ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
2012年 06月 30日
よろしい、ならば天井だ
仕事で必要になって購入したプロジェクタを持ち帰ったRがあれこれいじっていると思ったら、
f0000211_21522523.jpg
…壁に、アニメ。
しかしどう見ても、この壁はプロジェクタ投影には向かない。

あちらこちら向けていろいろ試した結果、
f0000211_21524516.jpg
ここか。

f0000211_2153163.jpg
R、寝そべってアニメ鑑賞中。
レンズの仕様で遠く小さく見えるけれど、視界いっぱいの幅2mはある迫力。


f0000211_21531449.jpgf0000211_21532682.jpg
映像を投影すれば散らかった部分ほど万華鏡のようにきれいに見える法則発見。
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-30 21:55 | 日記
2012年 06月 29日
さらさであらう

f0000211_2016184.jpg

* この記事はRipreの案件参加記事です *

物心ついた頃から母親が「体にやさしいから」と洗濯には粉せっけんを使っていたので、私も同じように、ずっと粉せっけんで洗濯してきた。
それが、数年前の冬に一度、お試し価格になっていた液体せっけんを買ってからは、先に溶かす手間もダマになるもの気にせずに使えるのがラクで、ついそのまま液体せっけんを継続。
ただ、いつでも簡単に手に入ると言う基準だけで選んでいたその液体せっけんの匂いは、純粉せっけんのようなせっけんそのものの甘い匂いじゃなく、かすかながら少しとんがった香りの香料が入っていて、その香りが少し自分になじまない。
そのうえ、このところ部屋干しが続いてツンとした匂いが気になり始めていたので、梅雨時期にいい洗剤があれば一度試しに…と思っていたら、ちょうど、液体洗剤さらさのモニター募集のメールが届いた。

案内によると、「さらさ」は「しっかり落とす」+「肌にやさしい」液体洗剤で、蛍光剤・漂白剤・着色料無添加で赤ちゃんの肌にも安心とのこと。
洗浄助剤にクエン酸が使われているというのも気に入って申し込んでみたら、有り難く当選した。

決算前で帰宅の遅い日が続いてなかなか受け取れなかったけれど、日曜日にやっと受け取れて、さっそく洗濯。
ボトルを開けた時の香りは、何か覚えのある、少し懐かしい匂い。
ラベルを見ると、「やさしい柑橘系の香り」とのこと。
柑橘系と言えば、前に一時期部分洗いに使っていたオレンジオイル入りの洗剤に、まさにオレンジそのものの美味しそうな香りのものがあったけれど、これは「言われてみれば、柑橘系…?」という香り。(それが「やさしい」柑橘系?)
洗濯物を入れた洗濯機にキャップで計って入れてスイッチを入れると、洗面所がよその家のような香りに満たされていった。

洗い上がりの香りは、最初にボトルでかいだ香りとはまた少し違う香り。
「やさしい」割には結構しっかり香りがするように思うのは、普段使っているせっけんの香料がごく弱いからか、それとも慣れない香りだから。


以前、会社の在庫処分の洗濯洗剤を使った時にはタオル類がバシバシしてきて、「ああ、だから合成洗剤を使う時には柔軟剤が必要になるんだな」と、「合成洗剤=バシバシ」を実感したけれど、「さらさ」だと、せっけんで洗った時に近い柔らかさ。
(まだ一回しか洗ってないけど。)
これまで柔軟剤を使ったことがなく、なるべくなら使いたくない私にはうれしい。

「さらさ」の商品説明には、コットンミルク配合で、繊維の弾力性を保って型くずれを防いでくれるとも書かれている。
これも有り難い。
もう少し続けて使ってみよう。


さらさのキャンペーンに参加中
 ↑
mixiページでも「さらさ思いやりエピソード」募集中とのことです。
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-29 20:38
2012年 06月 27日
飯舘村より
f0000211_2132015.jpg

飯舘村から、支援への二度目の礼状が届いた。
あの時電話をくれてたくさん話をしてくれた役場の人は、元気にされているだろうか。

まだ震災後間もなく、情報が錯綜する中、現地の人と直接連絡を取って支援物資を送る際に、必要なものが必要なところにちゃんと届くかどうか心配しながら荷物に電話番号を書いておいたら、しばらく経った頃、「○○さんですか? 飯舘村の○○の者です」と電話がかかってきて驚いた。
「御礼が大変遅くなって、しかもお電話で申し訳ありません」
とんでもない、とんでもない!
今この電話はあの地につながっているのかと思うと、本当に不思議な、何とも言えない思いがした。

