ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2014年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2014年 02月 27日
レトロ扇風機からレトロ風サーキュレーターへ
「製造後10年以上経っている扇風機は使用中に発火する危険が…」というニュースを耳にしたのは、去年の夏。
そのタイミングで、我が家で一番新しい、それでも20年経っている黒い鉄製の扇風機が壊れて、新しいレトロ風扇風機(風力が弱くて根性ないよ!)に買い替えた。(→「レトロ風扇風機からレトロ風扇風機へ」

一番新しくて20年物だから、あとの古い二台は、本物の昭和レトロの50年物。
一台はアイボリーで、もう一台はほぼ色違いの(製造年が異なるらしくデザインが少し違う)薄青緑。
f0000211_20424513.jpg
昭和初期の電化製品特有の中間色に、ぽってり丸い形としっかりした質感。
昨夏買った軟弱な「レトロ風」扇風機と違って、最弱風力でしか使ったことがないくらいパワーもある。
飴のようなダイヤルスイッチも薄青緑の電源コードもかわいいし、リビングの腰壁と同じ色なので部屋にも馴染む。

発火するかも知れないとなると使い続けるわけにはいかないけれど、次の夏までにこれ以上に好きな扇風機を見付けるのは難しいだろう…とあきらめていたところで、扇風機ではないけれど、まあまあ好みのものが目に留まった。

いや、必要なのは扇風機だし、といったん却下したけれど、代わりにならないでもないし、「やっぱりあれを」と思った頃にはなくなっているかもと、決断。


扇風機の代わりに買ったのは、これ。
f0000211_20431849.jpg
アンティークグリーンのサーキュレーター、VFAN-JP。
(光の加減で柔らかい色合いに写っているけれど実物はもう少し青緑が強い)
6~24畳対応で、小型ながら強力。

f0000211_20435431.jpg
首元には、艶消しゴールドのVORNADOのロゴ。
そう、2年半前に寝室用に買ったコレのシリーズのデザイン違い。
f0000211_19193318.jpg
エアコンの冷気の循環や押入れの湿気飛ばしに使っている、小型ながら強力なボルネードのサーキュレーター。
Rがこれを買ってきた頃にこのクラシックデザインの先行機のVF20も販売されていたようだけれど、知らなかった。

VFAN-JP は60年前に生産された製品のデザインを忠実に再現したレプリカモデルとのことで、スイッチ部は、こんなふう。
頭の後ろに OFF→Ⅲ→Ⅱ→Ⅰ と切り替えるダイヤルが付いている。
f0000211_20491045.jpg
OFFの次がいきなり最強なのはアメリカ式なのか、定番デザインの方の白いサーキュレーターも、愛用してきた昭和初期のレトロ扇風機もこの順番になっている。


リビングにサーキュレーターがやってきたので、薄青緑の扇風機は、和室で使っていたアイボリーの扇風機の隣へ。
f0000211_20493561.jpg
どちらも見ているだけで心地良くなれるデザインなので、使わなくなっても処分できない。
置き場所があるうちは置いておこう。
(そうやって眠っているレトロ電話機が家に5台…)



それにしても、レトロなデザインの家電って、人気がある割には滅多に発売されないのはなぜだろう。
(私の周りにレトロ好きが多いだけ?)

ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村



6~24畳対応サーキュレーター。
色はアンティークグリーンとホワイトの二色。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-02-27 21:20 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 02月 24日
ホーローミルクパンの目盛り
先週の日曜日にキッチンツール掛けのブラケットを取り付けて写真を撮った時、そこにかけてあるミルクパンが漂白しがいありそうな色になっているのに気が付いた。

持っている鍋の中で一番使用頻度の高い、目盛付きのホーローミルクパン。(二代目)
少しの量のお湯を沸かすのに便利で、お茶に、味噌汁に、ゆで卵に、野菜茹でに、計量カップ代わりにと、日に何度もお世話になっている。

