ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2006年 02月 ( 35 )   > この月の画像一覧
2006年 02月 28日
クロエ
クロエは海外ドラマ「24」の中の登場人物。
R 「こいつ、おまえだよ」
私 「えっ、なんで? (ひとりだけブサだから?)」
R 「口うるさいし、しつこいし、規則規則って言うし、イーッてなるし、気が効かないし、人の気持ちがわからないし。」
どこかのシーンで変人呼ばわりされていた。変人なのか? よくわからない。
クロエが変人なら、ジャックだってアルメイダだって変人じゃないか。

そんなクロエが面と向かって言われていた。
「君のその性格、なんとかならないのか」
えーっ!? なんで?? 確かにうっとうしいところがあるけれど、そこまで言う?
クロエ 「気をつかってしたことなのよ」
そうそう、よかれと思ってやったのに。私だってそうしたよ。
また別の人からも言われていた。
「なんでそう無神経なことを言うんだ」
えーっ!? 今のはゼッタイ私も反射的にクロエと同じこと言ってた。
R 「ほらね、やっぱりおまえでしょ」
ええ、ええ、確かに。
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-28 23:10 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2006年 02月 28日
地球交響曲(ガイア・シンフォニー)
地球交響曲(ガイア・シンフォニー)第二番上映会と森のイスキア主宰の佐藤初女さんの講演会のお誘いをもらった。
残念ながら第二番は前に見ているので、今回は見送り。
もう少し近くだったら、休みが取れれば一緒に当日のお手伝いでもするんだけど。

「地球交響曲」は観客の自主上映会で広がっているオムニバスのドキュメンタリー映画で、人間と地球の無限の可能性を示す映画、というような紹介がされていたと思う。
これまでの観客数は200万人近いとのこと。
ずいぶん前にOVでも上映会を開こうと言ってたんだけど、立ち消えになってしまった。

第二番の出演者は、ジャック・マイヨール、ダライ・ラマ、佐藤初女、フランク・ドレイク。
ジャック・マイヨールは(有名な人らしいから、私が説明するまでもないかもしれないけど)、映画「グラン・ブルー」のモデルになった人で、科学者たちが絶対に不可能だと言ってきた素潜りでの水深100mを越える記録を作った人。
イルカやクジラにしか起きないはずの身体現象「ブラッド・シフト」が、ある水深を超えたマイヨールの身体にも起こることで、人間は心の持ちようで科学の常識を破り未知なる能力を発揮できるという可能性を示した人。

フランク・ドレイクは天文学者で、地球外文明の数をみつもる式となる「ドレイク方程式」の生みの親。何万光年も彼方の天体に向かって地球人類からのメッセージを発信し続けている。
自分の生存中、あるいは人類の生存中には、決して答えが返って来ないかも知れない、はるか彼方の宇宙の見えない仲間に対して、問いかけ続けるのは何故だろうか。 /地球交響曲ガイドより
ダライ・ラマに関しては、説明はいらないでしょう。っていうか、専門(?)の裏ルンタさん(←リンク参照)が読まれてるいかもしれないので、説明は差し控えます。

気が遠くなるような時間や可能性を思わせるドキュメンタリーです。
お近くで上映会(一番上の公式サイトのトップメニューに上映情報が載ってます)があれば、ぜひどうぞ。
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-28 19:00 | ARTS、CINEMA、BOOKS | Comments(0)
2006年 02月 27日
自開癖?
「アスペ得意の自開癖が出た」ということばが目に入った。
私!?
そういう場じゃないのに、何かのきっかけで自分の内面の話や人に言えないような話をひとりで長々と語り続けてしまったり、会って間もない人にいきなりそういった話を一方的に語ってしまったりして、後で思い起こしてウギャーッとなることがある。

最後にやってしまったのは、7年ほど前。
家の近くで布ナプを製作販売している人をネットで知って、数回やりとりしているうちに有機野菜などを分けてもらうことになってお宅におじゃました時に、まあ上がってお茶でも、ということになって、気がつくとなぜかそこで、そのご夫婦を前に、Rの家の複雑な親族関係や会社の状況などを延々と語っていたんだった。
(ああ、大晦日に辞めてもらったとおんなじだ。orz)
ハッと我に返った時には後のまつり。
いったいどれだけの時間ひとりで話し続けていたのか(30分?1時間?)、テーブルをはさんだ向こうに座っていたふたりは、疲れた顔でずっと黙ったままこっちを見ていた。
話している間、私の目はふたりの顔は見ず、ずっとふたりの襟元や宙を見つめていた。
その状態に入ってしまうと、ポンと肩でも叩かれない限り、自分がはまり込んでいる状態に気付かない。

その頃はアスペルガーのことも知らず、なんでそんなことをしてしまったんだろうと酷く落ち込んだけれど、今思うと、明らかに自閉っぽい。
おしゃべりになった時のマシンガン状態とも違う。(あれはADHDのせい。)
普段、私のことを普通だと(変わり者ではあるけど、そんな障碍があるようには見えないと)言ってる人も、あの状態を見れば納得するだろう。
普通じゃないよ。(TT)


