ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2005年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧
2005年 10月 30日
空きボトル発見、ヒマワリ片付け、柿、ナツメ球交換、はも鍋
日曜日。携帯のスケジュールアラームが鳴った。何かしなきゃいけなかったんだ。
時計を見ると昼1時。9時間眠った。でも耐えられないほど眠い。
たまらなく眠かったけれど、荒れている家の中が気になったので、必死で起きた。

洗面所に行くと洗濯物がカゴから溢れている。先週は洗濯しなかったんだっけ。
そういえば、粉石鹸を切らしてるんだ。
普通の家じゃありえないかも。
あ、確か、何かでもらった旅行用の使い切りパックの洗剤があったっけ…と、洗面所の吊り戸棚を開けてみたら、真っ白い大きなボトルが目に入った。
「あった!! ボトルだ!
 そうだ、液体せっけんがあったんだ!」

ずっと前に「シソ科ハーブオイル」っていうコピーに惹かれて(シソの香りが大好き)、無添加の液体せっけん「arau」を買ったんだけど、こんなデカいものでこんなデザインのボトルは持っていたくないし、家に何か空き容器があるだろうと、詰め替え用のビニールパックのを買ってしまって、移せる容器が見つからなくてそのままになっていたんだった。
間に合わせのワインボトルじゃ使うたびに口を伝ってこぼれそうだし、牛乳パックじゃいくらよく洗ってもニオイが移りそうだし、お店で安いボトルがないか探しても気に入ったデザインのものがないし。
それが、こんなところにこんな理想的なボトルがあったなんて。
真っ白で、スッキリした角型で、取っ手もあって、キャップに計量目盛りも付いている。
液体洗剤用のボトルらしいけれど、いつからこんなの持ってたんだろう。

とりあえずarauをボトルに詰め替えて、すでにいつのものかわからなくなっている残り湯で洗濯。
あと、しなきゃいけないことは…
そうだ、今日こそ勝手口の外に空き缶入れをセットしなきゃ。

庭に出たついでに、ミニヒマワリの片付け。
まだたくさん咲いている2本だけを残して抜いて束ねていたら、先月鮒寿司まがいの佃煮をくれた家のダンナさんが声をかけてきた。
「確かかりのさんち、柿、食べるよね?」
「ええ、いただきます!」
柿がどっさり入った大きな袋を持ってきて玄関先に置いていってくれた。
おお、食べ放題!
これだけあったら当分食べる物には困らないだろう、と満ち足りた気持ちになる。
ちょうどお腹がすいていたので、ヒマワリを片付けてから一気に3つ食い。おいしい。
(柿は体を冷やすそうなので、冷え性の人は食べ過ぎに注意。)

そうそう、寝室のナツメ球が切れていたんだ。面倒だけど、替えなきゃ。
引き出しを見るとちょうど予備がひとつあった。
切れて最初の休みの日に直すなんてスゴイ、と自分で感心しながら2階の寝室に行くと、ちょうどベッド脇の照明器具の下に脚立が置いてある。
そういえばこれ、通り道をふさいでいてずっとジャマだと思ってたけど、いつから置いてあるんだっけ?
まあいいや。
脚立に乗って照明のカバーを外してナツメ球を取り替えて、スイッチを入れてみた。
「あ、ついた。…あれ?」
一瞬強く光ったと思ったら、それっきり。もう点かない。
一瞬でフィラメントが燃え尽きてしまった…?
面倒なのをおしてせっかく取り替えたのに、ガックリ。
それだけを買いに出る気にもならず、一気にやる気が失せて、次に何をしたらいいかわからなくなって、気がついたらリビングでうたた寝していた。

Koさんからの「もう少ししたら(昨日話せなかったアイデアの件)見せに行っていい?」と言うメールで目が覚めたら、もう夕方。
しばらくしてやってきたKoさんと、Koさんが学校の舞台発表の衣装用に作ったモチーフを見ながらあれこれ話をした後、借りていた本を返したら、「今から夕食の買い物に行くから、衣装の材料と本、帰りに取りに寄ってもいい? かりのさん、買い物は? 何か買ってこようか?」とのありがたいおことば。
夕食の材料は昨日買っておいたので、ナツメ球をお願いした。

