ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(292)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2008年 09月 ( 48 )   > この月の画像一覧
2008年 09月 30日
出てきたハリネズミ
f0000211_13322341.jpg日曜日の日記を書く時間が取れなくて遅れ中。

写真は、いつも座っているリビングのテーブルのガラスの天板の下の引き出しから、日曜日の片付けで出てきたツボ押しのハリネズミ。陶器製。
なんとなく見覚えはある。(あたりまえ。)
(ちなみにその向こうに写っているオレンジ色のボトルが、この間書いた、見た目はラグジュアリーなのに香りは全然な、東京ベイコートクラブのアメニティセット。)

ホコリまみれだったので洗って乾かして、夜、録画してあったCOOL JAPANを見ながら立て膝で座って踏み踏み。かなり効く。
そう言えば以前、洗面所でバスマットの上に置いて、ハミガキしながら踏み踏みしてたような気がする。
…と思っていたら、今検索してみたら、これは手用だったよう。(→手用ツボ押しツボセラピーS
足用のは突起がもっと緩やか(で形がかわいくない)。ごめんね、踏みまくって。


(あまりかわいくない足用→足用ツボ押しツボセラピーL
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-30 12:50 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(1)
2008年 09月 29日
f0000211_195857.jpg

f0000211_195815.jpg

f0000211_195895.jpg

雨。
肌寒くて、朝、七分袖のカットソーの上に一枚引っかけてきた。

パオには一面、ビーズを撒いたように見事に細かな水玉。


車を買った店のブログに、先月の納車時の記事が載った。
顔がわからないように小さめの写真にしてもらったけれど、小さくても不機嫌丸出しなのが見てとれる。写真を撮る時にはにこやかに見えるように笑っていたつもりなんだけれど、全然。
ムッとしている写真を見たら、あの時のイヤなことをあれこれ思い出してしまった。
載ったらURLを貼ろうと思っていたけれどやめておこう。


明日は税理士デー。
ひと月経つのがあまりに早い。
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-29 22:00 | Comments(1)
2008年 09月 27日
仙人だとかスーパーカミオカンデだとか
医者だと断定されたり外国人だと思われたり女の人に間違われたりするRが最近人から言われたこと。


知り合ったヒーリングの先生から
「あなた、仙人みたいな人ですね」
そう言いたくなる気持ちはわかる。


お酒を飲んでた店の若い女性スタッフから
「何やってる人なんですか!? スーパーカミオカンデですか?? それとも芸術家??」
なぜ、カミオカンデ。



スーパーカミオカンデ→Wikipedia「スーパーカミオカンデ」
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-27 21:17 | R | Comments(4)
2008年 09月 27日
あたし彼女 みたいな
別ブログ
始めました
「カリノ トウコ
みたいな」

たまには
こんなの
いくなくない?
みたいな


ウソです。
上のリンク先は、ブログを「第3回日本ケータイ小説大賞」を受賞した『あたし彼女』ふうのケータイ小説に変換してくれるジェネレーター「あたしブログ」でこのブログを変換したものです。
『あたし彼女』、アタマが煮詰まっている時にこういう文体のものを読むと、結構気持ちよくてクセになったりします。
ウツにいい単純反復リズム運動、みたいな?
429ページも読めないけれど。
てか
(影響されやすい)
この文体で429ページ書き通すところがすごい。
こんな短いセンテンスの連続だと
何書いてるかわかんなくなりそう。


日本ケータイ小説大賞:第3回はkikiさん「あたし彼女」
「あたし彼女」は今時の若者言葉を多用した今までにない文体で、切ない恋心をつづった。審査委員長を務めた作詞家、秋元康さんは「言葉のリアリティーがすごい。こんな小説は読んだことがない」と絶賛。
うん、読んだことない。


瀬戸内寂聴さんもケータイ小説を書いてたって話題になっていた。
ケータイ小説では「ぱーぷる」 86歳瀬戸内寂聴さん衝撃告白
「私もこっそりケータイ小説を書いていました。わくわくしました」。作家の瀬戸内寂聴さん(86)が「ぱーぷる」というペンネームでケータイ小説を書き、サイト上で発表していたことが24日、分かった。