その人は、できる範囲のことをしただけの、住所と名前しか伝えていない私に、過酷な状況の中でさらに避難や補償のことで現場で困難な問題が起きていることを話してくれた。
村の事情と生活保障の板挟みで避難したくても身動きとれないおばあさんの話や、役場内での混乱。
命より大切なものなんてないのに。
誰かに話さずにはいられなかったのだろう。
今も耳に残る、穏やかで柔らかな、溢れる思いを抑えたような声。
ただ聞くことしかできなかったけれど、私でよければ毎日でも話して欲しいと思えるような、引き込まれる話し方。

「いつか飯舘村が復興したら、○○さんにぜひ村に来て頂きたいです。ご招待しますので、ぜひ来て下さい」と潤む声に、「ええ、必ず。ありがとうございます」と応えながら、いつか本当にお会いできればと、泣きそうになった。
この電話を切れば、もう二度とこの人と話せる機会はないかもしれないと思いながら、後ろ髪引かれる思いで電話を切った。


その後、ネット上に流れてくる飯舘村の状況は、見ていて胸が痛むものや怒りが込み上げてくるものばかりで、震災から数ヶ月経った頃に村長名義で届いた礼状も、素直には読めないものだった。


役場内も混乱していて、自分もいずれこの担当を離れることになると話していたその人。
今回届いた礼状も、封筒にもどこにもその人の名前はなく、村長の名が印刷されているだけだった。
どうかどうか、お元気にされていますように。
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-27 21:21 | 日記
2012年 06月 25日
紫陽花のつぶつぶ
f0000211_21595188.jpg三年前、花が終わった後に事務所の花瓶から持ち帰って庭に挿したガクアジサイが、今年も咲いた。
株も去年よりひとまわり大きくなっている。

学校で、アジサイの花の色は土のPHで変わると教わったけれど、ひとつの根から伸びている先に、青紫の花と、長春色に近い赤紫の花。



f0000211_220693.jpg
子どもの頃、裏庭にあったガクアジサイの花の真ん中の、この小さなつぶつぶ(両性花)が好きだった。
とりわけ、まだつぶつぶが固いうちの、こんなふうに薄青紫や黄緑が混じり合っているのが。

このつぶつぶを見ていると、好きなだけぼんやり過ごせた子どもの頃の、長い一日を思い出す。

[PR]
by karino-tohko | 2012-06-25 22:25 | 日記
2012年 06月 24日
ノンアルコール・モヒート (と表記したい世代)
f0000211_2194895.jpg

今年はやけにモヒートってことばが目に入って来る。
目にするたびにそのもやもやした語感から「アヒ」(aji)を連想していたら、同じスペイン語だった。
妖しい響きがあるけれど、一般的なカクテルの名前らしい。
どんなだろうと検索してみたら、その語感とはうらはらな、ラム+ライム+ソーダ+砂糖+ミントという、なんとも健康的で爽やかそうなものが出てきた。

モヒートって名前ならば、もっとこう、濃厚で捉え難くてクラクラして惑わされるような…と思っていたら、キューバの店のモヒートの写真に、グラスにどっさり大量のミントが押し込まれているものがあった。
写真の色合いのせいか、ミントなのに毒々しい。ミントなのに、濃厚そう。
この麻薬っぽさこそ、私の思うモヒート。

その写真が気になって仕方がなかったところにペリエが到着したので、ペリエに庭のミントを大量に投入してみた。

f0000211_21103896.jpg
(ペリエ到着。
Amazonで720ml×12本、¥1,680! 送料無料。

Perrier(ペリエ) 750ml×12本 [並行輸入品]
去年は買いそびれたけれど、今年の夏はこれで越せる。)



f0000211_21114284.jpg
ノンアルコールモヒート。いや、ライムも砂糖も入れてないので、ただのミントペリエ。
ああ、どれだけミントを入れても全然毒々しくならない…。
もっと強烈にミント分が欲しかったので、二杯はミントをザクザク刻んだ。
刻んでも妖しくはならなかったけれど、おいしー。


それにしても、いつから外来語の複合語のつなぎに、あまり中黒(中点「・」)が使われなくなったんだろう。
複合語の間には必ず「・」を入れるものだと思っていたのに、ふと気が付けば、web上では(印刷物でも?)「・」が省かれている表記がほとんど。
「ノンアルコールモヒート」も、しかり。
「ノンアル コールモ ヒート」なんて区切って読む人はいないだろうけど、やっぱり「ノンアルコール」と「モヒート」の間に「・」を入れて区切りをはっきりさせたい。


いつからこんなふうに変わってきたんだろう、と検索してみたら、こういうのが出てきた。
「複合語のわかち書きの扱い方」
技術文書で外来語をカタカナ書きする際, 欧文のわかち書きの代用に「・」を使う例は少なく,中点を使う必要ないと言えます.