夕食は予定通り、はも鍋。
私ははも(鱧)が好きだけど、喉が細いRは小骨のあるはもをいやがるので家では滅多に買わない。
でも、「はも鍋」という食べたことがないものが気になって買ってしまった。
トレーに貼ってあったシールに従って、添付のダシと薄切りの玉ねぎを煮立てて、湯引きしてあるはもと水菜をさっと煮て食べる。
簡単でおいしい。

ナツメ球も無事交換終了。
何ヶ月も2階にあった脚立を1階の本の部屋に下ろして、アルミ缶のゴミ箱を勝手口の外にセットして、一日終わり。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-30 23:50 | 日記 | Comments(0)
2005年 10月 30日
おそにならんように
今晩は早目に仕事が片付きそうだったし、欲しがっていた人にあげようとユキノシタの苗も持ってきたし、Koさんから「今日来る? かりのさんのアイデアが欲しいんだけど」とメールも来ていたので、今日こそOVに顔を出そうと、行く気満々。
でも、Rがプールに行った後に想定外の注文が入って、すぐには帰れなくなってしまった。

9時頃Koさんから「渡す物もあるし、店に移動するから来れたら来て」とメールが来たけれど、今夜は家でRと昨日の残りの豆乳鍋に具を足して食べる予定になっていたので、帰りにKoさんちに受け取りに寄ることになった。
9時半に、プールを出たRから「おまえどこ」ってメール。
注文が入ったことを連絡したら「おそにならんようにがんばりや」と返事。

注文の作業は30分くらいで済みそうな原稿作成だったのに、妙なところでこだわりが出て外字作成にハマってしまい、作っているうちに細かな違いが気になって、丁寧に3種類も作成。
さらに、明日それを印刷して納品する当番の人に、お客さんにそれぞれの字の相違箇所を説明してもらわなきゃいけないので、その引き継きメモをいかにわかりやすく書くかに時間をかけてしまって、気がついたら11時前。
慌てて自分の仕事の小切手切りだけ済ませたら、11時半。もう事務所を出なきゃ。
Koさんと「30分後に着くと思う」「了解。帰っておくわ」とメールのやり取りして、Rにも「鍋に入れる鶏買って帰るわ」とメール。
Rからの返事は 「きけん はやく」。
そうそう。店はキケン。油断するとあっという間に時間が経ってしまう。

会社を出て、西友で目的の物以外を見ないようにまっすぐ鶏売り場へ。
あ、しまった。ここの鶏、おいしくなかったんだ。
豚肉もいいのがなかったので、魚に変更。
魚売り場に行ったら「はも鍋セット」というのが赤札になっていたので、今晩のタラと、明日の夜用に「はも鍋セット」と水菜を買って、Koさんちへ。
予定を少しオーバーして着いたけれど、Koさんはまだ帰ってない。
この間からのことがあるから、早く帰らなきゃと気があせる。
少し待ったけれど帰ってきそうになかったのでメールしたら、「もう来た?ごめん!5分で帰るわ!」。
もうすぐ0時半。またRが不機嫌にならないか気が気じゃない。
Rに「後10分だけ待ってて」とメールして待っていたら、Koさんが帰宅。
物を受け取って、なんとか0時半過ぎに家に着いた。
Rは怒っていなかった。ほっ。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-30 02:00 | 日記 | Comments(0)
2005年 10月 29日
そっか!
夜、事務所が冷え込んできた。

私 「…寒い」
R 「(ハンガーにかかっている仕事用の)上着、貸してあげようか?」
私 「ううん、車にあるからいいや」
R 「今寒いんでしょ? まだ帰らないんでしょ? 上着を車においてあることは関係ないじゃない」
私 「あ、そっか(@@)。だからいつも帰る時に冷え切ってるんだ。」

