「ほっ」と。キャンペーン
ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
2013年 01月 31日
錆びた自転車
f0000211_22381432.jpg
長年庭先で錆び付いていた二台の自転車が、昨日、引き取られて行った。


Rの休みがなくなり、休日にふたりで出かけることもなくなって、乗る機会のなくなった自転車。
動かなくなって久しいし、もうそろそろ手放す時期だなと写真に撮ったのが、2年前。

f0000211_2239892.jpg
ジリジリ鳴るベルとファイバーボックスのかごは、ブルーグレイのRの自転車。

f0000211_2239479.jpg
弾いてチンと鳴らすベルと籐編みのかごは、くすんだ淡い空色の私の自転車。


f0000211_22403997.jpg
すっかりくたびれた、Rのサドル下の革ポーチ。
車体も色褪せて、もうブルーグレイでなくなってる。


粗大ごみに出す手続きが煩雑で、いつか処分しなければと思いつつ何年も庭先に置きっぱなしにしていたら、一昨日の夜、郵便受けに「不要品、粗大ごみ、自転車、無料で引き取ります」というチラシが入っていた。
翌朝そのチラシを貼り付けて表に出しておけば、持って行ってくれるとのこと。
本当に? 市に頼めば予約やチケット購入で面倒な上に数千円かかるのに、無料で?

「買い取ります」とまわってきた業者を呼び止めて引き取り依頼したら、トラックに積み上げてから「これは反対に処分料がかかるから」と結構な額を請求されたという話を何度か耳にしたけれど、留守中なら大丈夫かと、昨日の朝、越してきた頃にふたりで選んで買った二台の自転車を路地に面したところに出して出勤した。


ちゃんと回収されるんだろうか、もしかしたら引き取られずそのまま残されてるかも、いや、本当になくなっていたら助かるけれど少しさみしい気も…と思いつつ夜更けに帰宅すると、自転車はなくなっていた。
あっけない。


f0000211_22424788.jpg
残ったのは予備の鍵ひとつと、ふたつのキーホルダー(透明のと艶消しの)と、

f0000211_22432340.jpg
ずっと自転車のあった場所。



庭の自転車を思うたびに、大貫妙子の「風の道」の情景と重なっていた。

「庭先にいま さびついてる自転車がある 息をひそめて

おたがい寄り添う月日を思えば
語ることばもないほど
みじかい」




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



『風の道』、試聴できます。11曲目。
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-01-31 22:57 | 日記
2013年 01月 30日
4年目の炊飯
日曜日、午後2時。
美容室に夕方のカットの予約の電話を入れて通話終了ボタンを押してから、出掛ける準備に取り掛るまで、あと2時間半しかないことに気がついた。
3時間半前に起きてから、まだ、洗濯して書留を出しただけだ。まず、朝ご飯を食べないと。

と言っても、ご飯がない。
炊飯器で炊くと時間がかかりそうだし(前に何分かかるか計ったけれど忘れた)、この機会に、ストウブを買ったときからやってみたかったストウブでの炊飯に挑戦してみることにした。

ついてきたレシピ本も「またそのうちに」と開かないまま、毎回同じような煮物にしか使ってこなかったストウブ。
今度やろう、今度やろうと思いながら、4年半。
子どもの頃、親がお釜(と呼んでいた無水鍋。最近になってこれが炊飯専用のお鍋ではなく、かつて昭和の家庭で流行した「無水鍋」と呼ばれる鍋だと知った)で炊いていたのを見ていて(たまには火の番もして)火加減はなんとなく覚えているので、なんとかなるだろう。

ネットで「ストウブ 炊飯」などで検索して出てきたページをいくつか見比べて、「え? 途中でふたを開けてかき回す?? これはパス」「弱火のまま終了? 最後の強火のパチパチは?」と、記憶とつき合せながら、頭の中でシミュレーション。
うん、よし、やってみよう。

…と準備を始めたところで、いきなり水の量でとまどう。
いくつかのレシピを見比べて迷った結果、ああそうだ、いつも炊いてる炊飯器に一度お米を入れて、その目盛で水加減すればいいか。

