ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(44)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2015年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧
2015年 04月 27日
帰省みやげにピーナッツのもなか…ならず
ピーナッツの形をしたもなかが売られていたので、思わず買ってきた。

f0000211_23245714.jpg
かわいい!
ちょっと小ぶりなひとくちサイズ。

f0000211_23254031.jpg
中身もピーナッツ餡。
ピーナッツバター好きにはたまらない。
小豆餡の最中は甘過ぎて苦手だという人にも好評だった。


f0000211_2326758.jpg
商品名は「遠州 らっか」。
かわいくて美味しかったので、ゴールデンウィークに帰るときの姪っ子たちへのおみやげにしようと思ったら、もう売ってなかった。残念。


ネットで探してみたら、私が買った袋入りではなく贈答用の箱入りのものが出てきた。(楽天にリンク→愛されて60年・・・。ピーナッツあん入りの落花生のカワイイ形のモナカ★遠州らっか16入り
箱入りなら伯母への手土産にもいいかも、と思ったけれど、「大変申し訳ございません。ご注文多数のため販売停止しています」とのこと。

私が買ったのが今ふうのパッケージだったので、最近のお菓子かと思っていたけれど、浜松にある「ヤタロー」という老舗洋菓子店が昭和21年から販売している長寿銘菓らしい。
和菓子ながら洋菓子ふうで、子どもが喜びそうな形ながらおとなの目にも上品で、老舗のお菓子ながら目新しい味で。
今回の手土産にできなくてとても残念。
また売ってますように。


    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ


■下の商品リンクを貼ってから追記。
「落花生最中(らっかせいもなか)は千葉の名産品、落花生にちなんだ房総の郷土菓子」
で、
「外見やコンセプトがほぼ同じな「ぴーなっつ最中」「ぴいなっつ最中」「ピーナツ最中」「らっかせい最中」「落花最中」「落花生最中」など、千葉県を中心に他県を含めて多数の商品が存在する」(wikipedia「落花生最中」の項より)
とのこと。
まったく知らなかった。


株式会社ヤタロー 楽天市場店、今はまだ商品ページがあるけれど、「多数ご注文をいただいており、製造体制が間に合わない状況であることから、製造・受注体制を再構築するため、2015/5/21をもって楽天市場店を退店することとなりました。今後の販売については、7月中旬ごろ自社サイトでの販売再開を予定しています」とのこと。
 ↓

似たようなのを見つけたけれど(箱入りセットも有)、値段が倍ほど高い。
(なのに見た目のクオリティが…)
味はどうだろう。
 ↓
ぴーなっつ最中1個 P25Apr15

ぴーなっつ最中1個 P25Apr15
価格:108円(税込、送料別)



ピーナッツの形って妙に惹かれる。
この消しゴム、ずいぶん昔に買って棚に飾ってある。
 ↓

他にもピーナッツ型のものがないか探してたら、「ミュージックシェーカー」ってのが出てきた。
ピーナッツ型マラカス?
かわいい!
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2015-04-27 23:56 | 日記
2015年 04月 25日
着られなかったコート
三月の終わりに、コートを一着処分した。
f0000211_2125587.jpg

手放したのは、40余年物の昭和のコート。
私が小学生だった頃、同い歳のいとこのMちゃんからお下がりでもらったもので、その頃から身長160cmあったMちゃんのお下がりは、すでにおとなサイズ。
丈の割には袖だけが短いけれど、それが七分袖ふうでいっそうレトロでかわいい。


今見るとかわいいけれど、当時小学生だった私には地味で古くさいデザインに思え、サイズが大きくだぶついていたのも余計野暮ったく見えて、「中学生くらいになったら」とタンスにしまっておいてもらったんだけれど、その間に日本に高度成長期がやってきて世の中のいろんなデザインが一新されて、60年代風の手縫いのお下がりのコートは、そのまま日の目を見ることなくタンスの奥に追いやられてしまった。

それを引っ張り出したのは、結婚前に衣類を整理したとき。
母親のタンスの中にしまってあったこのコートを見付けて、「うわっ、今見たらなんてレトロでかわいいコート! サイズもぴったり!」「でも生地がところどころ傷んできてるなあ。補修して着ようかな」と引っ越し荷物と一緒に持ってきた。
けれど、せっかくまた手にしたのに、廊下の奥にハンガーで吊るしたままいつもの先延ばしでそのままになってしまい、そのうち体型も変わってきて、レトロなコートをおしゃれに着こなすのは到底無理になってしまった。

