ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧
2016年 02月 25日
ビニール袋数千枚、まな板12枚(片付けられない親の家の掃除と片付け 18回目その三)
(正確にはほとんどがポリ袋だと思うけれど、便宜上、「ビニール袋」で統一。)

帰省三日目。
床磨きと台所整理の続き。
f0000211_1831851.jpg


「ロール付箋はこの中だっけ」と、流し台の後ろの棚の引き出しを開けようとして、その一番上の段の取っ手にプラスチックごみ袋を掛けているせいで、全部の引き出しが開けづらくなっているのに気が付いた。
f0000211_18315579.jpg
 ↓
f0000211_18321760.jpg
隣の棚の一番下の引き出しの取っ手に移動した。
たったこれだけのことで引き出しが使いやすくなった。


で、「付箋、ここだっけ?」と開けた引き出しには、仕切りの片方には使ってなさそうな電動包丁研ぎ器や古いビニール袋、何かに使えるかと残してあったらしい水引などが放り込まれていて、もう片方にはホテルのアメニティセットが詰め込まれてた。
f0000211_18324285.jpg
歯ブラシ、カミソリ、コットン・綿棒セット、ヘアーキャップ、ヘアゴム…。
なぜ台所に。
だいたい、ヘアーキャップなんて使うの? (シーズンオフの扇風機の保管に便利なので少しはあったらいいけれど)


洗面台の下の収納に移そうと開けてみたら、中は、2年近く前に私が整理したときのまま。
台所のあちらこちらに歯ブラシのストックパックがいくつもあると思ったら、ここのストックは手付かずのよう。
サイズの合う入れ物がなかったので間に合わせの紙袋に入れて、ぱっと見て中身がわかるようにマジックで大きく「せっけん」「はぶらし」と書いておいたけれど、意識されにくかったよう。

台所で余っていたふたつのトレイがちょうど歯ブラシに合うサイズだったので、市販の歯ブラシとアメニティの使い捨て歯ブラシに分けて移した。
f0000211_18344046.jpg
ぱっと見てわかるように、出てきたロール付箋でラベルを付けて。
石鹸も今度、中身が見える容器に入れ替えよう。
f0000211_18353080.jpg

シャワーキャップ、ヘアゴム、ヘアブラシは空き箱にまとめてその上の段へ。
f0000211_18355417.jpg

カミソリとコットン・綿棒は、それぞれ空き瓶に入れて洗面台の上の棚へ、。
f0000211_18423935.jpg


f0000211_1843372.jpg
溜め込まれてたアメニティ類と包丁研ぎとその他要らないものを出したら空っぽになった。

f0000211_18445795.jpg
その下の扉の中は、空き箱のフタにビニール袋が無造作に突っ込んであるだけで、元々ほぼ空っぽ。
上にかかってたプラスチックごみ袋にふさがれて存在が忘れられてたかのよう。


この棚の中を掃除していたら、棚の上に二段積まれた木のボックスの、そのさらに上に50cmほど積み上げられていた空き箱やファイルボックスや通販雑誌やその他雑多なものが、全部なだれ落ちてきた。
f0000211_18452098.jpg
(この上に積み上がってた)

空き箱は捨てていいか母に聞いて、今回の片付けに使えそうなものだけ残してあとは板紙回収袋へ。
なだれ落ちた中にあった未使用のダイエットチップスメーカー(油を使わず電子レンジでポテトチップスが作れるらしい。買ったの? もらったの?)は、母に確認してから、体型を気にする年齢の子がいる妹宅へ。f0000211_1845468.jpg


f0000211_18471291.jpg
上の物がなだれ落ちた木のボックス内。
いろんなものが突っ込んであるけれど、ここもやたらビニール袋が多い。

ビニール袋の耳(?)も、わざわざハサミで切り落としたらしいものがここにも他にも何十と残してある。
何に使うの? つなげて紐にするの?
f0000211_18474061.jpg
どう見てもごみっぽいけれど、わざわざ作ってるようだし、何か意味があるのかも知れない。
でも母に聞くにも、何を指してるのかメールや電話では伝わりそうにないので、汚れていたものだけ捨てて一応残しておいた。


なだれたボックスの上を整理して空いたところに、その隣のプラスチックチェストの上でほこりを被っていたものを下ろして拭いて移した。
ついでに、踏み台に乗って目に入った、さらにその隣のサブ食器棚の上のほこりを掃除。
f0000211_18503315.jpg
左端の窪みは、踏み台の上に立ち上がったときにふらついて食器棚の角をつかんだときに親指が触れた部分。
積雪っぽい。



4年半前に掃除してからっぽにした引き出し(閲覧注意。記事の下の方に蟲の巣と化した引き出しの写真あり)の中は、あのあとどうなったかと開けてみたら、

一段目。くしゃくしゃのビニール袋。
f0000211_1851941.jpg

二段目。ファスナー付きビニール袋と紙おしぼり類。
f0000211_18515555.jpg

三段目。ビニール袋と、
f0000211_19241888.jpg

…ところてん?? なぜこんなところに食品を。
当然、賞味期限は何年も前に切れている。f0000211_18533066.jpg
f0000211_1853543.jpg
詰まっていたビニール袋を取り出して行ったら、下から、96年御堂筋パレードの宣伝入りビニール袋や溶けだした飴が出てきた…。

四段目。空っぽ??
f0000211_18562576.jpg


この4段の引き出しも、プラスチック用ごみ袋がかかっていた引き出し同様、手前にハエ取りラケット(らしい)を掛けてあるせいで開け閉めが面倒で、隙間からビニール袋を突っ込んでいくばかりであまり使ってなかったのかも。
ここを活用できたら、ワゴンの上の山積みがマシになりそう。
f0000211_18575469.jpg