炊飯開始。
この時点で4時になっていることに気が付いて驚く。
出掛けるまでに炊き上がって食べられるのか?? と焦る。

f0000211_2140355.jpg
(炊飯中。ぷくぷく吹き始めたところ)


慌ただしく出かける準備をしながらご飯を炊いていたところで、注文していた両手鍋到着。
20年余り使ってきた片手鍋に続けて同じく20年余り使ってきた深型両手鍋も取っ手が割れてきて、どれにしようか迷っていたもの。
二ヶ月間迷って、結局、これにした。

f0000211_21403227.jpg
DANSK(ダンスク) 両手鍋 (楽天にリンク)。
ネットでよく見かけるようになった頃には「ヘンな形ー」と思っていた「バッテン鍋」(と呼んでいた)。
その頃は、まさか自分が買うことになるとは思いもしなかったけれど、去年手に入れたお気に入りのカトラリーが同じダンスクのものだと気付いてからは急に親近感が湧いてきて、さらに、この色があることを知ってからは、この色が気になって仕方なくて。
やや深さが足りないのが気になりつつ、とうとうこれに決定した。



そうこうしているうちに、炊けた!
f0000211_214103.jpg
(あと10分ほどで家を出なきゃ、ってところで蒸らし終えたのを急いで盛って撮ったので、いびつな盛り方。←初めて自力で炊いたのを記念に撮っておきたかった)
うーん、一部、芯があるというよりも、水分が飛び過ぎたように硬くなっているところがある。
まあ、初めてにしては上出来か。
休日のたびに炊いて練習しよう。



にほんブログ村 その他生活ブログへ
  にほんブログ村





[PR]
by karino-tohko | 2013-01-30 21:49 | 日記
2013年 01月 29日
耳マニア
「明る過ぎるの、直らない」「なんでピント合わないのかなあ」「やっぱりピント合わない。撮れないや」
何だろう、と薄目を開けると顔の前にカメラがあったので、手を伸ばしてレンズ脇のレバーをMからAに切り替えて、「これでピントはオートになったから。明るさは上のボタン押して回して」。
「ボタン? どれ?」
あのボタンは、えーっと…と考えながら、また眠りに落ちていた。


ふと目を覚まして時計を見ると、午前6時過ぎ。
ああ、またリビングで寝落ちてた。
炊飯器はセットしてたっけ。もうお風呂はいいか…とゆっくり起き上がると、ケータイのランプが点滅している。
メールかなあと開いてみると…
耳、耳、耳…。
眠っている私の耳の写真が添付されたRからのメールが4通。
なんで耳?

あ、そういえば、カメラ…。
見廻して、足元に転がっていたカメラを引き寄せて見てみると、
私の寝落ち姿と、ここにも、耳、耳、耳…。
計30枚弱。

だから、なぜ、耳?



f0000211_21212634.jpg右の写真は、同じ様に12月末に寝落ちてた私をRが撮っていた数十枚の内の二枚。
「あし、ぺってなってたから撮った」
ぺ?
(部屋履き靴下のかかとずれてる…)

f0000211_2122868.jpg「そこ、どうなってんの? こわいかんじ」
頭と肩に押されてひねった鎖骨んとこがぎゅっとなって、「こわい感じ」になってる。うん、シワ的にもコワい。
(ふつーにしてたらこんなシワはないよ! ほんとだよ!)



にほんブログ村 その他生活ブログへ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-01-29 21:26 | R
2013年 01月 28日
久しぶりの日用消耗品売り場で
f0000211_21411045.jpg

先週、茶色のしみだらけになっていた雑用布巾(鍋敷きにしたり鍋つかみにしたり)と台所用タオルを漂白した。

台所で漂白剤を使うようになったのは、ほんの3年半前。→「キッチンブリーチほぼ初体験+汚画像」
それ以降年に1、2回使うようになって、相変わらずそのたびに「すごーっ!」と感激。

そして去年、会社の漂白剤がなくなったので買いに行って「まな板ならたった30秒」とコピーのついた泡タイプの台所用漂白剤を見付けて、売り場で散々迷ったあと試しに買って帰って、その手軽さにまた感激。
それからは月に一度くらい、水筒や水切りかごにしているホーローのボウルや流し台のホーローの洗剤ポケットを漂白するようになった。