いつも「車にあるからいいや」と思って、帰る時までガマンしている。
このアタマは何なんですか。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-29 22:00 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2005年 10月 28日
毎度のことだけれど…
一昨日の夜、京都出張から帰っていたRを、私の時間感覚のルーズさでひどく怒らせてしまった。
怒らせたと言うか、落胆させたと言うか。そんな時のRは、何も言わず黙り込んで、もう何もかもどうしようもなくなったかのような無気力な顔になる。
Rがそうなるまで、私は自分がしたことに気がつかない。
「なぜそうなんだ…」とだけ言ってこちらを見ようともしない様子に、あ、やってしまったらしい、と気付くんだけど、正直なところ、どうしてそのことでRがそこまで不機嫌になるのかがわからない。
でも確かに私が悪かったんだし、Rをそこまでがっかりさせたことを反省して謝ったけれど、Rは疲れきった表情で首をかすかに横に振るだけ。
「どうしてそうなの」だったら、まだ話す余地はある。でも、「なぜそうなんだ」という口調になってしまったら、もう簡単には直らない。
とりあえずご飯にしなきゃと思っておそるおそる「ご飯作ろうか?」と訊いても、聞き取れないほどの声で「もういいよ」とつぶやいて、目を閉じるR。
しばらく黙って横に座っていたけれど、Rはそのまま動きそうにない。
ずいぶん経った頃、Rが消え入りそうな声で「…梨、食べようか…」と言った。
前日の夜、一緒に行ったスーパーで、Rが梨を3種類買ったんだった。
(余談だけど、梨がRの好物だと知ったのは、結婚して10年ほどしてから。それまでも繰り返しそう言ってたらしいけれど、気付かなかった。)
「うん。どれ? ラ・フランス? それともふつうののパックの方? バラの方?」
「緑の。3つパックの。」
Rの機嫌が直れば、と、急いで台所に行って梨を冷蔵庫から取り出して剥いて戻ってきた。
「はい、ふつうのパックの方の梨。」
目を開けてゆっくりフォークに手を伸ばしかけたRは、「…もういい…」と手を下ろして、黙ってゆっくり立ち上がり、無表情のまま二階に行ってしまった。
私にはわけがわからない。やっぱり気が変わったのかな。
とにかく、元はと言えば私が悪いんだ。
反省しながらひとりで梨を全部食べた。

「緑の。3つパックの。」と言われて、ラ・フランスだったらラ・フランスってって言うだろうからふつうの梨のことだろうと思って冷蔵庫を開けたら、ラ・フランスが緑色で豊水が黄色だった。
でもRの記憶間違いだろうと思って、私は迷わず豊水を剥いた。豊水は2個パックだったけれど、それもRの勘違いだろうと気にせずに。
でも、そういえばラ・フランスは3個パックだった。
Rが食べたかったのはラ・フランスだったんだ。
だから手を付けなかったのか。
でもそれだけの理由で食べないのはおかしい。梨ならどれも好きなはず。
どうしてRが梨を食べたくなくなったのか、その日はよくわからないままだった。
それが一昨日。


