ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(44)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2009年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧
2009年 05月 30日
お寺の掃除
まだ5月は終わっていないけれど、銀行営業日が終わったので、ひと段落。
朝から一時間ほど仕事を抜けて、R家の墓のあるお寺の掃除に初参加。

「墓掃除」と聞いていたので日除けクリームを塗って深く帽子を被って長袖を着ていったら、実際にはお堂内の掃除。
大人数でわやわやする中でやるべきことを探して居場所を見つけるのは長らく苦手だったけれど、何が訓練になったんだったかそういった機会にも慣れてきて、今回はRの母親が一緒にいてくれたのもあって、ひとり手ぶらでウロウロすることもなく拭いたり運んだりできた。

それにしても、廊下の隅や通路の奥に積んであったものが結構なホコリ。
綿ぼこりではなく倉庫の奥に灰色に降り積もるような粉状のホコリで、最初にそれらを乾いた布で拭き取る作業が、「拭き取る」というよりは、「擦り込む」や「拡散させる」に近い状態。
汚部屋住人なのにホコリが大嫌いで、ホコリ領域に触れる時には拡散させず完全除去したいと願う私には、磨り込み拡散させるような方法で掃除するのは拷問。
積もっていた粉状のものの多くはムシ系のなにかと共に床に舞い落ちて、こっそり爪先と踵以外を浮かせていた靴下の裏が灰色。
幸い、退会したのに車に積みっぱなしだったスイミングクラブ用のカバンの中に替えの靴下があったので、お寺を出てから履き替えた。
顔や腕がチクチク。鼻の中がモゾモゾ。
ああ、シャワーを浴びて着替えたい。
(顔はバシャバシャ洗った。)


Keが一時帰国しているというメールをもらったので、今夜はこんなチクチクのままで会食。
(首筋と顔の周りの髪も洗った。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-30 20:28 | Comments(2)
2009年 05月 29日
うちうじん
f0000211_2159479.jpg昨晩Rが出張から帰ってきた。
出張先で、ある会社の会長から
「あんた、いい子やけど、宇宙人みたいやね」
と言われたそうな。
宇宙人…。
いや、それより、「子」…。


写真は、別の出張で買ってきてくれた水茄子とかぼちゃの京漬物。
かぼちゃはパリパリ、水茄子はじゅわー。
なんとも言えない塩加減で、これだけでご飯が何杯でもいける。
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-29 22:01 | R | Comments(2)
2009年 05月 28日
何かやり残している気が
夜になってから営業担当者に電話で「やらな間に合わんやろ」と人ごとのように言われたその人担当分の作業ができた。
帰ろう。
(昨晩も早々に帰宅していたその人から「注文が入ったから(やっといてくれ)」と電話があった。夜更けにひとりで倉庫に行くのはコワいよ。)

今朝はアホエンのおかげか、玄関に積んであった冬物を早々にクリーニングに出せた。
まだ5月なのに、こんなに早く(私基準)出せるなんて、奇跡。
昨日もアホエンのおかげか(いや、たぶんプラセボのせい)、フルに仕事に集中できてひと通り必要な入力が済んだ。
でも、急に手が空いて落ち着かない。
どうも何か忘れている気がする…。
残り、一日。

(アホエンは、どうやら、去年Rが会社関係で出た某総研のセミナーでもらってきたらしい。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-28 22:37 | 日記 | Comments(2)
2009年 05月 28日
髪を切るのは真夜中
f0000211_12552658.jpgR出張中。
昨日の深夜、肩まで伸びていた髪を切った。
代わり映えしない髪型。
洗面所で素っ裸で切って、切り終わって後ろ向きに鏡に向かって携帯で写真を撮ったら背中が大きく写っていたので、ペイントソフトでてきとーに着衣。


