ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(292)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2008年 03月 ( 54 )   > この月の画像一覧
2008年 03月 31日
「台風クラブ」
f0000211_21451914.jpg「ただいま、おかえり、おかえりなさい」。
埋められない空洞を埋めようとしているかのように繰り返されることば。
不安定で退屈で衝動的で表面的な中学生たち。

1月にノーカット放送されていたのを録画しておいた、1985年の『台風クラブ』。
f0000211_21455967.jpg私自身の中学、高校時代の記憶とは重ならない風景が多いけれど、懐かしい。

記憶を揺さぶるのは、こちら側の教室の窓越しに見える向かいの校舎の窓の中の人かげだったり、両側に並んだ廊下の窓だったり、塗装が剥げて木目が浮き出した柱だったり、教室の喧騒だったり、
f0000211_21485347.jpgクラスメイトの芝居がかった口調だったり、いかにも文化部系の女の子たちだったり、ひとつだけ明かりが点いた教室から暗い夜の校舎に響くざわめきだったり、台風が近付いてくる時のざわざわした胸騒ぎや興奮だったり。
f0000211_21493195.jpg台風が近付いてくる時のざわざわは、文化祭前夜に似ている。
大きく唸る風の音に不安を煽られ、不安なのにワクワクしてじっとしていられなくなる。
何か大きなものが覆いかぶさるようにやってくる不安と期待。
静かな熱気。
前後の日々から切り取られた非日常。


f0000211_21495590.jpg「俺たちには、厳粛に生きるための厳粛な死が与えられていない」
10代の頃に見ていたら、何も深く考えず退屈な日常を過ごしているように見える生徒たちや、無理矢理テンションを上げているようなどこか白けた馬鹿騒ぎや、わかったような口をきく中学生などが、気に障ったり鼻に付いたりしただろう。
自分はどの瞬間ももっと真剣に必死で生きていて、もっと心底ハイでめちゃくちゃな馬鹿騒ぎが出来て、もっと深く考えていると思ったに違いない。
おとなが、かつて自分の中にあった危うさや不安定さを懐かしむためにおとなの目線で作った青春映画。
ずっと前にも一度見ようとしたんだけれど、その時にはすぐに見るのをやめてしまった。
成長の遅い私は、10代から遠くなった今、やっと見ることができたような。



(「1985年でこの年って…?」と、工藤夕貴が私より結構年下だったことにびっくり。
年上だと思っていた。)
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-31 22:30 | ARTS、CINEMA、BOOKS | Comments(8)
2008年 03月 31日
青緑の小さな石鹸
f0000211_19535672.jpg「石鹸は使わないのでよかったら」ともらった石鹸類の中に混じっていた、小さな透明石鹸。
試供品らしく、とても小さくてボディに使えるサイズではないので、トイレへ。

手洗い台に置いたら、その半透明の青緑が白い陶器に映えてとてもきれい。
思わずカメラを持ってきた。



f0000211_19542212.jpg数mmの厚みしかない小ささだけれどかっちりした亀甲型で、ミニチュアのよう。
周囲だけでなく表面も亀甲に面取りされている。
使って角を取ってしてしまうのがもったいない。

[PR]
by karino-tohko | 2008-03-31 22:00 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(2)
2008年 03月 31日
玄関片付け
30日日曜日分続き。
玄関の片付け。

Rに「げんかんしろ」と言われたけれど、玄関、散らかってたっけ?
…と思いながら二階から降りてきたら、散らかっているようなそうでもないような。
以前の散らかり具合が出入りに支障をきたすレベルだったので、それに比べれば「いったいどこを片付けろと」と言いたいほどスッキリ見えるんだけれど、あらためてカメラで覗いてみると、確かにちょっと物が積まれている。

(日が暮れてしまったので写真が電球色。)
f0000211_19422820.jpgf0000211_10332161.jpg
廊下に沿って積まれている物は半分はRの物っぽいし、一番端の一番上にあったのはクリーニングに出すジャケット類でこの時間ではどうしようもないので、そっちの山は手が付けられずにそのまま。
(クリーニングに出す服をちょっと横にどけておけばいいんだけれど、最初からそれだとどうもやる気が…。)
で、反対側のプランター脇のかたまりに手を付けた。


玄関先に放り出してある掃除機は、12月の始めに事務所のPCのハードディスク交換をした時に、PC内部や周辺のホコリを掃除しようと持って行ったもの。
持って帰ってきてから約4ヶ月間、ここにあったらしい。