隣の、なだれが起きて上面が空いた木箱に錐で穴を開けて
f0000211_18581992.jpg

2年前に整理した階段下収納にあったS字管を取り出して引っ掛けて、
f0000211_1902351.jpg

ハエ取りラケットを吊るした。f0000211_191174.jpg
これで引き出しが開け閉めしやすくなった。



コンロの脇にも小ぶりの引き出しがあることに気付いて開けてみたら、

一段目。ファスナー付きビニール袋。
f0000211_1931977.jpg

二段目。ファスナー付きビニール袋とビニール袋とナイフ。
f0000211_1934075.jpg

三段目。ファスナー付きビニール袋とビニール袋。
f0000211_194328.jpg

四段目。ビニール袋。
f0000211_1942324.jpg


なぜどこもここもビニール袋だらけなの。
キッチンワゴンの上にも大量のビニール袋がたまっていたし、押し入れの中にも大量の袋があったっけ。
f0000211_194571.jpg
まあ、スーパーの袋は私も結構ためてしまうので人のことは言えないけれど、母の場合、こんなに袋があるのに、スーパーのサッカー台にあるような薄いポリ袋の100枚入りの市販品が何パックも出てきたり、同じようなファスナー付き袋が何十パックと出てきたりと、とんでもない量を買ってきている。
ざっと数えてみたら、ビニール袋類、軽く数千枚あったよ…お母さん…。
f0000211_1954364.jpg
前回整理したガレージのペーパー類同様、あちこちに適当に突っ込んでいってるので欲しいときに欲しい袋が見つからなくてまた買って来てしまい、あちこちにあるので全体量が見えてなくてどんどん増えてしまったのかも。


これらのビニール袋の量にあきれつつ、もしや…と、さっきホテルアメニティが詰め込まれてた棚の残りの引き出しを開けてみたら、
f0000211_1961981.jpg
小さな仕切りの中に、ファスナー付きミニポリ袋。

f0000211_196514.jpg
その下の段も、雑多なものが詰め込まれた隙間にビニール袋…。



気を取り直して、長く開け閉めされていなかった様子のコンロ脇の引き出しに詰まった、古くて湿気臭のするビニール袋を取り出してプラスチック用ごみ袋に移していったら、

!?
f0000211_1984540.jpg
一段目、ビニール袋の下からキッチンツール収納用の仕切りが出てきた!

f0000211_2044100.jpg
二段目、ビニール袋の下から包丁収納スペースが現れた!
(ここに包丁を並べたくならない人がいるなんて!)

f0000211_1994542.jpg
三段目、ビニール袋の下から2002年ののど飴…。
だからなぜ、ビニール袋や紙コップのストックと一緒に食品をしまうの。

f0000211_1910896.jpg
四段目、ビニール袋の奥から、2001年の粉末ポカリスエット。
15年前…。


二段目からサビサビの包丁が出てきたので、さっき出てきた電動式包丁研ぎが使えるかどうか試すことにした。f0000211_1911627.jpg

…けど、片刃のものには使えないとの注意書きがあったので、あまり錆びてない別の両刃包丁でテスト。f0000211_19114374.jpg

電池を入れ替えてみたら動いたけれど、イマイチ。
流し台にあった砥石を濡らして砥いだ方がよっぽど手っ取り早い。
包丁研ぎ器、捨てるよ。f0000211_19121260.jpg



コンロ横の小窓際にも、ラップやホイルに混じってファスナー付きビニール袋が何種類も積まれてる。
f0000211_1915259.jpg

コンロ下の大きな引き出しを開けてみたら、そこからもラップ類が出てくる。
f0000211_19153257.jpg

営業用45cm幅ラップなんてのも出てきた。f0000211_19155340.jpg

その下の引き出しからは、今は使われていない木製まな板が6枚。f0000211_19162083.jpg
昔、厚いひのきのまな板を数年使って捨てた後、「木のまな板は汚れが木の目に入り込んで不潔になるからもう使わない」と言っていたけど、まだ持っていたのか。
しかも、なぜかこんなに。
「これなら清潔に使えるかも」と買ってきて、やっぱりこれもだめだった、ってのを繰り返した…?
ずっと木のまな板が欲しくて、でも、「まだ充分使えるプラスチックのまな板を1枚持ってるのにもう1枚買い足すのも、使えるのを処分して買い替えるのも…」と長年ためらっていた私はいったい…。

母の台所にはガラスのまな板も4枚、プラスチックの薄いまな板も2枚あるけれど、どれも母には合わなくて使ってないらしい。
f0000211_1917720.jpg
母が包丁を使うのは、いつもまな板代わりにしている四角いお皿の上。
縁に段差があって平らじゃなくて切りにくそうだったので「ガラスのまな板なら汚れもしみないし、どう? 要る?」「そうね、買って」と言うので前に二枚セットを買って来たんだけれど、買ってきたらすでに2枚持っていて、そしてどれも使いづらかったらしい。


まな板、洗って除菌スプレーしてすすいで乾かし中。
f0000211_1917352.jpg
いつか柾目のきれいなまな板を買おうとお店で目星をつけていたけれど、買わずにこの中の一枚で妥協することにした。
「好きなのいくつでも持って行っていいよ」
いや、ひとつでいいよ…。


f0000211_1918786.jpg
まな板の奥から、こどもの頃から家にあった懐かしい昭和レトロなキャセロールが出てきた。
今も時々web上で安価で見かけるので、もしかしたらまだ販売されているのか、それとも復刻版かと思っていたけれど、「パイロセラムのコーンフラワー柄キャセロール」シリーズというものだそうで、そのパイロセラムってのは商品名ではなくパイレックスを開発したコーニング社が開発した「直火、オーブン、レンジ、電熱器対応の耐熱ガラス」とのことで、割れないパイレックスの後継品(?)だから今もたくさん残ってる様子。
ずっと陶器だと思っていたけれど、名前からすると陶器風パイレックスってことか。

