ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2013年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2013年 12月 30日
仕事納め
毎晩、帰っていく当番の人たちに「私は今年は今日までですので。よいお年を」と連日挨拶し続けて、結局30日の今日まで出勤し続けた。

昼前まで起きられず、洗濯してベランダを掃除してから会社へ。
R 「大掃除してきたの。えらいねー」
私 「ううん、してない。ベランダ掃除しただけ」
R 「は? ベランダ?」
私 「うん。二階のベランダ」
R 「それって、大掃除全部終わった人が最後にするような場所じゃないの?」
うん、そう思うけど、気になったし。

銀行に行った後、事務所で自分の年賀状を書くつもりでいたけれど(家だとつい他に気がそれてなかなか書けないので)、会社にいると伝票書きや注文がまわってきて、ほこりのたまった床も気になって、結局事務処理と事務所の掃除で終了。
もう年賀状書きは明日にまわして、家の大掃除は年明けにする。
いや、落ち着いてお節を食べられるように、座る場所とテーブルの上だけは明日片付けよう。
注連縄も買ってこなきゃ。

それにしても、クリスマスと年末の間って、昔からこんなに近かったっけ?



今年中に書き留めておきたかった日記も大量に書きそびれたままだけど。
みなさん、よいお年を。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-30 21:30 | 日記
2013年 12月 30日
パパのはらまき
クリスマスにはRに「腹巻き」をプレゼントした。
結婚した頃に「はらまき欲しい。金太郎みたいなのとか」と言ってたので、「じゃあ作ったげる」と、金太郎用(腹掛け用)のミニタオルを数枚買って来たのが20年前。

取り掛かれば10分ほどでできそうなものだけれど取り掛かれないまま10年経って、ミニタオルは私の布ナプキンになって、それからまた10年経過。

いつか市販のを買ってあげようと思いつつずるずる引き延ばして来たけれど、もしふいにそれが果たせなくなったら、と急に心配になってきて、もっと早くに買ってあげればよかったと後悔しないうちにと、クリスマスイブ前日に、ヒートテックのような薄手の発熱生地のと綿シャツのような発熱生地のとおまけで足首ウォーマーとを買ってきた。
長い間、お待たせ。

f0000211_20333523.jpg
「ありがとう。でも、はらまきするのは夏だよ」
え?
夏の寝冷え対策に欲しかったらしい。
そう言えば、小さかった頃、夜寝る時に母の手製の「金太郎」をしてたのは夏だった。

「バカボンのパパみたいなのも欲しいなあ」
「毛糸の?」
「うん。手、入れたらあったかそう」
Rが好きなバカボンのパパ。
じゃあ誕生日はそれにするよ。



時々読み返しているバカボンのパパの言葉。

バカボンのパパの言葉

わしは、バカボンのパパなのだ
この世は むずかしいのだ
わしの思うようにはならないのだ
でも わしは大丈夫なのだ
わしはいつでもわしなので 大丈夫なのだ
これでいいのだ言ってるから 大丈夫なのだ
あなたもあなたでそれでいいのだ

それでいいのだ
それでいいのだ

わしはリタイヤしたのだ
全ての心配から リタイヤしたのだ
だからわしは 疲れないのだ

どうだ  これでいいのだ
      これでいいのだ
やっぱり これでいいのだ


「天才バカボンの秘密|ありがとうルーム」より)

うん、大丈夫なのだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-30 20:59 | 日記
2013年 12月 28日
クリスマス前々日のサプライズ
冬至の翌日の祝日。
丸一日休みが取れたので、久しぶりに会う友人らと一緒に昼食をとった。
近所のパスタ店あたりで食べる予定だったのが、どこも満席とのことで、予定外のコース料理の店へ。
先に到着した友人からのメールにあった店名で地図を検索したら、「ビルの最上階」「ブライダルパーティにも」と書かれた店のウェブサイトがヒット。
普段の仕事着のままのジーンズ姿は店内で浮くかも、と気になったものの、

f0000211_19323910.jpg
到着したら、ほぼ貸切状態。
よかった。
ひと気ない店内だけれど、大きな窓とたっぷりの日射しで居心地良くて落ち着く。

f0000211_1933581.jpg
真っ白なクロスの上のさらりとした白い器がきれい。
コースの中の広島牡蠣となんたら(忘れた)のパスタが美味しかった。
(テーブルが広すぎて白すぎて、メニューサンプルみたいな写真になった。)