その下のダンボール箱は空き箱だと思っていたんだけれど、
f0000211_1944794.jpg
掃除機の下から、カビた里芋としなびた大根。
正月用にもらったものらしい。
ごめんなさいー。(泣)

ダンボールの下にあった雑誌や紙類を片付けて、横に積んであった生協の回収用のちらしの束を車に積んで、この部分は簡単に終了。
f0000211_19443620.jpg
 ↓
f0000211_1945471.jpg
(片付けきったつもりでいたけれど、今写真を見たら、まだ周りに要らない瓶やくしゃくしゃの紙を突っ込んである鉢が。)


紙類を片付けるついでに、横の丸テーブルの上に載っていた封筒や書類も片付けようと手に取ったら、乱雑に置かれた封筒の中から神社のお札が出てきた。
添えられていた紙には、「このお札を、神棚か、または南か東向きの清潔なところに…」。
ゴミ溜めの中に放置してあってすみません。

さらにその下からは、「平成16年度 健康診断受診票」。
そろそろ、20年度分が届く時期。
ってことは、4年間ここに!?

f0000211_19454121.jpg他には、靴べら4つ(玄関だから、ではなく。1つはRが使っているもので、3つはヤフオクで買ったレトロなセルロイド製。人と分けるつもりで買って「何色がいい?」と話していた記憶はあるけれど、届いたままここに置きっぱなしになっていたよう。落札したのはいつだったろうと今確認したら、2002年…)、裸の綿棒1本(なぜ?)、メンタームの極小缶、何のパーツだかわからない樹脂、なくなったと思っていたドライバー、等々。

何年も前から枯れきっているレースアイビーとワイヤープランツの鉢を庭に出して、ごちゃごちゃのっていたものを整理。


↓片付け前ではなく片付け途中。
f0000211_19462460.jpg
上に載っていた紙類をのけて、アルミ皿の上に載っていた雑多な物ものけて、テーブルの上に散っていたワイヤープランツの葉を空いたアルミ皿の上に集めたところで「そうだ、写真」と思い出して撮った。
 ↓
要らないもの片付け後。
f0000211_19465298.jpg
受けとった荷物のサインをするスペースができた。


全体で見るとこんな感じ。
元々、以前ほど散らかっていなかったので、それほど変わり映えしないけれど。
f0000211_19471681.jpg
 ↓
f0000211_19474621.jpg
あ、テーブルの足元がいっぱいのまんまだ。
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-31 21:30 | 日記 | Comments(2)
2008年 03月 31日
和室片付け
30日日曜日分。
急いで書いたので読みにくい文章かも。

確か11頃起床。
起きて着替えて何か食べて、どんどん注文FAXが入ってきているけれど会社に行かなくていいのかとRに確認のメールをして、「そうじしろ」との返信を見て洗濯機を回して、12時40頃リタリン。

朝、Rが仕事に起きた気配でぼんやり目が覚めて、うとうとしながら
「今日は掃除するよ。どこ片付けておいたらいい?」と訊いたら、
「ぜんぶ」。
「むり」
「じゃあ机の上」
「あそこは難しい」
「じゃあ、…あ、ここ。ここ片付けなさい」
寝室を出ようとドアを開けて、出たところにある和室の入口を見て言ったらしい。

で、今日は和室の入口。
そこはこれまでに何度も片付けているけれど、数ヶ月経つとまたすぐに元の状態。
掃除 第3週
冊子原稿と和室前の片付け
これ以外にも時々ささやかに片付けてはいるけれど、なかなか維持できない。


まずは窓を開けようと和室に入ると、畳の上に散乱した小さな花瓶と稲穂とみかん。
(散乱していた稲穂はトレイの上に集め済み。)
f0000211_2063439.jpg

これ、何だっけ?
…としばし考えて、わかった。
f0000211_2065668.jpg
横の抽斗の上のミニ鏡餅の上に載せてあった葉付きみかんが落ちて、下のトレイの上にあった素焼きの笛(最初花瓶だと思ったけれど笛だったことを思い出した)を倒して、そこに挿してあった稲穂が散乱したらしい。
鏡餅は3ヶ月前に置いたものだけれど、その下のトレイや稲穂は、それらが家にあったことさえ思い出せないくらいに長く視界に入っていなかった気がする。


