ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧
2010年 03月 31日
春、ほろほろ
バレンタイン当日の夜に慌てて買いに出たチョコレート。(の写真を今頃。)
f0000211_20164293.jpg
特設売り場がすでに閉まっていて買うつもりだった店のチョコレートが買えなかったので、通常の洋菓子売り場で目に付いたこれにした。
シンプルながら凝ったパッケージ。


Rがホワイトデーにくれたお菓子はこれ。
f0000211_20251141.jpg
和菓子? と包みを開けたら、

f0000211_20253531.jpg春の野原。


断面にはうぐいす豆(だったかな)。
f0000211_20181069.jpg
ほろほろ、結構もっちり。
ごちそうさま。
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-31 20:29 | 日記 | Comments(2)
2010年 03月 30日
TV入れ替えのためのリビング片付け
先々週と先週の、TVとレコーダー入れ替えにあたってのリビングの片付け覚書。
去年洗濯機を入れ替えた時の片付けは、リビングは「とりあえず出入り口付近を洗濯機が通れるように」が目標だったけれど、今回は「通る」だけでなく、ここで作業できるようにしないといけない。
しかも、今回届くのは私にとっては楽しみなものではなく、それが部屋にやってくることを考えただけで気が滅入る、大きくて黒い物体。片付ける気も重い。


TVを買った日の昼間のリビング。(再掲)
f0000211_19443676.jpg
このあとTVを買うことになるとは思わず、外出から帰ったら片付けに励もうと撮ったbefore写真。
f0000211_19451942.jpg
全体に荒れているけれど、特に、テーブル向こうの写真右上あたり(と言ってもこの写真ではよくわからない)に積まれたホコリまみれのDVDを全部撤去して、レコーダーの入れ替えができるようにしないと。

結局この日の帰宅は夜9時で、買って帰った照明器具を取り付けて、買って帰ったビーズクッションを置き換えただけで終了。


買った翌週の日曜日は、もう日がないというのになかなか動き出せず、日が暮れてから、TV前のDVDの山をTV台の後ろの台所の方に移動しただけ。
片付けらしい片付けに手を付けたのは、TVが届く前日になってから。

で、その片付け日。
どうにも間に合いそうにないので、床の上のものは他の部屋に押し込むことにした。
移動しやすい大物を隣室や二階に移動して、机辺りの紙類は箱に放り込んで隅に寄せて。
f0000211_19461894.jpg
 ↓
f0000211_19464798.jpg
(日があるうちに片付かなかったので、写真は翌朝のもの。)

f0000211_19471778.jpg紙類を放り込んだ箱は、数年前にスーパーで処分価格で買ったまま隣の部屋で眠っていたもの。
出してきたついでに、一緒に買った同じシリーズの古紙回収箱を組み立てようとしたら、買う前から破れていた袋からパーツが抜け落ちていたことに気付いて、ちょい気落ち。

f0000211_194867.jpg玄関の上がり口に積まれたアマゾン箱(処分する本入り)も、隣室に押し込んで。
運び込むのは前回の洗濯機と違って薄型TVだから、廊下に積み上がったものはこのままで大丈夫だろうと思っていたけれど、考えてみれば、奥行きのあるブラウン管TVを運び出さなければいけないんだった。
作業に来てくれた人、すみません。



頭がまわらず集中できずヘトヘトになりながら片付けて、夜0時頃、やっとなんとかそれなりに片付いた。
f0000211_19443676.jpg
 ↓
f0000211_19495766.jpg
(翌朝。同じ角度で撮ったはずの写真が見当たらない。)


f0000211_195167.jpgTVボードの下にあった壊れたコンポも処分料金を払えば一緒に引き取ってくれるとのことだったので、当日朝、ボードから取り出して待機。



TV入れ替え。
f0000211_1953847.jpgf0000211_19535147.jpg
これだけ移動・作業スペースを作っておけば充分だろうと思っていたのに、いざTVを運び込むと作業スペースがギリギリで、慌ててあれこれ移動。
ズーム加減が変わってしまったうえに、広角になっていて遠くが小さく写るのでわかりづらいけれど、気持ちとしてはTVサイズは倍以上になった気分。

でかい。私にとっては。
f0000211_19542991.jpg
点けている間はまだいいけれど、消すと、黒々したブラックホール様。
いや、点けている間も、画面に人の顔がアップになったり文字がアップになったりするとギョッとする。
頼まれていた予約録画設定を夜になってから渋々始めるまで、あまり視界に入らないようにほとんど背を向けていた。