食事のあと移動して、日が暮れるまでお茶してから、帰宅。
いったん家に車を置いて、美味しいご飯を炊いてあるから鮭と豆腐でも…と買い物に出て、店内のPOPとBGMで翌日がクリスマスだということに気が付いた。
明日あさってはたぶんケーキを買う間も鶏を焼く時間もないだろうから、ひと足先に今晩クリスマスご飯にしよう、と、骨付き鶏の脚とタルトケーキを買って帰宅。

f0000211_19333442.jpg


f0000211_19335326.jpg
鶏は、名古屋コーチンと博多地鶏を一本ずつ。
ショーウインドウの中のグラム売りの肉の量目がよくわからないまま取り出してもらったら一本350gほどもあって、これまで牛肉でも買ったことがないような目玉の飛び出る値段に一瞬迷ったけれど(そもそも滅多に牛肉を買わないし、安い牛肉しか買ったことがない)、新鮮な色味で肉厚で美味しそうだったので、奮発して買って帰った。
フライパンギリギリサイズ。


出来上がり。
f0000211_19341828.jpg
いつもの皿に載らないので、直径30cm近い大皿を出してきた。
横の大きなサラダボウルが小さく見える。


チキンの皿に彩りに添えてあるオレンジ(というか、みかん)は、仕事のつきあいで買った「紅まどんな」。
新品種だそうで、特に期待せずに食べたら、予想を裏切る食感と甘さに驚いた。
あらためて検索してみたら、「果肉は高糖度でジューシー。果皮は薄く、まるでゼリーのような独自の食感」とのこと。
うん、確かに。
今自分が食べているのが何なのかわからなくなるような、不思議な食感。
外皮が薄くて普通のみかんのようにはむけないので、オレンジのように先にくし形に切ってからむいて食べた。



で、何がサプライズかって?
ランチの時に聞いた話。
「そう言えばずいぶん前に、K子がカリノさんのブログ見付けたって言ってた」
ヒーッ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



「ぷるぷるのゼリーみたいな食感」
 ↓
紅まどんな(訳あり)2kg【送料無料】

紅まどんな(訳あり)2kg【送料無料】
価格:2,480円(税込、送料込)


[PR]
by karino-tohko | 2013-12-28 20:02 | 日記
2013年 12月 25日
初めての柚子湯
12月22日日曜日、冬至の日。
ほとんど何も手に付かないうちに夕方になって、あわてて会社に向かってやり残していた仕事を片付けて、夜更けの帰り道、友人宅で七面鳥スープをもらって帰宅。
夕食はかぼちゃの炊いたんと滋養たっぷり七面鳥スープ。



「お風呂に」と柚子をもらったので、初めて柚子湯をやってみた。
f0000211_22325056.jpg


そのまま浮かべればいいのか輪切りにすればいいのかわからず検索してみたら、どちらでもいいよう。
輪切りにすると成分がたっぷりお湯に出る代わりにお湯が汚れてしまうようで(ネットに入れないとお湯を落とす時に漉さなきゃいけない?)、かと言ってそのまま丸ごと浮かべると後はラクだけどせっかくの果汁がもったいない気がするので、あいだをとって、丸のままの実にフォークで一面にぷすぷす穴を開けて湯船へ。


カメラのホワイトバランスを普段の設定のままにして撮ったら、電球の光でオレンジジュースのような色のお風呂に写った。
f0000211_2233112.jpg

f0000211_22333138.jpg
濃厚で美味しそう。(違)

そう言えば子どもの頃、柚子湯に入ったことはなかったけれど、よくお風呂にみかんが浮かんでたっけ。
お湯の中で丸ごとのみかんをもんで温めて。
そのあと食べた、生温かく甘いみかんの味を思い出す。