しかも、その23年間、いったんタンスにしまうと忘れるからと、ずっとハンガー日の当たるところに吊りっぱなしだったので、色も灼けて生地もますます傷んでいる。
結局一度も着ることはなかったけれど、もう充分眺めて楽しんだし、そろそろお別れを。


f0000211_21253441.jpg
内ポケットの口には、当時のコートによく見られた丁寧な手縫いの縁飾りがほどこされている。

f0000211_2126357.jpg
小さな襟と丸いくるみボタン。

f0000211_21263729.jpg
ふっくらぽってりしたボタンループも、共布を手で袋縫いしたもの。

f0000211_21275910.jpg
銀糸混じりの糸で刺されたキルト生地は、繰り返される長方形模様の枠の内側は網掛けのような細かな斜織りになっていて、それと交互にあるリップ型の枠の内側には、それより少し粗い斜め模様が入っている。

f0000211_21283238.jpg


長い間そばにいてくれてありがとう。
この家に越してきてから23年間、二階の廊下の奥に掛けっぱなしだったコート。
Rは一度も何も言わなかったけれど、どう思っていただろう。



結局このコートは補修しないまま一度も着る機会がなかったけれど、十年ほど前に、同じ昭和60年代頃のレトロなコートを二着買って、このコートの分まで存分に着ることができた。
(コートがなくて困っていた時期に(持ってるやつを補修せよ)スーパー内のリサイクルショップの横を通りかかった時に目に留まり、1000円前後の値札に「このまま売れなかったら捨てられてしまうのか」と買ってしまった)
この時代のコートのかわいさよ。


    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-25 22:02 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 24日
チューリップ
あちこち少しずつ片付けたり掃除したりしているけれど、写真を整理する間がないので、今日のところは私っぽくない色のチューリップの私っぽくない写真を置いておく。



雨上がりの出勤時に、「こんな色のチューリップ、植えたっけ?」と咲いていた花を覗き込んだら内側の薄っすらした黄緑色がきれいだったので、家の中にカメラを取りに戻って撮ったもの。

一昨年手術した利き目の右目が、今も視点の中心部分は視野が小さく欠けているので、小さなファインダーの中ではそこに何がどんなふうに写っているのかよく見えず、いつも、ピントがどこに合っているのかもよくわからないままシャッターを押しているんだけど、
f0000211_212420100.jpg
データをパソコンに落として開いてみて、驚いた。
花びらの内側の水滴!
なんだかカレンダーにあるような写真。
自分が撮ったんじゃないような写真で、見ていて不思議な気持ちになる。



冬の間丸坊主だったいちじくの枝先にも、新しい葉が出て小さな小さな実がふたつ付いていた。
f0000211_21244548.jpg
「今年こそ食べられる実が採れるかな。あ、去年もいちおう、小さな実が採れたんだっけ」
と、去年の小さな実が採れた時の日記を開いて、自分が書いた

実を大きくするには、
「実の成長が一休みする梅雨明けから成熟期直前の8月上旬まで水分不足にならないようにすることが大切です。鉢植えの場合は、朝、夕の2回水遣りをします。庭植えの場合は土から水分の蒸発を防ぐために根元に敷きワラや腐葉土によるマルチングをしてやります。」(eグリーンコミュニケーション 「困ったこと・お悩みごと解決>イチジク」の項より)
とのこと。

を読み、
「そうだったのか!」
と膝を打つ私。
書いたこともすっかり忘れてた。
スケジュールアラームの7月10日(梅雨明け予想で検索して出てきた日より少し前)に、「イチジク朝夕水遣り アラームセットする(8月上旬まで)」って入れておこう。
で、そのスケジュールアラームが鳴ったら、タイマーアラームに朝晩の水遣り時間をセットしよう。
(アラームがないとことごとく忘れる私のあたま)
大きな実、できるかな。