お世話になっているのに、この扱い。
f0000211_20384876.jpg
この色の正体は、気分低下対策に去年から毎朝淹れるようになった、セントジョーンズワートのお茶の茶渋らしい。

見た目がアレだし重宝している目盛りが見えづらいので、二年前から使い始めた泡タイプの台所用漂白剤をスプレーしてみた。
 ↓
20分後。
f0000211_20391285.jpg
真っ白。


内側に焼き付けられている目盛りは、こんなふう。
f0000211_20393310.jpg
初代アフタヌーンティーのミルクパンから買い替えて、十数年。
元々薄い空色だった目盛りは茶渋が付く前から消えかけてきていて、200cc、300ccあたりはもうほとんど見えなくなっている。
量の感覚が鈍い私は何かにつけこの目盛を頼りにしてきたので、なくなると結構不便。
そろそろ買い替えたいけれど、ホーロー自体はまだ欠けもなくしっかりしているので、お払い箱にするのは躊躇してしまう。
うーん…。



ちなみに、二十数年前に買ったアフタヌーンティーのミルクパンは、縁がポロポロ欠けて錆びが出てきたので十数年前に廃棄…
f0000211_20395048.jpg
…しようとして玄関で留まって、なぜかそのまま古乾電池入れになっている。
古乾電池、お腹一杯になってあふれてる。
回収箱に出しに行こう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



ウツに有効だとされているセントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)のお茶の、味を試すのに便利な20g入り。
(即効性はなくて効果が現れるまで2~3週間の継続が必要。薬との飲み合わせがあるので注意→「セントジョンズワート(セイヨウオトギリソウ)」 メルクマニュアル医学百科より)
 ↓


愛飲している100g入り
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-02-24 20:55 | 日記
2014年 02月 21日
バリアフル
ケーキが食べられない入院中のRの母親に、誕生日ケーキの代わりに完熟で甘い「きんかんたまたま」を差し入れた。
f0000211_19124948.jpg

どうか元の生活に近い状態に戻れますように、と願っていたら、今日、病院の相談員から、母親の自宅のバリアフリー具合や、退院後自宅でリハビリを行うスペースがあるかどうかの問い合わせの電話がかかってきた。

いや、自宅はバリアだらけ。
居間とトイレの間には60cmほどの段差があるし、部屋から物干し台に上がるのにも同じくらいの段差があるし、二階の寝室から居間に下りる階段は細くて螺旋を描いてるし、土間から二階の居室に上がる階段も変形で細いし、裏から二階の物置き部屋に上がる階段は勾配が激しいし。
いやいや、だいたい、二階建のひとつの建物内に、なんで階段が三つもあるのか。

リフォームするにも、元々が古い三棟の建物をつぎはぎして改造した、一部迷路じみた不可思議な構造。
あっちをいじればこっちが傾いてきそう。
どうしたものか。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2014-02-21 20:11 | 日記
2014年 02月 20日
キッチンツール用パイプを取り付け終えた
(たいしたことやってないのに、推敲する時間がなくてやたら長い)


日曜日。
午前6時にベッドに入って、昼前に起床。
ベッドに入るのが朝方になるのはこのところほぼ毎日なのでそのせいだけではないだろうけれど、先週のシャキシャキはどこへやら、なかなか動き出せない。

「この家に越して来て取り付けようと思ったまま放置してあるものは、このままだと『ない』生活の方が長くなる。そろそろ腰を上げて取り付けよう」
自分の年齢を顧みてそう思ったのは、去年の11月。
午後、せめてなにかひとつ片付けようと思い、放置してあったものの内のひとつを取り付けることにした。


