ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2006年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧
2006年 06月 29日
昼下がりに
f0000211_1817175.jpg


静かな昼下がりに、
ブラインド越しの柔らかな陽が差し込むお風呂でぬるめのお湯に浸かりながらゆっくり本を読んで、
冷えた炭酸入りのミネラルウォーターを飲んで、
風の通る部屋で午睡を貪りたい。
f0000211_23191625.jpg

[PR]
by karino-tohko | 2006-06-29 23:50 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(0)
2006年 06月 28日
だうなー
なんか、情緒不安定なんだろうか。
自分で読み返しても気が滅入る。でも書かずにいられない。
読み飛ばしてください。↓


夜、Rに「なんで今頃そんなことを言うんだ。人の愚痴を言う前に、自分に何かできることがないか考えるべきじゃなかったのか。少しは考えろ。愚痴は聞きたくない。」
と叱責された。
(ウイルスをダウンロードしてしまう1時間余り前に、別件で。)
私は「???」。
「なんで今頃、って…? 今晩積んで帰って、って言われてたから、今から積みに行こうとしたんだけど…?」
「何も考えてないだろ?」
「?? 何もって、何を…?」
「何も、だ。」
「いったい何が悪かったの?」
「文句言う前に、できることがあっただろ?」
いったい何を言われているのか、禅問答なみにわからない。
とにかくRが激しく怒っていることだけはわかる。
Rが何か勘違いしているのかも知れないと思って説明しようとしたり、何のことを言ってるのか訊こうとすると、「黙れ!」「黙れって言ってるだろ!」。
完全思考停止。
脱力。

帰り道。
ひと気のないまっすぐな深夜の道路を運転していると、気持ちがだんだん沈んでくる。
この間の夜中の電話の時の気持ちが甦る。
頭ごなしに否定されたら、死ねって言われた気持ちになる。
「車に乗ってたら、ほんとうにもう死んだらいいって思うようになる」
そう思ってそうメール打って送信しないで保存しておいて、そのまま事故して死んだ後でRがそのメールを見たらどう思うだろう、などとぼんやり考える。

家に着いても車を降りる気になれなくて、しばらくそのまま、車の中から静まり返った暗い路地を眺めていた。
いつまでもこんなことをしていても仕方がない、と車を降りて家に入ると、数時間前とは別人のような顔のRが心配そうにこっちを見ている。
なんだか気持ちがぐちゃぐちゃで、口を開いたらRを責めてしまいそうだし、黙って二階に上がってベッドに倒れこんだ。

しばらくするとRが来て、「ふとん、着ないの?」「だいじょうぶ?」と声をかけて、背中をポンポンしてきた。
気分は一番底の部分で静かに沈みきっている。
「…死んだらいいと思って、車80とか100とかで走りながら、『ほんとにもう死んだらいいって思う』ってメール打ってた。…でも、死ななかった」
「ありがとうな。
死なんと帰ってきてくれて、ありがとうな」

ごめんね。
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-28 02:00 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2006年 06月 27日
ウイルス
夜、Rに言われたことが理解できなくて思考停止して長々と固まっていた後、何かしなければとぼんやり思って、久しぶりにorkutのチェックをしたら、Ciからポルトガル語でメッセージが入っていた。
そんなに難しい単語は使われていないのにどうも意味がつかめなくて、翻訳サイトで英語や日本語に直しても言いたいことがわからない。
ひっかかっている単語の意味をはっきりさせようと辞書サイトを開いてorkutのページのメッセージと見比べていたら、特別なところはクリックしていないのに、突然何かウィンドウが開いてダウンロードが始まった。
えっ?っと思った次の瞬間、ウィルスバスターのウィンドウが開いて、「ウイルスが見つかったため処理を実行しました。感染ファイルを隔離できなかったので手動で処理する必要があります。ウイルスファイル名 C¥Documents and Settings¥...」。
しまった。

サイトからのウイルスは初めて。
手動で処理って、削除ってこと? それだけで完全に消えるの? どうしたらいいの?
そのウィンドウの文字を何度も読み返していたら、その下に「緊急ロック」というボタンがあったので、とりあえず緊急ロック。
「すべてのネットワーク接続を遮断します」
接続が遮断されたら、この警告ウィンドウにリンクが書かれているこのウィルスの情報ページに行けなくなってしまう。
でもサーバやRのPCに感染してしまったら大変だし。
あ、今のこの数分間に感染してしまってたらどうしよう。
念のためすぐにLANケーブルを抜いて、RのPCをウイルスチェック。
他のPCは…と、電源を落としてある他のPCを見回して、あ、ウイルス情報ページは他の安全なPCで見ればいいんだ、と気がついて、他のPCでチェック。