いつからこんな便利なものが発売されてたんだろう。
この半年くらいの間かと思っていたけれど、10年ほど前からあまり洗剤売り場に行かなくなっていたので、気付かなかっただけかも知れない。


洗濯用柔軟仕上げ剤の棚の様変わりにも驚いた。
最後に見た時には白や水色、柔らかなピンクくらいの色で埋まっていた洗濯用洗剤のコーナーが、この間久しぶりに踏み込むと、黒や濃い紫、紅色や濃厚なピンクといった毒々し…いや、ゴージャスな色満載。
TVCMなども見ていなくて世間のそんな流れをまったく知らなかったので、売り場を間違えたかと思った。
あでやかな(?)香りをアピールしてそんなボトルになったようだけれど、買って帰ったら洗面所やユーティリティで浮きそう。
いや、もしかしたら洗濯機周辺の色合いも、今時はこんなふう…?


そう言えば、去年の夏の帰省時に妹らと父のおむつを買いに行ったときも、スーパーマーケットのエスカレーター脇に広がるおとな用おむつ売り場に驚いた。
もっと、どこに置いてあるのか探さなければ見つからないようなところにひっそりあるものだと思っていたら、店のほぼ中央の特等席に、仲良さげで幸せそうな老夫婦の大きな写真と共に、いろんな種類やサイズがずらり。
夫婦ふたり暮らしで目や足腰の弱った相手が買いに来る家庭も多くなって、わかりやすく移動距離が短い場所で車椅子や大きなカートが通りやすい広い陳列になったのもあるのかも知れない。
ああ、いつの間にか世の中は変わっていたんだなあ、ほんとに世間知らずだなあ私、とあきれると同時に、うちのお父さんだけじゃないんだなあ、みんなからこんなポピュラーに必要とされてるんだ、何かあって困ったときは探せば周りに同じような人たちがたくさんいるのかも、と、ちょっと安心を覚えた。

f0000211_21412634.jpg




にほんブログ村 その他生活ブログへ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-01-28 21:48
2013年 01月 26日
4年前に発掘した10年前の片付け中断部分からの再発掘
f0000211_1157871.jpg
届いたほぼパーフェクトな新聞ストッカーに、部屋を入ったところに積んであった廃品回収行きの古紙・チラシ類を入れようとしたら、あたりがほこりだらけ。
そんなところにフェルト製のストッカーを置くとほこりとフェルトが一体化しそうだったので、掃除機を持ってきて物の上や下にたまっていたほこりを吸い取りながらひとつひとつのけていたら、廃品以外に何やらあれこれ出てきた。


f0000211_11573673.jpgいきなり、食器。
何かの粗品でもらった「クロワッサンの店」の美濃焼のボウルだ。
今だったら受け取らずにその場で断る…はず。(やや自信ない)
自治会のバザーへの寄付品募集がまわって来たら出そうと置いてあったけれど、そう言えば、もう長らくバザー品募集見ないなあ。

自分が要らないものでも、物としての命を全うしてないものをそのまま土や灰にしてしまうがしのびなくて、ゴミに出すことに抵抗を感じてしまう私。
うん、それが溜め込み体質になるんだとわかっているけれど、どうも、アニミズム的な感覚から離れられなくて。
うーん…。

f0000211_11575812.jpgケータイや何かのアダプター、3本。
長年ここに埋もれてても支障なかったようだし、これはもう捨てよう。
さようなら。


そして、破れたファイルボックスの中には、

たっぷりのほこりと、f0000211_11582694.jpg

f0000211_122138.jpg7年半前に中古を見付けて買ったsimplemのマニュアル類やCD類(こんなところにあったのか)と、その時オマケで付いてきたソフト『スグレモ98』。
98…。

simplemっていうのは、

窓際の、コレ。15,800円。
f0000211_1241785.jpgf0000211_1261347.jpg
大好きな半透明のすりガラス調フロストグリーンのモニタや、とろけそうな乳白色のキー。
もう使ってないけれど、この色形が好きでまだ捨てられない。
(中に日記データも入ったままだし)


f0000211_127181.jpgoffice2000も出てきた。
『スグレモ』と一緒にこれは処分。
さようなら。

f0000211_1271883.jpg古い切手判ののし紙、ふた袋。
よそで出てきて処分されそうになっていたものを、古い紙類が好きな性分から、そのレトロさに思わずもらってきてしまったもの。
コレクターや欲しい人があればプレゼントしたいけれど…いない?