ああ、もしかしたら、技術系で「コンピューター」「プリンター」を「コンピュータ」「プリンタ」と表記していたのが世間一般にも広がってきた頃、同じ経緯で外来語の複合語の表記も技術系ふうに変わってきていたのかも。

他には…と検索結果を眺めていたら、
2単語程度でできている外来語にも律儀に単語の区切りに中黒を使用すると人文系っぽくなる気がするのだが,どうだろう。
(trb-es...diary 「外来語の表記:中黒(・)の使用」より)
と。
そっか、技術系表記が一般的になっていく中、「・」を打つのは人文系的に律儀だったのか。



f0000211_2112313.jpg
右の写真は、ミントを採りに庭に出たときに茂みから飛び立った、ハグロトンボのつがいのオス。
オスの方は名残惜しげにこうしてまた近くにとまったり周囲をくるりと飛んだりを繰り返していたけれど、もう一匹はすぐに遠くへ行ってしまった。
ああ、邪魔してごめん…。

[PR]
by karino-tohko | 2012-06-24 21:43 | 日記
2012年 06月 21日
失われつつある自分
f0000211_20544079.jpg
「この見当識障害が、認知症の症状のなかで最も恐ろしいと私は考えています。
見当識障害では、場所、時間、人の順にわからなくなっていきますが、最終的には自分が誰かわからなくなります。
つまり、アイデンティティを失うということです。」

「認知症の人の徘徊には、実は二種類あります。
ひとつは、神経系の障害でじっとしていられないためにする徘徊。
もうひとつが、失われたアイデンティティを求める行為としての徘徊です。
単に道に迷ったというのではなく、徘徊という行為の根底には、自分の居るべき場所、家庭や職場や故郷を求める気持ち、失われつつある自分を求める心があるんです。」

佐藤眞一

どこに書かれていたものだったか忘れてしまったけれど、何かで目にして覚えに書き留めておいたもの。
お父さん、自分が誰なのかわからなくなってしまうのか。
どんなに不安だろう。



また父親の認知症が悪化した。
毎晩夜中に起きておかしなことをするようになったらしい。
緊急時に1、2泊預かってもらっていた施設では、もう預かれませんと断られたとのこと。
まだ体がしっかりしていない母親が振り回されているのが心配。


さっきtwitterに、NHK Eテレで認知症ケアの番組があると流れてきたので、今、事務所でケータイで見ていた。
うちの父親は、もう、こんなふうに思い出話ができる状態は過ぎているなあ…とますます滅入りながら。
それでも、今度帰省したら、昔好きだった音楽やカメラの話でもしてみよう。
何か記憶の引き出しを開けるきっかけになるかも知れない。


f0000211_2057036.jpg
写真は、4月の片付け時に出てきたリングノート。
手を広げたくらいの正方形に近いサイズで、水色の用紙に水色がかった緑色の「罫線引き」の罫線。
前にもらった整理法の本でノートを使ってのスケジュールやTO DOの管理方法を読んで買ってきて、でも結局そのままになっていたもの。

両親を見ていると同調してしまって、自分の残り時間もあとわずかに思えて仕方ないけれど、冷静になろう。
まだまだ先は長いかも知れない。
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-21 21:04 | 日記
2012年 06月 14日
美味しいものを
f0000211_22495392.jpg
5月の帰省時に親戚への手土産を用意する際に、味見に買ったブルーベリーゼリーとトマトゼリー。
いや、あまりに美味しそうだったので、我が家では自家用には買うことがないような高級な冷菓を、味見を口実にひとつずつ買ったというのが本当のところ。



f0000211_22565481.jpg
店頭でガラス器に移された半透明のゼリーがとろけてとてもきれいでとりわけ美味しそうに見えたので、同じようにガラス器に移して写真に撮ってから食べようと器を用意したけれど、封を開けたら我慢できずにすぐにパクついてしまった。



人への手土産に何よりも美味しいものを選ぼう、美味しいものを食べてもらおうと思うようになったのは、まだここ数年。
最初は手土産の意味がわからず用意もしなかったし、教えられて用意するようになっても形だけで、とりあえずで選んでいた。
ああ、あの頃の手土産を今全部総取り換えしたい。
物を口にする限られた回数の中で、ああ、美味しい、と記憶に残るようなものを食べてもらいたい。
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-14 23:05 | 日記
2012年 06月 13日
IS01防水ケースもらった
この間まで、録画した放送大学のデータをポータブルTVに移してお風呂で見ていたRは、最近はiPhoneに防水カバーをつけて、お風呂でアニメを見ているらしい。

「おまえも見れば? あれ? それの防水カバーはないの? 笑」
こんな形のにあるわけないよ!