乾かしたみかんの皮や生のみかんの皮も、ネットに入れてよくお風呂に浮かんでたなあ。
今度からみかんの皮を残しておいてやってみよう。



f0000211_22335846.jpg
水栓の白クマも一緒にプカプカ。




追い込み中で更新ままならず。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




[PR]
by karino-tohko | 2013-12-25 22:36 | 日記
2013年 12月 22日
ハンドストラップ付けた
f0000211_2285685.jpg
IS01の落下防止に、手に通して持ちやすい革のストラップを付けた。
ジャマな時には途中のフックでワンタッチで外せるようになっている。
よし。


去年気に入って付けた板チョコ型のストラップは、わずか数日で落としてしまった。(チョコ部分がストラップの先のネジから抜け落ちてた。)
その後は、おまけでもらったマカロンのストラップ等、持つ時の引っかかりになりそうなものを間に合わせで付けていたけれど、やっぱり繰り返し落とすのでこれにした次第。

ただ、IS01にはストラップホールがなくて蝶番部分にムリヤリ通しているから、開閉時の摩耗でヒモ部分が結構早く切れそう。
気を付けなきゃ。



iPhoneで撮った写真を目にするたびに機種変更したくなるけれど、やっぱりIS01は手放し難い。
いろいろ不便だけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村





ネックストラップもあった。
前使ってたやつはフック部分が樹脂製で割れそうだったのでこっちの方がよさそうだけど、いざって時(何かに引っかけて窒息しかけたような時)のことを考えると、ボタン部分を押すだけでパッと外せる樹脂製の方が安心かな。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-12-22 22:09 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 12月 19日
最初と最後のエドウィン
エドウィンが経営破綻したと言うニュースがtwitterに流れて来た先月末。
そう言えば、夏頃に最後に買ったジーンズはエドウィンだった。

f0000211_23341966.jpg
スキニーっぽい細身のを買いに行ったはずが、ウエストラインの手縫い風ステッチが気に入って、予定変更して買ったエドウィン。


そして、「初めて買った高いジーンズ」も、エドウィンだった。
「価格十倍のジーンズを」

f0000211_2334419.jpg
初めて買ったこれも、裏側からウエストの表部分にはみ出してきているこの刺繍が気に入ってる。
f0000211_2335795.jpg


全体より細部にとらわれて夏に上の写真のを買った時、帰宅してから「そう言えば、最初に買ったのと形が似てるような…」と気付いて見てみたら同じエドウィンで、しかも重ねてみたらラインがほぼ同じだった。しまった。
どちらもボーイズ系ってやつらしい。



で、前回も今回もサイズがわからなかったのでスタッフの人に出してきてもらって、あとでタグを見て、XSサイズだってことに驚いた。
は??
いくらローウエストとは言え、夏にこれを買った頃は、腹周りがほぼ90cm。(えっ?)
どう見てもスリムな方ではないし、むしろ平均より肉付きいいはず。
これでXSだったら細い人たちは何を履いてるんだろうか。
真剣に不思議。
エドウィン、若者向けラインよりひと回り大きいサイズ表示になってる年配向けサイズってわけじゃないよね…?




(久しぶりに腹周りのbefore-after写真を載せたいと思いつつ、なかなかafter状態にならないので様子見中。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



夏に最後に買ったのはこれ。
ここの写真で見ると、ウエスト部分だけ風合いの違う麻っぽい生地になっているようで、なんかヘン。
でもこの商品らしい。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-12-19 23:54 | 日記
2013年 12月 18日
ストール巻いてみた
日曜日の夜、近所に買い物に出ようと薄いコートを羽織ってストールを巻いたあと、一応口紅くらい塗って行こうかと鏡の前に立った時に、「ストールの巻き方、サマになってきたんじゃないか?」と思えて写真に撮った。

f0000211_20305841.jpg
(え? なってない?)