そして昨日、また同じことを繰り返してしまった。
広島に日帰り出張していたRから「9時」「おそになるな」「じかんわすれるな」と何度もメールが来たので、その時間に家に着くようにしようと思っていたけれど、30分ほど過ぎてしまった。
帰りに寄らなきゃいけない所があるのは言っておいたし、少し遅れただけだから何も問題ないだろうと思っていたら、家に着いたらRの顔色が違っていた。
力のない声で「どうして同じことを繰り返すの」と言われるまで、前日のことはすっかり忘れていた。
ああ、ごめんなさいー! orz
まったく反省を生かせない私。(TT)
「ちゃんと時間に帰るようにって早くから何度もメールしたでしょ」「ちゃんと帰れるって言うから、一緒にこれを食べようと思っていたのに…」
もみじまんじゅうが晩ご飯??
いいよ。今からでも食べたらいいじゃない。本当に悪かったと思っているけれど、なぜそんなにガッカリしているのかがわからない。
遅くなったのが30分で済んだせいか、昨日ほどは怒っていないのが救い。
「じゃあ食べよう。牛乳持ってくるね」
冷蔵庫を開けたら何個も積まれた納豆が目に付いた。前に注文したのを食べないうちに次のが届いたんだ。早く食べなきゃ。あ、ちょうどいいや。少しでも血糖値の上昇がマシなように先に納豆を食べよう。
「はい、納豆。黒豆の、好きでしょ?」
暖めた牛乳を飲んで納豆を食べてもみじまんじゅうに手を出そうとしたら、それをじっと見ていたRがため息を吐いた。
「牛乳取りに行ったんでしょ。なんで納豆持ってくるの。もみじまんじゅう食べようって言ってるのに、なんで納豆食べるの。」
「え? だってこんな時間だし、いきなりもみじまんじゅうだったら血糖値急上昇して太りそうだし。」
「もみじまんじゅうの前にそんなの食べたら、味がわからないじゃない」
「わかるよ。」
「…どうして、いつもそんなふうになるの。どうして違うことばかりしてしまうの」
そんなに言うほどのことなんだろうか…。
ああ、昨日梨に手を付けなかったのは、食べたかった梨と違ったからじゃなく、相手の言葉の意味を考えずに平気で間違ったことをしてしまう私につくづく落胆して食べる気がなくなったのかも。
このもみじまんじゅうも、特別おいしいもみじまんじゅうだったのかも。
そう言えば前に「もみじまんじゅうは特に好きなわけじゃないけど、工場でもらった出来立てのはとてもおいしかったよ」と言ってたっけ。出来立てのが冷めきらないうちに食べられるように買ってきてくれていたのかも知れない。

その後は、それ以上言っても仕方がないと思ったのか、「…もういいよ。映画見よう」と落ち着いたけれど。
それが昨日。


今、一昨日私が帰るまでの間にRとやりとりしたメールを読み返してわかった。
夜8時半に「はよかえりや。えいがみるよ」とメールが入って、私が「何時に家?」と訊いたら「いま」と返事が来ていた。
あの時本当に家に帰ってたんだ。そんなに早いわけがないから冗談だと思っていた。
「ほんとは?どこ?」「いえ」「家に着く30分前にメールして」「もうした」というやりとりもふざけているんだと思って気にしないでいたら、9時半頃から「とろい」「おそし」というメールが来始めたので、仕事を片付け始めて「バックアップ中」と返事。
でも、実際に私が家に着いたのは0時前。
3時間以上待たせて、もう帰ると言ってからも2時間以上待たせたんだった。
怒って当然だ。
それだけ待たせていたことがなんでわからなかったんだろう。
Rは京都出張の時にはいつも友達らと食事して遅くまで飲んでくるのに、たまには早く帰ってゆっくり映画を見ようと、友達の誘いを断ってきたのかも。
私が帰った時には、再生しかけていたDVDが一旦停止のままスリープ状態になっていた。


メールを読み返してみたら、なんと、その一昨日の前の夜にも同じようなやりとりが。
一緒にスーパーに行って一度事務所に戻った後別行動して、その後2時間ほど待たせている。
なんで気付かなかったんだろう。
3日連続これで怒らない人がいたら、そっちの方がおかしいよね。(TT)
時間にルーズなことよりも、それを自覚していないことの方が問題。
いや、ルーズなのは自覚していて気を付けようとはしているんだけど、自分が何やってるのか、もひとつわかってないのが問題…。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-28 19:56 | A-spectrumの脳みそ | Comments(1)
2005年 10月 27日
私の情報処理
「視覚が優位な面があるのに、言語が絡むととたんに聴覚が優位になるんですね。かなり特徴的だと思います」とのこと。
へぇー、そうだったのか。
あれだけのチェックでわかるなんて、すごい。
文章の黙読ができなくて、音読すると意味が把握できなくのと関係あるのかな。
脳はとても興味深い。特に自分の脳はなおさら。
どうもありがとうございます。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-27 23:50 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2005年 10月 27日
「ほしのこえ」
個人制作CGアニメ。
(Rは同じ系統のものを続けて見る・読むタイプなので、このところアニメ続き。)
1,2年前に、個人制作の枠を超えた作品だと誰かが絶賛しているのを読んだことがある。
何かで賞を取ったと書いてあったけれど、市販DVDが出てレンタルまでされているとは。