こどもの頃はこの花柄が苦手だったけれど、今見るとレトロでかわいい。
もう使ってないようなのでもらって帰ろうと思ったけれど、残念ながらガラス蓋の方が割れてなくなっていた。
ヤフオクで蓋だけって出てないかな、いや、丈夫なパイロセラム製の本体が割れて蓋だけが残ることはまずなさそうだから無理か。
今度時間ができたら、余ってる木のまな板で木蓋を作ろうかな。



途中母親から、「ストーブの後ろのガラス戸棚の中にお茶と健康茶があります」とメール。
ひと息入れようと棚を見たら…ほぼ、約2年半前に私が整理した状態のまま。
「ここは片付けが維持できてる…?」
いや、2年半前に「これ、いつの?」「いつやったかな…あとで見るからおいといて」と言われて残したお茶がそのまんまだ。
「健康茶」も、その時からあったもの。
単にノータッチなだけらしい。
そのときから残っていたお茶や紅茶は全部処分。



全部の段がほとんどビニール袋類で埋まってたコンロ横の引き出しは、四段全部中身を出して掃除して収納し直して、中身がわかるように、それだけを入れたくなるようにラベルをつけて、
f0000211_19185784.jpg

f0000211_1654569.jpg
一番上には、調理道具。
(他から出てきた調理道具を洗って収納した写真を撮ったつもりだったのに残ってなかった…と思ったら、ケータイで撮ったのがあった。まだ入れていってる途中のだけど)

f0000211_19202290.jpg
二段目には、包丁やナイフ。

f0000211_19204539.jpg
三段目には、コンロの横に積まれていたラップやホイルの未開封ストック分と保冷剤類。

四段目も撮ったはずだけれど、写真が残ってない。何入れたっけ…?
(ラベルが写ってる写真もなくて、すでに記憶が…)

これだけ分類がはっきりしたら、この状態を維持してもらえるだろうか…?



ハエ取りラケットがかかっていた引き出しも、四段全部中身を出して(ほとんどが湿気臭のついたビニール袋だったのでプラスチックごみ袋に直行)中をきれいにして、市販の袋入りのビニール袋やファスナー袋、スーパーの袋、ビニール手袋、紙おしぼりなどを見やすく入れ直して表に分類ラベルを貼った。

他にもっと入れるものがあるだろうとしばらく空けておいたけれど、台所全体を整理していったらあまり入れるものがなかった。
完全なゴミ以外はなるべく処分しないようにしたんだけれど、台所中にあふれてたのはほとんどごみだったってことか…。

ビニール袋類はここに入りきる分だけ持つようにして(それでも充分多いよ)、使い切ったら買い足さずに、ストックする量を少しずつ減らして行こうね。
f0000211_1921559.jpg
(中の整理後写真撮りそびれてた。残念) →ケータイで撮ってた!
緑色のラベルは野菜保存袋入れ。
数パックあるのに他の袋類に埋もれてどれも未開封のままっだったので、せっかくきれいにした野菜室をまた沼状にしないよう、積極的に使ってもらえるように、目を引くようひとつだけ緑にした。

中の写真、ケータイ内にあった!
f0000211_12184189.jpg
白く飛んでてわかりにくいけど。


一番下の空っぽだった引き出しは、あちらこちらに散乱していた未使用の布巾やスポンジのストック入れにした。(ここだけあとでやったので写真撮ってた)
f0000211_19212611.jpg
f0000211_19214012.jpg
口を開けたキッチンペーパーの残りのロールもここへ。



もう少しだけ続く。

    にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-02-25 19:44 | 日記
2016年 02月 18日
iPhone水没 (片付けられない親の家の掃除と片付け 18回目その二)
親の家に着いた日の夜、10時前。
母親と妹から「今度これ持って来て」「あれやっといて」と交互に何度も電話がかかってきていたので、すぐに出られるようにiPhoneをカーディガンのポケットに入れて、ほどいた荷物から取り出したツヤコ トイレブラシ (水だけで汚れが落ちる!)(楽天にリンク)で汚れが気になっていた二階のトイレを掃除して、ついでに、以前ブラシをツヤコに交換しておいた一階のトイレを掃除していた最中。
ポケットからiPhoneが滑り出して、便器の中に落ちてしまった。

一階のトイレは和式なので咄嗟に手で拾い上げて、その場ですぐ水洗いしたいところだけれどトイレの手洗い水栓が壊れていたので洗面所まで走って、でも洗面台も水が出なくて「なんでっ!!」と慌てて台所に走って、そこでざっと水洗いしてパッとティッシュでくるんで水分を吸わせて、しばらく自然乾燥させてから、掃除用に持ってきた除菌アルコールで消毒。

今ここでiPhoneが使えなくなったら母や妹とも連絡が取れなくなるし、何より、Googleナビが使えないと帰り道がわからない。
それに、ネットもtwitterも見られなくなると、この陰鬱な家の中で数日間完全にひとりきりになってしまう。
こわい。