ストールもマフラーも格好良く巻けなくて、いつもただ単純に首周りにぐるぐるまわすだけの、昭和の小学生のような巻き方しかできなかった不器用さ。
けれど、いつだったかtwitterで流れてきたストールとマフラーの巻き方のページを見ていくつか練習したおかげで、ちょっとそれらしく、ラフで自然な感じに巻けるようになってきた気がする。

巻き方を覚えたのは、このページで。
「ストールの巻き方・マフラーの結び方 60種一覧|CEP」
各写真をクリックすると、巻き方の手順が写真付きで表示される。
その写真と説明が、折り紙もあやとりもうまくできない私にも、とてもわかりやすい。

適当にクシュクシュ巻いたような感じが好きで、簡単にそれっぽくできて気に入ってるのは、
「No.14 ボリューム巻き」
「No.11 サイドノット、フロントノット」
「No.17 プレッツェル巻き、ダブルクロス」

薄手のを貧相にならないようにまとめたい時には、
「No.5 コンパクト巻き」

マフラーを巻く時には、
「No.48 かぎ結び」
「No.50 片リボン巻き」

これでちょっと昭和の小学生脱却。



たくさん撮った写真の中で久しぶりに目がぱっちりしてるのが何枚か撮れたので、アイコンにしようと喜んでたら、別の何枚かでは、どうも左目が斜視っぽいような。
いつ頃からだったか、鏡の中の自分の左目が微妙にこちらを見ていないようで気になっていたんだけれど。
Rに「どう?」と聞いたら、ちらっと見て「ぜんぜん」と。
そうかなあ。
私と体質の似ている父がやや斜視っぽくて、それがだんだんズレが目立つようになっていったので、私もそうなるかもとは思ってる。

今検索してみたら、斜視の原因は
「遺伝によるものの他、強度の近視や遠視、失明、乳幼児期の弱視などで目の筋肉バランスが崩れてしまうことによる。また、外傷による場合もある」
らしい。
ああ、強度の近視だし、ずっと利き目の右目メインで物を見ていた感覚はある。
夏に右目の水晶体を人工レンズにして以来、眼鏡の調整が難しくなって遠近感や立体感が把握しにくくなっていて、それが結構ストレスなので、これ以上立体視しにくくなるのは困る。
あまり強く進みませんようにー。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-18 20:42 | 日記
2013年 12月 17日
米ぬかで窓枠磨き
ちょうど家に米ぬかがある時に、乾燥してバシバシになっていた木の窓枠のことを思い出したので、米ぬかで磨いてみることにした。

f0000211_2139168.jpg
用意したのは、洗顔に使ってみようかともらってきた米ぬかと、大きめの綿のウエスと輪ゴム。
昔、父親がどこかでぬかをもらってきて、「今度から毎週これでみんなで柱を磨くんや。おい、木綿に入れろ」と母にぬか袋にしてもらって、みんなで一度だけ柱や戸を磨いた時の記憶を頼りにやってみた。


f0000211_21392628.jpg
広げた古綿布の真ん中に適当な量の米糠を出して、

f0000211_21393745.jpg
巾着状にして輪ゴムで口を縛るだけ。
簡易ぬか袋の出来上がり。

新しい白木なら、このままこれで時々繰り返し磨けば、ワックス代わりになって艶が出て来るらしい。
我が家のはすでにカスカスになっている古い窓枠で、これだけでは頼りないので、これを軽く水にくぐらせてよく揉んで、白い濃いぬか汁が出てきたところをぎゅっと絞ったものでこすってみた。

糠の油分で汚れ落とし+ワックスのダブル効果があるらしいけれど、我が家のは汚れがたまっているので、先に水で絞ったウエスで拭いて汚れを落としてから、絞ったぬか袋でゴシゴシ。
水拭きでは落ち切らなかった汚れが出てきて、まだ中にたっぷり糠分があるうちにぬか袋の表面が真っ黒になるので、二個目からはてるてる坊主くらいの小さい袋にして、布が汚れたら使い捨て。
一度では効果はわからないけれど、カスカスだった肌にハンドクリームを塗り込んだような感じ。
時々繰り返し磨いて入れば艶が出てくるだろか。

