くらいのものが湾曲して写ることに不便を感じながらも、どういうレンズならそれらが解決するのかがわからず、それ一本でやってきた。

今回新しく手に入れたのは、マクロレンズのTAMRON SP AF 90mm F2.8 Di MACRO (Nikon)。
たまたま見かけたブログにあった写真に「NIKON D70 TAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1」と書かれているのを見て、「D70にこのレンズをつければこんなふうに大きく撮れるの?」と、そのレンズの品番らしきもので検索して、カメラに詳しいcaosmxさんに相談に乗ってもらい、その日のうちに勢いでwebショップに出ていた中古レンズを購入した次第。
TAMRONという名前自体私には初めて耳にするものだったけれど、他で見かけた同じ商品の説明に「言わずと知れた名玉マクロ(ニコン用)です。名前に魅かれて購入しました」とあったので、いいレンズらしい。
(標準価格 ¥74,970と出ていたものを、「美品」ランクの中古で2万円台で購入した。)


で、レンズが届き、一眼レフ購入後7年目にして初のレンズ交換をして何か撮ろうと構えたところで、
「ん…?」
ズームできない? 壊れてる??
「あ…」
もう少し広い範囲を撮りたいとか大きく撮りたいとか思ったら、自分が動かなければいけないのか。
まあ、あたりまえか。
そう言えば、ズームできるカメラが登場する前に使ってたのはこんなだったっけ。(単焦点レンズと言うらしい。←ドシロート)
長い間ズームできるカメラばかり使ってきたので、なんだか新鮮。
カメラも使いこなせてないのに交換レンズなんて、と思っていたけれど、カメラを使いこなせない分、レンズでカバーできれば。



レンズ仕様覚え書き
■AF-S DX Zoom Nikkor ED 18~70mm F3.5~4.5G
・レンズタイプ 標準ズームレンズ
・焦点距離 18-70mm (35mm判換算:約27-105mm相当)
・最小絞り f/22-29
・画角 76°~22°50'
・最短撮影距離 0.38m(ズーム全域)

■TAMRON SP AF 90mm F/2.8 Di MACRO(Nikon用)
・モデル名 272E
・レンズタイプ マクロ(最短撮影距離が短く、被写体を接写することができるレンズ)
・開放F値 F2.8(レンズの絞りをもっとも開いた状態の絞り値。この値が小さい方が明るく撮影できる傾向にある)
・焦点距離 90 mm(人の視野と同じ構図で撮ろうとすると昔の35mmフィルムの数字に換算しておよそ50mm。300mmや1000mmなど数が大きくなると狭い範囲を拡大して撮れる。フィルムの面積はデジカメの画像センサーの部分に当たるので、そのサイズにあわせて換算)
・画角 27
・最短撮影距離 0.29 m
・最大撮影倍率 1:1



書きそびれてる去年の日記がまだ数十件…

にほんブログ村 その他生活ブログへ
  にほんブログ村



新品でも3万円台半ばからあるよう。
(購入時、注文ボタンをクリックする直前に「ニコン用」「キャノン用」とカメラ機種によって商品が違うことに気付いた。あぶない、あぶない)
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-01-08 18:39 | 日記
2006年 04月 10日
はじめての一眼 おぼえ
カメラとマニュアルを出してきたついでに、もう一度マニュアルの露出や絞りの部分を読み返してみた。
繰り返し読み返したら、被写界深度(というらしい)を変えるには、なんでなのか理屈はわからないけれど、絞り(明るさを変えるものだと思ってた。明るさも変わるんだろうけど。)を変えればいいってところまではわかった。
でも、この間から絞り優先モードにして少し使ってみたけれど、絞りを変えても連動してシャッタースピードが変わるだけで、出来上がりの明るさも被写界深度もそれほど変わらなかったよう。

