ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2009年 06月 ( 35 )   > この月の画像一覧
2009年 06月 30日
ぐるぐる
昨晩10時頃、事務所で下の話を書いた後に、外出先から戻ってきたRの車に乗り込んで一緒に帰路についた。
その途中、ふとあることが気にかかり始めて、家の近くまで帰ってきてから、「ごめん、ちょっとだけ事務所に戻ろうかなあ…」。

R 「何? 何か忘れたの?」
私 「あ、やっぱりいい。大丈夫だと思う」
R 「何?」
私 「事務所でタバコ吸ってたんだけど、ちゃんと消したはずだけど、心配になってきて。吸ってたのは2時間ほど前だし、帰る前に吸殻入れを片付けた時には缶が熱くなかったから大丈夫だと思うけど…」
R、無言。
私 「きっと消したはずだし大丈夫だと思うけど…もし万が一、火事になって会社がなくなっても、怒らないでいてくれる…?」
無言。
私 「あ、やっぱりあとでひとりで見に行くから、今はいい。消したはずだし。ただ不安なだけだから」
R 「戻るよ」
私 「おまえは先に帰って休んでて。疲れてるでしょ。いったん家に帰ってから、私が自分で運転して行くから」
家に向かう角を曲がらず、黙って車を国道の方に向けるR。
私 「ごめんー、ほんとにごめん。絶対消したはずなんだけど、不安になってきて…」

疲れているRを早く休ませるどころか、余計に疲れさせてしまった。
不安状態になると強迫的になることは時々あるんだけれど、いつもはひとりでいる時に車を走らせたり戻ったりで、一緒にいる時にはせいぜい、同じ車で出勤する朝に「ごめん、もう一度鍵を見てきていい?」と、数十秒待たせるくらい。
こんなふうにRを巻き込んでしまったのは初めて。
「本当にごめん。遅くなるし、今日はもう晩ごはんは食べて帰ろうか。冷麺とか好きでしょ? 好きな店に行っていいよ。おまえの好きなの食べて」


で、バックミラーに映るRの疲れ切った目を気にしつつ事務所まで戻って、鍵を開けて中に入って、こういう時は何度吸殻入れを確認しても「ほんとに消えてたっけ」とまた不安になるのは目に見えているので、吸殻入れを手に外へ。
明かりを消して再び鍵をかけながら、「吸殻入れはここにあるからもう大丈夫。…いや、まさか、足元や机の上に火の付いた灰や火の粉が落ちてなかったよね…?」と気になり始めて、いやいや、あの状況でそんなふうになるわけないし、ここでまた中に引き返したら、さすがにRも「いい加減にしてくれ」となるに違いない、と、ありえない不安を振り払って車へ。
で、車のドアをバタンと閉めてから、「あ、今、ちゃんと鍵かけたっけ…?」

鍵をかけようとドアの方に向き直ったのは確かだし、鍵をまわした感触も手に残っている。かけたはず。かけたに違いない。きっとかかってる。かかっていると思いたい。
いや、もう、火事にさえならなければ、鍵くらいかかってなくてもいいか。
たとえ鍵が開いていても、ちょうどこのタイミングで泥棒がやってくる可能性は低いし、もし泥棒に入られたって、たいして盗られるようなものはないだろう。
そう言えば、前に事務所に泥棒に入られた時も目ぼしい物はなかったらしく、確か金庫の中の硬貨を2000円ほど盗られただけで、あとはドア錠の修理代がかかっただけだった。
もしドアが開いていたら泥棒に入られても鍵を壊されずに済むし、かえってラッキーかも。


そうやって「火の粉」や「鍵」の不安を振り払って、うどんやさんへ。
店内で食券売り場から席に向かおうと振り返った時と椅子から立ち上がった時に、くらりと足元が揺れた。
ああ、コレも出始めたか。
自分ではそんなにストレスを感じているつもりはないんだけれど、こうやって強迫感や眩暈が出てくると、ああ、結構まいっているのかも、とわかるので助かる。
ちょっとだらだらしてもいいことにしよう。(いつもしてるけど。)
それから、事務所でタバコ吸うのはやめよう。(前にも何度か、夜遅くにひとりで確認しに戻ったことがある。そう言えば、Rが出張でいない時ばかりだったような。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-30 18:26 | 日記 | Comments(9)
2009年 06月 29日
出しっぱなしの水道
今朝、寝室から一階に降りてきたら、シャーっという水音。
あれ? とトイレを覗いたら、誰もいないトイレの手洗い器の水道が出しっぱなし。
Rは、と探すと、リビングに座り込んでいた。