洗剤やワックスを使うのは苦手だけれど(いや、ワックスは使ったことがないけれど)、これは使ったあとも手が荒れるどころかすべすべした感じで、洗剤の匂いやぬるつきがなくて気持ちいい。
床掃除もたまにこれでやってみよう。
(父親のように一度きりになりそうな気もするけれど。)


なお、米糠は酸化したり虫やカビがわいたりしやすいそうなので、匂いや見た目が変わっていたら要注意。
(から煎りすると少し日持ちするらしい。)



f0000211_214028.jpg
小鳥を置いていた窓の隣の窓も、木枠部分に、小さな素焼きの置き物の形に日焼けがむらが出来ていたので、ぬか磨きの時にそれらを際のアルミサッシ部分の上に移しておいた。

これらはずいぶん昔に友人がくれたもので、特に南欧風の衣装の素焼き人形の方は、小学生の頃に誕生日にもらったもの。
もらった頃はピンとこなかったけれど、それからずいぶん経ってから好きになってきて、何十年もかけて結構お気に入りになったという年期の入りよう。
ありがとう。



で、例の羽虫の出所はというと、
f0000211_21494523.jpg
どうもコレらがあやしそう。
十数年前からこの状態の、カスカスに(一部もやもやに)なっている古い土入りのプランター。
f0000211_21403128.jpg
土と言っても本物の土じゃなくて観葉植物用のかさかさしたやつだし、こんなとっくにミイラ化したような土からなんで今頃、と思ったけれど、もしかしたら、毎年ここから虫が巣立ってた…?
プランターを部屋から屋外に出して、土と枯れた植物は処分しよう。



昼過ぎに目が覚めた時には晴れていて、今日こそ洗濯を、と思ったのに、毎度のごとくなかなか動き出せなくて、洗濯が終わって干す頃にはすっかり日も暮れて小雨もぱらついていた。
f0000211_21404577.jpg
年末まであと3日しか休みがないことに気付いて、ちょっとあせる。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-17 21:53 | 日記
2013年 12月 14日
羽虫
f0000211_20574272.jpg


6月。車を買い替えて納車された翌朝。
新しくやってきた車は上から見るとどんな姿だろうかと、二階の窓から見下ろそうと思い、物置きになっている部屋の普段閉め切ったままの西向きの窓のカーテンを開けたら、

f0000211_2054371.jpg
!?
極小の羽虫の群れ。

コバエでもなくシロアリでもないのは救いだけれど、いったい何?
ショウジョウバエをさらに小さくしたような羽虫。
なんでこんな、水気もエサになりそうな有機物もないところで湧いてる?
あたりに最近持ち込んだものはないから、何かに卵が付いてきたとも思えない。

しかも、今羽化して出てきたばかりかのように、窓の下のサッシ部分に集まっていたのが、カーテンを開けた途端にわやわやと拡散して行ってる。
慌てて掃除機を持ってきてごめんねと吸い取って(こんな時のための紙パック式)、ついでにもやもやたまっていた綿ぼこりも吸って、絞ったウエスで出勤前に予定外の拭き掃除。


f0000211_20532656.jpg
掃除する際、窓辺に置きっぱなしだった小鳥(ルリビタキ?)を動かしたら、窓枠の木に鳥の足形に日焼け跡が付いていてた。
何かでもらって10年以上ここに置いていたように思う、触れると鳴く小鳥(だったと思うけれど、とっくに電池が切れていてもう鳴かない)。

窓枠の木も、長年の日射しで傷んで、表面の透明ニスがポロポロ剥がれてきている。
この時はこのあと慌てて出勤して、またそのままになっていたけれど、今なら家に米糠があるし、明日の日曜日に磨いてみよう。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



「長い年月を経て『愛鳥倶楽部』が復活」とあるので、これの初代のものらしい。
触れたり振動があったりすると鳴くとのこと。
鳴き声は3パターンあるよう。

愛鳥倶楽部 ヒーリングバード01 ルリビタキ


[PR]
by karino-tohko | 2013-12-14 22:11
2013年 12月 12日
「蘇」と「にえばな」
先日(と書きかけて置いてたうちに二ヶ月経ってる!)、前々から話に聞いていた人に会って「初めまして」と挨拶したら、「いやいや、初めましてじゃないだろ」と周りから突っ込まれた。
「30年ぶりくらいですか。美術研究会で一緒でした」
「!?」
自分が美研に入ってたことも忘れてた。