少し前の片付け時に、リビングのテーブルの上から、未開封のまま使用期限を少し過ぎた「アホエン」というニンニクの栄養補助食品がたっぷり100錠入り2袋も出てきた。
(なぜか「非売品」の表示入り。Rも私も知らないものが家の中にある不思議。)
ネットで検索すると、滋養強壮のみならず記憶力もアップして体脂肪も落ちるとあったので、このところ毎朝飲んでいる。(最初、疲れていたのでニンニクで疲労回復をと寝る前に飲んだら、神経が高ぶったかのように一晩中熟睡できなかったので、これは朝飲めば仕事に集中できるかも、と。)
結構、いい感じ。
カフェインのように焦燥感が出たりリタリンのように頭痛やひどい食いしばりが出たりすることなく、仕事に向かえている気がする。


決算期が終わるまで、残り一日半。
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-28 12:58 | Comments(4)
2009年 05月 26日
カウントできないアクセスカウンター
日曜日の事務所番中にのぞいた他の人のエキサイトブログに見慣れないカウンターのPRがあったので、エキサイトにも貼れるカウンターかとサイトを覗いてみたら(エキサイトはjavaだのなんだのが使えなくてサイト分析やアクセス解析は貼れないもの多し)、きれいな柄のものがたくさん。
デザインに惹かれて思わず貼ってみたら…
どうも、私以上に数が数えられないよう。
「二重カウントなし」の方を選んだのに、ありえない数字になっていた。

たまたまカウンターを目にして驚いた方がいらしたらすみません。
私も驚きました。
うまく物を数えられない話を書いたタイミングを狙ったかのようなカウンター。

デザインも、それ自体はきれいな色柄のものがいろいろとあってどれにしようか散々迷ったんだけれど、いざ貼ってみたら、上下にPR用の飾りがぞろぞろ付いていて、サイズもデカくて。
少し縮小しようかと思ったけれど、勝手にタグをいじるとペナルティ、みたいなことが書いてあったので、そのまま貼り付け。
で、実数とかけはなれた数字に、早々に撤去。


エキサイト、java入りのタグが貼れて記事のバックアップが取れるようにして欲しいなあ。
(タグが貼れないのはともかく、記事が全部消えたら、泣く。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-26 20:48 | WEB、PCなど | Comments(0)
2009年 05月 25日
物を数えるスタート地点
昨日の日曜日は、土曜日に日帰り出張に出たまま戻らなかったRの代わりに朝から出勤。
作業の必要な注文はほとんど入らず事務所番状態だったので、日の迫っている自分の仕事を片付けたいと思いつつ、結局全然違うことをしているうちに一日が終わってしまった。
で、今日も相変わらず時間がないので、下のとはまた別の人のブログに貼られていて保存しておきたいと思ったスレッドと、そこのコメント欄に書き込んだものに書き足したものを貼り付け。

195 :186だが:2009/05/16(土) 20:26:54
    割合が苦手というのもあるんですねえ。

    僕は小学校の時
    数を数えるのができなかった。

    たとえば、
    自宅から学校まで2キロあります。
    その道には10メートルごとに電柱があります。
    さて学校から自宅まで何本電柱がありますか?
    という問題。

    簡単に計算すれば
    2000÷10で100本なんだが、

    スタート時につまり0メートル時点に
    電柱があるんだろうか?
    だったら、101本だよなあ?

    とか考え出したら、算数が苦手になった。

    同じように

    一週間は7日ですが、
    今日から一週間後は何日ありますか?

    今日も一日に入れるんだっけ?
    とか。だったら8日???