TVが届いたあと、目に入る風景が変わって刺激になったのか(いや、さすがの私もそのままにしておけないほど黄砂が凄かったせいか)、水垢の縞模様が気になっていた車を一年ぶりくらいに洗って、ついでに、汚れて灰色になっていた玄関ドアを15年ぶりくらいに洗って、さらに、ずっと気になっていた玄関ポーチの床タイルの黒苔(黒カビ?)を重曹スプレー+デッキブラシでこすり落とした。
久しぶりに充実した一日。


以下、DVDの間から発掘された物などを自分の覚えにMoreでUP。

More (クリックすると開きます)
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-30 20:03 | 日記 | Comments(6)
2010年 03月 30日
f0000211_333625.jpg
しあさってはもう四月だというのに、昼前にあられが降って、午後からは吹雪いていた。
さっき、出しっぱなしだった洗濯物を取り入れようと二階の窓を開けると、家々の屋根が真っ白。


先週の日曜日、数週間前に急に両手が冷えてビリビリ痛んだ時と同様の痛みが、足に出た。
これまで冷えとはほとんど縁がなかった私は、最初、冷えているんだとは気付かずに、なんでこんなに寒いんだろうとヒーターに張り付いていて、何時間もしてから、ジャージの下にタイツを穿いた足がビリビリ痛いほど冷えていることに気が付いて、慌てて厚手の靴下を穿いたり、マッサージしたり、ツボを押したり。それでも、氷水に浸しているような痛みはなかなか治まらなくて。体の内側から染み出るような痛みは、何をしていても落ち着かなくて。

少し前までは、冷え症でつらそうなRを横目に、冬でも家では素足で平気だったのに。自分だけは冷え症にはならないだろうと、何の根拠もなく信じていたのに。
これも、日頃からの運動不足+加齢によるものか。
冷えることがこんなにつらいとは。

そうだ、Rの寝る時用の遠赤外線サポーターがあったっけと思い出してつけてみたら、しばらくしてようやく痛みが治まってきた。
Rにねだられて半信半疑で買ったものだけれど、意外に効果があるよう。

温かいものを身につけて体を温めるものを食べて、暖かくなるのをゆっくり待とう。
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-30 03:00 | 日記 | Comments(2)
2010年 03月 29日
呼び名
書きそびれている日記を書こう、コメントに返信しよう、と電源を入れたものの一日開いたまま何もできず放置しておいたPCを、もう寝ないと、と閉じようとして、その前に座り、「寝る前に少しだけ」と覗いたTumblrで、目に止まった文章があった。
少しせつない気持ちになりながら20数行の文章を読み終えると、末尾に、「一人旅への憧れ: 気がつけば82歳」という引用元の表示。
82歳? と驚きつつ、その次のPOSTが目に入った。

“結婚して最初に「これから 名で呼んでいい?」と夫に聞かれ、「呼び捨てにされたことないから 好きじゃない」
ホント 可愛げなかったな。  無論 お互い様だったら嬉しかったと思う。
今 何の抵抗も無くファーストネームで呼び合う夫婦を見ると良い時代だなあと羨ましい。”

呼び名: 気がつけば82歳
リンク先はブログだった。


Rは私を名前で呼ばない。
付き合い始めた頃、私がその名で呼ばれるのを嫌だと言ったから。
今でも、Rが名前で私を呼ぶところを想像するとなんだか居心地悪く落ち着かないけれど、ここ数年、どちらかが先にいなくなってしまう時のことを度々考えるようになってから、Rに名前で呼んでもらわなかったことをその時になって後悔するんじゃないかと思えてきていた。


明日起きたら、名前で呼んでみてって言ってみよう。
名前で呼ばれる練習をしよう。
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-29 03:11 | R | Comments(6)
2010年 03月 27日
地デジ対応テレビ + ブルーレイレコーダー購入
しばらく更新を保留していた間に、長年片付け停滞していた(というか、片付けてもまたすぐに元に戻っていた)リビングに変化。
3週間前、まだまだ買うつもりのなかった地デジ対応液晶テレビを、成り行きで購入してしまった。