この日取り付けたのは、作業を中断して22年間放置していた、台所の流し台上の真鍮パイプの右端のブラケット。
f0000211_2148645.jpg
取り付けた頃はピカピカだったけれど、手入れしないまますっかり茶色くくすんだ真鍮パイプ。
パイプには、キッチンツールを吊るすフック用に、片手で物を掛けても抜け落ちないようジャストサイズのS字管を通してある。
(写真左端の大きい白いS字管は最近もらってきて掛けたもの)
で、パイプを支えるブラケットを両端に取り付けてしまうと、そのS字管を抜き差しできなくなるので、しばらく使ってみてどの部分にどれくらいS字管が必要か見極めてから固定しようと取り付けを中断して、そのまま22年経ってしまった。

22年間出窓の隅に転がしていた、真鍮製首長エンド用ブラケットと付属の小さなビス。
f0000211_21483353.jpg
ピカピカだったこれも、取り付ける前にくすんでる。


パイプを支えるブラケットは、向こう端と、f0000211_21485138.jpg

f0000211_21491194.jpg途中にセンター用を二つ付けてある。

パイプを付けた頃は「こっち側にあと2,3個フックが欲しいかな」「こっちは大きいものを掛けるからこんなに要らないか」と、何度かパイプを抜いてブラケット間のS字管を移動させていたけれど、もう20年以上動かしていない。
もうこれで固定しまっても困ることはないだろうし、万が一フックが足りなくなっても、別の型のフックや大きめのS字管を付ければ済むこと。
これ以上保留しておく必要はないだろう。
さあ取り付けよう。

…ってところで、「やっぱりこっちの余ってるS字管を…」と未練がましくいくつか移動。
なかなか踏ん切りを付けられない人間。


よし、これで、と心を決めて、流し台前に置いた踏み台へ。
ねじ回しを手に前屈みに身を乗り出す姿勢になったら、このところ筋力の衰えの激しいこの体には、思った以上にきつい姿勢になることに気が付いた。
壁に当てた手で体を支えつつブラケットも固定しなきゃいけないけれど、その手先が安定せず、パイプに合わせて位置決めしたブラケットの位置に錐で下穴を開けようとしても、すぐにずれてしまう。

苦労してなんとか下穴を開け終えて、いざビスを付けようとしたら、まだ中心部がよく見えない右目と、術後の右目に合わせて作った眼鏡がいまいち合っていない左目とでは、小さなねじ山がほとんど見えない。
パイプを挿したブラケットを左手で押さえながらその指先で穴に小さなビスを合わせて、そこに右手でねじ回しを当てようとするけれど、なかなかねじ山が合わず、ねじ山に気を取られていたら、ブラケットと下穴がずれてしまう。
やっとねじを回せたと思ったら、今度はブラケットの頭がじゃまで、ねじが真っ直ぐ入って行かない。
このねじ回しで前回どうやって取り付けたんだっけ。
いや、体を支えるのが精一杯で、ねじ回しをコントロールする余力がないのか。


苦戦しつつもなんとか取り付け完了。
前に取り付けた時は簡単にできたと思ったのに、これだけのことがこんなに大変になるなんて。
ああ、歳をとったんだなあと、しみじみ。
f0000211_21493830.jpg
遠目には問題ないけれど、

f0000211_21495381.jpg
近くで見ると、ねじが曲がって入って、台座から浮いてしまってる。
その分ブラケットも浮いていて、パイプも少しぐらつきそう。

f0000211_2150860.jpg前に取り付けたのは、こう。→
同じ道具で前はきちんときれいに取り付けられたのになあ。



以前なら「これから一生使うんだから」と、まだまだ長い「一生」のためになんとしてでも完璧になるようやり直したのに、「一生」の先が見えて来た今は、「使うのもあと少しだし、もうこれでいいや」と終えてしまう。
90歳まで生きた祖母を思うと「あと少し」では済まないと思う一方で、母が今の私の年齢だった20年前からこれまでの時間の経過や母の老い具合を思うと、私が今の母くらいになるのは本当にもうすぐだとも思う。