窓を開けて、入口にあるものを端からひとつひとつ手に取って、掃除機の小物用ブラシやダスキンクロスでホコリを除去して、あるべき場所へ。
入口部分が片付いたら床や畳に掃除機をかけて、そのまま室内も片付けながら掃除機。

f0000211_20818.jpg和室は、来客がなくなったここ数年はほとんど使っていない。
たまに掃除機をかける時には物がたまっている向こう半分は手付かずのまま、手前の方にしかかけていなかったので、久しぶりに全部の物をのけて掃除機。
4畳半の小さな部屋だけれど、普段奥の方には踏み入らないので、隅で懐かしい物を見つけて、「わ、これ、持ってきてたんだ」。
子どものころに誰かがくれた昭和レトロなミニ抽斗。(ミニタンス?)
真ん中の抽斗の取っ手は取れてしまっている。
結婚後数年してから親元に帰った時に見つけて、懐かしくて持ってきたような気がするけれど、そのまま、また忘れていた。


f0000211_2084979.jpgその後ろにあるのは、古いお針箱。
以前、知り合いのブラジル人が住んでいた古い借家に遊びに行った時に
「引っ越してきた時に置いてあった古いじゃまなものは二階(というか屋根裏)に上げてある。欲しいものがあったら持って行っていいよ」と言われて、
「元々この家にあったものならそのまま残しておかないといけないんじゃないの?」
「いいや、いいんだよ、ほんとに。持って帰って」
ということで、もらってきたもの。
その人は日本語があまり流暢ではなかったけれど、その場にいたブラジル人のSiさんにポルトガル語で確認してもらって、日本のこともよくわかっているSiさんが「ほんとにいいらしいよ。みんな捨てるらしいし、どうぞ」ということだったので、使うアテはなかったけれど、捨てられてしまうのは忍びないと、ついもらって来てしまった。
その人は間もなくそこを出る予定だったので、その後は建物ごと全部壊してしまう予定だったのかも。
骨董屋に置いていそうな大きな階段箪笥や絵付けの器などもあったんだけれど、どうなったんだろう。


f0000211_2094824.jpgこれも、もらったまま和室で眠っていたもの。
OVの友人の知り合いの人に和紙と蔓で作ってもらったランプ。
上の取っ手部分も蔓でできている。
どういう感じのがいいかと訊かれて、丸っこいのよりもちょっとシャープな三角形っぽいのが欲しいとお願いして作ってもらったもので、いびつなラインが気に入っている。
以前は家によくOV周りの人たちが集まっていてこの部屋に泊まっていく人もいたので、天井以外にも手元で消せる柔らかな明かりが欲しいと思って作ってもらったんだけれど、今の仕事に就いてからは人が来ることもなくなって、出番がないまま。
最近日曜日が休めるようになったし、またそろそろOVにも顔を出そうと思うんだけれど。

・・・

和室入り口片付け前
f0000211_20104821.jpg
2週間前の3月16日に片付けようと思って撮ったけれど、その日は手付かず。
 ↓
和室入り口片付け後
f0000211_20112857.jpg
レトロ扇風機は年中出しっぱなし。
積み上がった空き箱類は気にしないように。


入口はスッキリしたけれど、部屋の中には
f0000211_20121159.jpg
前々からたまっているものが半分そのまんま。
(でもいちおう半分は片付けて残ったものもホコリを取って多少整頓した。)


途中Rから「(掃除)できてるか?」とメールがあって「今日はめちゃめちゃいいかんじ」と返事したら「げんかんしろ」とのことだったので、引き続き玄関の片付け。
長くなってきたので、別枠で。


(ここまでの片付けにどれくらいかかったんだろうと、今、写真の撮影時刻を確認したら、最初に撮った一番上のみかんが落ちていた写真が4時20分で、和室の片付け後写真が6時過ぎ。
約1時間半。
昼過ぎに取り掛かったつもりだったけれど、夕方からだった。
リタリンを飲んだのは確か12時40分頃なんだけれど、それからここの片付けに取り掛かるまでの4時間、何をしていたんだろう…?
4時間って、薬が切れかけてから取り掛かってる…?)