ウイルスの種類はTROJ_ANICMOO.AL。
Temporary Internet Filesの中に感染ファイルがあったので、ウイルス情報ページに従って感染ファイルを手動で削除して、念のためにそのフォルダ内の他の一時ファイルも全部削除して、念には念を入れてInternet Explorerのプロパティからもインターネット一時ファイルを削除。
たったこれだけでいいのかなと半信半疑でウイルスチェックし直したら、一応、クリーン。
ほんとにこれだけでいいのかなあ。

もう今晩は帰ろうと思い、LANケーブルをつないで今日の仕事のデータのバックアップを取ろうとしたら、サーバに接続できない。
何度か接続を試して、あ、緊急ロックの解除が必要なのかも、と気付いて、ウイルスバスターのメイン画面のヘルプで調べてロックの解除をしたら接続できた。
なるほど。


せっかくFirefoxを入れているのに、普段見ているページはつい慣れているInternet Explorerで見てしまって、Firefoxはアヤシイページ専用になっている。
でも、今回みたいに、いつも見ているアヤシくない普通のページでもウイルス感染することもあるしなあ。
メインで使うにはブックマークを移すのが面倒だなあとあれこれ試していたら、ブックマークのインポートというのがあった。
クリックしたら、Internet Explorerの数千のブックマークが数秒でFirefoxにコピー。
よかった、これでメインで使える。
ただ、名前順に並び替わってしまっているので、見たいページがブックマーク内のどこにあるのか探すのが面倒。
わかりやすくフォルダに分類して階層式に整理してあるけれど(同種同形状の物の整理は得意)、そのフォルダやその中のファイルが内容と無関係に並んでいると探しにくい。
それでも明日からはこっちをメインで、と思って、試しにそのブックマークからブログページを探してログイン。
あれ? IDとパスワードを入れてログインボタンを押しても入れない。
ブラウザの枠に「完了」と出るだけで、ログインページから進まない。
あ、そうか、ポップアップを無効にしているからセキュリティの警告ウィンドウが開かなくて次に進めないのか、と思って、ポップアップ無効の例外サイトにブログのログインページを入れたけれど、やっぱり移動しない。
なんでだろう。
今晩はもう遅いので、調べるのはまた今度。
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-27 23:55 | WEB、PCなど | Comments(0)
2006年 06月 27日
薬の時間
言われて気が付いた。
そっか、薬を飲む時間をちゃんと決めたら、飲み損ねることが減るかも。
今は、朝一錠と午後一錠っていうだけで、飲む時間は適当。
なので、つい「この作業には必要ないからこれが終わってから」とか「もうすぐご飯だしご飯食べてから」とか「おつかいから帰ってきてから」と思っているうちに、いつも飲むタイミングを逃して、気が付いたら何もしないまま夜になったりしている。
明日から、必要あってもなくても、9時と13時に飲むことにしよう。
(忘れないように書いておこう。)
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-27 18:26 | A-spectrumの脳みそ | Comments(3)
2006年 06月 26日
毎度ながら
なんだかずっとダメダメ状態。
なんとか仕事しなければと、だるだるぼけぼけの体と頭にムチ打って、コーヒー二杯飲んでリタリン飲んで。
ドーピング状態…。
みんな普通に机に向かって仕事してるのに、なんで私はここまでしなきゃ(ここまでしても)仕事が手に付かないのか。
う"~。orz
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-26 18:52 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2006年 06月 25日
レトロ棚 (ドクターキャビネット+薬局の陳列棚)
f0000211_2031383.jpg口直しに、PC内にあったリビングの棚の写真を。

好きな物はいつも見えるようにしておきたいし、第一、見えなくなると忘れ去ってしまうので、収納棚はガラス扉のものばかり。

白緑にペイントされたドクターキャビネット(ケビント)は、家を建てた頃、他用で行ったデパートの催事場のエスカレータを登ったところで目の前に現れたもの。
一目惚れ。
ちょうど食器棚がなくて買わなきゃと思っていたところだったし、色も形も手塗りの質感も部屋にピッタリ。
でも値段が…。
閉店ギリギリまで2時間、迷いに迷って購入。
迷ったけれど、高かったけれど(当社比)、買ってよかった。
その後これ以上に気に入った棚には会っていないので、あの時これを買わなかったら、きっと今も食器棚がないまま、リビングがいっそうぐちゃぐちゃだったはず。