あ、iPhoneが生きてるうちにふたりの電話番号を紙に書き写しておこう。
以前、旧愛機IS01を和式トイレに落としたとき、キーボードの隙間まで水が浸みこんだけれど無事だったし、それに比べればiPhoneは浸みこむポイントは少ないし、浅い水たまり対小さな穴だと水圧より表面張力の方が大きくて水は入って行きにくそうだし。
どうか今回も無事でありますように。



iPhoneを自然乾燥させている間、気を紛らわそうと、頼まれていた冷蔵庫の中の整理に集中。
先に妹がいくらか整理してくれていて、先月の帰省時にも生ものは処分しておいたけれど、あらためてチェックしてみると、瓶物も中でカビが上がっていたり、未開封でも賞味期限が数年前だったり。

えーっと、この正体不明物、4年前の母の入院時に冷蔵庫整理したときに、そのさらに数年前の層から出てきたやつだよね。
f0000211_2082221.jpg
いつ頃の何なのかわからないので4年前は残しておいたけれど、まだその時のまま手付かずで残ってた。
おそらく最短でも10年物だし、もう処分するよ。


ひとつひとつ確認していたら冷蔵室がほぼ空っぽになったので、残ったものもいったん全部出して、いろんなものがベッタリこびりついていた棚板やボックスを全部外して洗った。
f0000211_2085325.jpg
目に付くところ目に付くところをやっていったので、扉のポケット部分は手付かずになってしまったけれど、そこにも期限切れのツユ類なんかがたまってそう。
次回、忘れないようにやろう。


iPhoneは、どうやら無事。
この日は午前1時半に眠って、翌朝は8時から始動。



f0000211_2093152.jpg
未開封の重曹スプレーや除菌スプレーや掃除用クリーンシートが、親の家の中のあちらこちらにいくつも放置されている。
入院してからも、前に注文していたらしい通販の服と一緒に「ピカピカ陶器磨きクロス」が届いてる。
家をきれいにしたいという気持ちが空回りしていてつらい。


なぜか、浴室の床にハンガー。
f0000211_2010041.jpg
シャワーのお湯が出なくなったとかで、秋に私が使って以来使われていなかったらしい浴室。
いや、それ以前も、帰省時に私が使うだけだったらしいけど。
こんなにあちこち水栓が壊れている家で、お母さん、不自由な体で帰ってきてどうするの。
できることは先延ばしせずにできるうちにやっておこうとつくづく思う。


f0000211_20104478.jpg
ごみの山のようなガレージで、やけに厚くて目がみっちり細かいセルローススポンジを発見した。
いや、セルロースじゃなく「セルローズ」だ。
「写真製版用。油脂やガソリンにもおかされません」
父が仕事していた頃のだ。
もう使う人はいないし、ちょうど、愛用してきた1cm厚ほどのセルローススポンジが近所の店頭から消えて困っていたところだし、洗面台用にもらうよ。


f0000211_2011351.jpg
電子レンジの上から宝くじが50枚出てきた。
お母さん、宝くじ買ってたのか。意外。
そのうちの20枚は、一昨年の年末ジャンボくじ。
念のため母親に確認したら
「宝くじ? どこにあった? 年末ジャンボ? それたぶん去年の年末に買ったやつやし、まだ交換始まってないよ」
いや、一昨年のだし、とっくに交換期間終わってるし。
買ったのに当選確認しない人っているんだなあと思っていたら、ここにいた。
(あとで交換期間内の30枚を売り場でチェックしてもらったら3000円余り当たっていたので、母親に連絡して、先月立て替えて振り込んだ2000円と病院で買ったテレビカード1000円分にもらっておいた)



妹「大根、腐ってたやろ?」
私「野菜室? 見てないわ」
妹「すごいことになってて、どしたらいいかわからなくて」
野菜室は急がないだろうと後まわしにしていたけれど、見ると、想像以上に凄かった。
f0000211_20112341.jpg
浴室で洗うと浴室が死ぬレベルだったので外で洗った。
ああ、私んちが汚部屋になったのは、親の家のこういう状態に対処する術を身に付けるためだったのかも。


床を埋めていたごみを妹が撤去してくれたあとの、鳥の巣のような台所の汚れ。
f0000211_20114512.jpg
f0000211_2012499.jpg

そんな台所にあるキッチンワゴンの上、片付け途中。
f0000211_20123617.jpg
(手を付ける前の状態は撮りそびれた)

ワゴン台の側面も鳥のフンがかかったかのような状態。
f0000211_20131124.jpg

今回の片付け前写真は撮りそびれたけれど、PCの中に、2007年時点のこのキッチンワゴンの写真があった。
f0000211_20134876.jpg
まだ数年前のような気がしたけれど、電卓を叩いてみたら9年前。(叩かなくてもわかる?)
この時から今までの間にここも何度も整理したけれど、またこの通り。
オレンジ色のふたの梅干し瓶、多分この9年間、一度も触れられてない。
もう同じ状態を繰り返さないように、今回はもう少し根本からなんとかしたい。


f0000211_20141043.jpg
ワゴンの上のものを、ひとつひとつ確認しながら撤去中。

なぜか写真フィルム発掘。
f0000211_20143140.jpg

中身は業務記録用カラーフィルム。これも父のだ。f0000211_20144918.jpg


f0000211_20152151.jpg
ぐねぐねに反ってくたびれたパチンコ店の宣伝のうちわ、なぜか両面に名前を書いて残してある。
失くさないように? て言うか、外に持ち歩くの??
他にもうちわ何枚も見かけたし捨てちゃうよ。


f0000211_20165332.jpg
粗品でもらったらしい「おにぎり de ちょきんぎょ」の箱。
上に物が積まれていたおかげで箱もそんなに汚れてないし、妹にバザーにでも出してもらおうか。
f0000211_20172368.jpg
…と開けてみたら、中には「ちょきんぎょネックウォーマー」の説明書。
同時にもらって開けてみたときに入れ替わったのか。
下にはちゃんとランチボックスが入ってたので、説明書だけ処分してバザー行き。