同じことは数年前にも一度あった。
夜、会社から帰ってきて玄関を入ったら、暗い家の中で水音。
驚いて玄関から一番近い水場のトイレを覗いたら、手洗い器の水道の蛇口が開きっぱなしになっていた。
その朝最後にトイレに入ったのは、R。
水道の蛇口は、開けてざっと手を洗ったら無意識に閉めそうなものだし、第一、開きっぱなしにしていたら、トイレを出る時に音で気付きそうなもの。
よっぽど疲れていたのか、その時もその前後に、普通はしないようなおかしなミスをいくつか立て続けにやっていてひどく心配したんだった。


土曜日、ほんとうにRが死んでしまうんじゃないかと思った。
夕方、出先から足音荒く事務所に戻ってきた人が倉庫に行って、酷い剣幕で怒鳴りたて、物を叩き付けて、ヒステリックに叫んでいた。
先に倉庫にいたのは、R。
その人が何をわめいているのかは聞き取れないけれど、泣き叫ぶような金切り声や物を投げ付けるような大きな音が長々と響いていた。

こんなことは一度や二度じゃない。
この会社に入るまで、普通に会社勤めしているような年配の男の人が、あんな金切り声で顔を真っ赤にして延々何十分も大声で叫び続けるのは聞いたことがなかった。
「誰か止めにいかなくていいの?」「今回はちょっとやばいんじゃない?」と何人かがこちら側で様子をうかがっていたけれど、これまでに私が制止しようと間に入って成功したためしはなく、余計に火に油を注いで収拾つかなくなったことばかりなので、身動きがとれない。
A 「すごく気が立ってるようだけど、あそこに刃物はなかったよね? だいじょうぶよね?」
私 「ううん、あそこの入口に、刃のこぼれた包丁があるよ」
A 「…!」

漏れ聞こえてきた様子では、どうやら、他の従業員に対する不満をRにぶつけているらしい。
それに対してRが説明したり話をしようとしたりしているようだけれど、相手は聞く耳を持たず怒鳴り返しているよう。
なぜ普通に話ができないのか。
それでなくても、昼間からの重量物の作業でRはくたくた。
さっきも疲れ切った生気のない顔をしていて、そのままでも倒れてしまうんじゃないかと心配していたのに、あの熱のこもった暑い倉庫の中であんな大声で何十分も間近でまくし立てられていたら、Rは頭の血管が切れて死んでしまうんじゃないだろうか。
いや、その前に、自分の声でますます興奮して暑さで正気を失った相手がついかっとなって、取り返しのつかないことをしてしまうんじゃないだろうか。


ひどい剣幕の叫び声(「怒鳴り声」ではなく「叫び声」に近い)が30分ほど続いて、Rの「ですから私が謝りますから!」という泣きの入った大声も混じるようになり、ああ、Rも限界かも、いったいどうしたら…と思ったところで、急に、大声も物音もうそのように消えて、あたりがしんと静まり返った。
「…何…?」
「まさか…」

何かぼそぼそと話しているような声がかすかに聞こえてきて、もしかしたら「やってもうた…やってもうた…」とかつぶやいてるんじゃ…と悪いほうに考えてしまったけれど、よくよく聞くと声がふたり分だったので、ひと安心。
結局それから2時間後、やっとRは解放された。
いや、2時間かけて説得した、というか、話し合いがついたのか。
いやいや、相手は去り際に「あとで後悔することになるぞ」みたいな捨て台詞を残していったから、どうなんだろう。


疲れ切っていたうえにそんなことがあってこたえたのか、いつもは日曜日でも夜11時頃まで帰ってこないことが多いRが、昨日は珍しく7時頃に帰ってきた。
まだ日が沈みきっていない時刻に家に帰ってきたのなんて、何年ぶり。
で、今朝の水道。