その催事場では骨董市が開かれていて、このキャビネットは京都のブルー・パロットというお店がアンティークをリペアして出していたものだった。
後で何人かの友達から、その店はアンティークにしてはリーズナブルな店だと聞いたので、私にしては高価すぎて値段も書けない買い物だったけれど、相場からするとお買い得だったのかも。
その店は国立近代美術館の近くなので、その後何度か美術館に行ったついでにその店とそのすぐそばの姉妹店をのぞいて、親の家から持ってきていた昭和初期のガラス鉢(大量生産品だけどレトロでお気に入り)と同じ物を見つけて買い足した。(200円!)



f0000211_2034257.jpg白くペイントされたガラスキャビネットは、3年前にヤフオクで買ったもの。
これもアンティークショップの出品で、薬局の陳列棚として使われていた古いもの。
以前、古い小さな文房具店で同じような古い白いキャビネットに一目惚れして、何度か「要らなくなったらぜひ売って下さい」と言ってたんだけど、いつの間にかそのお店が廃業してお店の人も引っ越していて、どうやら棚は他の什器と一緒に廃棄処分されたようで、ガッカリ。
そこへちょうど同じようなのが出品されていたので、即入札。
10,000円超えたらあきらめよう、と思っていたけれど、結局ずるずる入札してしまい、30,500円で落札。
でもこれも買ってよかった。
お気に入り。
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-25 23:30 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(0)
2006年 06月 25日
片付けられない
朝、いつもの時間にRが会社に向かう気配で目が覚めた。
「…私は行かなくていいの?」
「いいよ」
そのまままた眠りに落ちて、目が覚めたら昼の1時。
起きなきゃ、と遮光カーテンを開けて窓を開けてベッドの上でぼんやりしていたら、郵便受けでカタンと音がして、続いて車のエンジン音。
もしや、と慌てて階段の上から郵便受けを見下ろすと、荷物の不在通知が入っていた。
自然覚醒したんじゃなく、呼び鈴で目が覚めたらしい。
昨日不在通知が入ってた荷物だ。
滅多に家にいないから、受け取れるうちに受け取らなきゃ。
階段を駆け下りてパジャマのまま外に出て、去っていこうとする運送屋さんの車を呼び止めた。

おかげですっかり目が覚めて、そのまま着替えてリビングの片付け。
…に取り掛かるはずが、なかなか取り掛かれない。
この間片付けたばかりなのになんでこんなになってるんだろう、と思ったけれど、考えてみればその「この間」は一ヶ月前。
どこから手を付けよう、何をどうしたらいいんだろう、と思っているうちに3時。
このままじゃダメだ、と立ち上がってリタリンを飲んで、足元から片付け。
モチベーションが上がるように片付け前の写真を撮ったけれど、足元周辺は多少片付いたものの、数時間経ってもさほど変わりはなかったので、片付け後の写真はナシ。

f0000211_1844102.jpg 1月29日時点。

f0000211_18445632.jpg 4月30日時点。

f0000211_18452612.jpg 6月25日時点。

仕事に余裕がなくなってくると、部屋も荒れてくるような。
(汚部屋写真、みんな月末だし。)
それぞれの間に1,2回片付けしてるはずなんだけど、すぐに元の木阿弥ってことで。(--)
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-25 23:00 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2006年 06月 23日
過労気味
一昨夜遅くに注文が入った。
「2種類各100個、今すぐ持って走って来て。それから、明日の朝8時までに多分各200個くらい必要になるから、用意しておくように。」
なんでもう少し早くにわからないのかなあ。
家に帰っていた担当者を呼び戻して、足りない商品をメーカーに持って走ってもらって、出張中だったRを呼び戻しての作業。
メーカー 「今からでしたら、そちらへの到着は午前1時頃になりますが…」
私     「はい、それで構いませんので、すみませんがお願いできますか?」
(いちおう、そういった対応をしてもらえるという条件での契約にはなっている。)
メーカー 「は…? はあ、ではすぐに手配します」
今ある分を加工作業して出来次第担当者に持って走ってもらって、午前1時に残りの商品が届いたらそれからまた数時間作業しなければいけない。
今晩はほとんど寝られないなあ、と覚悟。
でもその後、今晩分の納品はキャンセルになって明日の朝の2種類×200個だけになったので、在庫してあった分の作業が終わった時点で翌朝早い担当者には先に帰ってもらって、予定より早く11時頃と0時頃に届いた商品をRとふたりで加工して、なんとか0時半に作業終了。
ずっと休みがなかったRはぐったり。
家に帰ると、ふたりともそのままリビングで朝まで熟睡。

