ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧
2013年 07月 30日
Tシャツの中のFIAT
f0000211_2054271.jpg

FIATのパーツを探していた時に、好きな配色のこのTシャツが出てきて、うれしがって思わず買ってしまった。
(汗で肩まわりにシャツが張り付いてしまってる…今度撮り直そう)





f0000211_20541775.jpg
まだまだ借り物感の抜けない新・愛車。
市販のパーツでちょっとレトロ仕様にしてある。
ミラーや前後のバンパーは元々ヴィンテージ風なクロームメタル。
もう少しライト類がレトロなデザインだったらなあ。



   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-30 21:00 | 日記
2013年 07月 29日
地域振興券!
先週末、引き継ぎ事項を整理するために銀行関係の書類を整理していたら、記憶の底に埋没していた名称の書かれた用紙が出てきた。
f0000211_1983560.jpg
「地域振興券受付書」

地域振興券! 懐かしい響き。→地域振興券 | wikipedia
受付書の日付は平成11年7月23日。
14年前だ。

そう言えば、地域通貨が流行りだしたのもこの頃だっけ。
当時関わっていたグループが発行して全国から視察やなんかが来ていたけれど、あれもあの時期を過ぎたら記憶から消えてしまっていた。


家の中でちょい置きしたものがそのまま十数年経つのはあっという間だけれど、外の世界の十数年は結構遠い。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-29 19:09
2013年 07月 29日
怪我が絶えない
5月に強く打った跡がやっと消えてきた足首を、またしたたかに打ちつけた。
f0000211_13175232.jpg
足首から親指に向けて斜めに伸びた赤茶色の筋は、ガン! と打ったあと、そのままアルミサッシの角で骨の上をギギギーッと強く擦った跡。
全部赤剥けになったかと思ったけれど、お風呂上がりで濡れていたおかげか、表面を滑って済んだよう。
このあと、赤くなった足首が赤黒くなって腫れ上がってきた。

それにしても筋ばった足だなあ。
(それに座りだこやなんかできたない。白くて柔らかくてすべすべのRの足と大違い)
首筋とか足とか、いつの間にかギスギスしてきてる。
自己イメージとの差が大きいので、写真に撮ると人の足にしか見えない。
もう少し筋肉付けないと。



お目汚しすみません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-29 15:16 | 日記
2013年 07月 27日
明るい部屋
二階に上がるたびに、遮熱カーテンに替えた明るい部屋が目に入ってうれしい。
f0000211_2218425.jpg

昼間でも薄暗かった部屋が、このカーテンにしてから、今の季節なら夜7時をまわってもこんなふう。

f0000211_22185373.jpg


『明るい部屋』っていう単純なタイトルを書いてから、バルトにそういうタイトルの写真論の本があったっけ、と思い出した。
そういえば、確か表紙がカーテンで陽の遮られた部屋の写真だった。
薄暗い逆光の写真が『明るい部屋』というタイトルを妙に印象的なものにしていた本だったけれど、読み終えたのだったかどうだったか。

あのなめらかなカバーのかかった本を初めて手にした時の感覚はこんなにはっきり覚えているのに、あれから30年近くも経っているのが不思議な気がする。



更新する間がなかったので写真だけ。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他生活ブログへ






[PR]
by karino-tohko | 2013-07-27 22:54 | 日記
2013年 07月 25日
レトロ風扇風機からレトロ風扇風機へ
製造から10年以上経った扇風機は発火の危険があるから使わないように、というニュースを耳にしたのは、去年だっけか。
家には3台扇風機があって、そのうちの2台は、約50年前の昭和初期のレトロ扇風機。
丸っこいデザインと柔らかな色がお気に入り。
ニュースを聞いて以来、そのうち買い替えなきゃとは思ってきたけれど、置いてあるのはリビングと和室なので、そばを離れる時にスイッチを止めるようにすればいいかと、そのまま使ってきた。