どうか、倒れないで。
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-29 21:20 | 日記 | Comments(6)
2009年 06月 28日
40時間
プリズン・ブレイク シーズン2。

私 「ねえ、今この人が言った『マイケル・スコフィールド』って、お兄さんの方?」
R 「はあぁ…??」
R、脱力。

で、唐突にドラマが終わった。
私 「何? どういうこと? あれ? 来週はないの??」
R 「最終回だよ」
私 「えーっ!? なんでー? これでー??」
R 「40時間くらい見てても主人公の名前もストーリーもよくわかってなかったのに、騒がないで」
私 「40時間!?」
R 「シーズン1からしたらそれくらいになるでしょ。この人、40時間ずっと出てたんだよ」
いや、Rが見てるのを横でついでに見てるだけだったし。

私 「で、『リンカーン・バロウズ』ってどの人の名前? よく出てくる名前だったと思うけど」
R 「…」
(これがお兄さんだった。あきれて教えてくれなかったので検索した。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-28 23:58 | A-spectrumの脳みそ | Comments(2)
2009年 06月 28日
半日後にひらめいた
Rが、なぜか落語のDVDを買ってきた。

私 「わかったよ! 今日のお昼、急にぱっと、昨日の晩の桂米朝の『百年目』のオチの意味がわかった!」
R 「はぁ? 昨日、わからないって言うから説明したじゃない」
私 「でもなんでそれがオチなのかわかってなかった。でも今日、ちゃんとわかった」
R 「落語のオチがわかるのに丸一日かかったの」
私 「お昼にわかったんだから、丸一日じゃなくて半日」
オチはわからなかったけれど、口調やことばには引き込まれた。
R 「人間国宝だからね」


Rが落語を聞くのを私が見るのは初めて。
私 「落語見るの、初めて?」
R 「いいや」
私 「なんで急に見ようと思ったの?」
R 「べつに」
私 「おっさんになってきたから?」
R 「おっさんになったら落語を聞くの?」
私 「昔よくおとうさんが見てたから」

そう言えば、父親がよく落語を聞いていたのは、考えてみれば父がまだ30歳くらいの頃。
その頃から父親の趣味は、演歌と盆栽。
当時子どもだった私からすれば父親は充分おじさんの分類に入ると思えたから、そういうものだと思っていたけれど、今思えばちょっとびっくり。

R 「(あの)おとうさんでもオチがわかったのにねえ」
わかったのかなあ。
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-28 23:57 | A-spectrumの脳みそ | Comments(2)
2009年 06月 27日
ウェブサイトもブログもSNSも本名でする人には
ああ、信じられない。

昨日の昼間、Rから、「Google ドキュメントを仕事で使うのに試してみるから、ちょっとgoogleにログインしてみて」と言われた。
なんで私がgoogleアカウントを持ってることを知ってるの? と思いながら、急いでいるようだったので新しいアカウントは作らずに、「これ、ヒミツのアドレスなんだけど」とためらいつつログイン。Rにも教えていなかったアドレス。
そのアカウントでドキュメントページを開いて、そこで共有設定されたエクセルをいじってみた。
すごい、すごい! 同時に両方のPCからドキュメントを編集できる。
そのドキュメントを編集しているRが、今どのセルにカーソルを置いているかまでわかる。
これを使って、この会社と他社との間でエクセルのデータを共有して、互いに情報を更新して常に最新のデータを確認できるようにするらしい。

へー、と感心していたら、夕方、いつの間にか、その「お試し版」(だと思っていた)ドキュメントがそのまま社外の人や社内のややこしい人と共有されて、実際の作業に入っていた。
「え…っ、もしや…」と、慌ててその業務用に新しいアカウントを取得してログインし直して、ドキュメントの共有者に加えてもらって見てみたら、
「ぎゃー!」
秘密にしていたメールアドレスと、誰にも教えていなかったアカウント名が、丸見え。
これって、当然、そのドキュメントの共有者である他社の人からも、この社内のあのヤバい人からも見えてるんだよね??
姓名のローマ字表記の共有者が並んだ中で、私のヘンなアカウント名だけがひとつ浮いている。
みんなまだドキュメントページを英語表示のままで見ているようだし、まだ使い始めたばかりなのでそんなところまで目が届かないだろう(と祈る)けれど、その画面に見慣れてきたら、共有者の中に並ぶ正体不明のアカウントを「は? 誰、これ?」と不思議に思うに違いない。
何かアヤシイ部外者がもぐり込んだように見えるし、いったい誰なんだとそのアカウントやアドレスで検索されたら、会社の人にはゼッタイ知られたくない他での書き込みや情報まで引っかかって来るかも知れない。