検索してみると、
特に高機能自閉症の場合は、一般的に恥ずかしいと思って秘密にするようなことでも正直に話してしまうなど、むしろイメージ的には自閉とは逆の「自開」であるという人もいる。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「自閉症」の項より
ああ、なるほど。

「自閉症の人は裏表や邪心がなく人に隠し立てをしたり嘘をついてだましたりするのが苦手だから、むしろ自分の内心を隠して相手に接することが困難だという理由で「自開症」と呼んだ方がいいのでは」 という声もあるよう。
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-27 19:00 | A-spectrumの脳みそ | Comments(5)
2006年 02月 27日
求人
相変わらず人が足りなくてハローワークに求人票を出しっぱなしにしていたけれど、パートの人がまたひとり辞めることになったので、急遽また有料の求人広告を出した。
時期がよかったのかいい人が応募してきてくれて、スムーズに2人選定。よかったー。
他に行ってしまわないように早く採用の連絡しなきゃと、夕方に面接して翌日早々に採用の連絡をすると
「ちょっと体調が悪かったので、今日検査に行ってきたんです。結果はあさって出ますので」と。
えっ? 昨日はあんなに元気そうだったのに。
結果、潰瘍があるのでしばらく休養をとった方がいいと言われたので、辞退しますとのこと。
あー、がっかり。
もうひとりの人は、2日通った後「子どもが熱を出したので」と2日休んで、それに続く土日の休みが明けた今日、「妊娠してました。辞めます」とのこと。
あー。orz
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-27 18:00 | 日記 | Comments(0)
2006年 02月 26日
おひなさま
f0000211_20181649.jpgずっと家を閉め切ったままにして風を通さなくなったせいか、去年から急に箪笥や押入れの中の衣類がカビ臭くなって書庫にも強い匂いがこもるようになったので
(なので空気清浄機を買うことに素直に賛同した。カビ菌も抑える機種だそうなので)、
カビが心配になって、しまいっぱなしだったおひなさまを7年ぶりくらいに出した。

f0000211_20182630.jpg私のおひなさまはガラスケースに入った小さな木目込みのセットで、私が生まれた頃に祖母が買ってくれたもの。(だと思うけど、違うかも。)
子どもの頃は、色とりどりの着物を着ていろんなお道具(と言っても、ぼんぼりや菱形餅など最低限のものだけど) が付いていて立派なものだと思っていたけれど、今見ると驚くほど小さくてささやかなもの。
三人官女など、掌にすっぽり入ってしまいそう。
子どもの頃はそれを大きな箱から出してセットするのを一日仕事のように感じていたけれど(まあ、それは今でもそうで、おかげで延ばし延ばしで毎年出そうと思いながらも何年もしまいっ放しにしていて、今年もギリギリになったんだけど)、実際には軽い小さな箱に収まっていて、ほんの5分ほどで出し終えることができた。
幸い、カビも虫喰いもひび割れもない。よかった。

私が中学に上がる頃、家を増築して和室の客間を作った時に、母親が新たに七段飾りの木目込みの雛飾りを作った。
でも同じ木目込みでもそっちのは人形も大きくて顔がおとなっぽくてこわくて(その前後に山岸凉子の「ひいなの埋葬」を読んだせいもあって)、箪笥や籠も付いたその大きなセットはそのまま妹の物になり、この童顔のおひなさまが私のものになった。


あと今日したのは、トイレ掃除と洗面台の掃除と草抜きとペットボトルごみを庭に出したのと洗濯と買い物。
そう書くといっぱいがんばったように見えるけれど、ごみを庭に出すのは数分で済むことだし洗濯も洗濯機まかせだし、たいして何もやってない。
リビングの片付けは進まず。

薬が効いている時間内に買い物に出たら、今日も必要ないものには興味がわかず、メニューも即決できて、玄関を出た10分後には今晩と明日の夕食の材料を買い終えていた。
すごい。
薬効果?
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-26 23:00 | モノ 家 雑貨 蒐集 | Comments(2)
2006年 02月 24日
タンザニア
f0000211_165517.jpgイベントの参加者が少なくて困っているようだったので、私も行くから一緒に参加しようよと声をかけてまわっていたら、「写真係がいないので、行くならHP用の写真撮ってきて」と頼まれてしまった。
それだったらなるべく最初から出なきゃと、定時過ぎに、Rしかいない隙を見計らって「タンザニアに行ってくる」と事務所を出た。
そんな時間に会社を出るのはすごく久しぶりで、なんだか落ち着かない。

タンザニアで過ごしていた人の話を聞いていると、タイの山岳民族の村のことを思い出した。
あの村の台所にも明かりがなくて昼間でも真っ暗で、目が慣れるまでは中に人がいることさえわからなかったっけ。
あの村の料理にも、スープにたくさんの蟻が入ってたっけ。(栄養源として入れたのではなく、勝手に侵入。)
あの村でも外で水浴びして、木陰で用を足してたっけ。
(用を足している途中に肉食獣に襲われるかも、というようなタンザニアのような危険はなかったけれど。)
アフリカは衣装も自然も色鮮やかで、人々の表情も鮮やか。
雨期が来る前のンゴロゴロの平原はさぞかしきれいだろう。