あとの1台は、以前、Rが会社の在庫品を買い取ってきた、黒いレトロ「風」扇風機。(扇風機の話なので紛らわしいけれど、レトロかぜ、ではなくレトロふう)
こっちはまだ新しいし…と思っていたら、数えてみれば、これも20年ほど使っている。
寝室で使っているので、眠っている間に火を噴いては危険。
入院中の気掛かりを少しでも減らせるように入院前に買い替えておこうか…と思ったタイミングで、私の気持ちを読んだかのように、スイッチ部分が壊れてしまった。

f0000211_2024423.jpg
レトロ「風」のちゃちいデザインながら重さだけは昔のもののようにずっしり重い、金属製の黒い扇風機。
電源コードは昔懐かしい布巻きコード。
好きな色じゃないので早く買い替えたいと思いながら20年使ってきたけれど、いざ買い替えるとなると、別れ難かったりする。

f0000211_2025385.jpg
20年間ありがとう。



「あ、そうだ! これで、ついに、欲しかったあの扇風機が買える!」と気持ちを切り替えて、3年前にTumblrに写真をクリップしておいたレトロ風扇風機を見に行ったら、
「…!?」
素材感やデザインが変わってるー!

欲しかったのは、これ。
f0000211_20253151.jpg
http://gardens.tumblr.com/post/916877060/ (私のTumblrページにリンク)

商品ページに行こうとTumblrに貼った写真をクリックすると、現行商品(HERMOSA レトロテーブルファン RF-001 /楽天ショップにリンク)の画像に入れ替わっていた。

現行商品の説明に
「シルバー以外のテーブルファンは凹凸のある昔ながらの機械を再現するかのような塗装」
「ビンテージ感のある凹凸の機械塗装(ハンマートン)」
とあるけれど、今の商品は、3年前に保存した上の画像のようなぽってり厚塗りされた目の荒い凹凸ではなく、もっと塗装が薄くて目の細かい梨地くらいになっていて、羽も丸いものに変わっている。
残念。



結局買ったのは、同じシリーズでフロアタイプのHERMOSA レトロフロアファン RF1W-002。 (楽天ショップにリンク)
2年前に、崩壊しかけていたロータイプのベッドを高さのあるものに買い替えて以来、寝室に背の高いタイプの扇風機が欲しいと思っていたので、凹凸ある仕上げが好きだけどあの厚塗り塗装でないならと、つるんとした仕上げのスタンドタイプで妥協した。

買った色は、サックス。
ショップページで見た写真よりも緑っぽくて濃いめ。
f0000211_2031338.jpg

f0000211_20313340.jpg
首振り有無のボタンが、昔の扇風機と同じ懐かしい形。
風の強さはMINからMAXまで無段階調節。
ラベルはMINからMAXまでが45度くらいの角度になっているけれど、スイッチはラベルの範囲を越えてぐるっと一周くらいまわる。
で、「1W省エネタイプ」だからなのか、それとも、普段、容赦なくガンガン吹き付ける昭和の扇風機(風が強烈なのでいつも最弱で使ってる)に慣らされているせいか、MAXにしても風力弱め…。
省エネタイプじゃない従来の商品(も販売されていた)はもっと風力があるのかも。
まあ、眠っている間にそよそよ緩くそよがせる目的で買ったんだからいいか。


f0000211_20331812.jpg
最初、濃い色の家具の前で撮ってカメラモニタで見たら色が飛んでるように見えたので、
f0000211_2033362.jpg
廊下に出して撮り直した。
ここの方が似合う。

f0000211_20341534.jpgオマケで付いてきたウォールナット色の細い羽に付け替えてみた。
これはこれでヴィンテージっぽいけれど(ちょうど寝室の家具の色にも合うけれど)、この羽を本体と同じ色に塗って付け替えるつもり。

(カバー、溶接されてるのかってくらい開けるのが固かった)


f0000211_20344038.jpg
スイッチが壊れた黒い扇風機の金属羽とオマケの替羽を比べてみたら、ほぼ同じ形とサイズ。
だったらウォールナット色は着せ替え用に残しておいて黒い方を塗装して付け替えればいいか、と試しに付けようとしたら、軸に1mm差で入らない。
軸受け部分は樹脂製なので削れば入りそうだけれど、へたに緩んだら危ないので、保留。


ひと通り扇風機をあれこれいじって写真を撮ったあと、気が付いたら、その風に吹かれながら二時間ほど眠ってた。
f0000211_2035097.jpg



この日、これ以外にやったこと。


シーツや枕カバーを洗って敷きパッドを干した。
(わざわざ書くほどたまにしか洗わない)
f0000211_20353099.jpg
洗ったシーツを干しにテラスに出たら、テラスの支柱をヘクソカズラが占領していた。
f0000211_20355317.jpg
以前、支柱を立てる手間を省いて雨樋にゴーヤ絡ませて育てたことがあったけれど、ここの方が絡ませやすいかも。
来年やってみよう。