OVのイベントの帰り、会社の消耗品を買いに寄った電器店でのぞいたTV売り場で声をかけてきたスタッフの説明がとてもわかりやすくて、思わずRに「今○○電器のTV売り場にいるけど、来れる?」とメールして、一時間後にやって来たRと一緒にそのスタッフの説明を聞いたり質問したり。
年明けに「そろそろ、どんなのがあるか見るだけでも」と、同じ電器店のほかの支店で同じようにスタッフに相談しながらTVを見比べたことがあったけれど、その時のスタッフの説明はあやふやで何をどう選べばいいのか見当がつかず、レコーダーも何を買ってどうすればこれまでのような使い方ができるのかサッパリわからないまま、『28型からの買い替えには4.5~6畳にお勧めの40型を!』『6~8畳には42型が最適!』といったPOPの付いたR希望の大画面に「そんなデカいのが最適なワケないー!」とクラクラ画面酔いして、まだ一年半あるからいいか、と、その時はあきらめて帰宅したんだった。
で、その時、部屋に馴染みそうな色やデザインのTVは今はひとつも出てないんだなあとガッカリしたので、そろそろ少し違う雰囲気のが出てないかなあ、と売り場をチェック。

前回話を聞いたスタッフは、一見商品に詳しそうに見えて実はその人自身よくわかってないんじゃないかというふうな男の人だったけれど、今回、何をどう選べばいいのかときょろきょろしていた私に声をかけてきたスタッフは、小柄な女性。
「TVをご検討ですか? どれくらいのサイズを予定されていますか?」という最初の声かけに「37型くらいで」(Rの希望の「最低でも42型」と、大画面に酔う私の「32型が限界」の間をとって)と答えると、「37型ならこちらの並びになります。お勧めはこちらとこちらで、違いは○○か△△かです」に始まって、余計なプッシュはせず、付きまとわず、かと言って無愛想ではなく丁寧な対応で、こちらの希望や質問に適格に選択肢や答えを出してくれて、気が付いたら(と言っても3時間、Rが来てからも1時間半びっちり熟考)購入する機種が決まっていた。

決めたのは、レグザの42型、REGZA 42Z9000。
決定要因は、レグザの画質が売り場でダントツ際立っていたのと、一般のレコーダー以外に、USBで外付けHDに録画できるといった点。
ひと通り説明を聞いて選択基準がはっきりすれば、希望条件はシンプル。
レグザは最初、特有の光沢パネルによる映り込みが気になったけれど、じゃあ映り込みがない機種の中で画質が優れているものはというとAQUOSあたりで、映り込みの分を考慮してもレグザの方が画質がシャープで色彩も鮮やかで美しいし、出力の融通性もレグザが勝るということで決定。
また、私が気にしていた大画面酔いも、レグザ特有のWスキャン倍速なら動きが早いシーンでも残像が少ないので42型くらいまで大丈夫だろうということで、散々迷ったあげくR希望の42型になった。
ただ、画面酔い以上に気になっていたのは、部屋の中にこの黒くてデカいものがやってくる圧迫感と違和感。
想像しただけで息が詰まりそう。


機種が決まったところで閉店時刻が迫っていたので、「ではもう一度家で考えて…」とその場を去りかけたら、「特別セールが今日までですので、今日でしたらもう少し値引きさせてもらえますが。今月中ならエコポイントの還元もありますし」と。
よくある手だと思いながらも、Rの「もう買っちゃったら? 今月中にもう一度来れるかどうかわからないでしょ?」という声に押され、もう少し安くなるんならもう今日買ってしまおうかと、3時間ぐるぐる考えまくって疲れていた頭で「いくらになりますか? 最近よく聞くけどエコポイントってどんなのですか?」。
TVの値段とエコポイントの簡単な説明を聞いたところで、「あ、これまでのHDD-DVDには録画できないんですよね? レコーダーも買わないと。でももう今日は頭がまわらないから…」「いえ、デジタル対応のレコーダーは出ている機種がまだ少ないので、簡単に選べます」。
で、「DVDにもダビングされますか?」「それを他の機器で見られることがありますか?」等の質問に答えたりこちらから質問したりして、数分で決定。
1999年に初めてDVDレコーダーを買った時には数時間、5年前に二代目のHDD-DVDを買った時にも、店頭のRとPCを前に機能や口コミを検索する私とでやりとりしながら3時間かかったけれど、それが、今回はたったの数分。
10年前、初代DVDレコーダー購入時に話が出ていて「DVDが出たばかりなのにもう次のメディア? 本当に普及するの?」と半信半疑だったブルーレイが、我が家にもやってくることになった。

f0000211_1938334.jpgこれまでうちにやってきたレコーダー類はどれも故障が相次いでいたのでロング保証をつけて、考えてみれば、部屋がとてもTVを運び込める状態じゃない(というか、人を通せる状態じゃない→)ので、片付けるために間に二回の日曜日をはさんだ日を配達日に決めて、レジへ。