途中、ごみ出しに廊下に出たときに、閉めても閉めても勝手に開いてくる物入れの戸が不気味なので中の物を少し出そうと開けてみた。
確かに満杯ではあるけれど、そんなに押し出されてきてるふうでもない。
ならなんで開いてくるの…と思いながら、何が入ってるのか少し見ていたら、上の方から大小祝仏各種のし紙が落ちてきた。
f0000211_2018203.jpg
(棚の上の方にもまだ何パックかある)
家でのし紙なんて何に使うの?
大杉判まであるよ。布団でも贈るの?
物と物の間に突っ込まれてよれてたので、今度A3 10Pくらいのクリアファイルを持って来て使えそうなのは綴じておこう。

f0000211_20192950.jpg
そして、押し入れ内にあった引き出しの中には、食品ストック。
賞味期限の切れたすりごま大袋3袋(何年分…)とか、プルーン5袋とか、レトルトカレーとか、蕎麦とか、素麺とか、その他諸々。
f0000211_2019444.jpg
こんな、普段開け閉めしない(勝手には開いてくるけど)廊下の物入れに食品なんか入れていたら、忘れて当然。
食品ストックは台所と麻雀部屋の冷蔵庫とガレージの棚とガレージの冷凍庫に納まるだけにしようよ。(それでも多過ぎ)

さすがにここにはナマモノっぽいものはなさそうだし、今回は帰るまでに台所をやっつけてしまいたいので、これ以上中は探らずに台所へ戻って、母親に頼まれていた床磨き開始。



f0000211_20202479.jpg
以前掃除した洗面所に比べれば、まだマシな床の汚れ。
それでもただこするだけでは落ちないので、2年前の帰省時に見つけたスチームクリーナーで高圧蒸気を当てながら、短い硬い毛のブラシで思いっきりゴシゴシこすってウエスで拭き取っていく。
床の表面が剥げるんじゃないかってくらいの力でこすらないと落ちなくて、一見汚れが落ちたように見えてもこすればこするだけまた黒い汚れが浮き出してくる、キリのない、そして少しずつしか進まない根気のいる作業。
フローリングの板目ごとに区切って、ゴシゴシゴシゴシ。



夜、妹から「シャワー、お湯出ないんやろ? 一緒にお風呂行って晩ごはん食べる?」と電話があって、ちょっと息抜き。

妹「…それで、今度すりこぎ買おうと思って」
私「すりこぎ、ちょうど今日お母さんちのガレージで新しいの3本見たわ。1本もらっていいと思う」
f0000211_2020446.jpg
ちなみに未開封のバスタブブラシは5本くらいあったよ。



お風呂から戻って、台所の床磨きの続き。
左奥から始めて、午前2時前までかかってここまで磨いた。
f0000211_2021427.jpg
きれいになったように見える部分も、戻ってこすってみたらまだまだ黒い汚れが浮き出してくる。
キリがないので続きは翌日。



   にほんブログ村  片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ



このブラシで時々こするだけで家の便器は白い状態を保てているけれど、親の家のいったんこびりついた黄ばみはやっぱりこれだけでは落ちなかった。
親が家を建てた時に買ってきておけばよかった。
(ブラシ部分をしばらくお湯に浸けて柔らかくほぐしてから使用)
 ↓

プリヴェAG ツヤコ トイレブラシ
価格:872円(税込、送料込)



二年前に親の家で使って以降、あまりの威力に自分でも買おうかと迷ってたスチームクリーナー。
でも、帰省時に私が使う以外はまったく使ってないようなので、次の帰省時に借りて来ることにした。
(今回は車の中が持ち帰るゴミで満杯で積めなかった)
庭のレンガ塀の黒い筋汚れがどうやっても落ちなくて年々汚くなってきているんだけど、これがあればすっきり落ちそうな気がする。
 ↓


[PR]
by karino-tohko | 2016-02-18 20:30 | 日記
2016年 02月 15日
なにかいる (片付けられない親の家の掃除と片付け 18回目その一)
金曜日と土曜日に有給休暇を取って、祝日から日曜日までの3泊4日で親の家の片付けに帰省してきた。
重曹、クエン酸、除菌用キッチンアルコールスプレーと共に、前回持って行きそびれた床ワックスも持って、片付けで出た生ごみも持って帰れるように自治体のごみ袋持参で、先月に続いて二度目の車での帰省
iPhone(でなくてもIS01以外のスマートフォンなら使える?)のGoogleマップのカーナビ、本当にありがたい。
それがなければ、あんな右も左もわからない山道にひとりで入っていく勇気はない。


今回は時間をフルに使えるように、妹宅ではなく親の家で寝起きすることにした。
と言っても、初日、朝から出発するつもりだったのが、準備に手間取って家を出るのが午後になり(前日に準備しておくつもりが寝落ちてしまった)、母への誕生日プレゼントを買ってから病院に寄っていたら、病院を出る頃には日没。
親の家に着く時分にはもう真っ暗になっていた。
f0000211_2110484.jpg


それにしても、親の家にひとりで泊まるのは、こわい。
実家とは言え、私が親元を離れる直前に建て替えられた家で、私がその家で暮らしたのはほんの数か月間だけ。
なのでそこに「私の部屋」はなく、その数か月間も父の麻雀部屋に間借りする形で寝起きしていたので、家自体にあまりなじみがない。