この暑さで、台所の換気扇のフィルターから油が滴り落ちてきていたので、換気扇のガードを洗ってフィルター交換した。
f0000211_20363540.jpg

あと、隣家まで伸びていた蔓草をカットして、玄関の外灯を被っていた蜘蛛の巣を払って、トイレに入ったらどこからか昔の公衆トイレのような悪臭がしていたのでクエン酸でシャワー便座の隙間隙間を掃除して、陽が落ちてから選挙に行った。

そう言えば、朝に牛乳と野菜ジュースでパンを一個食べたきりで、あとはペリエでしのいでた。


退院してきた頃には夏が終わってるかなあ。
さみしいなあ。

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村


一見3年前のものと同じに見えるけれど、仕上げやデザインが変更されてる…(泣)
 ↓


同じデザインでもう少し安くて省エネタイプじゃないのがあったけれど、オマケの細い替羽(ブルーに塗って付け替えたい)が欲しかったのでこっちにした。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-07-25 21:02 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 07月 22日
全部ごみだった
f0000211_21394486.jpg

土曜日の夜、他の人たちが帰ったあと、会社の私専用の事務棚の中を一箇所空けた。
(ガムボトルはサイズ比較用)

中にぎっしり詰まっていたのは、昔のamazonの板紙パックや古封筒や古い紙袋類。
(相当な詰め込み具合だったので、before写真や取り出して山積みになったものの写真を撮りそびれたのが残念)
貼られていた送り状の日付を見ると、「11年」や「14年」など。
2014年はまだ来てないので、平成11~14年に詰め込んだものらしい。
いつか使うかも知れないと、15年近くしまい込んでいたのか。
一番奥の方にあったものは、湿気で赤茶色のシミが点々と浮き出ていた。
この狭い事務所の中にこんなデッドスペースがあったとは。


全部ごみや再生ごみに出して中を何度も水拭きして、消毒用アルコールをスプレーして二日間乾燥させて。
今、充分乾いたスペースに机の内外にあふれていたファイルや書類を整理して入れていこうとして「棚板の高さが半端だなあ…」と思ったところで、その上の段にあるものもほぼ要らないものだと気が付いた。
f0000211_21401677.jpg
これらも処分して、棚の高さを変えればいいのでは。
(気付くの遅い)

上の段の手前にあったのは、ビデオテープ。
以前登録していた労務サービス会社から毎月届いていた労務情報ビデオだ。
ビデオデッキがあった頃に見なかったものを、デッキがなくなってから見るはずもない。
第一、古い情報なら法律も変わっているし…と日付を見たら、2001年と2002年のもの。
10年以上前のだ。
f0000211_21403224.jpg
そう言えばこのビデオテープ類、最初の頃は家のデッキで見ようと持って帰ってたっけ。
確か家の棚にも10本か20本あったはず。
次の日曜日に処分しよう。


f0000211_21404695.jpg
棚の中、からっぽになった。
10年以上何をあたためていたんだか。

しかし、今回の手術がなかったら、ここもこのままあと10年ほど放置していたかもしれない。
いろいろ見直すいいきっかけにはなってる。



にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-22 21:55 | 日記
2013年 07月 20日
二連休にやった13のこと
(書く時間がないのでほぼtwitterからの転載だけ。)


14日
9:55
退院後に出席する予定のRの甥っ子の結婚式に着て行ける服があるか確認&試着して、湿気くさくなっていたバスタオルを逆性石鹸液に漬け込んで、オールブラン食べてアイスクリーム食べた。
入院までに家でしておかなきゃいけないことを書き出そう。

10:48
遮熱カーテンが届くのを待っている間に入院時に必要なものを確認しておこうと「入院のお知らせ」を開いたら、挟み込まれた要記入書類や重要説明事項書類が20枚ほどあって、冊子本文に行き着くまでに集中力が切れてしまった。

14:11
遮熱カーテンが届いたので日中軽く40度を越す二階の南の部屋の5つの窓のカーテンを付け替えた。部屋が驚くほど明るくなった。
カーテン、うっすら石鹸の匂いがする。落ち着く匂い。