22年越しに取り付け完了したパイプの右の方。
f0000211_2150402.jpg
洗ったり水を使ったりするものが吊ってある。

混み合ってる左の方は料理に使うものなど。
f0000211_21505259.jpg
白いゴムベラのキッチンスクレーパーは食器洗いの前に使うものだけれど、ごみ箱に近いのでここにある。
f0000211_21511862.jpg
鍋やお皿に残った汚れをさっとぬぐってごみ箱に落とすのに便利で、見た目もシンプルでお気に入り。
最初に買ったのが長年使って黄ばんで硬化してきたので、数年前に同じものに買い替えたばかり。




この日、日があるうちにやったのは、これくらい。

夕方、仕事のおつかいで近所の家に行って、おつかい先で葱をもらってきた。
採りたての緑はうれしい。
f0000211_21514132.jpg


そのあと、壊れたままのリビングのブラインドを買い直そうとホームセンターに行って、その帰りに、ひと足早くRの誕生日ケーキを買ってきた。
誕生日当日は平日で、ケーキを買いに行けない可能性が高いので。

f0000211_215214.jpg
夕食後、さあ食べようと箱を開けたら、
「おっきい!」と、R。
「わ、ほんと!」
カットケーキひとつひとつのサイズが普段見るケーキの1.5倍くらいある。食べきれるかなあ。
「買う時、大きいってわかんなかったの?」
うん、まったく。

おまけで買ったスイートポテトは食べきれなくて、朝食へ。
ごちそうさま。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



シンプルで便利!
 ↓


今回取り付けた、直径9.5mmパイプ用の真鍮製エンド用首長ブラケット。
素材やサイズや頭の形の違うものも有り。
 ↓


上と同じシリーズで、パイプの途中を支えるセンター用。
 ↓


首の短いタイプのかわいいブラケット。
ドアのガラス部分のカーテンレールには確かこれを取り付けたように思う。
 ↓


直径9.5mmの真鍮製パイプ。
1カット210円でカットして送ってくれる。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-02-20 22:28 | モノ 家 雑貨 蒐集
2014年 02月 19日
ロッカー棚の7年半前のスカートの整理
f0000211_12543184.jpg

先週の祝日、アンテナ工事に際してリビングを片付けたのに続けて、リビングのロッカー棚の中の服を片付けた。

f0000211_12364628.jpg
パイプハンガーの向こう半分にかかっているのは、毎日とっかえひっかえ穿いていたのがある日を境にピタッと穿かなくなった、シビラ色の膝丈タイトスカート群。
どれも今も大好きな中間色。

過去記事を探してみたら、棚の下の部分を整理した時の写真があった。
日付は2009年2月。
f0000211_19111764.jpg
ハンガーの向こう半分、今と同じ並びだ。
5年間手付かずだったよう。
ひとつの型を着始めたら、数年間から十数年間それしか着なくなってしまう私。
膝丈スカートを穿かなくなったのはいつだっけ、ともう一度過去記事を探ったら、2006年の8月の終わり。
7年半、ここの時間が止まってた。


f0000211_12545787.jpg
トップスも二枚混じってた。
鮮やかな手染めのアジアンなシャツと、ピスタチオグリーンの柔らかな綿ニット。
どちらも今も大好きでまた着たいけれど、今履いてる股上の浅いジーンズには丈が短過ぎる。
洗ってしまっておこう。(え?)

f0000211_12552531.jpg
微妙に色や素材が異なる、青磁色からシナバーグリーン系のスカート8枚。
一番好きな系統の中間色。
普段着なくなったけれど、ジーンズで行けない場にはスカートが必要だし、また連日穿くようになるかも知れないし(…ってのは普通あまりないらしいけれど、私の場合よくある)、好きな色の紙や布地を集めるようにコレクション的に好きなので処分しづらい。
この中で手放せるのは2,3枚かなあ。

f0000211_12554829.jpg特に気に入っているのは、麻でざっくり織ったような表地と荒いガーゼのような不規則な織目の裏地の組み合わせのもの。
これはタイトスカートじゃなくミニフレアーっぽい形なので、二度と穿くことはないけれど、この生地と色味が好き過ぎて手放せない。
トートバッグやブックカバーにでも作り変えようか。