「プレヴューボタンを押し続けると、セットしてある絞りまでレンズの羽根が絞り込まれます。この状態でファインダーをのぞくと、その時の絞りのおおよその被写界深度が確認できます」という説明を見つけてそのボタンを探してカメラを見たら、「AF/M」の切り替えを発見。
そういえばIZMを使っていた時は、理由は忘れたけどいつもマニュアルフォーカスで撮ってたっけ。そうしないとなぜか思ったように撮れないんだった。

f0000211_17303191.jpgマニュアルフォーカスにして何枚か試し撮りしていると、「あ、撮れた!」
マニュアルフォーカスにして絞りを一番小さい数字にしてズームにすれば、被写界深度が浅くなるよう。
オートフォーカスだとなぜか最短のピントでシャッターが下りないから被写体から離れてしまって、思ったように撮れなかったらしい。
ビギナー向けの機種だから、絞りやシャッタースピードを変えてもコンパクトカメラと同じようにしか撮れないのかも、と思いかけていたけれど(そんなワケない)、ちゃんと撮れる!
(あたりまえ。)
絞りを変えても勝手にシャッタースピードが変わってしまって普通に撮れてしまってたけど、連動させずに露出過多とかにもできるらしい。
f0000211_17305325.jpg(きっとそれもあたりまえ。)

うれしくなって座り込んだままカメラをあちこち向けていろいろ設定を変えて撮りまくっていたら、また午前4時。
寝なきゃ。
[PR]
by karino-tohko | 2006-04-10 03:50 | 日記 | Comments(0)
2006年 03月 10日
カメラ
月曜日にやっと、最低限必要なレンズとコンパクトフラッシュカードとやらがそろった。
届いたコンパクトフラッシュカードには「初期不良交換は到着後一週間以内に」と書かれていたので、そろそろ確認しなきゃいけない。
セットで落札し直すために返品もしくは再出品しようかと丁寧に梱包してあったカメラを箱から取り出して、カメラのマニュアルを見ながらレンズとCFをセット。
レンズを取り付けてみるとデカい。
毎日カバンに入れて持ち歩くにはムリがあるかなあ。

試しに撮ってみる。撮れた。勝手に内臓フラッシュが発光する。
うーん、写りはこんなものかなあ。普段フラッシュは使わないのでわからない。
フラッシュを発光禁止にしたいけれど、マニュアルをざっと見てもわからない。
「フラッシュ、ストロボ、内蔵フラッシュ…」思いつくことばが索引に見当たらない。
あ、これだ、「スピードライト」。
でも、スピードライトの説明は十数ページにもわたっていて、調光範囲と感度だの、シャッタースピード制御だの、ちんぷんかんぷん。
ああ、私はとりあえずそれを使わないようにしたいだけなんだけど。
発光方法は詳しく書いてあるけれど、禁止する方法がなかなか見あたらない。
あー、わけわかんない。
おばあさんになった気分。

落ち着いてマニュアルを1ページずつ読んで、マニュアルモードの絞り優先(意味は半分わかっていない)にすることでフラッシュ発光禁止にできたので、部屋の中の物を撮ってみた。
同じ照明下で同じように撮っても、シャッターが下りるまでの時間がコンパクトカメラの数倍かかって手ぶれがすごい。
絞りの設定方法を探して理解するにはまた時間がかかりそうなのでシャッタースピード優先で撮ると、今度は真っ暗で何も写らない。
絞りとシャッタースピードをなんとかしなきゃいけないんだろうけれど、そのあたりはお手上げ。

私がデジカメの前に使っていたお気に入りのIZM400は、レンズは一眼だったけれどコンパクトカメラもどきのもの(「ブリッジカメラ」というらしい)で、マニュアルで撮ってもピント以外はほとんどカメラまかせだった。
(それでも結構きれいに撮れたので、それを買ってからはコンパクトカメラは使わなくなって、いつもIZMを持ち歩いていた。デジタルになるまでは。)
デジカメの一眼を買おうと思ってから絞りとシャッタースピードの説明を何度か読んだけれど、実際使ってみないといまいちピンと来ない。
今度田舎に帰る時にカメラを持って帰って妹に教えてもらおう。
(妹は中学か高校の頃から一眼カメラや交換レンズやフィルターを持っていて、学校に写真部を作って家で現像もしていた。
考えてみれば、なんで中学生であんな高いカメラや機材を持ってたんだ?)

気が付けばまた3時半。
今夜こそ早く寝ようと思っていたのに。
[PR]
by karino-tohko | 2006-03-10 03:30 | 日記 | Comments(1)