おまけ。
美部屋だった頃の和室写真→http://karino.exblog.jp/1530160/ 
         床の間もどき→http://karino.exblog.jp/7200944/
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-31 21:00 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(0)
2008年 03月 31日
月末
f0000211_2048377.jpg

昼ごはんを考え直さないとと思いつつ、今日も十穀米一合強を炊いたご飯持参。
十穀米と言っても、十穀はケチって標準分量(米一合につき大匙1杯分ほど)の半分ほどしか入れてないので、ほとんど白米。
メタボ推進弁当。


エキサイト・ネームカードの検索ワードに「マカロン ストラップ」が入っていたので、「もうgoogleに?」と驚いてググってみたら、なぜかいきなり二番目にヒット。(@@)
(そしてなぜかエキサイトブログ検索では検索結果から完全にもれている。)
こういうのが好きそうで、見たら情報を求めて検索しそうな人が会社にいるからヤバい。
マカロンを付けた携帯、会社では人目に触れないようにしないと。


二週間ほど前に店から、ひっかかるはずのない駐禁に配達中にひっかかってしまったと報告があったので、駐禁ではない旨の弁明書を警察に書き送るように言っておいたけれど、期限の今日確認したら放置したままだと言う。
仕方がないので警察に電話して交渉したものの、免除ならず。
詳しい状況は書けないけれど、今回駐禁を確認したのは民間委託の監視員だそうで、きちんとマニュアルを作って指導しているのでそう言った見落としはないはず、と。
こちらも強く主張できるほどの状況ではなかったので、警察の話を飲むことにしたけれど、納得行くような行かないような。


春らしくない冷たい雨が降っていたのが、銀行で違反金を納めて出て来ると、降り止んで青空がのぞいていた。
一面水玉のパオのボンネットにも空が映っている。
もう何年も水洗いさえしていないのに、標準仕様のフッ素加工のおかげでワックスをかけたばかりのよう。


帰り際、また営業の人がワケのわからない理屈でからんできた。
頼むから、もう人のこと(私のことではない)は放っておいてくれ。
業務にも給与にも関係ないことで、そっちにはまったく関わりのないことだし、それ自体はこっちでチェックしているから。


銀行と郵便局の待ち時間に携帯で書きかけたので、そのまま携帯から。
月末&年度末でバタバタしているので、昨日の日曜日の片付け日記はまた後日。
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-31 20:04 | 日記 | Comments(0)
2008年 03月 29日
マカロン・ストラップ
「わっ! これ、どこにあったの!?」
昨日の夜、プールの後で事務所に迎えに来てくれたRの車に、マカロン・ストラップ付きのリプトン・リモーネ500mlが2本乗っていた。
手当たり次第スーパーやコンビニを覗いても見当たらなかったのに、いったいどこで??
「数量限定で全店・全商品に付いてるわけじゃないのなら、売り場作りや商品仕入に力を入れている店で、なおかつ客数がそれほど多くないコンビニにあるんじゃないかと思ってね」
「そうなの?」
「力を入れていない店なら、景品が付いてきても商品に付けないし、客数が多くて商品回転の早い店なら、景品付きの商品が早く入れ替わってしまうでしょ」
なるほどー。
(ほんとかどうかはわからないけれど。)

帰り道、いつもと違う道を通ってくれて、もう一件。
半年ほど前に出来たばかりのまだ新しいコンビニで、やる気はありそうだけれど、駅やメインストリートからは少し外れている。
「あった!」
そこで、欲しかった残り2種類と、探してはいなかったけれどあったのでつい手が出てしまったマカロン以外の2種類を入手。
(後2種類、ハート型マカロンもあったけれど、それは見送り。)
思っていたより小ぶりで、直径3.5cmほど。
POPでマットな中間色が、マットなペンキ塗装風の水色の携帯によく似合う。
(蛍光灯が映って光っているけれど、現物はゴムっぽい艶なし素材。)
PAOにも似合いそう。

f0000211_1985166.jpg左から、
Macaron Ispahan、
Miss glagla Montebello、
Macaron Pistache、
Macaron Rose、
Macaron Citron、
Bonbon Chocolat Intense。
ベリーがサンドされた Macaron Ispahan は写真で見て一番欲しかったんだけれど、現物は、歯を剥き出したオバケ(もしくは入れ歯のオバケ)のようでちょい不気味。
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-29 19:13 | Comments(2)
2008年 03月 29日
弁当、代車
f0000211_18422116.jpg28日金曜日分。
朝、炊飯器を開けたら、真っ白。
お米だけ炊いて十穀を足すのを忘れていた。

このところ昼ごはんは、十穀米一合強(ご飯にして約350g、茶碗二杯強。食べ過ぎ)と、事務所のロッカーに買い置きしてあるインスタントスープ類。
その十穀を入れ忘れてしまったので、お弁当は白米のみ。
(アトキンス式ダイエットの正反対のことをしている…。)
それじゃあまりにさみしいので、梅干しをふたつ乗せて、昼のスープをミニカレーうどんにした。
炭水化物100%。