17:03
入院道具まとめた。
体勢的に自分で洗濯できないかも知れないから(トイレと食事時以外はベッドで決まった姿勢を取っていないといけないらしい)、下着18日分とタオル9枚詰め込んだ。
50×35×20cm(約20L)の小型のキャリーバッグになんとか収まった。
f0000211_20585882.jpg

17:05
午後から会社に行くつもりだったけれどこんな時間。会社には明日行こう。
今日は家の中の汚れのひどいところを掃除しておく。

17:10
自分がかけている生命保険を確認したら、病気での入院給付は1日3500円だった。
個室だとパソコンの持ち込みができるらしいけれど、持ち込んでも手術後はパソコンは見られないようだし、大部屋でいいや。

17:23
集中豪雨繰り返してたけど去ったよう。晩秋のような風が吹き込んでくる。

19:58
風呂の床掃除と、大雨で土が緩んで抜きやすくなっていたので予定外の庭の草抜きをした。(真っ暗な中で草抜きしてたら驚かれたので引き上げてきた。)
この間抜いたばかりな気がするのに、わさわさ生えてきててまいった。
家の中の汚れも気になるけど、草は放っておくと凄い勢いで繁殖して近所にも迷惑かけるので待ったなし。

19:59
台所の床をなんとかしたいけれど、草抜きが腰に来てて動けない…

23:19
バクハツしてたRの髪切った。



15日
11:28
気になっていた台所の床を磨いた。
f0000211_2059223.jpg
 ↓
f0000211_20594351.jpg
このまま入退院までもって欲しい。
f0000211_2115170.jpg

11:32
仕事が間に合いそうにないので会社に行かなきゃいけないけれど、入院までに休日があと3回しかないことを思うと、家の中ももう少しなんとかしておきたい…。(普段からやっておけ)

12:35
コーヒー飲んで30分寝る。目が覚めたらごはん食べて会社に行く。(食べてから眠るべきだとは思うけど、意識が…)

15:35
会社に来た。

15:36
やっぱり食べて寝てから会社に行こうと思い、パスタを茹でてる間に噴きこぼれないよう火加減してタイマー持って庭でスプレー缶のガス抜きをしようとしたら、ガスは抜けたけど残ってた缶の中のペンキがぽたぽた玄関や廊下に落ちて、焦ってベンジンを探したら空っぽで、アルコール探してるうちにパスタが茹であがって…。
f0000211_2135210.jpg


ペンキが乾いてしまう前に何とかしなきゃと部屋着のまま汗だくで庭を走り回ってたら、久しぶりに顔を見るお隣さんから涼しげな笑顔であいさつされて、あとで鏡を見たら洗ったあと梳かないまま自然乾燥させてぼさぼさに広がった髪と滝のように汗が流れおちて真っ赤になってるすっぴんのコンボの最強ぶりにげんなりした。

タイルのペンキは燃料用アルコール+スチールタワシ(フローリング部分はアルコール+ウエスでひたすらゴシゴシ)でなんとか落ちた。
(目地はあきらめた)



あと、食器棚の中を少し整理した。
よく使う食器の手前に普段あまり使わないマグカップや小さなガラス器類がずらっと並んでいて、食器を取る時にいちいち手前の物をのけなきゃいけなかったので、私がいない間Rがここから食器を出し入れすることを考えて、あまり使わないマグカップ類を奥にやって、小さなガラス器を他に移した。

f0000211_2142089.jpg
うん、出し入れしやすくなった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-20 21:43 | 日記
2013年 07月 18日
室温40度超の部屋を遮熱カーテンに替えた
(推敲する時間がなくてだらだら長くてすみません。ちゃんと読み返してないので誤字脱字もあるかも)


夏場は灼熱の間と化す、窓が5つある二階の南側の洋間。
窓ガラス全面に、紫外線を98%、熱線も何割か(書いてあったけれど忘れた)カットするという無色透明の紫外線防止フィルムを貼ったものの、日射しは相変わらず強烈で、日除けに木製ブラインドを取り付けよう取り付けようとと思いながら、20年経ってしまった。

その間に、越してきた頃に買ったLOFTオリジナルの綿の生成り無地カーテンは、紫外線や熱で劣化してボロボロ。
色も、白に近い生成りだったはずなのに、いつの間にかずいぶん黄ばんでる。
f0000211_21155367.jpg