やれやれと肩の力が抜けたところで、ついでに、レジ脇にあった照明売り場でリビングの照明器具も買った。
何年間も、薄暗く、そのうえシェード(笠)が割れ落ちた(落ちて割れた?)裸電球ならぬ裸蛍光灯でやってきたけれど、やっと新調。
f0000211_1975230.jpg
 f0000211_1981953.jpg
縁に、部屋の腰壁と似た薄青緑の枠が付いたデザイン。
(シェードの中がC型に青くなっているのは、消灯後しばらくほのかに光る「ホタルック」。そんな機能があるとは知らなかったので、最初消灯して部屋が真っ青になった時は何が起きたのかと驚いた。)

あと、Rが来るのを待っている間にのぞいたMUJIで、前々から気になっていた大型微粒子ビーズクッション(「体にフィットするソファ」のミニサイズ)のサクラ色が廃番前で格安になっていたので、それも購入。


買ったはいいけれど、このあとの部屋の片付けで息切れ状態。
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-27 19:13 | 日記 | Comments(6)
2010年 03月 25日
高校入学祝いに贈る本
Rが、高校に入学する甥っ子に送る箱に、本人からリクエストがあった入学祝いの電子辞書や専用ポータブルケースと一緒に、アマゾンから届いたたくさんの本や雑誌を詰め込んでいた。
一番上には手紙を一枚。

「○○くん 入学おめでとう

私の入学祝は本です
できるだけ幅広く知識に触れ
おもしろそうだと思ったら
ギュッと凝縮して 考える 考える 考える
それが大事

箱の中の雑誌は 気に入ったら定期購読すればいいと思う
言ってくれれば手配する (「ニュートン」「ナショナルジオグラフィック」など)

それからアサヒウィークリー(英字新聞)も一年分手配してあるので
挑戦してみてほしい」
(最後の二行で「えーっ!?」と思わず心の中で叫んだ私。)
下書きなしで万年筆で書き始められた手紙は、カラーペンでの書き足し多し。
f0000211_21242756.jpg
「アメリカの経済の教科書はなかなかよくできている。大学の教科書もすごくいい」

「羽生の本って興味ないかな」

「骨の本も不思議できれいだ」
等々。
書かれている内容とへなへなした文字のアンバランスがR風。


「骨の本」は、前に話題になった「新世界透明標本」。
赤紫に染まったタツノオトシゴ、欲しいー。
f0000211_21251144.jpg
(写真はサイト「新世界『透明標本』」より)


f0000211_21255381.jpg右は、箱に詰められていた中の一冊、「サム・ロイドの「考える」パズル」。
帯のコピーによると、私のウィークポイントである前頭葉の刺激にいいそうで(精神科医 和田秀樹氏)、「天才が100年前に考えた数学&図形パズル」とのこと。
イラストがレトロでいい味。
編訳は伴田良輔。『独身者の科学』の人だ。

f0000211_2129448.jpg送る前にちょっとやってみようかな、と、最初のPUZZLE 01をやってみたら、難易度2(5段階中)なのに、ダメダメ。
R 「はぁ? 47? それじゃあそのイラストの女の子と同じレベルだよ」
挽回しようと、その次のももひとつ次のも、さらに次のもやってみたけれど、全滅。
質問文中の難しい漢字にふりがながふってあるということは、子どもでもできるようなのに。
私の前頭葉、がんばれ。


私 「こんなにたくさん。○○くん、本好きなん?」
R 「しらん」
私 「…」

楽しんで読んでくれますように。

[PR]
by karino-tohko | 2010-03-25 21:33 | R | Comments(4)
2010年 03月 25日
ドリコム終了
ドリコムからメールが届いていた。
「【重要】ドリコムブログ まもなくサービス終了、お引越しされる方はお急ぎください!」

f0000211_20325748.jpgそう言えばドリコムって最近ほとんど聞かないなあ。(エキサイトも弱小だけど。)
で、そんなお知らせがなんで私のところへ…? と、長いメールの最初と最後を見てみたら、「本メールは重要なお知らせのため、2010年3月25日時点でドリコムブログにご登録のあるすべてのユーザーさまへ配信しています」とのこと。
登録?
まったく記憶にない。
でも、こんなメールが届くってことは登録したことがあるんだろうと、ブックマークの「MY PAGE」フォルダ内のタイトルをひとつひとつチェックしていたら…「TEST」というフォルダの中に、こんなページが入っていた。→