    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-24 21:30 | 日記
2015年 04月 23日
極上の人参
先月分けてもらったら人参が、驚くほど甘くて濃い味だった。
ごつごつした形が新鮮で「美味しそうだな」と生のまま一口かじった瞬間、昔食べていた人参の味が鮮やかによみがえって、「そうだ、これが人参の味だった! 結婚して料理を始めた頃、どのスーパーの人参もプラスチックを食べてるようで味気なくて買わなくなったんだった」と思い出した。

f0000211_21381389.jpg
分けてもらった人参は、養護学校の生徒たちが作ったもので、3本で100円ほど。
子どもたちが作業するので安全のために農薬を使わず有機栽培で育てているから、あんなに濃い味になるんだろうか。
そう思って、そのあと、高めの「味が濃くて甘いにんじん」といったような商品名のものや「おいしい有機人参」と書かれていたものを買ってきてかじってみたけれど、どれも期待外れでがっかり。
どうやったらこんな味になるんだろう。
品種が違うんだろうか。
スーパーに並ぶ人参は、見た目もプラスチック製品のようにつるんとしている。
今の子どもたちは人参をどんな味のものだと思ってるだろう。



食べたあとの人参は、また葉が収穫できるかと、ヘタを厚めに切り落として少し水に浸して残しておいた。
人参葉をさっと塩胡椒で炒めたのが好きだけれど、人参自体長らく買っていなかったので、食べるのは久しぶり。

f0000211_21394378.jpg
向かって右側の線香花火みたいな葉が出ているのは、少し前にカレーライスを作った時に10年ぶりくらいに買った人参。
真ん中と左側のは、学校で育てられた味の濃い人参。
生命力あふれんばかりの葉のボリュームはもとより、葉の生え際だけでも、見るからに違う。


f0000211_2140951.jpg
二週間後。
葉もざくざく美味しい。
このあと庭のプランターに植えた。



また来年も作るようだから、品種名等わかったら控えておいてもらおう。

     にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-23 21:53 | 日記
2015年 04月 22日
23年分の煤
熱は下がったもののまだ風邪が長引いている日曜日、小雨の中で町内一斉清掃があった。
レインコートは持っていない(持ってたけど20年ほど出番がなかったので自転車カバーにした)ので濡れる覚悟でいったん家を出たけれど、集まった人たちの多くが半透明の簡易カッパを着ているのを見て「そう言えば去年押し入れを片付けた時、あんなふうな雨合羽か自転車カバーみたいな小さな半透明のビニールパックが出てきたっけ」と思い出し、家に駆け戻って取り出し広げてみたら、パックされていたのはフード付きのカッパだった。
助かった。
f0000211_1974449.jpg
解散後、溝掃除で跳ねた泥を洗って乾かし中。

f0000211_198635.jpg
以前だったら何週間か放りっぱなしだった長靴も、終わってすぐに洗って干した。
(町内清掃が終わった頃に雨が上がった)


続けてクリーニングを引き取りに行って、給油ランプが点いてた車にガソリンを入れて、帰ってきてから遅い朝食兼昼食。
残りご飯があったので「炭水化物やばい」と思いながら納豆ご飯にして食べたら、案の定急激に睡魔がやってきて動けなくなった。



4時間止まった(内1時間眠った)後、夕方から再起動。
リビングの紙類をなんとか整理したいと思いながらも、そこに取り掛かろうとするとどこから手を付ければいいかわからずまた睡魔に襲われるので、そこはおいといて、ずっと気になってたトイレの床掃除をした。

うん、トイレの「床」掃除。
「掃除は上から下へ」というのは子どものころから頭には叩き込まれていたけれど、体は気になるところから取り掛かってしまう。
っていうか、今の私は動き出した体に乗らないとまたすぐ停滞してしまうし、途中でバタンと力尽きて中断する可能性もあるので、体の動くまま、気になってた部分を掃除。

床タイルにクエン酸水をたっぷりスプレーして、ウエスと古ハブラシでしゅかしゅかごしごし。
前回掃除したのはいつだったかと過去記事を確認したら、どうやら、半年余り前
そりゃ汚れもたまるはずだ。


で、汚れ切ってた床がすっきりさっぱりしたところで、水垢で灰色になっていた手洗い器の汚れが目に付いて、手洗い器にクエン酸粒を振り掛けて手洗い器磨き。
f0000211_1983152.jpg


床も手洗い器もピカピカになったら、竹割タイル部分に積もったほこりや薄っすら汚れた壁タイルも気になってきて、壁タイルの拭き掃除に移り、そうして空間のほとんどがすっきりしたところで、汚れに気付くたびに拭き取っているおかげであまり汚れていない便器も気になって拭いて、そこまでやったならついでに、と、最後に窓枠の掃除。