瀬戸内さんは「ケータイ小説は日本の文学を悪くすると言われていますが、読まれているのには理由があるはず。なぜ読まれるのか知りたくて書いてみた」と語った。
「生クリーム乗せ
ブランデー
ココア」

飲みたい
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-27 17:15 | WEB、PCなど | Comments(0)
2008年 09月 27日
懐かしい甘い香り
f0000211_325239.jpg

昨日Rが泊まったホテルのカードとアメニティセット。
ロクシタンの洒落た(でも引っ掛かりがわずかで指先が少し不自由だとすごく開けにくそうな)ボトルを開けて香りをかいでみると、青臭く懐かしい香りのシャワージェルに次いで、「えっ、これ…?」と、なんだかすごく覚えのある独特の香りのシャンプー。
そしてコンディショナーで、「うわっ、これ…!」
強烈に記憶にある、けれど、何だったのか思い出せない香り。
このまとわりつくような濃厚な甘い香りが目当てでどこかに通ったか、この香りのものをどこからか持ち帰ったかしたはず。なんだったろう。

思い出せそうで出せないのがもどかしくて何度もかいでいるうちに、好きな麝香系の香りによく起きるアレルギーのような鼻炎のような反応が出てきてしまった。うーっ、しばらく鼻が使えない…。
それにしてもこの香り、ホテルのアメニティセットにするには、人によってかなり好き嫌いがありそうな気がするんだけれど。


アメニティセットの香りと言えば、少し前にRが持ち帰ったハイアットホテルのセットの、イランイラン&ラベンダーのエキゾチックでクールな甘い香りがよかった。
会費数千万円の東京ベイコートクラブのは、鮮やかなオレンジと黒のアールデコ風の宝石のようなデザインのボトルに期待したんだけれど、かいでみると、シャワラン・ビューティー(中学生の頃家族で愛用)のような香りだったのでびっくり。なぜ??
石鹸がサボンドールだったので、「資生堂」とだけ書かれたシャンプー類もそのシリーズなのかも。


普段は石鹸や重曹で髪を洗っているけれど、たまにこういう香りのもので洗いたくなる。
(そう言えば、クエン酸リンスの香り付け用に、カナンガのエッセンシャルオイルを持ってたんだった。すっかり忘れてた。)

あ、また3時半になってしまう。寝なきゃ。

More 覚え書き
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-27 03:25 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(0)
2008年 09月 26日
掃除下手・片付下手向きの書棚
少し前に本棚について質問を頂いていたので、お返事を。
(写真はPC内にあった以前載せたものの再掲。高校の頃に親に買ってもらった棚から最近買ったものまでが混じっていて、テイストがバラバラ。しかも夜に暗い蛍光灯の下で撮った写真ばかりで色が汚い…。)


f0000211_19275010.jpg本棚は、「掃除下手」にはホコリが入らないようにガラス扉付き(写真右)やフラップ扉付き(写真左)や、本の高さキッチリに棚板があって本の上にホコリの入る隙のあまりない文庫本棚や新書棚がいいかと思います。
見せたい本が多ければガラス扉棚、隠しておきたい本が多ければフラップ扉棚にするのがいいかも知れません。
ガラス扉棚の中の見苦しい段には、並べた本の前面にカードや写真集の表紙をこちらを向けて置いて後ろの本を隠したりしています。

f0000211_19281676.jpgただし、扉付きの本棚はたいてい奥行きがあって、本がたくさんあるとつい2列・3列と一段に何重にも本を置いてしまって後ろに何があるのかわからなくなりそうなので、それだと「整理下手」には管理が難しいかも知れません。
もし本棚を置く壁面に余裕があれば、奥行きが浅くてガラス戸付きの本棚もあるので、そういった棚に一列に本を並べるのが一番すっきりして見通しもよく、ホコリも入らなくていいかと思います。(こういうののガラス戸付きがありました。)