ヘタな同人誌のような狂いがちの人物デッサンが気になるけれど、シンプルなセリフで気が遠くなるような距離を思わせるのは上手。
ミカコからのメールは2行だけで 後はノイズだけだった
でも、これだけでも……奇跡みたいなものだって思う
発信されてからようやく8年後に着信したメール。
何光年も離れたところから思う夕立のアスファルトの匂いや踏み切りの音(違ったかも)へのノスタルジーに、十代の頃の記憶が甦る。

声優版で見た後で、オリジナル版を数分試聴。
少女たちのこんな声や口調は、エヴァンゲリオンの発明?
(見終わった後、その口調を真似て話していたら、気持ち悪いからやめてくれとRに言われた。)
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-27 23:00 | ARTS、CINEMA、BOOKS | Comments(0)
2005年 10月 27日
オープニング中毒 (「妄想代理人 全13話」)
「千年女優」の監督だと聞いたので絵に期待したけれど、始まってみると普通の色合いの絵だったので最初はちょっとガッカリ。
(「千年女優」は色が好きだった。話は私にはイマイチだったけど。)

なんとなく見ているうちに、最初つまらないと思っていたオープニング曲と、その背景のただ笑っているだけのアニメが、だんだん病みつきになっていた。「ラーイーヤー」で始まるPOPでエスノな曲と、よく聞き取れない奇妙な歌詞。
明るく単純な絵柄と、不自然な笑い。登場人物たちが立つ意味ありげな場所。
オープニングの部分だけでいいからなんとかダビングできないものかと、コピー防止がかかっていてそのままではHDDにダビングできないものを、VHSに録れないか試したり古いDVD単独デッキにつないだり、試行錯誤。
曲だけだったらMDに録れるかもしれないけれど、この曲はこの映像付きでなきゃイヤだ。
VHSを借りてきたらダビングできるのかもしれないけど、とにかく今これをダビングしたい。
「清々しいんだか気持ち悪いんだかわからないという妄想シリーズ全体のイメージを象徴したつもり」
「覚醒を促すような曲であり映像にしたいと思って作った」
「音楽と絵面と合わせてオープニング中毒者というのがかなり多かったみたい」
     (Vol.6の特典に入っていた「妄想ラジオ」より)
ハマったのは私だけではなかったよう。
ちなみに歌詞は
「ラーイーヤー ラライヨラ 空に見事なキノコの雲
 ラーイーヤー ラライヨラ 小道で餌をはむ小鳥の午後は
 木漏れ日の芝に手を触れて キミと語ろう」
「ラーイーヤ ラ ライヨラ 夢に見慣れた炎の雨
 ラーイーヤ ラ ライヨラ オフィスの窓辺で目覚めた午後は
 木漏れ日の芝に誘われて キミと出かけよう」
「草に吹く風を聞き 憂鬱は投げ捨て 明日も晴れと信じ 夢見など案ずることなく」
(「夢の島思念公園」より /作詞作曲編曲 平沢進)
など。
これが、突き抜けて明るく、でもどこか歪んだような曲に乗って、貼りついた笑顔のリピートと共に繰り返される。

ストーリーも、最初は普通の話でつまらないと思っていたんだけど、Rが借り続けてくるので見続けたら、途中からまったく違う作品のようになっきて、ハマっていった。
だんだん一話ごとに絵柄もタッチもストーリーもバラバラでシュールになってくる。ヘンな作品。
「1、2を見た段階では予測がつかないものが最後に出てこないと」
「12・13話と1・2・3話のイメージが合致しない作品」
「8~10話は拡散する妄想。サイドストーリー」
          (「妄想ラジオ」より)
こうなってしまったんじゃなく、こういうのをねらっていたらしい。
TV用アニメだったそうだけど、ねらった視聴者は、最初の3回あたりを見た時点で見るのをやめてしまって、放送が終わった後でこんな作品だったと知って再放送(があったのかどうかは知らない)やDVDで見たんじゃないかな。
それとも、こんな奇妙な作品だと前宣伝してから放送されたのかな。