トイレ掃除はだいたい毎回この、下から上への逆順パターン。
前回床掃除だけやった時は所要時間30分とのことで、今回は全部で1時間。
たっぷりたまってたウエスもたくさん消費した。

f0000211_199411.jpg
さあ、全部できた。さっぱりした。
と、それぞれ元あった場所に戻して掃除用具も片付けて。



約40分後。
きれいになったトイレに入るのは気持ちいいよねーと思いながらドアを開けて、

f0000211_1993294.jpg
「あ…」

f0000211_1910157.jpg
ここに越してきてから一度も掃除していない換気扇が、灰色の綿に覆われたようになってる。

このほこりに気付く時はいつも床が汚れていて踏み台を持ち込めない(持ち込みたくない)状態で、「今度床がきれいな時に」と掃除を見送ってきたけれど、今なら大丈夫。
床掃除直後の今しないで、いつするの。

…と、スツールを持ってきて換気扇のカバーを外したら、
f0000211_19102831.jpg
カバーをそっと外しただけで、これ。
うん、掃除の順番を間違えてるのはわかってる。

f0000211_191115.jpg
このあと、ほこりで黒く厚くなってる中の羽が外れず、格闘すること数十分。
残しておいたはずの取扱説明書を探したけれど見当たらず、ネットで品番から検索してもヒットしない。
やむなく一般的なトイレ用換気扇やミニ換気扇の羽の外し方を検索して、「中央のねじ」云々書かれているのを見て真ん中の突起部分をラジオペンチで(ねじ山が見当たらないので)挟んで回してみたけれど、どうもプロペラ部分と一体化してるようで外れない。
「逆ねじ式」の換気扇も多いようだけれど、手応えからすると逆ねじ式でもないようだし、最後に「ただ引き抜くだけ」のタイプもあると読んで、「バキッと折れたり割れたりして修理を呼ばなきゃいけないことにはなりませんように!」と祈りながら力づくで引き抜いたら、どうにか抜けた。
あとでカバーの向こう側に「羽の外し方:引き抜くだけ」と書いたシールを貼っておこう。

引き抜いた羽の汚れをぬぐい取って洗って乾かしている間に、換気扇内に積もっていた煤のようなものを掻き出した。
直径10cm足らずの小さな穴の中に、ほこりが炭化したかのような真っ黒な煤のようなものがごっそり。
23年間一度も掃除してなかっただけあって、掻き出すのに使った長い綿棒が届く範囲だけでもままごと用のお茶碗一杯分くらいたまってた。(受けきれずに落ちた煤で床は真っ黒。)
棒の届かない奥の方はいったいどうなっているのか…。


約一時間後。
f0000211_19114929.jpg
すっきり。
(白くなった換気扇孔と羽の写真、撮りそびれた)

f0000211_19121390.jpg
中を掃除するのはこれが最初で最後になるように、カバーの表面にフィルターを貼った。
貼ったのは、洗面所の換気扇用フィルターの切れっ端。
フィルターが少し大きくていつも端を10cmほど切り落としてたのを、捨てるのがもったいないくて「切れっ端が三枚たまったらそれを貼り合わせて一回分にすればいいか」と残してあったもので、ぴったりサイズ。

狭いトイレながら、23年目にして初めて、上から下まで(いや、下から上まで)丸ごと全部掃除した。




換気扇フィルタを出したついでに、夜、台所の換気扇フィルタも掃除して貼り替えた。
前に貼り替えたのはいつだっけと過去ログを見たら、最後の記録が2013年7月。
目の手術前に慌てて大掃除して以来、そのままだった??



    にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
 ↑
以前は「片付け・収納・掃除ブログ」ってカテゴリだったけど、いつの間にか「掃除」が省かれてる…?
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-22 19:43 | 日記
2015年 04月 18日
婚礼家具を持つ世代
f0000211_19524585.jpg

寝室の壁の一面を端から端までふさいでいるのは、結婚した時に持ってきた婚礼タンス。
私が結婚した頃にはまだ大半の人が婚礼家具を揃えていた(ように思う)けれど、現在結婚の際に「婚礼家具」を用意する人は、全体の3%ほどだけだという話を目にした。
もしかしたら私の世代って、婚礼家具を持っている最後の年代に近いかも知れない。