先月の帰省時同様、ガラガラと暗い玄関を開けて、しばらく人の出入りのなかった、けれど人の生活の痕跡の残るしんとしたよその家に入り込むのは、ちょっと気味悪い。

そのうえ、私しかいないはずの家の二階では、時折はっきり「トントントン」「パタパタパタ」と足音がするし(イタチらしい)、廊下の向こうの突き当たりにある物入れの戸は、何度ばたんと閉めても、しばらくしたらまた開いてる。
こっちだよ、と呼び込むように。


そして、親がいた頃に帰省した時には、朝起きたらもう母が明かりを点けていたので気が付かなかったけれど、この家、とにかく暗い。
朝起きてリビングに入った時点で、まず蛍光灯を点けなきゃ、何もできない。
外がどんなに晴天でも、日没後のように薄暗い。
トイレも窓があるのに年中薄暗いし、せっかく大きな窓を設けた浴室も、暗い色のタイルで重苦しい。
建て替える前の家は、あんなに光が入る家だったのに。

日中もずっと蛍光灯が必要なこの家の中で、しかも、キッチンダイニングの広さに蛍光灯の設置量が見合ってないこのうす暗い部屋の中でいるのが鬱陶しくて落ち着かなくて、母は全然家に居らず常に出歩いていたのかも知れない。



初日夜10時半、Rからメール。
件名「やばし」
本文「ちんのなかにとうふあった」
ああ、電子レンジで豆腐温めたの、いつだっけ…。



右は、母親への誕生日プレゼントを買いに寄った店で見つけた、Rへのバレンタインチョコレート。
星の王子さまみたいなひとに星の王子さまのブックチョコ。
f0000211_2111985.jpg



    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-02-15 21:20 | 日記
2016年 02月 10日
20歳から人生終わるまでの体感時間
まだ親元にいた頃、よく父が私を呼ぶのに「おい、○○」と妹の名を呼んだり、妹に向かって私の名で呼びかけたりして、ある人に「そこにいない方の名を呼んでしまうんですよ。無意識に不在を埋めたくなるんです」というようなことを言われたことがある。
今はもう、私の名も妹の名も、自分の名も忘れてしまった父親。

こどもにとって親元で過ごした20余年間は人生で一番長い永遠のような時間だったけれど、親にとっての20余年は、後になってみればあっという間の時間だったかも知れない。
不仲な親子だったとは言え、子がいなくなってしんとした家はさぞかしさびしかっただろう。



1月の帰省時の深夜、妹とふたりきりになった時に、妹がしみじみした口調で
「あの子、もう15歳やよ。早いなあ。あっという間に家出てくなあ」
「自分が15歳やった時がまだついこの間みたいやのに」
と言っていて、あんな難しい、外から見ていても限界にも見える子育てでもそんなふうに感じるのかと意外だった。


「生まれてから20年間の体感時間と20歳から人生終わるまでの体感時間はだいたい同じらしい → 衝撃をうける人多数」 Togetterまとめ
http://togetter.com/li/924076

ほんと、それくらいに感じる。
人生短すぎる。




で、有休を使って明日から4日間、母親が戻ってもう一度そこで暮らせるようになることを願って、親の家の片付けに向かいます。

   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-02-10 19:41 | 日記 | Comments(2)
2016年 02月 09日
4つのミルクパン
二年遅れの話ですが、

f0000211_1891011.jpg
目盛り付きと言えば、ミルクパン。

一昨年、「朝晩愛用してきたホーローミルクパンの内側の目盛りが薄くなってきたので買い替えたいけれど、古い方をお払い箱にするのは…」と迷ってブログに書いたら、欲しいと言ってくれる人が見つかって、その後、目盛りがはっきりしたミルクパンを新調することができた。


分量の把握が苦手な私は、ミルクパンに目盛りがあるだけで作業がひと手間省けて、かなり助かっている。
それまで使っていたものは十数年前に近所で間に合わせで買ったもので、左手では注げない片口タイプでやや不便だったので(コンロが左側にあるのでつい左手で取って、右手で茶こしなどをスタンバイしてから「あ、注げない。えっと、茶こしを一旦どこかに置いて、熱いミルクパンをコンロに戻して…」と、やり直すこと無限回。学習能力ゼロ)、次はできれば両口で、サイズももう少し大きめのを…と検討すること二か月。


f0000211_1893872.jpg
長く使うものだからとウェブショップを散々見比べて買ったのは、富士ホーローのネイジュ ミルクパン (楽天にリンク)。
名前の通り肌が白く、持ち手も白い。
けれど、なんだか思ってたのと印象が違う。
ああそうだ、軽いんだ。
老舗メーカーのものらしいからしっかり肉厚なのをイメージしていたけれど、意外に軽い。
そして、届いて初めて使って火から下ろそうとしたとき、
「…熱っ!」
これまでのミルクパンのように素手で持ち手をつかもうとして、慌てて手を引っ込めた。
端の方からさぐってみると、端から2,3cmだけが素手で触れる熱さ。
でもそこだけ持っても持ち上げられない。
測ってみたら、新しく買った方の取っ手は13cm。
これまで使っていた方のは16cm。
この3cm差、大きい。
3cm短いだけで安定して持ちにくいし、3cm短いと鍋つかみが必要。

買うときに色や容量や目盛りは散々チェックしたけれど、持ち手の長さまでは考えていなかった。
ミルクパンをつかむのにわざわざ何か使わなきゃいけないのは、ちょっと不便。
素手でがっちり握れる長さが欲しい。


上が、目盛りがはげてしまった旧ミルクパン。片口で最大目盛り500cc。
f0000211_18102086.jpg
下が、新調した富士ホーローのミルクパン。
最大目盛り600ccと少し大きくなったけれど、持ち手が微妙に短い。
持ち手が少し短いだけで、使い勝手がこんなに落ちるとは。