で、昨日の夜。
他で会議に出ていたRから「10時に駅に着くから迎えに来て」とメール。
いつも駅からは歩いて帰るのに珍しいなあ、雨だからかなあ、いつも折り畳み傘持ち歩いてるはずなのになあ、と思いながら事務所を出てRを拾いに行くと、ぐったりした様子。触ってみると熱い。
そういえば朝から、いや、一昨日の晩から様子がおかしかったっけ。
帰って薬を飲ませたら、またそのままリビングで眠ってしまった。

朝にはなんとか熱も下がって出社したけれど、もう少し休み取らないと。
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-23 12:30 | 日記 | Comments(0)
2006年 06月 22日
トークン
一昨日、メールが届いた。
「○○様 トークン発送のお知らせ」
トークン? 何それ? 何か注文したっけ?
差出人は「customer1@cc.japannet...」
ジャパンネット銀行?
「ジャパンネット銀行をご利用いただき、ありがとうございます。
今後のお取引に必要となるトークン(ワンタイムパスワード生成機)を、
お届けのご住所へ発送しましたのでお知らせします。」
何? そんな話、初耳。
パスワード生成機? なんだかアヤシイ。
そう思ってジャパンネット銀行のページに行ってみると、どうやら本物らしい。

f0000211_16391851.jpgで、今日家に帰ると、その「トークン」がメール便で届いていた。
キーホルダー状のもので、液晶部に数字(パスワード)が表示されている。
現在の固定パスワードからトークンに切替登録すると、銀行のシステムとこのトークンが時刻を合わせて、60秒ごとに使い捨てのパスワードが表示されるとのこと。
振込みをする可能性のある日には、このトークンを持ち歩いておかなきゃいけないってことか。
(家のPCは接続パスワードがわからなくなったまま問い合わせていないので、ネットに接続できていない。)
うーん…知ってる人が見たらひと目でジャパンネットの取引用パスワードだってわかるし、私の場合、これまでのパスワードをフィッシングされるリスクより、このトークンを落として人に拾われるリスクの方が遥かに高いような…。
「拾った方がトークンのシリアル番号から持ち主を特定することはできませんので、ご安心ください。」
失くさず持ち歩くためにはキーホルダーに付けておくのが一番なんだけど、キーホルダーには特徴のあるパオのオリジナルキーが付いてるし、最近近くでパオを見かけないし、簡単に特定されてしまいそうな…。
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-22 23:00 | WEB、PCなど | Comments(0)
2006年 06月 19日
EISWEIN(アイスヴァイン) アイスワイン
R 「飲んでごらん。これなら飲めるよ」
…甘ーい!! おいしーい!
私 「何、これ?」
R 「ワイン。」
私 「ワイン???」
R 「うん。アイスワイン。」

ポートワインも真っ青の甘さ。
桂花陳酒よりも甘い。
何かの糖分をたっぷり溶かしたのかと思うほどに甘い。
製造過程で何か入れてるのかと思ったけれど、ラベルをみると原材料は葡萄のみ。

f0000211_11275971.jpgなんでこんなに甘いのかと思ったら、熟した葡萄を冬まで樹上に残して、凍結と解凍を繰り返させて水分を失わせて糖度を上げて、零下8度以下になった早朝に氷結状態のまま摘み採って、粒中で凍っている水分が溶けないうちに搾汁した濃厚な果汁で作ったものらしい。
(昔、寒波にやられて放置していた葡萄を処分するのがもったいなくて、農民がそれでワインを作ってみたら、偶然、極甘・芳醇な香りのワインができたのがきっかけとのこと。その果汁は葡萄一房からスプーン一杯ほどしか採れないので、できた当時は貴族の飲み物だったそうな。)

飲んだのは、Maybach(マイバッハ)のアイスヴァイン(アイスワイン)2000。
ビールのような黄金色。
「糖度の非常に高いファルツ産の完熟ブドウだけで作ったアイスヴァイン。デザートワインとしてお楽しみ下さい。白 極甘口 飲み頃温度8℃前後」
いくらだったのか気になって訊いたら、「たまたま500円くらいで手に入れた」そうな。
[PR]
by karino-tohko | 2006-06-19 23:00 | Comments(1)