今検索してみたら、WOWWOWオリジナルアニメだったそうな。

[PR]
by karino-tohko | 2005-10-27 03:00 | ARTS、CINEMA、BOOKS | Comments(0)
2005年 10月 26日
『寂しい』という検索語で結び付く人々
仕事と、非公開のページにひっそり日記を書くだけの日が続いて、なんだかひとり取り残されているようで急にさみしくなってきて、衝動的に日記を公開設定にしようかと思った。
(非公開のままじゃ検索も使えなくて、備忘録にもならなくて不便だし。)
でも、最初心配していたような会社の話はあまり書いてないからいいけれど、誰でも読めるようなところで私のような適当な診断の者がAS名乗るのは問題ありそうだし、万が一先生にでも読まれたら困るから、思いとどまった。
公開して知らない人が覗くようになったからって、さみしさは何も変わらないし。
でも、誰かとつながっていたい。

ちょうどそんな時に、こっそり読ませてもらっている日記にこんな話が。
(リンク先はHotwired JAPANの記事)
『寂しい』という検索語で結び付く人々
Googleの「検索欄」に 「I am lonely(寂しい)」 とつぶやく人たち。
そこに自然発生的にできたコミュニティ。
読んでいていたたまれない気持ちになった。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-26 19:30 | WEB、PCなど | Comments(0)
2005年 10月 25日
全滅…?
採用通知に対して「月曜日に返事します」と言っていたパート希望の人から、昨日、断りの電話。
やむなく別の人に採用の電話を入れたら、「やっぱり迷いはじめたので、明日返事します。」
面接の後に倉庫を見学した時には「感じのいい人たちばかりで雰囲気もよくていいですね」とうれしそうにしてくれてたんだけど。
そして今朝、店舗スタッフ希望で新たに面接予定だった人にすっぽかされた。
今回、やたらすっぽかしが多い。
みんな、何か共謀してる?

言ってるうちに、昨日営業職で面接した人から断りの電話が。
あ~…。


14:30
「明日返事します」の人からOKの返事が。
よかった~。(TT)
どうか気が変わりませんように。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-25 21:50 | 日記 | Comments(0)
2005年 10月 24日
眼力
Rの母親には眼力がある。
面接者が階段から降りてくるのをちらっと見て一言つぶやく言葉が、妙に当たる。

「あの人は商売人やな。ええんちゃうか」(面接していたら妙にアヤシげな人に見えたんだけど、そのことばを信じて雇ってみたら、確かに商売人気質の真面目ないい人だった。いったいどんな階段の降り方をしたら商売人に見えたのか。)、
「あんな若いのにあんな世間の裏見てきた娘はきついで。」(見た目はふつーのちょっと軽めの子だったけれど、なぜそう感じたんだろう。世間の裏を見てきたのかどうかはわからないけれど、雇ってみたら確かに結構いい根性の子だった)、
「あの子はあかんわ。すぐに辞めるわ」(愛想も良くてハキハキして他のバイトの子とも気が合ったらしく楽しそうに仕事していたので、社長の眼力も今回はハズれたか、と思っていたら、わずか5日で突然辞めてしまった)、
など。

今日も、Rと私が面接した人の履歴書をチェックしていたらRの母親が通りかかったので、人を見抜く能力のあるその目で見てもらおうと履歴書を見てもらったら、ちらっと写真をひと目見ただけで
「この人はあかん」。
すごい! 内容も何も見ないで、写真を一瞬見ただけで!
一体何がひらめいたのかと思って「この人、どこがあかんの?」って訊いたら、
「メガネが大きすぎる。」
はぁ??
「こんな大きなメガネかけてる人、いいひんで。目を取る(採る?)かメガネを取るか、ってとこやわ」
そう言い残してスタスタ去って行った。

「見える」人の御言葉は、凡人には意味不明…。
[PR]
by karino-tohko | 2005-10-24 18:33 | R | Comments(0)