パオの調子が悪いので修理を頼んで、代車が届いた。
「真ん中がブレーキでこっちのがアクセルですね?」とさりげなく(?)訊いて確認できるようになった。
真ん中がブレーキ。
今度こそ覚えられた気がする。
(「左右」で両方覚えようとしてたので混乱していたよう。)
シフトレバーがハンドル脇にあるのはごくたまに運転するRの車と同じなので、抵抗はなくなってきた。
試し乗りさせてもらわなくてもなんとかなりそう。

…と思っていたけれど、午後、銀行に行こうと乗り込んで、エンジンをかけてブレーキを離したものの、走り出さない。
あれ?
あ、そうか、アクセル。
…を踏んでも変わらない。
ああ、そうだ、シフトレバー。
なんで、自分の車以外の車に乗ったら、毎回こうなのか。
今度こそ動くはずだとレバーをドライブに入れようとしたら、レバー自体が動かない。
あれ?あれ?とガチャガチャやって、もしやと、昔、マニュアル車を運転していた人がやってたのを見た記憶を頼りに、前後だけでなく左右にもガクガクと適当に動かしてみたら、入った。
え? なんで?
オートマって、レバーが真っ直ぐにだけ動くんじゃないの??
(今までそういのにしか乗ったことがないし、オートマ限定免許なので、マニュアル車との違いがわかってない。)
見ると、数メートル先の店先で、店を手伝っているRの妹が手を止めてこっちを見ている。
「ねえー、これって、もしかしたらオートマじゃなくマニュアル車かなー?」
「そんなん知らんって。こっちの納品車が待ってるから早く出てー」
あ、この車が出るのを待ってたのか。
(代車が珍しいから見てるのかと思っていた。)
オートマかマニュアルかわからないけれど、レバーさえガクガク動かせば走り出せたので(たぶんその時点でマニュアル車じゃない)、まあいいかとそのまま銀行へ。
無事、帰還。
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-29 18:52 | Comments(0)
2008年 03月 29日
女王
今日知って驚いたこと。
「女王」を「じょうおう」と読む人がいるということ。
しかも、「じょおう」と読む人より「じょうおう」と読む人の方が多いらしいということ。
なんと。

PCで試しに「じょうおう」と打って実際に「女王」と変換されるまで、どうも信じられなかった。
(現在「正しい」とされているのは「じょおう」の方らしい。)
中には、
   「読みはじょおうですが、一般的な発音はジョーオーです。
   平仮名で書けば、じょうおおです。
   ジョオウと発音する人には、会ったことがないですね」
      (「Yahoo!知恵袋」より)
という人も。
私は自分ではずっと「じょおう」と発音しているつもりだったけれど、聞く方が「じょうおう」だと思って聞けばそうも聞こえるよう。
「ふんいき」「ふいんき」のように。
(私の妹は「雰囲気」の読みを「ふいんき」だと覚え込んでいて、大学生の頃、20数万円はたいて買ったワープロ(PCではなく。画面も5行ほどしか表示されず)で小説を書き始めた時に「いくらやっても『雰囲気』が変換されない」と訴えてきた。その時に「だってみんな『ふいんき』って言ってるやん」と言われて初めて、言われてみれば確かにどちらにも聞こえるなあと気が付いた。)

女王が気になる方は、「じょおう じょうおう」で検索するといろいろ出てきます。
[PR]
by karino-tohko | 2008-03-29 01:15 | Comments(6)
2008年 03月 28日
錯視
下に「錯視」ということばが出てきたけれど、錯視と言えば「北岡明佳の錯視のページ」。
http://www.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/
静止画なのに、動く、動く。
とにかくすごい。
ページが出来た頃に教えてもらって、すぐお気に入りに入れた。
現在もどんどん新作UP中。



前にTVで見た時に「そんなわけない、うそだー」と思えたのは、このタイプ。
Wikipediaの「錯視」の項より、
「AとBのタイルの色は同じである。」
f0000211_17413482.jpgf0000211_17502843.jpg
TVで見たのは平面図で、干渉されないように画面の周辺のタイルを手で覆い隠してAの部分とBの部分だけを見比べようとしたけれどうまく隠れなくて、どう見ても違う色(違う明度)にしか見えなかった。
信じがたいけれど、右側の図を見てやっと納得。
(これで見ても、「右側のA・Bの色は、左のAとBの中間の色じゃないの?」と思えるんだけれど、右のAとBの間のつながっている部分をペン先で隠してみたら、確かに左側の図の色と同じになる。)