    今でも数を数えるのは苦手です。

197 :132人目の素数さん:2009/05/17(日) 02:52:04

    >>195の書き込みを読んで、変なことを思い出したよ。

    物の長さを定規で測るとき、普通、測ろうとしている物の一方の端に、
    定規の0を合わせて、もう一方の端と一致する定規の数字を読むでしょ。
    これをそうしない子がいるんだよ。

    物の一方の端に、定規の1を合わせて、
    もう一方の端の数字を読んで、さらにその値から1を引くの。
    つまり、0から測るのではなく、1から測って出た値を補正するということ。

    その子に、なぜそんなことをするのと聞くと、
    0から測るのはおかしいという。
    おかしくない方法はどうすればいいのと聞くと、1から測るという。
    じゃあなんで、1から測った値から1を引くのと聞くと、
    そうしないと他の子や先生の値と同じにならないからという。

    この子としては、1から測るのが正しいと思うから、
    物の端には、あくまでも定規の1を合わせたいんだけど、
    そうして読んだ値は、みんなの値と合わないので、
    1を引いて補正しているということらしい。

    色々話をしていると、
    この子は、1から始まるもの(ものの個数、日付、本のページ等のように、
    最初の1単位に1という名称を与えて、そこから2,3,4と数えるもの)と、
    0から始まって1単位進んだところを1とするもの(定規、時計等のように、
    1単位分の終りに1という値が書かれて、次の1単位の終わりが2となるもの)が、
    混乱しているらしいんだ。
    特に時計の話なんかするとちょっとおびえている感じもした。

    この子にちゃんとわかってもらうのに、何日かけたかなぁ。
    なつかしい思い出。でもこんな感じの子、案外いるよ。
    >>195の趣旨とはちょっと違うかもしれないけどね。

198 :186だが:2009/05/17(日) 10:19:11
    >197さん

    その子は、完璧に僕と同じですね。
    物を数えるスタート時点を0とするか、1とするか。
    そこでごっちゃになってたんですね。今気づいた!

    今は大人になって状況によって求められる数はわかるけど。
    でも数えることについては、ちょっと今でも戸惑う。
    この子のように数え方を1を足したり引いたりを
    無意識にやってるのかも(笑)。

    時間にたってもそう。
    時刻は、0時から数えるのに
    同じく時を表す日付は1日から始まる。
    子供にとっては混乱したんだろうなあ。

204 :132人目の素数さん:2009/05/18(月) 12:19:32


「物を数えるスタート時点を0とするか、1とするか」
私もこれに混乱していた。いや、今もしている。

物の長さを測る時に物の端に定規の0を合わせる、というのは、「そうか、0を合わせるのか。測るときには1からではなく定規の目盛りの端の0を合わせればいいのか」と強く印象に残った記憶があるので、定規を使い始めた当初は混乱していたのかも知れない。

「自宅から学校まで2キロあります。
 その道には10メートルごとに電柱があります。
 さて学校から自宅まで何本電柱がありますか?」
は、スタート地点とゴール地点に電柱があるのかないのかがはっきりしていても、未だに計算の仕方がわからない。
こういうのを計算する必要がある時には、出だし部分の図を描いて最初の50mに電柱が何本あるか、100m目までだとどうかと数えてその場合の計算ルール(割り算で出た数字に1を足すか引くか等)をつかんで、なら1キロでどうだ、じゃあ2キロだとこうだろう、と、何箇所か確認して答えを出している。

時間や日にちや年の計算は、今もあやふや。
3時から8時までの間に何時間あるのかは、「8-3=」で合ってるのか、そこからさらに1を引いたり足したりしないといけないのかがわからないので、「3時から…4、5、6、7、8」といつも指を折って数えている。
あれから何年かと年数などを数える時は、同様に端数だけ指で数えて、そこに10や20を足している。

3日から8日までは何日あるか、だと、3日も含むのか、8日も含むのかで混乱。
実生活の中でだと、3日から作業にかかって8日の朝提出なのか8日中の提出でいいのかを確認して、指で数える。
「から」「まで」や「以上」「以下」はその基準点自体も含み、「未満」「超」は基準点は含まない、というルールを覚えてからは、生活上で数字の範囲を示すやりとりがすっきりするかと思えたんだけれど、実際には指示する側が「以下」も「未満」も区別せず適当に使っていたりして混乱したり。