その人はF氏やHさんの友人なんだという認識だったけれど、Rとも知り合いで、大学時代(?)にRの実家に泊まったりもしてたらしい。
どういうつながりなのかさっぱりわからない。
共通の知り合いが何人もいて、向こうは私の住んでいたところまで覚えているのに、私の記憶にはまったくない不思議。
「いや、カリノさんは強烈な印象だったのでよく覚えてますよ」
すいません、すいません!(もう忘れて!)
大学時代と全然変わってないと繰り返し言われたけれど、こんな大学生がいたらこわいよ。



Rがその人たちと会食していた夜、終わりがけにRから「おいで。待ってるよ。(私の食べるものも)ちょっと用意してもらってる。ちょっとやけど」とメールが来て、仕事を片付けて店に向かった。
(以下、その時よばれたものを。カウンターで大将の了解を頂いて写真に撮ったけれど、慣れないカメラで初めて電球色の明りの下で撮ったので、とても美味しかったのに美味しそうに撮れてなくて申し訳ないです)


事務所での留守番中に軽食を済ませていた私のために用意されていたのは、突き出しと、みょうがと京茄子の甘い西京味噌の味噌汁に続けて、
f0000211_21203290.jpg
古代のチーズ、「蘇(そ)」(酥)!
ジャージー乳の蘇とホルスタイン乳の蘇。
それぞれ風味も食感も大きく違う。
蜂蜜(これもただの蜂蜜ではなさげ)が添えてあったけれど、蘇の味そのものをじっくり味わいたくて、少しだけつけてみたあとは別々に味わった。

ああ、あんなに感激しながら食べた初めての味だったのに、すぐに書き留めておかないと、それぞれどんなだったか忘れてしまった…。
とにかく濃厚で美味しかった。


次に出てきたものも、初めての体験。
f0000211_21205669.jpg
ご飯の「にえばな」(煮え端)。
(茶色いのは添えられたもろみ。)
おくどさんで炊き上がった直後、蒸らす前の、「ご飯」になる前のご飯。
透き通った重湯を薄くまとったとろりとしたお粥にツンと芯があるような、初めての食感。


f0000211_21212173.jpg
そして、白ご飯と肴三種。
あぶった「鯖のへしこ」と、山葵(わさび)の漬け物と、…忘れた。

f0000211_21214770.jpg
この針生姜のようなのが、山葵の漬け物。美味!
初めて食べた鯖のへしこの旨味にも感激。

f0000211_21221710.jpg
続けて、香ばしい「おこげ」。

f0000211_21224071.jpg
さらに続けて、甘みあるご飯に濃厚な味わいのたまごが落とされた「たまごご飯」。
ご飯物(っていうか、ご飯そのまんま)、4椀目。
しかし、美味しい。
ご飯ばかりでも食べ飽きない。


f0000211_21231573.jpg
デザートは、胡麻アイスにいちじくの天ぷら添え。
いちじくの天ぷらは、さっくりとろり。
香ばしくて不思議な食感。


Rたちが食べた夜のコースは、これらのご飯とデザートに、料理が6~9品付いたものらしい。いいな。
私は料理自体は食べていないけれど、突き出しとご飯とデザートだけでも、美味しい店だというのが充分うかがえる。


隣でランチの予約を入れている人がいたので聞くとはなしに聞いていると、なんと、2年先まで席が予約で埋まっているとのこと。
聞き違いかと思ったら、表紙に「平成27年」と書かれた大学ノートの予約帳が繰られていた。
あとで検索してみると、ランチは1,000円台からあるようで、あの味を1,000円台で味わえるのなら予約でいっぱいになるのも無理はなさそう。

f0000211_21234718.jpg

今度Rとふたりで行って料理も食べてみたい。
ごちそうさま。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-12-12 21:44 | 日記