古臭い慣習がわずらわしくて結婚式もふたりで勝手に挙げることにしていたので、家具も手軽なものを好きに用意するつもりだったんだけれど、見栄っ張りの父に「結婚には府中の桐の箪笥を持ってくもんや」と連れてかれたブライダル家具展示会で「上質の桐箪笥は湿気からも火事の炎からも中身を守る」と聞いて心が揺れ、その頃使っていた格安の洋服ロッカーやチェストがどれもすぐにガタが来て開け閉めしづらくストレスになっていたのもあって、「お気に入りの衣類をしっかり守ってくれるなら」と、想定外の大物を持つことになってしまった。


選んだのは、府中家具の「パルコ」と言うシリーズのもの。
洋風のデザインながら内側は桐製で、府中家具の焼き印入り。


f0000211_19534915.jpg
会場にあった府中家具の中でほぼ唯一だった、艶消し仕上げ。
さらさらしたマットな表面は光を吸い込んだような深い色合いで、光が当たると粒子を放つように光る。

f0000211_195420100.jpg
アールヌーヴォー風に緩く波打った扉面やチェスト表面の微かなM字カーブ(中央と両端が微かに盛り上がってその間が滑らかに反っている)も気に入って、「『婚礼家具』なんて必要ないと思ってたけど、これだったらいいかな」と決めたんだった。
f0000211_1954487.jpg

当時は好きな家具を探すにも周りには昔ながらの家具店しかなかったし、やむなく「今この会場の中で選ぶなら」とごく限られた選択肢から選んだものだけれど、その割には気に入っている。


難点は、洋服ダンス、ブレザーダンス、ハイチェストの3点で1トン近いこと。
内装の桐は軽いのに、仕上げに使われている表面の材質が重いのか。
このタンスのサイズに合わせて寝室を作って設置部分の床を補強してあるので、模様替えもできないし、他に移動することもできない。
どうか、タンスも床も、長持ちしてくれますように。




思い出した。
結婚した時に「持ってきた」んじゃなくて、広島の府中から直送してもらったんだった。

で、親元を離れる日は、タンス以外の荷物(家具らしい家具はなくて本や雑貨の詰まった段ボールやペンキを塗ったカラーボックスがほとんど)は引っ越し業者に頼んで、私(当時無免許)は母が運転する車でそのトラックの後ろについて新居のアパートに向かうつもりだったんだけれど、「ちょっとだけ出てくる。すぐ戻るわ」と出掛けた母が、荷物の積み込みが終わってしばらく待っても、一向に帰ってこなくて。

当時は携帯電話もなくて母の行先もわからず、運送屋さんには次の予定があるし、このままではトラックが向こうに着いても受取人がいなくて荷物が下ろせないってことで、やむなく「お母さん帰って来ないし、トラックに一緒に乗せて行ってもらうわ。行ってきます」と玄関に書き置きして、運転席と助手席の間の補助席に乗せてもらい、私より若そうなおにいさんふたりにはさまれて見知らぬ土地の新居に向かったんだった。
「学生? ひとりぐらしするの?」(いや、当時27歳)
「いえ、結婚で家を出るんです」
「ええっ??」「ほんとに??」
とてもそんな荷物には見えなかったのか、ずいぶん驚かれたのを覚えている。

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-18 21:27 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 17日
寝込んだ。ドアストッパー付けた。レシート捨てた。
金曜日、朝方から熱っぽく喉が痛むので、麻黄湯服用しつつ出勤。

土曜日、まだ熱っぽく喉が痛いので麻黄湯服用して出勤。

日曜日、まだ熱っぽいので麻黄湯服用。妙に長引いてる。鼻水が出始めた。喉も結構痛い。

月曜日、まだ熱っぽいので麻黄湯服用して出勤。咳も出始めたのでマスク着用。喉がかなり痛い。
ふだんなら一晩ですっきり治りそうなものなのに何日もかかって、しかも熱っぽさが増してるので(計ると平熱だけど節々のピリピリ感や喉の奥の熱さが増してる)、もしやインフルエンザかと、夜、検査をしてもらうために病院へ。

私「発熱の気配があったので金曜日から麻黄湯飲んでました」
医「インフルエンザなら36度ってことはないので」
私「麻黄湯で熱を抑えてる感じがします」
医「まあ、検査の必要はないと思うので、緒症状の薬5種類出しときますので様子見て下さい」

