ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(44)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2005年 07月 ( 38 )   > この月の画像一覧
2005年 07月 31日
日曜日
会いたいと思っていた友達が来てくれた。
同じような感覚を持っている人だと思うと、話しやすい。
ここ数日不安定だった気持ちが、穏やかな口調のその人と一緒にいると、少し落ち着いた。
体調が悪いと聞いていたけれど、元気そうだったのでちょっと安心。
遠いところありがとう。
また一緒に美術館や舞台を見に行きましょう。ぜひ。


遠いところお疲れじゃないかなと心配しながら友達を見送った後、私にも睡魔が襲ってきたので、そのまま夜まで熟睡。
土曜の件のメールが届いて目が覚めた。
昼間のおかげで気持ちが少し落ち着いたところで、夜10時頃から話の続き。
3時間ほど話していろいろ考えたけれど、やっぱりいい解決方法は見つからない。
とりあえずその人が頼り。
あの人たちを敵にまわさぬよう、今の立場のまま、なんとかうまく穏やかな方向に持っていってもらえますように。
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-31 23:59 | 日記 | Comments(0)
2005年 07月 30日
脱力
あー、どうして人間関係を操作する(してしまう)人がいるんだろう。
すでに洗脳されている人たちに何をどう説明しても、標的にされている側から言ったのでは逆効果になるだろうし。
腹が立つよりも脱力。
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-30 23:50 | Comments(0)
2005年 07月 28日
またまたDELL
DELLから封書で文書が届いた。
「【重要】PowerChute Business Edition v6.x.x 修正対応のご案内
(略)
ご導入頂きましたPowerChute Business Edition v6.x.xに関し、株式会社エーピ-シー・ジャパンより問題が確認されたとの連絡があり、該当のお客様に直接そのご案内を差し上げております。(略)」
裏面には
「この度PowerChute Business Edition v6.x.xの証明書の期限切れにより、2005年7月28日06時43分以降UPSサービスが使用できなくなります。(略)
以下の2つの対策を準備致しました。いずれかを、2005年7月28日06時43分以前に適用いただきますようお願い致します。なお、期限以降に適用する場合には、ソフトウェアのアンインストールやシステムの再起動等が必要となる場合があります」
APC社のホームページに、最新バージョンのPowerChute Business Edition(Basic)の無償ダウンロードと修正パッチのダウンロードを用意してあるとのこと。

同封のOS・バージョン対応表などが説明不足でわかりづらい。
こんな説明でみんなちゃんと対応できるんだろうか。
何しろこの状況のこの時期なので後回しにしてしまい、期限の前々日くらいになってからRが取り掛かった。

ただダウンロードすればいいだけだと思っていたら、やたらややこしいらしく、なかなかうまく行かない様子。
2日かけて何度か試したけれどできないので、やむなくRがDELLカスタマーサービスに問い合わせると、そんな話は知らない、とのこと。
文書の署名は「デル株式会社 カスタマーサービス本部 本部長ロドニー・エリクソン」。
それでも知らない、というので、届いた文書をDELLにFAX。
その返事待ちに1日かかり、期限の28日06時43分を過ぎてしまった。
これでシステムの再起動が必要になった場合はどうしてくれるんだ、とRが言うと、システムに関しても対応に関しても、DELLではなくAPC社のミスなのでそちらへ、との返事。
今回の文書と対応が非常に悪いと指摘すると、全てAPC社の責任なのでAPCに責任を取らせます。APC社との契約では…とずいぶん横柄な口調だったそう。
メーカーと販売店間の契約はユーザーには関係ない。DELLの認識はおかしいのではないか、とRがDELLに問いただすが、埒があかない。

APC社に問い合わせてもなかなか要領を得ず、長いやりとりの後、ファイルの中にあるはずのCPCとやらが入っていないことが判明。
パソコン注文時にPowerChuteも含めてDELLに発注してDELLに設定してもらったので、DELLの設定ミスではないかということになり、それからまた調べた結果、なんと、この会社のPowerChuteには元々修正の必要がなかったことがわかった。

この忙しい中、まったく余計な手間と時間が取られただけだった。
文書には 「ご導入頂きましたPowerChute Business Edition v6.x.xに関し、株式会社エーピ-シー・ジャパンより問題が確認されたとの連絡があり、該当のお客様に直接そのご案内を差し上げております」 と書いてあり、同封のバージョン対応表にも載っている。
該当しているかどうかは販売して設置・設定したDELLが一番よくわかっているはずなのに、なぜここにも送ってきたのか。

(↑イカッてるRの電話を横で聞いていたのを思い出して書いただけなので、流れがちょい違うかも)
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-28 21:10 | WEB、PCなど | Comments(0)
2005年 07月 28日
やっと
社会保険の算定基礎届に行った。
最終日の締め切り15分前。