そろそろ買い替えようと思い始めてから数年引き延ばしていたところで、先月、手術の話が出て、真夏の昼間に軽く室温40度を越えるこの部屋をこのままにして数週間家を空けるのが心配になって、慌てて、遮熱カーテン(断熱カーテン、熱遮断カーテン)を検討し始めた。


webショップや通販雑誌で何点か見比べたものの、写真では生地の様子がわかりづらいし、部屋の大きな面積を占めるものだから、できれば現物を見て選びたい。
そう思って、先月、近くのカーテン専門店に行ってみたら、
「遮熱カーテン…?」
「はい。熱遮断カーテンとか断熱カーテンって言うんでしょうか? 外の熱を部屋の中に入れないっていうカーテンが欲しいんですが」
「ああ、ああ、あれねえ…」と、見せてもらったものが、微妙なレース加減で、柄も好みじゃない。
私が欲しいのはレースのカーテンじゃなく、それ一枚で外からの視線も遮ることのできる白無地のカーテン。
しかも、そのレースっぽいのは、雑誌で見たものよりずいぶん高い。

どうしようかなあ、あの雑誌のカーテンも実物はレースっぽいかも知れないしなあ…と迷っていったんそっちは保留して、
「あと、寝室用に、遮光カーテンになっている遮熱カーテンも欲しいんですが」
と訊いてみたら、
「遮光カーテンで断熱? 断熱カーテンはレースしかないですよ」との返事。
「え? インターネットや通販雑誌に何種類かあったんですが。でも現物を見て選びたいと思って専門店に来たんですけど」
「いやー、遮光で断熱っていう商品は聞いたことがないですね。こう言っちゃアレですが、通販とかに出てるのは、聞いたことのない小さな会社が適当に誇大広告してるだけで、そんな効果はないと思いますよ」
うーん、確か、雑誌で見たカーテンはテイジンが開発した素材を使った商品で、熱を70何%か遮るって詳しい数字が書いてあったし、病院でも勧めているそうだし、他社の競合品も6点だか9点だかあるって書いてあったんだけれど…。

あ、そう言えば家を建てた頃に一度、カーテンを揃えようと思ってここに来て、商品知識だったか対応だったか忘れたけれど何かにずいぶんがっかりして帰ったことがあったっけ、と思い出した。
ああ、そうだ、その1,2年後にも懲りずに木製ブラインドを注文しに来て、その時もがっかりして帰って、結局そのままブラインドを付ける気を失くしたんだった。

今回も、対応してくれたスタッフは、最初私が来たのに気付いてもこちらを振り向いて無言で一瞥しただけで、また背を向けてカウンターに肘付いて手持ち無沙汰げにぼんやりカタログを眺めてたっけ。
それにもめげずに買う気満々で質問したのに、億劫そうな表情の対応だったし。
20年経ったらスタッフも入れ替わってそうなものだけれど、会社の体質はそうは変わらないものか。


結局またまたがっかりして店を後にして、そのまま買いそびれて半月ほど放置。
けれど、今月に入ってついに手術が決定して、しかもちょうどその診察日が、夕方6時半になっても室温が42度ある猛暑日だったこともあって、付箋を付けていた通販カタログを慌てて開いて散々説明を読み返して、「ああ、こっちの方があの営業の人より信用できる気がする」と、それを注文した次第。
できれば綿素材の自然な風合いのものが欲しかったけれど、夏場のこの家の暑さが二階からやって来ているらしいことを思うと、そんなこと言っていられない。


数日後、白い薄い方の遮熱カーテン到着。
(寝室用の遮光カーテンの方は品切れ中で、8月に入ってからの到着になるとのこと。ぎりぎり入院に間に合った)

f0000211_21162488.jpg
綿の生成りカーテン、20余年、ありがとう。

f0000211_21164766.jpg
窓枠やカーテンレールを掃除しながら、まずひとつ、付け替えた。
明るい!
「強い日射熱を遮るのに室内は暗くなりません」という謳い文句が書かれていたけれど、暗くならないどころか、驚くほど明るい。
いや、元が暗過ぎたのか。

f0000211_211796.jpg
f0000211_21172168.jpg
5つの窓全部付け替えた。
なんという明るさ。
色が飛んでしまうので写真は自動的に暗めに写っているけれど、実際にはもっと明るい。
ああ、そう言えば最初にLOFTのカーテンを付けた頃も、カーテンを閉め切っていても部屋の中がずいぶん明るかったので、室内の物の日焼けを心配して慌てて紫外線カットフィルムを買ってきて貼ったんだった。
いつの間にか、カーテン自体がずいぶん日焼けしていたよう。


f0000211_21181173.jpg
慣れなくて落ち着かないほど眩しい室内。
薄暗いとついつい不要なものも溜め込んでいたけれど、これだけ明るいと、片付けもはかどりそうな気がする。(たぶん、気がするだけ)