f0000211_12561033.jpg
濃くて鮮やかな緑から深緑のスカート3枚。
これは一枚だけ残しておけばいいか。

f0000211_1313832.jpg
ベージュからたまご色、オレンジ、サーモンピンク、レンガ色のスカート9枚。
これも半分くらい手放そう。

f0000211_13232476.jpg
一番端にあった二枚は、タグ付き未着用のままだった。
未着用のまま附属のベルトが割れて剥がれてきている。
無難に穿けるベージュとレンガ色なので残しておこう。

f0000211_13281291.jpg
ウールもレーヨンも手洗いして干した。
物干し台がグラデーション。


f0000211_13284087.jpg

 ↓
f0000211_1329563.jpg
いつもクッションの上に散らかってる部屋着や着替えをしまうスペースができた。


問題は、洗ったスカートをしまうスペースがタンスにないこと。
先にタンスの中も整理しないと。




この日の夕食は、前にタイムラインで見かけた「ミルフィーユ鍋」。
f0000211_13292549.jpg
うん、いつもは適当に放り込んでる豚肉と白菜を、交互に重ねて切って並べて鍋に入れただけ。
味は変わらないだろうけど見た目がきれい。

炊いてるうちに白菜がしなって隙間が出て来たので、豆腐も入れた。
f0000211_13294280.jpg
色的にもすでにミルフィーユ鍋っぽくないけれど、味は上々。
ごちそうさま。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2014-02-19 15:19 | 日記
2014年 02月 15日
ピープルツリーのチョコレート
ラム、オレンジ、シナモン、そして初めてのビターレモンピール。
バレンタインのおかげで、久しぶりにピープルツリーのチョコレートが買えた。
f0000211_12504628.jpg
一番好きなオーガニックビターがなかったのが残念。
(木のスプーンが刺さってるのは、同じ店で売っていた、ホットミルクに溶かして飲むチョコレート)


初めてピープルツリーのチョコレートに出会ったのは、15年前、外国人支援サークル関係でフェアトレードを知った時。
その頃はネット販売もなく、通信販売も他の雑貨や食品とまとめて10,000円か15,000円以上買わないと結構な送料がかかったので、なかなか気軽には買えなかった。
それが数年前、この時期だけ近所の雑貨店にこれらのチョコレートが現れるのに気が付いた。

フェアトレード(公平な貿易)は、途上国の原料や製品を適正な価格で購入することによって立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指すしくみのことで、途上国の児童労働をなくす取り組みにもつながっている。
ピープルツリーのチョコレートは、フェアトレード商品であることを抜きにしても、濃厚ながら素朴でがっしりした農作物っぽい味わいが気に入って、細々ながら買い続けている。



プレゼント用チョコレートも買った。
Rへと、友人へと、もひとつRへと。
f0000211_12511488.jpg
閉店間際だったので、Rの分はざっと眺めてパッケージの色柄だけでチョイス。
ラベンダー+ゴールドは、先週ベッドリネン類でその色柄のを見かけて以来、ずっと気になっている配色。
友人分は、友人宅の郵便受け口を通る薄さ優先で決めた。(ここ数年続けて、届けに行ったものの郵便受けに入らなくてガックリしてた)



f0000211_12513499.jpgチョコレートと言えば、残業の友バッカスに、発売50年記念 1964年産ブランデー使用の数量限定ゴールデンバッカスが出ていた。
バッカス、Rと同い年だったのか。




高カカオチョコレートも大好き。
チョコレートらぶ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



ピープルツリーのチョコレートを検索してみて、今は楽天でも買えるのかと驚いた。
で、そのあと、自分の過去記事に楽天へのリンクがあるのを見て、もう一度驚いた。
がんばれ、私の記憶力。
 ↓