私は、いろんなものが雑多にある広い範囲の片付けは苦手なんですが、本などの整理は苦にならず、本を並べる順番を考えるのも大好きでした(過去形)。(ちなみに、図書館司書の資格を持っています。)なので、引っ越してきた頃は部屋に数千冊ある本の位置を「どの棚の何段目の後ろの列の右から何冊目あたり」と全部覚えていて、手前の本の後ろに2列3列と見えない本があっても大丈夫だったので、限られた壁面積に対する収容率を考えて主に奥行きのあるものを使ってきました。(…が、今はもうすっかり忘れてしまっていて、どこに何があるのかわからない状態です。)
奥行きのあるガラス戸棚やフラップ扉棚にする場合は、棚板やボックスごとにジャンルを分けて、見えない奥の列には何があるかを個々に覚えなくてもいいシリーズ物などを並べておけば、まだ探しやすいかと思います。
(文庫などを前後3列に並べる場合には、真ん中の列はティッシュボックスの上の部分を切り取ったものなどに入れておくと、一番奥の列の本を取り出す時にのけるのがらくです。)
奥の本も取り出しやすいようなスライド式本棚もありますが、私だったらきっとスライドするレール部分にも本を積んでしまってスライドできなくしてしまいそうだし、ボックスシーツよりフラットシーツが好きなのと同じような感覚でフラットな棚に本が並んでいる方が好きなので、スライド式棚は使ったことがなくて使い勝手はわかりません。

あと、組み立て式の安い本棚の中には、使っているうちに棚板が本の重みで反ってダボから落ちてしまうものがあるので、入れる量を考えて棚板の強度を確認しておいた方がいいと思います。(安い組み立て式のものでも「丈夫な棚板」と謳っていたものは、辞書を二列置きにしても大丈夫でした。)

あと、本は蛍光灯の光でも結構日焼けして色褪せてしまうので、ガラス扉のものは、貼れるものはガラスの外側から無色透明の紫外線カット&飛散防止フィルムを貼ってあります。それでも多少日焼けしていきますが、万が一地震などで本棚が倒れた時にもガラスが飛び散らず安心です。


ちなみに、買って一番後悔しているのは、オープンタイプのスチール棚です。(下の写真の右手奥)
どうしようもなくオープンで、ホコリが積もりまくり。
しかも、買ってしまったスチール・オープン棚のうちこの書斎にある方は(寝室にもあります。本が綿埃まみれ。泣)、幅180cmのビッグサイズ。デカいのに棚板が少ないので収容力がなく、ガラガラでスペースのムダ遣い。
買うときには、本に合わせて棚板を買い足して棚の高さを詰めようと思っていたんだけれど、それどころじゃなくて。
安い本棚に本を二重三重に詰め込んで棚板が反ってしまって使えなくなったことがあったので、幅があるのに反らない超頑丈ハードスチールとやらに惹かれて衝動買いしてしまったんですが、買って帰って組み立てようとしたらデカすぎて部屋に部材を広げきれず (組み立ててからではドアを通らないデカさ)、そこで返品してしまえばよかったものを、ムリヤリ周囲の本棚を動かして場所を作って組み立てたので、「後で棚板を増やす」なんてことができる状態でなくなってしまいました。
その後書斎には10本近い本棚が詰め込まれてしまったので、すごくジャマなのに、もう二度と分解できない状態です。さいあく…。


おまけ。2006年4月の片付け前の書斎再掲。
f0000211_19284832.jpg
この時点で本棚が14本入っていて、この後部屋の中央部分に背中合わせに4本追加。
(元々本の部屋にする予定だったので建築時に床は補強済み)
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-26 19:35 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(2)
2008年 09月 26日
古代米茶
f0000211_1229887.jpg

f0000211_1229897.jpg

f0000211_1229832.jpg

家に頂き物のお茶っ葉がたくさんあるんだから、今日から健康のために緑茶を飲む生活をしよう。
体調が思わしくなかった日曜日にそう思い立ちって棚の中の茶葉を物色していたら、こんなのが出てきたのでびっくりした。
古代米茶。
買った覚えはないから誰かにもらったのか。

原材料は紫黒米100%。
賞味期限は2006年3月。ってことは3年ほど前にもらったらしい。真空パックだから多少古くても全然問題ないだろう。
お湯を沸かしながら袋を眺めていたら、そう言えば前にKoさんにもらったような、と思い出してきた。嬉しくてすぐに飲んでしまうのがもったいなくて棚に入れて、そのまま忘れてしまっていたんだ。ごめんー。