頭が真っ白になって引き攣りながら、「ちょっと…! これ! こんなことに!」とRに訴えかけたけれど、「ん? だめなの?」
「ダメに決まってる! ヒミツのアドレスだって言ったでしょ? このアカウントだって…」
「誰もそんなの気にしないよ」
するーっ! 私が!

「すぐに共有者から外して!」と頼んだけれど、ああ、もう、うるさい、とばかりに眉をしかめるR。
今はこの業務を早く進めていかなければいけないのに、そんなことに構っていられない、といった顔。
それでも、今後そのドキュメントをもっと他の別の会社とも共有していくなら、今のうちになんとかしておいてもらわないと。

あれこれ試したところ、どうやらいったん共有者になると除名できないようで、結局ドキュメントを作り直してもらった。


R 「なんでそんなことで騒ぐのかなあ。なんでそんなに隠すのかわからないよ」
そりゃ、本人が必死で隠しているだけで、人から見れば中身はどうでもいいようなつまらないものだろうけれど。
ウェブサイトもブログもSNSも本名そのままでやるRには理解不能なんだろう。
私には、そんなおまえの方が信じられないよ。
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-27 15:15 | R | Comments(8)
2009年 06月 26日
更新も閲覧も滞り中
どうも、ぼんやりしている。
税理士が来て証憑のチェックが始まってから、その隣で机の上に積み重なっていた書類の整理を始めたら、その中から決算前に入れなければならない請求書や引き落とし明細がパラパラ出てきた。
慌ててそれらも追加していったん決算前の数字が出たけれど、これで本当に抜けなく計上されているのかどうか、あやしい。


この間から数日、なぜか、気が付くと頭の中でずっと「シャングリ・ラ」のオープニングが流れている。
特に好きな曲でもなく好きなアニメでもないのに。
なんでだろう、とぼんやり思いながら倉庫で作業していたら、向い側で作業していた私よりひとまわりほど年上の男の人の方から洩れ聞こえてくる鼻歌がその「キミシニタモウコトナカレ」だということに気付いてびっくり。
私が知らないだけで、アニメのOP曲としてでなく普通に流行っている曲なのかも知れない。
(ネット上で時々目にする「キミシニタモウコトナカレ」という文字列が、毎週耳にしている(見ているわけではない)この曲のタイトルだと知ったばかり。与謝野晶子の詩の印象から、邦画のタイトルか何かだと思っていた。歌詞がまったく聞き取れていなかった。)


ウイルスバスターをやむなく2006から2008にしたせいか、このところインターネットが重くて重くて。
閲覧しているブログ等の更新情報(RSSフィード)は席を外している間に自動取得するようにしているけれど(PCを使っている間は更新情報を受け取らないようにしてあるので、重い原因はRSS以外)、更新情報が届いても、右手の痛みがなかなか退かないところへ1ページ開くのにいつまでも砂時計がまわっているので、あまり他のページを見に行けないまま。
ウイルスバスターは2009の不具合を怖れて 2008のままにしてあるんだけれど、この状態はすでにもう充分不具合かも。
2009にしようかなあ。(2008より軽いらしい。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-26 20:29 | Comments(2)
2009年 06月 24日
重なる
明日税理士が決算月の締めに来るので、バタバタ。
その作業を優先してやりたいのに、明日中に顧客データベースがどうの、今日中に出荷作業がどうのと、なかな進まない。
焦っているところへ、社会保険の算定基礎届の書類が届いて、追い討ちをかけるように、経済センサス基礎調査の調査票が届いた。数ページのものだけれど、今は見たくない。
そこへさらに、今日、税務署から久しぶりの「一般取引資料せん」の提出依頼が。
三つの提出物の中ではこれが一番時間がかかる。
一気にまとめて来ないで欲しい。(泣)