…と思っていたら、郵便受けに入ってた。
f0000211_20222930.jpg
中に車検のチラシとポケットティッシュ入りで。
これでお風呂でもTwitterできる。


湿気が入らないよう外で空気をしっかり抜いて(↓抜けてない)口のジッパーをきっちり閉めて、簡単防水ケース。
f0000211_20225263.jpg
IS01に誂えたようなぴったりサイズだけど、他のたいていのケータイやスマホにも合う汎用タイプ。
ちゃんとタッチパネルも反応する。
前のケータイの頃もこうしてジッパー付きビニール袋に入れてお風呂でブログ書いてたのに、スマートフォンになってからはすっかり忘れてた。

ついだらだらTwitterのTLを眺めてしまってなかなかお風呂に入れなかったけれど、これで腰も軽くなるはず。
キケンなお風呂での寝落ちもなくなるはず。
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-13 20:45 | 日記
2012年 06月 11日
腐れたる草蛍となる
くされたるくさ ほたるとなる
こよみの七十二候(二十四節をさらに約5日ずつに細分したもの)による昨日からの候。
芒種の次候。
腐った草が蒸れて蛍になる季節。
昔は腐れた草や木の根が蒸れて蛍に変化すると思われていたのか、それとも、蒸れた草の下から蛍が生じてくると思われていたのか。
「腐草」(フソウ)は「クチクサ」と読むと蛍の異名になるらしい。


f0000211_19575777.jpg蛍ときくと、以前帰省したときに親の庭に建っていた蛍小屋を思い出す。

私 「何、これ? 鶏でも飼ってたの?」
母 「お父さんやわ。夏にあの子らと蛍見に行って、家でも見せたるんやって採って来て、その中に放してやってん」
ああ、なんでそんなひどいことをするのか、という思いと、子どもの夜は短いのに、そのひと晩のほんの一時間ほどのためにこれを建てたのか、翌朝目にどう映ったろう、といういたたまれなさと、私たちが子どもだった頃は子のために何かするような父じゃなかったのに、あの父にも孫はかわいいのか、という驚きと、あの父が釘や金鎚を手にするなんてという意外さと、いつまでこうしておくんだろうという悲しさと。
いろんなものがごっちゃになって、「ふーん」とだけ言って目を背けた。

その翌年帰省した時には、父の認知症が始まっていた。
これが、父の最期の大仕事だったのかも知れない。
この時には、もう、世界が少しずれ始めていたのかも知れない。



蛍と化す前に、草を片付けた。

先月末。
ごみ出しに出た時に、シャラの木に無数のミノムシが付いてるのに気付いてムシ取りをして(以前そのままにしておいたら、葉を喰い尽くされ幹の皮も喰われて木が枯れかけた)、そのまま草抜きに移行。
f0000211_2016589.jpg
(わかりづらいけれど、一応草抜き後。抜く前にはなかった通路ができてる)

昨日。
f0000211_20215774.jpg
スプレー缶のガス抜きに庭に出て、そのまま草抜き4時間。
途中隣家の人に青紫蘇の苗をもらったので、植える場所を作ろうと、鬱蒼としていた野草のあれこれを抜いていたら、気が付けば長年手を付けていなかったところまで手を伸ばして庭を広げていた。

違う時間帯に違うカメラで違う範囲を撮っていてわかりづらいので、重ねてみた。
f0000211_20362020.jpg
風通し良くなって歩きやすくなった。



f0000211_20374053.jpg庭履きを新調した。
1,000円だったのを、この間ジーンズを買ったときにもらったクーポン券とお店のポイントとでタダでもらえた。

(ああ、写真に撮ると床タイルの汚れがよくわかる。掃除しよう)
f0000211_20392819.jpg
さようなら、イナバヨシエのサボ。
8年前、ヤフオクに出ていた新品に一目惚れして手に入れて以来、ずっと履いてきた。
シンプルできれいな形だったのに、くたくた。
8年間ありがとう。


[PR]
by karino-tohko | 2012-06-11 21:18 | 日記
2012年 06月 08日
ブログ存続の危機
さっきtwitterで目にした懐かしいことば 「乳と蜜の流れるところ」。
子どもの頃に聖書で読んだ約束の地。
サッカーでヨルダン戦をしていたらしい。


f0000211_22303296.jpg
夕方家に寄った時に、ちょうどRの母親が色鮮やかな糠漬けセットを持って戸口に出てきた。
「すごい配色! 撮らせて撮らせて!」
「またぁー。あんたほんまに何でも撮るなあ。笑」
IS01のカメラを起動して向けていたら、通りかかった人が
「それ、何ですか? パソコン…? じゃないし…カメラ…?」
「ええ、まあ…ケータイです…」(思わず小声)
「は? ケータイ?…って、ケータイ??」
ああ、人前でIS01を使う恥ずかしさよ。


妹一家がついにパソコンを買ったらしい。
どうか姉の家を心配するあまり 「汚部屋 片付け」 で検索したりしませんように!!
[PR]
by karino-tohko | 2012-06-08 22:43 | 日記