沸騰したお湯を注いで1分。焦げ茶色のお茶ができた。
玄米茶のような懐かしい芳ばしい味。
「出し殻は捨てないで、研いだお米に入れて炊飯してお召し上がり下さい」とのこと。晩ご飯のお米に十穀米の代わりに入れてみた。いい感じ。
お茶として飲まない場合はそのまま研いだお米に混ぜて炊いてもいいよう。
これからの季節、水の代わりにこの熱いお茶を飲もう。
ありがとう。
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-26 12:29 | Comments(1)
2008年 09月 26日
f0000211_3291849.jpg

「白雪の詩」での洗顔、二晩目。
初めて重曹で洗顔した次の夜の洗顔時同様、肌がつるっつる。感激。
しばらく石鹸はこれで行こう。


この間ちぎってしまったノリナ、本体からも葉の方からも、まだ新芽も根も出てこない。
うーん…。


はやく寝なきゃ。3時半だ。
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-26 03:29 | Comments(0)
2008年 09月 26日
家に帰ってきたら
f0000211_12474924.jpg
Rは出張へ。
机の上には、これ。
あの一昨日のシャツだ。
はい、はい。


・・・
携帯から送信したデカい写真を小さくしたら見えなくなってしまった。
「なおして」と書かれた紙の上に取れたボタンがひとつ載っている。
シャツがピンクやブルーに見えるのは携帯の自動色補正のせい。
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-26 01:06 | R | Comments(1)
2008年 09月 25日
ねば塾 「白雪の詩」
f0000211_2134037.jpg石鹸で髪や顔を洗うようになった9年前から気になっていた、ねば塾の「白雪の詩」
当時からあちらこちらでいい石鹸だと耳にしていたけれど、近くでは売っていないしインターネットで買うには安過ぎて送料無料にならないし、単に安いから値段の割にはいいと言われているだけでムリして買うほどのことはないかもと、他のものと抱き合わせで買う機会をねらっているうちに、すっかり忘れていた。
それが、先々週、久しぶりにOVに顔を出そうと早めに事務所を出たところ休講日だったので、それなら久しぶりにスーパーにでもと足を伸ばしたら、スーパー内の薬局にこの石鹸が置いてあったのでびっくり。
しかも、「アット・コスメで洗顔石鹸口コミ人気No.1!」のPOP付き。そんなにポピュラーになってるの??

このところ髪は重曹で洗っているし洗顔用にはまだ使いかけの石鹸があったので、それがなくなってから使おうとおいてあったけれど、昨夜、布ナプキンを洗う石鹸がなかったのでこれを出してきて洗ってみたら、排水口に流れていく泡がメレンゲのように超細かくてしっかりしていて、しっかりし過ぎてなかなか排水口に吸い込まれていかないほど。
何、この泡? ほんとに純石鹸? と驚いて、そのまま髪を洗ってみた。(布ナプ洗った石鹸で洗ってすいません。)
デカいので手に余るけれど、それでも泡立ちが良くてしっかりした泡で洗いやすい。すすぎもスムーズ。
このところ少し石鹸カスが残っている手触りがあったのでついでにクエン酸リンスもしてみたら、本当にサラサラ。
すすぐ時も乾かしている時もいい手触りだと思っていたけれど、朝起きて鏡を見てびっくり。ここ数年、なんとなく重めでもったりしていた髪が、サラサラでストンと真っ直ぐになっている。重曹で洗ってもこうはならなかった。
こんな髪、何年ぶり?
ブラシで梳いてみたら、もう、絹糸のよう。手触りだけでなく見た質感も全然違う。すごい。最近使った他の石鹸では、クエン酸リンスをしてもここまで「素」な感じにはならなかった。
(洗顔にも使ったけれど、今のところ顔は特には違いはわからない。)
カッティングワーヤーで半分に切って使おう。

ただしこの石鹸は『薬事法による薬用石鹸、化粧石鹸ではありません』とのことなので、髪や顔、体を洗うのは自己責任でどうぞ。
パームバージン油だけを原料に中和法で作った純粋な石鹸分だけを機械練にて無添加で仕上げた名前のとおりの真っ白な石鹸。もちろん色素、香料、エデト酸などの添加物は一切使用しておりません。 キッチンソープにも最適。形態はお得な180グラムのビックサイズの2個入り。

180g×2個入りで262円。この手の石鹸にしては格安。
[PR]
by karino-tohko | 2008-09-25 21:10 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(4)