そんな数字の感覚の弱い私が、決算作業中。
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-25 12:43 | A-spectrumの脳みそ | Comments(6)
2009年 05月 23日
自我が希薄だった頃
引き続き日記を書く時間があまり取れないので、3ヶ月半ほど前に書いて中途半端に終わっていたものを、まとまらないまま投稿。
最初、他の人のブログのコメント欄に書き始めたものだけれど、なんだか長くなってきたので自分のブログ用に語調を変えて書き直して、書き足して、そのままになっていたもの。



拝読しているブログにあった話を読んで思い出したこと。

小学校低学年の頃、ある同級生に毎日手をつねられていたことがある。
つねるというか、爪を刺すというか。
毎朝、同じ地区の生徒と引率の人とで分団登校することになっていたんだけれど、いつもその子が私のところに手をつなぎに来て、その子は学校までの30分ほどの道のりの間ずっと、私の手の甲に爪を食い込ませていたんだった。
なぜ逃げなかったのか、なぜ誰にも言わなかったのか、自分でもさっぱりわからない。
その子とは特に仲が良かったわけでも悪かったわけでもなく、学校までは並んで歩いて行くけれど、学校に着いた後はあまり接触がなかったように覚えている。
ある時、私の手の甲にある奇妙な形に盛り上がった複数の傷跡に気付いて驚いた母親からいったいどうしたのかときつく問い詰められて(目立つ傷跡になるまで気付かないところがさすが私の母親)、その子に毎日されていることを言うと、そのあと母親が誰にどう言ったのか、いつの間にかその子が手をつなぎに来ることはなくなっていた。

「どうしてその子に『いや』って言わないの!?」「なんでやめてって言わないの!?」
驚き、おそらくショックを受けていた母親にそう叱られたけれど、なぜ逃げずにいつも素直にその子と手をつないでいたのか自分でもよくわからず、返事に困って黙り込んだように覚えている。
その頃の私は、今にして思えば不思議なくらいに自我や自意識というものが希薄で、「面白い」「楽しい」「怖い」「いや」というような感覚はあるものの、自分自身や自分の周りを自分がどうこうできるものだという意識はなくて、周りの同級生らのことも周りにある物と同じように「そういうもの」だという風に受け止めていたようなので、そのできごとについても、いやなことながら、よそで起きているいやな出来事を見ているようなぼんやりした感覚だったような気がする。

そうされ続けていた頃、自分の手の甲に付いている、治りかけの傷に繰り返し新たに傷が重ねられて醜く盛り上がったその傷跡がいやで、人に見つからないように手を隠していた覚えがある。
傷が汚らしくて見た目が悪いからというのではなく(鼻水をたらしていてもカビパンで黒緑に変色した手提げ袋を持っていてもなんとも思っていなかったので、見た目はまったく気にしていなかったよう)、それを見るとなんともいやな気持ちになっていた気がする。
そのいやな気持ちははっきりことばにはなっていなかったけれど、今思えば、それが自分の印のように思えていたような、まるで、自分はそうされて当然のやつだという印に見えるかのような、どんより重くて苦しい気持ちだった。
あ、そんなことをされていることを人に言うと、自分がそんな(そうされて当然の価値のない)人間だとばれて(思われて)しまうのがいやだったのかも知れない。


小学生の頃は、何がどうなのかよくわかっていなかったけれど、とにかくしんどかった。
4年生くらいになって、周りの子らもそれぞれ個々の意識を持っているんだということをはっきりと知って、私が周りの物や人を見るように、いや、私がぼんやり見ている以上に同級生らもしっかり私のことを見ているんだと気付いて、自分が周りからどう見られているのか、どう思われているのかということがわかってきてからは、特につらかった。
あの頃の自分の感情を思うと、よくここまでたどり着けたものだと、奇跡のように思う。
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-23 18:33 | A-spectrumの脳みそ | Comments(15)
2009年 05月 22日
自分の名前が嫌いな人ほど
新型インフルエンザの思わぬ影響で日記を書く時間が取れないので、先月書いてそのままになっていたものに少し書き足してアップ。