f0000211_128362.jpg1996年と97年のダイアリーが出てきた。
家がオープンハウス化していたピークの年のだ。
週の半分以上、老若男女国籍を問わず、知ってる人や知らない人が出入りしたり泊まっていったりしていた頃で、そんな毎日が新鮮で面白くて、どんな人たちが出入りしていたか記録してたんだった。

f0000211_1283579.jpg昔のオフ会のプリント写真が出てきた!
2001年! まだ銀塩カメラだったのか。

f0000211_1285559.jpgこっちはオフ会移動中の休憩中?
他の人が撮ったのを拡大プリントさせてもらったよう。
木漏れ日の下の穏やかないい写真。

f0000211_1293511.jpgこの頃は、ヤフオク出品商品写真もフィルムカメラで撮って、わざわざ現像に出してプリントしてもらって、それをスキャナで読み込んでアップしてたらしい、私。
なんという気力。

その他にも、雑多な写真がフィルム5本分。
Rが若い。
そして私が着てる服がどの写真のも全部、今も着る服。
私の辞書に「流行」の文字はない。



午後5時。
起きてからここまで、何か食べることをすっかり忘れてた。
起床後7時間経ってやっと、冷凍ごはんでレトルトのキーマカレー食べた。うま。


before
f0000211_1157871.jpg
 ↓
after
f0000211_12111212.jpg
たまっていたチラシ類の紙と紙の間にほこりがサンドされてそうだったので、積んであった古紙はいったん紐で縛って廊下に出した。


部屋の入口側から見ると、
f0000211_12114121.jpg
ドアを開けるといきなりゴミ置き場だったのが、
 ↓
f0000211_12121538.jpg
すっきり。
長々と迷ってないで、もっと早くに買えばよかった。


そして、今これを書きながら、前にもここを片付けて日記に書いたことがあったような…と思い出した。

あった。
「6年前に片付けが中断していたらしい部分の発掘」
この時も「6年前はまだ銀塩カメラだったのか」と書いてる…。
「人に渡す分を焼き増ししようとしていたらしい。日付は、これも2002年。
6年前はまだ銀塩カメラだったのか。
焼き増ししたのかまだなのか、後でゆっくり確認しよう。」

確認しないまま、ゆっくり4年経ってしまった。

そして、「ここもすぐに空けられる」と書いてあるカラーボックスの真ん中の段も、そう書いた4年前のまま、手付かず。
さらに、「付箋が気になるけれど、処分」と書いてる「エロマンガ30年戦争 妄想を叩き出せ」の「SPA!」も今回また出てきて、今回も付箋部分が気になって保留していた…。
もう、そのページだけ残して処分しよう。



亀の歩みで脱出中。
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
【汚部屋人気ブログランキングへ】
[PR]
by karino-tohko | 2013-01-26 12:32 | 日記
2013年 01月 24日
真夜中の床磨き
午前4時半。
(3時間前に寝落ちたばかりの私にとっては真夜中だったけれど、あらためて考えたら時刻的には朝か。)
いつものように夕食後にリビングの床で眠ってしまったところからなんとか起き上がり、洗い物を片付けて朝の炊飯器のセットをして、そのあと、台所の床掃除をした。

床掃除は、夕食時に、温めて液化した鴨の脂をばしゃっと床に撒いてしまったせい。
お正月用にと買って食べそびれていた鴨ロースをレンジで温めて取り出そうとしたら、レンジに入れる前にはなかった脂が皿にたっぷりたまっていて、そんなことになるとは知らず浅めの皿にのせていたせいで、ほぼ全部床にぶちまけたんだった。

こぼした時にすぐ拭き取ったけれど、鴨の脂は拭いても拭いても拭き取りきれず、フローリングの上でいくらでも伸びて膜のようになっていって、さらに、拭き取る時に床の汚れを浮かして落としてくれたので、なんだかワックスみたいだなあ、天然ワックスってことでもうこれでいいか、先にご飯食べてしまいたいし、といったんそのままにしておいたんだけれど(すごく適当)、寝落ちから目を覚まして洗い物をしようと流し台に立ったらスリッパの裏がペタペタ気持ち悪くて、そのうえ、ペタペタなのにやたらつるつる滑ったので、私のことなので朝起きてきた時に滑ることを忘れてバタバタ駆けこんで転んで怪我してしまうんじゃないかと思えて、掃除することにした次第。(一文が長い…)