で、夕食後、処方された薬を飲んだものの、昼前に飲んだ麻黄湯が切れた頃から38度の発熱。
翌火曜日朝、熱でしんどくて起きられず欠勤。

熱を下げたいので病院に「昨晩から38度出てるんですが、出してもらった薬と麻黄湯の両方飲んでも大丈夫でしょうか」と電話したら、
「38度? じゃあやっぱりインフルエンザだったのかなあ? 昨日の薬にも炎症を押さえて熱を下げる成分は入ってたんだけどねえ。一緒に飲んでも問題はないですよ」

一度高熱が出てしまうと麻黄湯でも一日では下げきれず、翌水曜日も欠勤。
でも、麻黄湯を飲んで数時間したら体はずいぶんラクになったので、眠りたいだけ眠って、ぼんやり目が覚めたらごそごそ体温計って少しtwitterのタイムライン眺めて、また眠くなってきたら睡魔に身を任せて…と、好きなだけ眠れて天国。
火曜日は20時間くらい眠った気がする。



熱が落ち着いてきた水曜日のお昼。
起き上がって着替えて、二階の洋間の床と廊下と階段をフロアワイパーで簡単に掃除して、届いていたドアストッパーを玄関ドアに貼り付けた。

ドアクローザーが調子悪くなり、何かで押さえていないと開けた状態を保てなくなって、早十数年。
以前は開放したい時だけレンガを置いて押さえていたけれど、手が汚れるし、ドアに傷が付くし、風があるとドアがレンガを引きずってガシャンと閉まるし、一瞬物を運び込む間だけだとわざわざ面倒だし。
かと言って、修理を呼ぶにはハードルが多々あるし、技術料より出張費が高くつきそうだし。

ずっとどうしようか迷っていたけれど、迷ってるよりストッパーを買った方が早いと、注文した次第。
f0000211_17534580.jpg
取り付けたのは、通販雑誌などでよく見かけるtidy ドアストップ(楽天にリンク)のグレー。
両手がふさがっていても足でポンと操作できるし、半開きの位置でもしっかり固定することができる。
長年のプチストレスがひとつ解消した。



平熱に落ち着いた夕方、収拾つかなくなっていたテーブルの上を片付けた。
f0000211_17542882.jpg
積み上がってた紙類から病院の領収書を選り分けてファイルに綴じたり、保険の資料を整理したり。
f0000211_17545066.jpg
約一時間半後。
まだ向こう半分に物がたまっているけれど、一応、落ち着いて食事できるスペースができた。

今回、テーブルの上から出てきたクリップで留めてあったレシートふた束を、しばし眺めて逡巡したあと、家計簿に転記しないまま思い切って処分した。
(念のため、必要なものが混じってないか一枚一枚目は通した)
「これだけのレシートを転記するのにどれだけ時間がかかるのか」
「転記したノートをまた見る機会があるのか」
「中学の頃から日記を兼ねてずっと入出金を付けてきたけれど、ここ十数年はレシートがたまりっぱなしだし、この記録があとで何かの役にも立つとも思えないし、いずれ捨てることになるんだろうから今捨ててもいいんじゃないか」
「単に、このシリーズのミニ家計簿を毎年欠かさず買ってコンプリートしたいだけじゃないか」
迷って、迷って、迷って、迷って、捨てた。
これで、菓子缶にたまってた転記できてないレシートふた缶あまり、このまま捨てられる気がしてきた。


続けて、床にたまっていた紙類の山も少し整理した。
先月、10ヶ月ぶりに郵便受けを空っぽにして以来、届いた郵便物を毎日取り出して何も入ってない状態に戻すのは今のところ25日間維持できているけれど、その分、部屋に持ち込んだ明細書類が未整理のまま積み上がってきている。f0000211_17554630.jpg
このあたりのものをいったん全部のけて、各ファイルの分類をし直して出し入れしやすくすれば、その後はきっちり整理・保管できるはずなんだけど。
以前はずっとそうしてたんだけど。
一度システムが崩れて収拾つかなくなると、どこから手を付ければいいかわからなくなってしまう。
リセットしたい。