そう言えば、最初にブログにこの部屋の写真を貼った頃はまだ、カーテンを閉めていても、室内が白くて明るかった気がする。
過去ログを探してみたら、
f0000211_1836747.jpg
2005/10/16の記事画像
明るい!
LOFTカーテン、8年前はまだこんなに白かったのか。



今回買ったこの白い遮熱カーテンは、萩尾望都様お勧めの「紅麹百年酢」(過去記事「刈り上げた」にリンク)と同じカタログハウスで販売されている、坂井レースの「クールカーテン64」 (商品ページにリンク)。
(ああ、ますますカタログハウスのまわし者っぽくなってきた)

「薄地なのに日射熱を64%もカット」
「紫外線も87%カット」
「帝人フロンティアに特注した遮熱糸『涼しやHC』で熱を遮るしくみ」
「目隠し効果もあるので、外から室内の様子はまず見えません」
「洗濯機で弱水流ネット洗い可」
「使用後返品OK」
とのことで、他にもネットショップで似た商品がいくつかあったけれど、「使用後返品OK」とあるのを見て、これで遮熱効果がないわけないと、この商品に決定した。


f0000211_21204775.jpg
近くで見ると幾何学的な地模様が見えるけれど、

f0000211_2121034.jpg
この距離でも(写真では白く飛んでしまってるけど)肉眼だとまだ柄が見えるけれど、

f0000211_2121116.jpg
これくらい離れると白無地に見える。 私の視力では無地に見えたけれど、この距離でもまだ柄は見えるよう。
昼間、室内から明るい外を見ると、これくらいの透け加減。
薄っすらわかる程度。

f0000211_21213171.jpg
夜、明りを消した室内から外を見ると、これくらい。
強い光が集まっている辺りだけ透けて、光のない下の方は何も見えない。
明りを点けた室内が外からどれくらい見えるものか確認しに出たけれど、二階なので通りからは元々天井部分しか見えなくて、真っ白でわからなかった。



で、肝心の遮熱効果はと言うと、このカーテンが届いて以来、それまで続いていた猛暑が急に落ち着いたので、実はよくわからない。
けれど、以前は夏場帰宅して二階に上がると、夜10時近くても、そして猛暑日でなくても、息の詰まるような蒸し返すような異様な暑さだったのが、今のところそれがない。
たまたま涼しい日が続いているのか、それともクールカーテン効果なのかは、まだ不明。
けれど、朝寝室を出た時に、廊下の向こうの部屋が抜けるように明るくなっただけでも気持ちいいし、昼間あれだけ明るいのに焼けるような暑さがなくて(以前はカーテンを閉めていても、オーブンに入れられて蒸し焼きにされているようだった)、夜にあの異様な暑さが残っていないのは、やっぱりカーテン効果のような気がする。



役目の終わった綿の生成りのカーテンは、外してみるとそれほど黄ばんではいなくて、まだ「生成り」で通じそうな色合い。
なのにそこを通った光はあんなに黄色くなるとは。
f0000211_21214892.jpg
外したカーテンは古布回収へ。
鋼のカーテンフックは、以前は洗って残していたけれど、今回は新しいカーテンに樹脂のフックがセットされてきたし、多分また他のカーテンを買い替える時にもセットされて来るだろうから、もうきっと使わないだろう。
ありがとう、さようなら。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



カタログハウスへのリンクを貼ろうと「クールカーテン64」でぐぐったら、同じく「日射熱64%カット」のこれが出てきた!
テイジンの同等の断熱素材(種類は違う。カタログハウスのは特殊酸化チタンを練り込んだ糸とのことで、こっちは特殊セラミックを練り込んだ糸とのこと)を使った遮熱カーテンながら、なんと、「クールカーテン64」の半額近い!
8サイズ、1枚単品から10枚組まであって、丸洗いOK。
先月探してた時に出て来なかったのは、「レース」を除外して検索していたからか…。
 ↓