この間からあれこれこぼしたままになっていて床の汚れが気になってはいたけれど、まさかこんな夜中に床磨きするはめになるとは。


床掃除後、それからお風呂に入るとベッドで眠る時間がなくなりそうだったので、顔だけ洗って寝ようと準備して、結局ベッドに入ったのは6時45分頃。
30分ほど眠って起きてきたら、ここしばらくコテコテ汚れてた深青緑の床が、朝日の中で光っていた。
f0000211_1940374.jpg
(ごみ箱からあふれた空きペットボトルが転がってる)


twitterでつぶやいてたら「(油をこぼしたら)確か重曹をまぶして拭き取るといいとか聞いたことが…」と教えてもらったので(ありがとう!)、今後のために覚えておこう。
(再びないことを祈りつつ。)



にほんブログ村 その他生活ブログへ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-01-24 20:10 | 日記
2013年 01月 23日
結局買った、シンプルなデザインで部屋になじむ新聞ストッカー
欲しかった色が売り切れていたのであきらめて自作しようとして失敗した新聞ストッカーが、また販売されていた!

いったんあきらめたのは、これ。
Preta A4 stock back エコフェルト メロン

インテリアになじむシンプルでおしゃれなデザインで、片手で持ち運びやすくひも掛けもしやすくて、要らなくなった時には簡単に処分できる素材でできた古新聞入れ。
値段がやたら高いことを除けば、ほぼ理想的。

輸入ワインか何かのきれいなダンボールで似たようなの(たぶんまったく似ない)を作ればいいやと思っていたけれど、完売して手に入らないと思っていたこの色が出ているのを見て、またすぐに売り切れてしまうかもと思わず買ってしまった。


f0000211_205027.jpgもったいないほどしっかりした箱入り。
ギフト向きかも。

f0000211_20503786.jpg裏には写真入りで使い方の説明つき。

ジャン!
f0000211_2051692.jpg
(写真の背景は片付け維持できてるわけじゃなくて、散らかってた物をフレームの外に押し出しただけ。)
箱から出したばかりで折り目が強くてからっぽでは立たなかったので、雑誌を入れてみた。
商品ページで見るよりも濃い色。
曇った日に室内で撮ったのでやや赤みが強く出ているけれど、実物は、上記サイトにある写真を色味はそのままに濃くしたような感じ。

f0000211_20513655.jpg生地アップ。
ポリプロピレン製で、軽くてざっくりした手触り。
汚れたらネットに入れて洗濯できるらしい。


シンプルで見た目がいいだけでなく、袋に入れたまま縛ってそのまま持ち運べて底をパカッと開いて取り出せる、機能的なデザインなのがうれしい。
これ自体に嵩がないのも、気持ち的にラク。

部屋の隅に積んであった古紙・雑紙をこれに入れたら思っていた以上にすっきりしたので、古雑誌用にも欲しくなった。
(この地域の廃品回収行き紙類は、ダンボール、古新聞、古雑誌、空き箱等の板紙、その他のチラシ等雑紙の5分類。新聞はとってなくて板紙は紙袋に詰めてひも掛けしているので、あと部屋の隅に積み上がっているのは古雑誌。)

ただ、欲しかったオレンジ色は現在在庫切れで、その次に気になったピーチ(ピンク)は、商品写真で見ると肌色がかったサーモン色に見えるけれど実際には黄味のない青味がかったピンクだそうで、迷い中。
 ↓
Preta A4 ストックバック (11色)


ピーチ(ピンク)はここの下から二番目の、テラス際での写真の色味が実物に近そう。
 ↓
[Cubist Preta /キュービスト プレタシリーズ] A4ストックバック (楽天にリンク)