   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ



ドアストッパー、ほんとはこういう色のが欲しかったけれど、ドアが黒いのでやむなく黒+グレーにした。
 ↓


私のお守り。食前か食間にたっぷりの水で。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2015-04-17 18:33 | 日記
2015年 04月 13日
ヌメ革のバブーシュ
金曜日から風邪をひいてしまっているけれど、これ以上ガマンできないくらいに髪がぼさぼさに伸びていたので、日曜日にカットしてきた。

「どんなふうにしますか」「襟足ぎりぎりのショートボブでお願いします」「思いきり軽くしていいですか?」「はい、お願いします」とやってもらったら、シルエットが自分じゃなくなった。
f0000211_21482039.jpg
(背中のデコボコはカーディガンのフード)

私の思ってた「軽く」と違う。
そもそも私の思う「ボブ」には段や凸凹ラインはない(勝手な私基準)。これは私の中ではボブではなく「段カット」(って今でも言う?)
今度からは「短いおかっぱ」と注文しよう。



帰りに、最近新しくできた街路の一角でパンを買ってきた。
f0000211_2149495.jpg

f0000211_21502935.jpg
パリ風の造りを意識したパン屋さんだそうで、内装はともかく、スタッフの人の線の細い輪郭や陶器のように白い肌にさした赤味や睫毛がほんとにパリジェンヌ風で見とれてしまった。



同じく、その中にあった雑貨やさんで、ヌメ革のバブーシュを買ってきた。
f0000211_21511617.jpg
いつものモロッコ製の柔らかな羊革のバブーシュでなく、ごつごつした牛革のインド製で、素のままの革の色とザクザク刺されたステッチに一目惚れ。
f0000211_21514329.jpg

ちょうど、普段家の中でスリッパ代わりに履いてるバブーシュの側面が破れかけてきたところ。
底にがっしり厚い芯が入ってるので柔らかくしならないけれど、その分、いつものより長持ちしてくれそう。
f0000211_2152994.jpg





  にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村 雑貨ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-13 21:59 | モノ 家 雑貨 蒐集
2015年 04月 11日
花冷え
f0000211_1847814.jpg

あっという間に散り始めて、今年撮れた桜はこれだけ。
小雨降る朝、Rが運転する車の後部座席から撮ったもの。

明るさもピントも合わせる間がなくて、霞む桜色と萌え出たばかりの明るい草色と山並の青だけ残せた。



4月とは思えない寒さがぶり返してるのに連日リビングで朝方まで寝落ちてしまい、ついに風邪をひいてしまった。
昨日の明け方リビングで目覚めたときから熱っぽくて、神経がピリピリして喉がひりひり。
おかげで今日は定時に会社を出られる。
まだ明るいうちに会社を出られるのなんて何年振り。



高熱にならないよう麻黄湯飲んでしのいでる。

    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ




私の常備薬。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2015-04-11 18:20 | 日記
2015年 04月 10日
とっておきでなくなった石鹸
f0000211_19525840.jpg

朝、リビングから出ると、トイレの前にRのバブーシュが揃えてあって、なんだか新鮮な光景で思わず写真を撮った。
そう言えば、Rがトイレに入っているタイミングでここを通ることって、普段あまりないかも知れない。
朝の光で腰壁が青っぽい。



カメラを手にしたついでに、浴室の石鹸を撮った。
f0000211_19532596.jpg
前の晩にお風呂に入ったときに「ああ、使う前に撮っておけばよかった」と、カメラを取りに出ようかどうしようか一瞬迷った、細かいきれいな彫り模様が刻まれていた古い石鹸。
半分溶けてしまった模様は、元はアールヌーヴォーのポスター風。
長く開けていなかった物入れから年末に出てきたもので、確か20年ほど前にRにもらって、もったいなくて使えなかったもの。

パラフィン紙製の袋にアンティーク調のラベルが付いていたけれど、今見ると、使うのを惜しむほどでもない市販品。
まだまだ先が長いと思って何でもとっておきにし過ぎてた、20年前の私。
みんな、使えるうちに使ってしまおう。
(なぜかペリカン石鹸の限定商品だと思い込んでいたけど、前に撮ったパッケージ写真を見ると「1909 AOYAMA SAIKOHKAN」となっている。←あとで確認したらやっぱりペリカン石鹸だった)



この二日前、いつの間にか桜が満開なのに気付いて泣けてきた。
自分から遠いところで時間が流れているよう。

   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-04-10 20:18 | モノ 家 雑貨 蒐集