私は長らく自分の本名が大嫌いだったけれど、「この名前でよかった」と思えたことが何度かあった。
それは、日本の外に出た時や、国内で外国の人に接した時。
パリで友人のところに転がり込んだ時、その人が周りから「イホ」と呼びかけられているのを聞いて何かと思ったら、その人の「ヒロ○○」という名前がフランス人には覚えづらいため略して「hiro」になって、フランス語では語頭の「h」は発音せず「r」は摩擦音になるので、「hiro」が「イホ」化していたんだった。
その点私の名前は、音が短い上に欧米の人にも人名として耳馴染みのある音なので覚えてもらいやすく、発音も、アルファベットで表記すればほとんどの国で同じ音で発音してもらえる。
フランス語圏でも英語圏でもアジアでも、名前を呼ばれたら自分のことだと気付くことができる。
それまでイヤな音の古臭い和風の名前だと思っていた自分の名前が、意外にも、アルファベットにすると誰にでもスムーズに読んでもらえて国際的に通じるいい名前なんじゃないかと嬉しくなった。


仕事柄、生まれた赤ちゃんに付けられた名前を目にする機会が多いのだけれど、特にここ数年、読めない名前が増えている気がする。
去年そういった名前の伝票が続いた時に事務所でそんなことを話していたら、伝票を書いていた人が、「娘の学校の先生も、読み方の見当が付かない名前の子どもが多くて、出席簿があっても名前を呼べなくて困っていると言われていた」と話すのを聞いて、そこまでなっているのかとびっくり。
そうしたら、先月の『週刊文春』4月23日号に、まさに『先生が名前を呼べない子供たち』という特集が組まれていたとのこと。
実際に子どもに付けられた名前の例として挙がっているのは、和源(ワーゲン)くん、天使(ミカエル)くん、絆(ハート)ちゃん、等々。
エキサイトニュース
「ネーミングで、とりかえしのつかない一歩を踏み出さないために」より
「名前は、その人物が社会で認識されるための符牒です。他人が読めない名前には、社会性がありません」
最近の子どもの名前に読めない奇抜な名前が氾濫していることを危惧する、日本司法支援センターの加藤卓也弁護士のコメントとのこと。
同意。
エキサイトの同じ記事内には、
「凝った名前には、子どもを支配したいという気持ちが出ている」
という、大阪大学の西沢哲助教授(大学院人間科学研究科)のことばも引用されていた。

また、一昨日流れてきたニュース記事によると、自分の名前が「嫌い」な人ほど子どもに個性的な名前つける傾向がある、という意識調査結果もあるよう。
確かに私も、姓も含めて自分の名前が大嫌いだった中高生の頃に考えていたペンネームは、年齢的なものもあってか、性別不明でトンがった名前ばかりだったけれど、姓さえ変わればこの名前でもいいか、と思い始めた大学生の頃には、「○○彰子(しょうこ)」など、音と字面の好きな普通の筆名に落ち着いて行った。
ちょうどその頃、自分の女性という性もなんとか受け入れることが出来始めたので、将来子どもを産んで名前を付けることがあれば「薗子(園子)」や「桜子」なんかがいいかな、とも考えていた。(いつの間にか「子」マニア。)
自分の名前が「好き」な人では「誰でも読める一般的な名前」を選ぶ人が64.9%だったのに対し、「嫌い」な人では52.6%と差が出た。また、「文字は変わっているが読みは一般的な名前」「文字も読みも変わった名前」「マンガやアニメキャラクターと同じ名前」は『嫌い』な人で割合が若干高くなっている。自分の名前に不満がある人ほど、子どもに個性的な名前をつけたがる傾向が見られる結果となった。
(RBB NAVi 「自分の名前が「嫌い」な人ほど子どもに個性的な名前つける傾向~意識調査」より)

変わった名前の人は自分の名前が嫌い → 自分の名前に不満がある人ほど子どもに個性的な名前を付ける だと、まさに、負の連鎖?