メロン色のようにまた在庫ありになるかも知れないので、時々チェックしてみよう。


f0000211_20521052.jpgf0000211_20522410.jpgf0000211_20523722.jpg
オレンジの写真↑ は
mmインテリアスペース「プレタ A4ストックバック」(楽天にリンク)より

にほんブログ村 雑貨ブログ インテリア雑貨へ
にほんブログ村


同じデザインで牛革製の「クチュール A4ストックバック」はこちら (びっくりする値段!)
 ↓


フェルト製の「プレタ A4ストックバック」
 ↓


上記と同じフェルト製。(自分の在庫チェック用)
 ↓

[PR]
by karino-tohko | 2013-01-23 21:24 | モノ 家 雑貨 蒐集
2013年 01月 22日
ゾクゾクする漢字 2 (幽霊文字など)
TLに流れてきたのを見て以前ブックマークしてあったのを思い出したので、メモ。

■ちょっとゾクゾクする読みが長い漢字
f0000211_2315010.jpg
「ほねとかわとがはなれるおと」
f0000211_2323934.jpg
「まつりのそなえもののかざり」

このふたつが「最も読みが長い漢字」としてTLに流れてきたけれど、これは「最もゾクゾクする読みの長い漢字」(私基準)であって、もっと長い読みの漢字はいくつかあったはず、と、ブクマしてあったページを探してみた。
「おもしろい読みの漢字」

うん、もっと長いの、あるある。
ただし、このページのリストの中で一番長い読みの
f0000211_234399.jpg
「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」(33音!)は、訓読みとしてのコンセンサスが得られないまま、web上で「最も読みが長い漢字」として広まったものらしい。

(上記三つの漢字の画像は「おもしろい読みの漢字」より)



もひとつ、ゾクゾク。

■「幽霊文字」という亡霊
幽霊文字(ゆうれいもじ)とは、JIS基本漢字に含まれる、典拠不明の文字の総称。幽霊漢字(ゆうれいかんじ)、幽霊字(ゆうれいじ)とも呼び、英語ではghost charactersと訳される。

(略)

制定の際に各文字の典拠が規格の中に明示されなかったため、JIS基本漢字には多くの「音、意味や歴史はおろか、どこで使われているのかもわからない文字」が混入することとなった。
これが幽霊文字であり、約60字、一説には100字を超えるという。

(略)

JIS漢字が制定され、パソコンやワープロに実装されるようになると、次第にそれらの文字が「どこで使われている文字なのか」「何と読むのか」といった謎が浮上していった。

(略)

調査の結果、一般の漢和辞典に見当たらずに「幽霊漢字」とされてきたものの多くは、地名などに実際に使われていた漢字であることが明らかになった。一方、12の漢字(JIS X 0208#典拠不明の漢字を参照)は、典拠の不明なまま残される結果となった。
典拠が不明でも、古辞書に類似した文字が見えたり資料の写し間違いが推察されたりといった手がかりが発見されたものが多いが、そのうち1文字(彁)に関してはまったく手がかりのない字である。
したがって、現在では本当に幽霊漢字とみなされるのはこれら12文字、狭い意味では「彁」1文字のみである。


「幽霊文字 | wikipedia」より)

「何に使われるのかわからない文字」「何のためにあるのか」
こわい。



■その他
ここにもゾクゾクする漢字あり。

「漢字部屋」


タイトルを「ゾクゾクする漢字」にしようとして「あれ? 前にもあったような…」と検索したら過去記事がでてきたので、「2」にした。

参考過去記事:「ゾクゾクする漢字」 ←記事下のリンク先にゾクゾク満載。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-01-22 23:27 | 好きなこと
2013年 01月 22日
つぎはぎの中の札束
会社の財布を新調した。
以前使っていたのは、20年近く家の引き出しに眠っていたのを引っ張り出してきたもので、よれよれながら、牛革製。
f0000211_13171169.jpg

使っているうちに布の部分が裂けてきてたのでガムテープで補修して、また破れてきたので布テープでくるんで、とやってるうちに、あちこちつぎはぎ。
f0000211_13174192.jpg
小銭入れの内側も全面布テープを何重にも重ね貼りしてあるので、たまにテープとテープの間に小銭が潜り込んでしまう。