チョコクリームが入ったフィリングタイプのピープルツリーのチョコレート 「ラム」「カプチーノ」「プラリネ」。
 ↓


ホットチョコスプーンは5種類。次の日曜日の楽しみ。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2014-02-15 12:52 | 日記
2014年 02月 14日
この冬二度目の積雪
f0000211_14452574.jpg
沙羅の枝の上の雪はもこもこ。


f0000211_14454962.jpg
レモンバームの上の雪はぽこぽこ。
(「ぽこぽこ」をうまく撮れなくて残念)


f0000211_14461254.jpg
うん、誰も踏んでいないところに足あとつけたくなるのは人の常。



Rは荷受け場所の雪かきと荷運びで濡れそぼって「捨て犬みたい」と言われていた。
だいじょうぶ?
風邪ひかないで。


今夜は早く家に帰れるかな。
ブログランキング・にほんブログ村へ
   にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2014-02-14 15:49 | 日記
2014年 02月 13日
ケーブル工事と洗面所掃除
土曜日の夜、翌朝一番にケーブル工事が入る予定のリビングを片付けなきゃいけないのに、気が付いたら布巾やまな板の漂白とパーカーの毛玉取りをやっていた。
おい。

リビングはテレビ周辺以外にどのあたりを工事でいじるのかよくわからないし、二階はどの部屋までケーブルを引くか現場を見るまでわからないとのことなので、どこまでどれくらい片付ければいいのかわからなくなって思考停止状態。(普段から片付けておきなさい)


毛玉取りで満足したあと、お風呂で寝落ちて朝6時半から1時間半ベッドで眠って、起きて着替えて工事の人待ち。
f0000211_19465470.jpg
リビングはなんとか片付けた。


f0000211_19471594.jpg
玄関は山積みのままだけど。
右手の山は近々持って出るものだし、重くて二階には上げられないので、出入りはできるからこれでよしとした。


けど。
朝一番に来るはずだった工事の人が来ない。
待ってる間は待つことが仕事になってしまって、なかなか他のことに手を付けられない。
珍しく睡魔に囚われずシャキッとしている休日なので、こういう貴重な日には紙類の大元からの整理し直しや衣類ロッカーの中身の整理なんかをしたいんだけれど、いったん始めると全部放り出して足の踏み場がなくなってしまうので手を付けられない。

午後1時になってもインターホンが鳴らなくて、いい加減おかしいと思い始め、連絡先を知っているRにメール。
しばらく経って到着した。
間に入っていた担当者の連絡漏れだったらしい。


工事中はいつもどうしていればいいかわからなくて居場所に困るんだけれど、今回はリビングと洗面所の間のドアを開け放して、手洗いの洗濯物を洗ったり洗面所を掃除したりしていた。
お互い姿は見えないけれど、作業している音が聞こえて気配がわかる状態で、ちょうどいい。
今度からこうしよう。

最初、洗濯が終わって手持ち無沙汰になって、リビングに出て行っても居場所がないしどうしよう…と洗面所で立ち尽くしていた時に、ふと目を落とした先の浴室のドア枠にたまった汚れが目に入って、ちょうどいいや、と磨き始めたらスイッチが入った。
f0000211_19474095.jpg
洗面所には、ちょうど掃除用具も揃ってる。
ずず黒かったのが簡単に真っ白。
カメラを持ってくるのを見られるのが恥ずかしかったのでbefore写真ナシなのが残念。

f0000211_19475991.jpg
砂ぼこりがたまって灰色になっていた窓枠も磨いた。

f0000211_19481022.jpg
気持ちいい。

f0000211_19482990.jpg
上の窓は…と見上げたところで、ほこりがフェルト状に詰まった換気扇フィルタに気が付いたので、フィルタも貼り替えた。
切れっ端しか残っていなかったので、二枚接ぎ。
その横の電球にも茶色くほこりが積もっていたので、それも拭き取った。