仕事で見かけた読めない名前の例を挙げたいところだけれど、どれもふたつとないような凝った珍しい名前で親が検索でもすれば簡単に引っかかってしまいそうなので、代わりに、一番上のリンク先にあった個性的な名前の一覧を。

…と思ったら、もうリンク先のページがなくなっていた。先月末の記事なのに、早い。
下の表は、掲載期間が過ぎたエキサイトニュースページに貼られていた、明治安田生命の「名前ランキング2008」より、「フリガナなしには読むことの難しい『個性的な名前』」。
f0000211_12573567.jpg


※ 追記。
今気が付いた。
「凝った名前には、子どもを支配したいという気持ちが出ている」というのを読んで、いかにもありそうなことかもと思ったけれど、考えてみれば、Rの親は自分の子ども三人に読みづらいやや変わった名前(今の比ではないけれど)を付けたものの(特に末っ子の名前は、役所への届け時に窓口で受理拒否されたほどで、その場で代替案が考えられたそうな)、支配どころか放任状態だったよう。

反対に、ふたりの子どもにごくありふれた一般的な名を付けた私の父親は、「おまえら(母親と私と妹)はわしが食わしてやってるんやから、何でもわしの言う通りにすべきや」と、いつもあれこれ口うるさく言ってたっけ。
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-22 12:59 | 異文化の人たち 日本語 | Comments(16)
2009年 05月 21日
マスクの限定販売
昨日の記事がマスクを探し求めている人の検索ワードに引っかかるようで申し訳ないので、一日10~30セットずつの数量限定ですが、ネット上で良心的な価格でマスクを販売されているサイトのURLを貼っておきます。

ミドリ安全個人購入限定品/新型インフルエンザ 公式通販サイト
サージカルマスク50枚入り 945円、N95マスク30枚入り 3,150円です。


また、マスクだけでなく、消毒薬やディスポ手袋が入ったセットも販売されています。
持ち手の付いた紙箱にコンパクトにセットされていて、平常時にマスク単品を買うのと同じかそれよりも安いくらいのようです。

ミドリ安全新型ウイルス対策セット 個人用14日
ミドリ安全新型ウイルス対策セット 個人用40日

どちらも、N95マスク、不織布マスク、ゴーグル、携帯消毒剤、ポケットコート(外出時のウイルス付着対策)、ディスポ(使い捨て)手袋がセットされていて、14日分4,284円、40日分7,854円という破格です。
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-21 17:13 | Comments(0)
2009年 05月 20日
ハイパーインフレ?
取引先から、一箱50枚入りのサージカルマスクを数十箱単位で臨時販売します、という緊急案内が来た。
周辺の店はどこも売切れのようだし、この会社にも今朝からマスクを扱っていないかという他社からの問い合わせが相次いでいる。
けれど、仕入れ価格を見ると、年末に私が買った小売価格の数倍。これに送料や利益を考えると、最低でも一箱1,000円以上にはなってしまう。
でもそんな値段ではこの超人手不足で忙しい時に手間ばかり取られて大変だし、かと言ってそれ以上の値段にして売れるかどうか疑問だし…。

…と思いつつ相場を検索してみたら、ある店では、同じタイプのものが50枚入り12,000円!!
1枚240円!
私が50枚入1ケースを買った値段で、1枚??
N95じゃなくただのサージカルマスクが?
マスクのハイパーインフレ??
そう言えばRがヤフオクでマスクが高値落札されてるって言ってたっけ、と落札相場を見てみたら、確かに、サージカルマスク50枚入りが8,000円から20,000円で落札されまくっている。
これなら、ちゃんと利益の取れる値段で売っても売れるだろう。営業の人の声を聞くまでもないか。

…と思ったら、出荷は月末になるとのこと。
うーん、ピークが去って何万円分も売れ残ってもなあ…。
(すでにN95マスクが自社用に何万円分もストックされてるし。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-05-20 22:03 | 日記 | Comments(2)