頂いたコメントへの返信、少し遅れます。
「未承認○件」という表示を残しておかないと返事したものと勘違いしてしまいそうなので、返信するまで未承認のままですみません。
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-24 18:30 | 日記 | Comments(0)
2009年 06月 23日
庭のミョウガタケを食べた
日曜日分。
仕事に出るRと一緒に朝7時台に起きて、洗濯。
そのあと、二週間前に買ったゴーヤの苗を玄関に放ったままにしてあるのを思い出して、ゴーヤ植え。

支柱を立てるのは面倒なので、勝手に樋に巻き付いていくように二年前と同じ雨樋の足元へ植えることにして、ゴーヤは連作障害が出るようなので、少しでも土が改良されるようにと、物入れに眠っていた緩効性肥料をパラパラと撒いて移植ごてで軽く土を混ぜ返して苗を植えて、土がアルカリ性になるように、台所で湿気を吸ってはちきれそうに膨らんでいた石灰乾燥剤を周囲に撒いて。(ほんとは植える一週間くらい前にやっておいた方がいいらしい。)
所要時間、10分弱。
二週間放置されていた苗は、ややぐったり。
たった10分で済むことなのに放置してごめん。


庭に出たついでに、ミョウガの若芽の「ミョウガタケ」が食べられるという話を思い出したので、昼ご飯に素麺の薬味にしてみようと、横庭のミョウガ群生地の根元を探ってみた。
お店で「みょうが」として売られているミョウガの花芽が庭に出始めるのは、素麺を食べ始める時期より遅いので、毎年、6月の素麺はミョウガなし。
けれど、「ミョウガタケ」が採れるなら、今からミョウガが味わえる。

f0000211_19451636.jpg写真の左側の長細いのと、右側の葉が出ているのが、庭で採ったミョウガタケ。(後ろにもしゃもしゃ写っているのは青ジソ。)
ミョウガタケはミョウガの茎が地上に出てきた部分で、茎が長くなっている方は、タケノコが縦に伸びたような状態でワシッと硬い。
日に当たらない部分がもっと多ければ、白くて柔らかく食べやすい部分がもっと多くなるらしく、お店で「ミョウガタケ」として売られている白いミョウガの芽(があるらしい。ネットに写真があった)は、日に当てずに育てたものらしい。
これは根が混み合ってガチガチに詰まったとこから採ってきたので、根が浅くて白い部分は少しだけ。

まずは白い部分を少し味見しようと、葉が出ている方の根元の、生姜のハジカミのような部分をかじってみたら、
「おお、ミョウガ!」
根の部分もしっかりミョウガ味で、どこまで食べられるかとかじっていくと、柔らかな緑の茎の部分も葉の部分もミョウガ味。
一気に丸ごと全部食べてしまった。

f0000211_19453977.jpgで、素麺には、左側の長い方の、根っこの白い部分から上のタケノコの皮のように茶色くなりかけている辺りまでを刻んだものを。(もっと上の方も食べても問題ないだろうけれど、硬かった。)
一緒に、葱と青ジソと、平地飼いで有機飼料で育てられた鶏の卵を載せて、麺つゆをかけて、いただきます。

(ミョウガと青ジソがあれば、毎食素麺でもOK。)


f0000211_19464059.jpg来年は庭の一部に覆いをして白い部分の多いミョウガタケを作ろうかと考えていたら、夕方庭に出たついでに少し草抜きした時に、動かした植木鉢の下から、白くて太いミョウガの根や芽が出てきた。
植木鉢に圧されてとぐろを巻いていたけれど、真っ直ぐに伸ばせば市販の「ミョウガタケ」に近そう。
採れたてのミョウガタケをRにも、と、夕食も素麺。
白葱みたいだけれど、ミョウガ。↑


草抜きしていたら、去年何もなかったところに小さな朝顔の芽らしきものが出ているのに気が付いた。
表庭の小さな朝顔から採れた種を蒔いたんだっけ?(記憶にない)
f0000211_1947627.jpgf0000211_19472321.jpg
あまりに小さいので、踏み潰さないように小石で囲んでおいた。