こんなふうでも使っている間はそんなにボロになってるとは思ってなくて、普通にお店のレジで開いてた。
ああ、この手袋とおんなじ→ 「少しずつ汚れてくると」
この手袋をはめて銀行に行って、これをはめた手でこの財布から会社のお金100万円とか出してたっけ。
f0000211_1318730.jpg


「すごい年季入ってますねえ」と言われてあらためて眺めたらずいぶんなボロになっていることに気が付いて、この財布を見た出入り業者に「この会社ボロだと思ってたけど、財布までこんなで、大丈夫か?」と思われるんじゃないかと気になって、あわてて買い替えた。

f0000211_13182976.jpg
買い替えたのは右上のラベンダー色ので、続けて左下の山吹色に買い替え。
仕事で行った店の通路際の特売ワゴンでラベンダー色のを見かけて、数百円だしすぐダメになるかなあと迷いつつ色が気に入って買ってしまったら、案の定、すぐに小銭入れのファスナーが壊れて硬貨がぽろぽろこぼれるようになってしまった。

ファスナー部分はガムテープではどうしようもないので、やむなく再び買い替え。
元々数百円のなので、素材や作りがそれなりだったかも。
…と思いつつ、この山吹色のもまた同じワゴンでつい目に留まってしまって、数百円。

f0000211_13185045.jpg
すぐに必要だったし、レジで一緒に出すことの多い自分の財布とも色が合うし、まあいいや。
長持ちしてくれますように。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-01-22 12:50 | 日記
2013年 01月 18日
ジーパンだもの
てろてろになって形が崩れていた数百円のジーンズを一本処分する代わりに、がっしりした生地できれいなシルエットのを一本買った。

JOHNBULL ジョンブル レディースデニム AP863 (楽天にリンク)

「アシンメトリーデザインのバックポケットがポイント」らしい。
f0000211_2115135.jpg
JOHNBULLのフラップポケットとジップポケット。
この組み合わせ、見覚えある…と思っていたら、

f0000211_105388.jpg
…会社の倉庫にあった。
「ワークのために創られた服、それがJOHNBULL」
なるほど。

f0000211_2123925.jpgf0000211_2125495.jpg
ちなみに、ファスナーの引き手の形もおんなじ。


このジーンズを買いに行くのに、去年買ったお気に入りにのスキニーを履いて行って、店の人に「こんな感じのシルエットのを…」とコートのボタンを開けて見せようとしたら、コートから出ている膝下部分をぱっと見ただけで「んー、アントゲージ…でしょうか」
おお。
裾に特徴あるデザインがあるわけでもない、ごく普通の色合いの普通の生地なのに(触れば見た目より少し薄手でストレッチ性のある生地だとわかるけど)、なぜそこを見ただけでわかるのか。
安心しておまかせしてしまった。


買ったジーンズは、フロントは股上浅めで後ろが少し深めになっていて穿きやすい。
すっきりしたラインでお気に入り。
裾のくしゅくしゅがややだぶつき過ぎな気もするけれど、裾上げするには微妙な長さだし裾の加工も半端になりそうなので、このまま着用。
f0000211_2155422.jpg



今どきはジーンズのことを「デニム」と呼ぶらしいけれど、「デニムって生地名じゃん!」と納得できなくてジーンズと呼んでいる(そして心の中では「ジーパン」と呼んでいる)私。
いや、心の中ではまだジーパンって呼んでる人は多いはず、と、「ジーパン ジーンズ デニム」で検索してみたら、
「(ジーンズも)デニム同様ジーンという生地が使われていたからジーンズだそう。」
「ジーンズ」「ジーパン」「デニム」一番使われているのは?」 Livedoorニュース 2007.12.13より)
え?

そして知恵袋では、
「あなたが女の子なら、デニム。男の子なら、ジーンズ。」
「今日『ジーパン』がと話していたら笑われてしまいました、 いいじゃんね!|Yahoo!智恵袋」より)
ええっ?

「女性はデニム。男性はジーンズと呼ぶのが一般的にオシャレな言い方では・・・ と思っています」(「デニム?ジーンズ?パンツ?ジーパン?|Yahoo!智恵袋」より)

オシャレじゃないしもう「女の子」でもないからもう「ジーパン」でいいよ!



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村



[PR]
by karino-tohko | 2013-01-18 21:18