おまけ。
これも多分同じTV番組で見た「ポップル錯視」。
まっすぐ並んでいる「杏マナー」が、連続して表示されると右下がりに見える。
2ちゃんねるで採り上げられて、トリビアの泉で広がったらしい。
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
 ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
  ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
  ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
 杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

[PR]
by karino-tohko | 2008-03-28 18:30 | ARTS、CINEMA、BOOKS | Comments(2)
2008年 03月 28日
集中力、顔、マカロン
25日火曜日分。
仕事をすること自体よりも、注意をそらさずに仕事に意識を向け続けることに疲れ切って、息も絶え絶え。
水曜日には税理士が来るので火曜日中に先月分の伝票を全部入力し終えて、今月末の支払い予定を計上して照合を兼ねて残を確認しないといけない。
朝から集中してやれば間に合うはず、と思っていたけれど、すぐに気がそれて、いったんそれるとなかなか戻れなくて、だめだだめだと思いながらも、ただぼーっと関係ないサイトを眺めていたり。
午後からリタリンを飲もうかとも思ったけれど、夜Kuと会う約束をしているので、できれば飲みたくない。
なんとか自力で、と、何度も肩で大きな息をしながら、気持ちを振り絞って作業。
夕方に近付くにつれて、「ああそうだ、税理士が来る前に、ずっと放置してあるこれもなんとかしておかないと」「あれも処理しないとまずい」といろいろ目に付き始めて、焦燥感。

夜7時、なんとか目処が立ってきて、8時に事務所を出る予定で、8時15分に店で待ち合わせる旨のメールを送信。
8時前。
あまりに机の周りが汚いので、せめて床を掃いて、先生が座るのにじゃまになるものをどけておこうと、データのバックアップをしながら片付け。

仕事と机周りがちょっと片付いたら気持ちが落ち着いてきて、数日ぶりに日記を書く気になって、数行書き始めてふと時計を見ると、8時6分。
8時15分に店で待ち合わせなのに、その9分前から日記を書き始めて間に合うはずがない。
何やってんだと自分に呆れながら慌ててPCを閉じて、戸締りして急行。
ぴったり15分に到着。よかった。


それから食事して、1時過ぎまでしゃべりっぱなし。
話題は主に、Kuの職場での人間関係のこと。
人間関係をこの私に相談しても、というところだけれど、Kuが被りつつある被害が私のケースと一部共通するので。

約5時間向かいあわせに顔を突き合わせた後、帰り際にトイレで鏡を見たら、毎度のことながら、見慣れない自分の顔にビックリ。
Kuと数時間顔を突き合わせて話した直後は、いつもそう。
ゲシュタルト崩壊しかけるほどKuの顔を数時間ずっと眺めていて、その顔形が私の中で基準になってしまった状態で鏡を見ると、見た瞬間、本当にびっくりする。
ずっと凝視していて崩壊していくのとはまた違った見慣れなさ。
錯視に近い。
これまで自分の中で記憶されていた自分像は、焼き付いて脳内標準となったKuの顔に、簡単に排除されている。
その見慣れない顔をしげしげと眺めると、口元やその周りの輪郭が母方の伯母(推定年齢75)にそっくり。
いつの間にこんなに老け込んでいたんだ、と、ショック。


午前1時半、帰り道でコンビニの前を通りかかった時に、マカロン・ストラップが付いているらしいリプトン・リモーネのことを思い出して店を覗いてみたら、リモーネは置いてなかったけれど、代わりに某所で祭りになっていた「ロールちゃん」を見かけてしまい、なんだか買わなきゃいけないような気がして買ってしまった。
ラム・レーズン味。



(借用できそうなマカロン・ストラップの写真がないかと探していたら、リプトンの代わりにこんなものを発見!
f0000211_1237929.jpg
「ピエール・エルメ」ミニコレクション
この写真じゃわからないと思うけれど、このマカロン、直径数mmしかないよう。
そう、ミニチュア。
f0000211_1237398.jpgサイズがわかるように、手のひらの上の写真も。→
1セット350円の食玩。
ミニチュア萌えにはたまらない。)
(ちなみに、リプトンのおまけのは、直径5cmくらいの普通サイズらしい。)←3.5cmのややミニサイズでした。

[PR]
by karino-tohko | 2008-03-28 12:40 | Comments(4)