日曜日、あとは何をしたんだったか。
午前中は、ゴーヤ植え(10分弱)と洗濯とミョウガタケ採り(約10分)以外の記憶がない。
7時台に起きたのに。
午後は、2時頃に「いい加減動き出さないと」とコーヒーとリタを飲んで、その直後に眠ってしまい、目が覚めたら5時。
ごみ出しのついでに少し草抜きをしただけで、そのあとも、何もはかどらず。
うーん…。
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-23 20:07 | 日記 | Comments(4)
2009年 06月 22日
「へんなお花」
先週、朝一緒に家を出た時に、Rが玄関脇を振り返って
「へんなお花が出てきてらるよ」
「ん…?」

f0000211_20572640.jpg

…。

(「へんなお花」がこっそり気になっていたらしい。)




(出てきてらる=出て来てなさる(私訳)。出て来てそこにいらしゃる(R訳))

[PR]
by karino-tohko | 2009-06-22 21:01 | R | Comments(10)
2009年 06月 22日
○○ったシャンプー?
先週あたりから右手首のマウスだこと中指の筋と右肩がひどく痛んで、マウスやキーボードを触るのが辛い。
特に、マウス。
ペンタブレットで入力できる伝票はなるべくペンタブレットを使っているけれど、右クリックをよく使うタイプの伝票入力やネットを見るとき(ウインドウをひとつだけ開いて右クリックでタブを開いていくので)や文章を入力・編集する時(コピー&ペースト多用)にはペンタブでは不便で… と思っていたら、今試してみたら、ペンタブ本体に付いているボタンで「新しいタブを開く」「コピー」「貼り付け」ができた。(@@)
なぜか、使い始めた頃に試した時にはできなくて、ボタンの機能割り付けの方法もよくわからなかったのであきらめていたんだけれど。よかった。
解決。(でもペンタブでもまだ結構辛い。)

そういったわけで、あまりネットも見られず、日記に書こうと思うことがあってもマウスに触るのがつらくて、携帯から入力する根性もなくなってきたので、日記を書くタイミングも逃しまくり。


f0000211_19351853.jpgで、先週やってしまったこと。
水曜日、だったか。
前の晩、面倒なのと睡魔とに負けて石鹸とシャワーでざっと顔と体だけを洗って寝たら、朝起きてみたら結構髪がヤバくなっていたので、慌ててシャワーで洗髪。
時間がないので手早く洗えるようにと、石鹸や重曹やガスールではなく、以前何かでもらってほとんど使わないまま放置してあった、普通の合成シャンプーと同じように洗えそうなオーガニック洗剤の全身洗浄剤を手に取って、濡らした髪へ。

でも、わしゃわしゃやってもまったく泡立たない。
ずっと前にこれで何度か髪を洗ったことがあったけれど、こんなに泡立たないものだっけ?
今使っている洗濯洗剤(も、もらいもののオーガニック洗剤で、まったく泡が立たなけれど汚れを繊維の奥から引き出すタイプ)と同じようなのだったか?
…と思いながらラベルを見ようとボトルを手に取ってみたら、
「!?」
確か、以前は無色透明だったはずなのに、白濁している。
このところずっと夜は明かりをつけずにお風呂に入っていたので、気付かなかった。
水分が入って乳化してしまったのか。
使わない方がいいかなあ、とラベルの文字を追っていたら、
「『豊かな泡立ちのジェルタイプ』…っ!? 豊かな泡!? ジェル!?」
そう言えば、もらった頃は、ジェルタイプだったような…。
今は、シャバシャバ、というか、××っ(自主規制)というか…。
完全に分解(別名、腐敗?)して別物になってる…?
異臭がないのが幸い。
いや、異臭がしていたら、手に取った時点で気が付いたか。

ああ、朝からなんてこと、と、ザバザバゴシゴシ洗い流して、香りが好きで衝動買いした(けれど、使うと一日中髪を引っ張られているような感覚になる)無印のカカオのシャンプーで洗い直し。

そう言えば少し前にも、月明かりの中手探りで、「あまり泡立たないなあ。こんなのだっけ」と思いながら、それで洗ったような、洗ってないような…。
深く考えないでおこう。
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-22 19:45 | 日記 | Comments(4)