あと、これも買ってから気付いたけれど、容量は大きいのに底面が前のものより小さいので(確か底径10cm)大口コンロには載らず、中口コンロのやや弱めの火でしか使えない。
思わぬ誤算。
次に買い替える時には、持ち手の長さと底面の直径も確認しよう。



「一番最初に使ってたアフタヌーンティのミルクパン、ホーローもがっしり肉厚でコンロの上でしっかり安定してたし、容量もたっぷりあって持ちやすくてよかったなあ。でももうさすがに同じのは売ってないよね」
今は玄関で古乾電池入れになってる約25年前の初代ミルクパンのことを思い出して、
f0000211_20395048.jpg

「あっ、そう言えば…!」
十数年前、ほぼ同じものをヤフオクで見つけて落札して、でも取引時に不快なことがあって見るのもいやになって封印してたのを思い出した。

確か届いたときの包みのまま本の部屋に放り込んであったっけ、と探したら…あった!
当時、欠けてしまった愛用品とほぼ同じ品できれいな状態のものを落札できて狂喜乱舞して、商品説明に「配達中に破損した場合ゆうパックなら損害賠償ができます」とあったので念のためゆうパックでお願いして、郵送料とは別に請求された「梱包料」も払って待っていたのに、届いたのは、ペラペラの紙質の封筒にほぼ裸同然で(一部だけプチプチがふわっと緩く巻かれて)入っていたミルクパン。
「鍋を書類用の薄い封筒で送る人がいるとは! っていうか、『梱包料』はどこへ…??」
しかも、ホーローは割れ物。
封筒は鍋の角が当たって破れているし、封筒の底では欠けたホーローがシャラシャラ音を立てている。
そのうえ、「ゆうパックより安かったので」と勝手に定形外郵便に変更されていて、補償はなし。
出品者とやり取りしたけれど話にならず、返品もできず、見るとイヤな気分になるのでそのまま目に付かないところに押し込んで、間に合わせに水色の持ち手のを買ってきたんだった。


「どれくらい欠けてたっけ」と十数年ぶりに封筒から取り出してみたら、気にはなるけれど、充分使える程度。
多少縁が欠けていても、今となっては、どっしりした重さや素手でしっかり握れる持ち手のありがたさの方が勝る。
使っているうちに欠けたところから錆びてきそうだけれど、使えるうちは使おうか。
ああ、買う前に思い出せなかったのが惜しい。

f0000211_18131127.jpg
一番右手が二代目アフタヌーンティ。容量1000ml。


アフタヌーンティの目盛りは、500mlと10000mlが軸の左側に書かれているので、ぱっと見て把握しやすい。
そして濃い色でしっかり焼き付けられているので、初代も十年以上使ってもくっきり読み取れる状態だった。
f0000211_18134643.jpg
(アフタヌーンティのオフホワイトの肌と並べると、富士ホーローの白さが際立つ)



f0000211_18135972.jpg
この時点で、家にミルクパンが4つ。
ひとつは玄関で古乾電池入れになっていて、目盛りが消えてしまってるのはこのあと友人宅行き。


台所にふたつも要らないかと思ったけれど、あればあったで結構便利。
同時に使う機会も多く、小さくて手軽に手に取りやすい分、どちらも他のどの鍋よりもよく使っている。
f0000211_18141461.jpg
横から見るとサイズの違いがはっきり。


このままずっと長く使えますように。


にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ





以下、探していたときに気になってブックマークしてあったもの。
白木の持ち手と縁の処理がかなり好みだけれど、内側に目盛りが入ってなかったので却下。
残念。
一度目盛り入りを使い始めたら、もうなしで済ませられない。

ナチュラルなウッド調の持ち手が可愛いシンプルな小鍋♪ホワイトホーロー ミルクパン (楽天にリンク)


柄の形状が少し違うだけで、上のとほぼ同じ形のロゴ入り。
ミルクパンではなく「グレイビーメーカー」らしく、ミルクパンより口が狭い。
なぜみんな目盛りを入れてくれないのか。

naja/AXCIC/アクシス homestead ホーローキッチンウェア 琺瑯 グレイビーメーカー 片手鍋/ミルクパン 600ml (楽天にリンク)


買ったのと色違いの富士ホーロー製、フィンランドブルー。(たぶんネイジュと同サイズ)

【限定 45%OFF!】富士ホーロー フィンランドブルー ミルクパン 14cm(FB-14M) (楽天にリンク)


買ったのは、これ。
 ↓


これ、店頭でピンクとホワイトが30%OFFになってるのを見かけて、我が家の台所にこれまで存在しなかった「ピンク」と、その色のラブリーさを覆すようなずっしりした重さとのアンバランスさに惹かれて、一時期、店の前を通るたびに買いそうになっていた。
「買うなら冷静にホワイトで」「いや、やっぱりミルクパンには目盛りが必要」と基本に戻って断念。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2016-02-09 19:05 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 02月 04日
目盛り付きマグカップ当たった!
三か月遅れの話ですが、
f0000211_20582288.jpg
アマノフーズの三ツ星キッチンパスタ Twitter&Instagram 写真投稿キャンペーンで、オリジナルマグカップが当たりました!
(そう、三つ前の日記を書いたときに、書き忘れてたのを思い出しました)


アマノフーズのフリーズドライスープや味噌汁の美味しさが他社のものとは別格なのに気付いてからは、お弁当の友はたいていアマノフーズ。
Twitterにそんなアマノフーズのキャンペーンが流れてきたので見に行ったら、賞品に上がっていたのが、このマグカップでした。
f0000211_20584547.jpg
野菜が並んだイラストが好みだし、たっぷり入りそうな容量と持ちやすそうで安定した形も気に入ったけれど、
f0000211_2059146.jpg


応募した一番のきっかけは、これ。
f0000211_20594158.jpg
内側に便利な目盛り付き!
量の把握が人一倍苦手な私には、目盛り付きカップはとてもありがたい。
f0000211_210346.jpg
しかも、目盛り、かわいい!