作成日は2005年2月23日。
試しに登録してスキンや仕様を見比べて、エキサイトに決めたらしい。
やっぱり気が変わってドリコムにするかもと、すぐには登録解除せずに残してあったのか。

作って1ページだけ試し書きして、長く放置してあった場所。
ごめんなさい。
せめて自分でちゃんと削除しておこうと、パスワードを請求して、ブログ削除と退会処理をしてきた。
さようなら。
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-25 20:35 | WEB、PCなど | Comments(0)
2010年 03月 25日
戻しました
わけあって一時的にブログの表示形式を変更して公開するカテゴリを限定していましたが、元に戻しました。
何かあったのかと心配して下さっていた方もあったかもしれませんが、心配事は杞憂に終わりました。たぶん。
お騒がせしました。(私がひとり脳内で騒いでただけですが。)
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-25 12:18 | Comments(4)
2010年 03月 22日
甘酒レシピ 京都しゃぼんや
f0000211_14261750.jpg

f0000211_14261815.jpg

f0000211_14261894.jpg

朝から家でひと仕事終了。
外は暖かいようだけれど部屋の中はひんやりしているので(積み上がっていた紙類を昨日の大片付けで全部隣室に移したから?)、昨晩テーブルの上を片付けていたときに出てきたインスタント甘酒を飲んだ。
京都伏見の吟醸酒粕使用とのことでとろりと甘く、舌にほろほろと柔らかな米粒が転がる。
もっと飲みたくなったので、酒粕で簡単に作れると聞いたことを思い出し、検索して作ってみた。

米と麹から作るレシピもあったけれど、私が作ったのは、酒粕と砂糖で作る準インスタント。
ミルクパンに200ccの水と大匙2杯の砂糖を入れて混ぜて溶かして、そこに小さくちぎった酒粕を40g入れて中火で温めて、少しぐつぐつしてきたら弱火にしてじっくり煮て(沸騰させたり混ぜたりすると味が落ちるとのこと)、酒粕が柔らかくなってきたらかき混ぜないように箸で溶かして、最後に塩をほんの少しだけ入れてさっと混ぜてできあがり。
思っていたより美味しいー。
湯呑みに注いでからおろし生姜をひとつまみのせると一層温まりそう。
酒粕があるうちにまた作ろう。


下の写真二枚は、昨日整理していた雑誌の中のNIKKEI DESIGN 2010年1月号に載っていた、「京都しゃぼんや 手作り石鹸工房」。
創業60年の「京のくすり屋」さんが2009年11月に京都市内にオープンしたショップで、店内では和菓子のようにパッケージされたりケーキのようにディスプレイされた石鹸が販売されていて、実際に手作り石鹸で手を洗えるスペースもあるとのこと。奥の工房では手作りの工程が見学できるらしい。
石鹸は100%天然素材で、柔らかな色合いも天然素材の発色から。
工房の壁のサーモンピンクとガラス扉の空色の文字の取り合わせがレトロできれい。
今度行ってみたい。
「京都しゃぼんや」
(足湯カフェも併設されているようです)
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-22 14:26 | Comments(2)
2010年 03月 21日
好みのエスプレッソメーカーを見つけたと思ったけれど
f0000211_1558554.jpg

大片付け中。
写真は、NIKKEI DESIGN 2005年1月号の切り抜きにあったエスプレッソメーカー、「AROMA」。
テーブルウエアのシリーズ「Contrast」の中のひとつで、デザイナーは岩崎一郎氏。

前に見つけたレトロデザインのエスプレッソメーカーは、場所をとるうえにとんでもなく高くて手が出なかったけれど、これなら…と検索してみたら、10,500円。
買える!
…けど、ショップサイトで見ると、色も質感も、雑誌で見たものとはまったく別物。
どちらが実物に近いのかといくつか他のサイトも見てみたところ、どうやらショップサイトの方が正解らしい。

誌面では、本体は少し艶を抑えたオフホワイトとシックなダークブラウンの二色で、金属部分は柔らかな光を湛える銀鍍金のような色に見えたけれど、実物は真っ白と黒の二色。「本体 アルミニウム」と書かれているけれど、金属部分はペタッとしたステンレスのような平坦な色。
色と質感が違うだけで、シンプルできれいなシルエットに見えた形も、味気ない単調なものに見えてしまう。
残念。

雑誌にあった写真だけケータイに残して、すっきり断念。
[PR]
by karino-tohko | 2010-03-21 15:58 | Comments(0)