工事が終わるまでの二時間、無心に掃除。
結局二階の工事は不要で、外壁の配線部に何か取り付けるだけで二階の電話機も使えるようになった。
よかった。
今後二階でインターネットをするなら、電気店で無線ルーターを買ってきて取り付けるか、NTTでレンタルのカードを借りてきて、この日取り付けてもらった機械に差し込めばいいとのこと。
(忘れそうなのでここにメモしておく)


年末から気掛かりだったひと仕事を終えて、やれやれ。
部屋がある程度片付いている今のうちに、二年半前から先延ばしにしているトイレと台所の蛇口の水漏れ修理にも来てもらおう。
(輸入水栓金具なのでホームセンターの部品で直せない)

あ、その前に、流し台向こうの出窓のカビを掃除しなきゃ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
   にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2014-02-13 20:06 | 日記
2014年 02月 12日
芽が出た
11月に植えた紫系のチューリップの芽が出た!
f0000211_21185465.jpg
え? どこだ、って?


f0000211_21191210.jpg
鉢中央のやや上あたり。
春に咲いてくれるかな。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2014-02-12 21:21 | 日記
2014年 02月 10日
安納芋焼いた
えっと、一週間遅れだけど。
先週の日曜日、もひとつ磨いたものがあった。


f0000211_200265.jpg
お昼を手抜きしたら夕方お腹がすいてきたので、生協で買ってあった小さな安納芋を焼いてみることにした。


f0000211_2004616.jpgちっこい。
卵くらいの大きさ。

クリーミーで甘い安納芋は高いというイメージがあったけれど、種子島産の小粒のが5つ入りで198円だったので、家でうまく焼けるかどうかわからないまま試しに買ってみた。


安納芋は、新鮮な掘りたてに食べるよりも、最低2週間、できれば1ヶ月以上室温に置いて蜜が垂れてくるくらい熟成(追熟)させた方が糖度が上がって美味しいそうで、これも年末から1ヶ月余り置いてあった。
けれど、普段室温が低いからか、蜜はまだ数箇所ぽちっと出ているだけ。
(10度以下になると腐ってしまうそうで、一個ずつふわっと新聞紙にくるんでまとめて紙袋などに立てて入れて室温熟成させるのがいいらしい。知らなかったので、届いたビニール袋の口を開けて置いていた)
もう少し追熟させた方がよさそうだけれど、長く置き過ぎて傷んでしまっても残念なので、試しにふたつだけ焼いてみることにした。


f0000211_2011452.jpg
ブラシでゴシゴシ水洗いして土を落としてから、水気が残ったままトースターへ。
蜜がたれてくるらしいので、受け皿になるようアルミホイルを敷いておいた。
芋を焼く時のアルミホイルは、いったんクシャクシャにしてから広げた方が石焼き芋の石の熱反射に近付くと聞いたことがあるので、これもクシャっとさせて。
「高温で一気に」より「低温でじっくり」とも聞いていたので、500Wと1000Wの切り替えを500wにセットした。


あ、このままじゃ焼き加減が外から見えない…と気が付いて、マイクロファイバークロスに重曹を振りかけて湿らせて、扉のガラスをゴシゴシ。
 ↓
f0000211_2013195.jpg
 ↓
f0000211_2014971.jpg
すっきり。

f0000211_202108.jpg
よく見える。



途中で二回ほどひっくり返して、500wで45分。
出来上がり。
f0000211_2022938.jpg
お店で売っている石焼き安納芋ほどとろんとはしてないけれど、ちゃんとねっとりクリーミーで甘い。
甘みが強い割にはカロリーが低いそうで、小さくてもパンやスナック菓子より腹もちいいし、おやつにいいかも。
トースターで一時間近くかかるのがネックだけれど、焼き芋用の黒いホイルというのがあるそうで、それでぴっちり包んで焼けば、時間が半分に短縮されて甘みも増すらしい。
今度試してみよう。

ごちそうさま。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村




[PR]
by karino-tohko | 2014-02-10 20:53 | 一時避難