そして、届いてから知った鳴海製陶製。
f0000211_2103879.jpg
ナルミの王冠マーク、宝物もらったみたいでうれしい!



これまで事務所で使っていたマグカップは、14年前に買った樹脂+ステンレスの二層タイプのもの。
数年前からステンレスの口当たりがどんどんつらくなってきていたのに、壊れてないのに処分するのは気が引けて、ストレスを感じながらも使い続けてた。
けれど、これを機会に手放すことにした。
長い間ありがとう。



届いたマグカップでさっそく三ツ星キッチンの3種のチーズのクリームパスタを作ってみて、前回作った時にはお湯を目安量の倍ほど入れていたことを知った。
f0000211_2112464.jpg
倍ほど入れても充分濃かったけれど、さらにしっかり濃厚になった!


3時のココアや生姜湯も、これまでずいぶんお湯を入れ過ぎてた。
手になじむ形とやさしい口当たりと適量がわかる目盛り。
毎日のランチとコーヒータイムで愛用中です。
ありがとうございます。



にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ



タイムリーなことに、明日から楽天で販売!
(半額分、ポイントバック中!)
 ↓
アマノオリジナルマグカップ

アマノオリジナルマグカップ
価格:1,500円(税込、送料別)


[PR]
by karino-tohko | 2016-02-04 21:12 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 02月 03日
ごめんね
今日が誕生日だった母親に電話した。

入院中にどんどん衰えていってるんじゃないかと心配したけれど、先月見舞いに行ったときより張りのある明るい声になっていた。
そんなことがめちゃくちゃうれしい。


自分が十代だった頃は母がまだ未熟だなんて思ってもいなくて、ひどいことをいっぱい言った。
今もまだこどもっぽい母親なのに。
30代の頃の母なんて、全然おとなじゃなかったのに。
結婚式に呼ばなかったことも、家を出てからずっと疎遠にしていたことも、まだ謝ってない。

(でも、このタイミングであらたまって謝ったら「実はやっぱりガン再発してたのか!」って要らぬ誤解されそうだから、また今度にしよう…)



「今月の終わりくらいから歩く練習が始まると思うわ」と、母。
最初「退院は三か月後くらいになるって」と聞いたとき、悪いものでなければ三ヶ月くらいで歩けるようになるかも知れないってことかと勝手に解釈していたけれど、冷静に考えてみれば、単に、高齢者入院の三ヶ月規定(?)によるものか。
ってことは…いや、よくないことを考えるのはやめよう。

どうか、母が無事家に戻れて、少しずつでもやりかけのことを整理して、身じまいして、納得行く形で人生を終えることができますように。


74回目の誕生日、おめでとう。

   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-02-03 20:31 | 日記
2016年 02月 02日
おかえし
Rに「晩ごはん何がいいか」ってメールしたら「チンカレーかチンバーグ」(レンジでチンするカレーかハンバーグ)って返事が来たからダメ元でSiri入力で「チンバーグ入りチンカレーにしたるわ」と言ったら「森バーグ入り沈下恋しとるわ」「神馬具入り人華麗にしてるわ」ってなったけどそのまま送っといた。


私もインフルエンザっぽいって言ってたから手抜きご飯をリクエストしたのか。
食欲出てきたようでよかった。
グリラーで野菜焼いちゃろ。



    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-02-02 20:59 | R
2016年 02月 01日
初インフルエンザ?
先週の水曜日あたりから、しんどいと言って夜早く寝ていたR。
金曜日、ふらふらになって午前中で早退して、翌朝もいったん出社したものの、あまりにしんどくておかしいと病院で診てもらったら、インフルエンザ確定。
そのまま帰って寝込んでしまった。
インフルエンザ、人生初かも知れないらしい。

予防接種して、手洗いうがい励行して、従業員にも外出先で水がなくてもうがいができる携帯用うがい薬や除菌ウェットティッシュや携帯用ウイルス除去剤を配っていたのに、自分がかかってしてしまうなんて。

で、日曜日はRの代わりに、やむなく私が出勤。
けど、まさかインフルエンザだとは思わず一緒にご飯食べて同じベッドで眠っていた私も、感染してしまってる可能性が高い。
関節のピリピリと喉の奥の熱っぽさと咳と痰が出始めたところで熱を測ったら38度あったので、食間の麻黄湯と食後のフジフォローとマスクとで乗り切ってる。
一度服用しただけで熱が36度に下がったのは、さすが麻黄湯の威力か。

ちょうどこのタイミングで使い始めたiPhoneの睡眠サイクルアラームアプリ「Sleep Meister」の「寝言」機能(睡眠中物音がしたら自動的に録音が始まる)に一晩で10回以上何かが録音されてたから、「そんなに寝言言う??」と聞いたら、全部Rの咳込みだった。
そりゃ感染るよね…。


「何かあったら以久科」
「お布団691幕から早く寝てね」
最近、私の真似をして、短いメールはSiriを使って音声入力で送ってくるR。
声に力がなくて言ってることが認識されにくいうえに、不明瞭なところや誤字を修正しないまま送ってくるから、何言おうとしてるのか推測力が必要。


f0000211_20384277.jpg
休日出勤日。Rのデスクから女子力高いはちみつりんご生姜湯もらった。



今晩もおみやげはプリンとポカリ。

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-02-01 20:44 | R