[PR]
by karino-tohko | 2013-07-18 21:28 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 07月 16日
人生初入院、初手術
(検索にかからないよう病名は書かずにおきます。前回、前々回の関連日記もいったん非公開にしておきます)


5月末の検査で「進行しているようなので、次回からは3ヶ月ではなく1ヶ月ごとに様子を診ましょう」と言われた翌月、6月末の検査で、
「まだ孔は開いていなし開くまでは手術は必要ないと思いますが、様子が変わってきているので、いざ孔が開いた時にすぐ手術できるよう、手術設備のある大学病院で経過観察をした方がいいでしょう」
ということで紹介状が出た。
で、紹介状を持って大学病院に行ったら、その日の再検査でもまだ孔は開いてなかったものの、「すぐ手術しましょう」って話になった。
え…?

成功率の高い手術とは言えリスクがないわけではないから、大して生活に支障のない今の状態ならできればまだ手術は受けたくないし、まれに自然治癒することもあるそうなので、孔が開く前に治る可能性にかけていたんだけれど、もう即手術…?
しかも、今は決算作業と繁忙期の真っただ中。
「すぐ、ですか…?」
「今すぐでなくてもいいけど、2ヶ月も3ヶ月も延ばそうとは思いません」


ショックで、迎えに来てもらったRに付き合ってもらって、サブウェイと31アイスを食べて帰宅。
検査に使った薬でその日はパソコンの文字が見えない状態になっていたし、家に帰って手術や入院に備えた片付けや準備を…と思って家まで送ってもらったけれど、家に着いたらそのまま夕方まで眠ってしまった。



午後9時。
今すべきところはそこじゃない、と思いながら、ベタベタのガシガシになっていたガスコンロ周辺を7ヶ月半ぶりに磨いた。
(前回のガスコンロ掃除→「鍋にふさわしいコンロにすべく磨いた」
入院に備えて最初にやったことが、それ。
まあ、何もやらないよりはマシか…。Rが使いやすくはなっただろうし。
f0000211_19321066.jpg


続けて、カビていた流し台も掃除。f0000211_19322845.jpg

テレビアンテナが壊れたの、手術前でよかった。
おかげで部屋も早目にちょっと片付けられたし。
あの部屋の状態で私の入院中に修理を呼ぶことになっていたら、どうなっていたことか。



この日は、夕方6時半になっても、室温42度。
(この日処方された「常温の室内で保管しておいて手術3日前から点眼し始める」目薬は、とてもこんな家に保管しておけないので、カバンに入れて持ち歩くことにした)
f0000211_19324090.jpg

翌日、私がいない間にカビが生えまくったり物が溶けまくったりしないよう、二階の酷暑部屋と寝室用に遮熱カーテンを注文して、吸湿剤も追加注文しておいた。



少し前に妹から「今年はお盆休みに帰れる?」と訊かれたまま返事を保留していたので、二日後、母親と妹に手術の件をメールした。
入院も手術も未経験な私にとって手術決定は一大事なので、きっとふたりも驚くに違いないと思っていたら、母親からは
「でも見つかって良かったですね 早く元どうりになるように」
との一行メール。
妹からは
「そっか、手術、初めてなんや」
と電話。
妹はこれまでに6回入院して、5回も手術を受けた(うち3回は帝王切開)そうな。
R 「知らなかったの?」
うーん、言われてみればそうだけど、あまり考えたことなかった。

そう言えば、実家の家族の中で手術を受けたことがないの、私だけだった。
入院や手術って滅多にないことのように思っていたけれど、この歳になったら、入院も手術も経験ない人の方が少ないのかも。



手術当日までに自然治癒することも1000分の1くらいの確率であるそうな。
どうかどうか、治りますように…。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-16 20:07 | 日記
2013年 07月 12日
人の給油口を笑うな
R 「この車、ハイオクだからね」
何それ?? そんなの聞いてない!
「中古車情報のサイトに書いてあったでしょ」
そんなところまで見てなかった。


私 「忘れそうだし、給油口開けたところに『ハイオク』って書いとく」
R 「もう書いてあるよ、ほら」
私 「そんなフタの裏側に書いてあっても気付かない。給油口の真下に大きく書いて貼っとく」
R 「そんなの書いてる人見たことないよ」

いや、誰の給油口も見たことないよ。


f0000211_194149100.jpg
うん、これで大丈夫(な、はず)。



   ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2013-07-12 19:54 | 日記