その後はKoさんと食事。
近くでその時間まで開いている店といえば、味がイマイチと聞いている(なのにいつもワカモノで満席の)カフェごはんの店しかなかったので、やむなくそこへ。
イマイチと聞いていたけれど、半熟卵がのったタコスライス丼はおいしかった。
隣の席は、ひとつのパフェをふたりで「アーン」して食べあっている制服の高校生。
気がつけばその横で、私のめまいの話からてんかんやトゥーレット症候群の話になって、「そのトゥーレットの高校生の場合は、食べている最中の給食のお皿にも唾をダバっと吐いてそれをまた食べたり…」って話になっていた。
いや、いやがらせじゃありません。すいません。
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-24 23:00 | 異文化の人たち 日本語 | Comments(0)
2006年 02月 23日
活字
今日も朝からハイパー。
起きて、洗面所が空くまでの、いつもならボーっとヒーターの温風に身を任せてる数分間にも、昨日の本を手に取って読んでいる。
(単にその本がすごく面白いからなんじゃ? と思うかもしれないけど、まだ本筋に入る前のところを読んでいるので、内容に惹き付けられている、というわけではないよう。)

最近は、いくら目の前に面白そうな本が積んであっても、読みたいなあと思いながらもなかなか手に取れなかったし、読み始めても本の文字が頭に入るようになるまでにしばらく時間がかかったので、まとまった時間が取れなきゃ読み始めることがなかった。
それが、昔のように、本を開くと瞬時に文字が頭に入ってくる。
文字を追うのが気持ちいい。
ここんところずっと、ネット上の文章は読めても本を読むのはつらいと思っていたけれど、あれは何だったんだろう。
モニタ上の文字を読むことでは、この活字を追う快感は得られない。
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-23 12:30 | Comments(0)
2006年 02月 22日
ノルアドレナリンとドーパミン?
夕方になってから、ハタと気がついた。
明日は振込日じゃないか。
この間2月になったばかりで、まだ月半ばだと思っていたのに。
明日総合振込依頼をしておかなきゃ、月末の振込実行に間に合わない。
でも振込手続きをするにも、まだ、先月の請求書の整理も計上もできていない。
振込日は一日もずらせないから、なんとしてでも全部今日中にやってしまわなければ。

全力でガーッと一気に作業して、夜11時頃仕上がった。
体はぐったりだけどアタマはビンビン状態。
興奮がさめず、妙なやる気と集中力がまだみなぎっている。

昼にamazonから届いていた本が読みたくてたまらなくなり、「今晩はラーメンにしよう」と言うRと一緒に入った店で、ラーメンが出てくるまでのわずかな時間もガマンできなくて読み始めた。
(いつもはいくらでもぼんやり待ってるのに。)
本を読むのは約1年ぶり。
こんなに本が読みたくなったのはもう何年ぶりか。
読むペースが、ふだん雑誌などを読んでいる時と全然違う。
いつもの数倍のガーッとした勢いでガツガツ読んでいく。
私は黙読ができず頭の中で音読しているので、頭の中で言葉が弾丸のようにダダダダダ…と響いている。
そう言えば以前多読だった頃はこんなペースで読んでたっけ。
この感覚をすっかり忘れていた。

本から目を離すと落ち着かない。
もやもやうろうろして落ち着かない状態でも、本を開くとすぐにガーッと入り込めて集中できる。
最近は雑誌でも集中できなくて読めなくなってきていたのに。
いったい何がどうなっているのかわからないけれど、とにかく活字を追い続けるのが気持ちいい。
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-22 23:55 | A-spectrumの脳みそ | Comments(6)
2006年 02月 22日
飲めた
仕事がたまっていたし、日曜日の掃除が(薬効果かどうかわからないけれど)はかどったせいか、昨日の朝(といっても昼前)はスムーズに薬に手が伸びた。
そして今日も、昨日より早い時間に、スムーズに薬が飲めた。

(でも、他のことに集中してしまって、仕事ははかどらなかった。(TT))
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-22 13:35 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2006年 02月 22日
f0000211_9582730.jpg朝、窓を開けると、あたり一面真っ白に烟っていた。
誰かがこんな朝早くから何か燃やしてるんだろうか。
それとも何かの薬が上空から町に散布されたんだろうか。
いったいどうしたんだろう。

それが霧(霞?)だと気付くのに、ずいぶん時間がかかった。
霧ってこんなだっけ?
この町に来てから霧を見たのは初めてじゃないかな。
ってことは、15年ぶり?
すごいすごい、どこもかも真っ白。
町がスッポリ巨きなものに覆われているよう。
道の先が別の世界に続いてるよう。
SF映画みたいだ。
15年以上ぶりだったら、このあたりの子どもたちは霧を見たことがないから、すごくビックリしてるかも。

…と思ったけど、ビックリしてはしゃいでるのは私だけだった。

(写真は事務所のそばで。会社の人が来ないかヒヤヒヤしながら慌てて撮った。)

[PR]
by karino-tohko | 2006-02-22 08:50 | 日記 | Comments(0)