台風の日からパオの窓を閉め切ったままにしていたので、乗り込むと息が出来ないほどの熱気。
車内の温度計が最高目盛の70度を振り切っていた。
f0000211_1440415.jpg窓を開けて15分ほど走っても、まだ50度。
車から降りると、多分30度くらいあるんだろうけど、とても涼しく感じる。
ポカリのCMを思い出して、水ではなくアクエリアスで水分補給。
(ポカリは甘いので。)
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-28 18:36 | 日記 | Comments(0)
2005年 07月 24日
赤ちゃん
友達が赤ちゃんを産んだので、夕方から病院へ見に行った。
数年前に妹に子どもができるまでは、身近に赤ちゃんや小さな子どもがいる人がいなかったので、子どもという存在がピンと来ない。
(Rの妹には子どもがいるけれど、学校に行き始めるまではあまり見る機会もなかったし。)
今も赤ちゃんや子どもというものは遠い存在。

生まれてからまだ3日目。
そんな小さな赤ちゃんを見たのは、多分初めて。
耳や背中に毛が生えていて、鼻の頭にブツブツがあって、真緑のウンコをする。
人が死んでいなくなるのも不思議だけれど、それまでそこにいなかった子が生まれてきてこれからそこで何十年も生きていくというのもすごく不思議。

赤ちゃんを見ていて、つくづく、私には子どもは育てられないな、と思う。
あんなにまめに世話できないし、
簡単につぶしてしまいそう。
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-24 23:55 | Comments(0)
2005年 07月 24日
リビングの床の片付け
次の日曜に、うちに来たことのない友達がやや遠くから来ることになったので、今日こそリビングを片付けて座る場所を確保せねば、と手を付けた。
床を占領している山の多くは、メモと切り抜きと書類と雑誌。
ホコリをサンドイッチしてしまわないよう、まずそれぞれの山に掃除機をかけながら、分類。
目を通しさえすれば処分できる紙は、その場で目を通して古紙回収袋へ。
雑誌も目を通せば8割方処分できるけれど、今は雑誌に目を通す時間はないので、とりあえずいくつかの山にして積んでおく。
(読みたいけれど読みきれていない雑誌はRからまわって来たもので、以前はお風呂に入りながら読んでいたけれど、数年前からあまり湯船にお湯を張らなくなったので、溜まる一方。)
書類の整理はそれだけで一日仕事なので、重要なものだけ一箇所にまとめて、後はファイルボックスの横に積んでおく。
(未整理の書類をファイルボックスの中に放り込んでしまい、そのまま何年も手付かずになって必要な時に出て来なくて困ったことが何度もあるので、ボックスには入れずあえて目障りな外へ。)
メモや切り抜きは、分類できるものはクリアフォルダに分けて入れて、分類できないもの、分類に時間がかかりそうなものは、一箇所に積んでおく。
行き場がなく机周りを何年も彷徨っている短いメモや覚え書きは、パソコンに覚えさせることにして、キーボード柄のクリアファイルに放り込んでいく。
紙類以外の物は、それぞれのあるべき場所に移動する。
あるべき場所がなくてそこに転がり続けている物は、とりあえず一番関係ありそうな部屋へ移動させる。

書き上げると簡単なようだけど、途中で何度も行き詰って、思考停止になってしまう。
何度目かに行き詰った時に、ソファの掃除に移行。
ソファに掃除機をかけようとすると、先週に引き続きそこでも冬物のセーターと綿入れを発見。
置いておくとまたいつまでも洗濯かごの底に残ってそうなので、いったん洗濯に移行して、手洗いした。
冬物洗濯の後、ソファとその上のクッションに布団用ノズルで掃除機をかけたけれど、どうもスッキリした気がしないので、それぞれのカバーを外して中身に掃除機をかけ、カバーを洗うことにした。エライ。

ソファに掃除機をかけてカバー類を洗濯し終えたら、床の上の山に再挑戦。
出かけなきゃいけない時間が迫ってきたので、最後は大急ぎで整理。
結局、ほとんどはただ山を積み替えただけだけど、それだけでもずいぶんスッキリした(ように思う)。
気持ちいい。
(ああ、またカメラ持って帰ってくるの忘れた。)
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-24 23:50 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2005年 07月 23日
ボランティアまかせ
事業所向けの県の労働関係の広報をパラパラとめくっていたら(最低賃金が改正されるとその広報誌で通達されるので、いつもその記事だけチェック)、見慣れた単語がいくつか目に入ったので、手を止めた。
  「外国人を雇用しておられる事業所の皆様へ 日本語教室のご案内」
その下に続くリストには、OVを始め、20ほどの教室名が並んでいる。
中には自治体の国際交流協会が開いているものもあるけれど、大半は、OVとネットワークを作っているボランティア団体。
なんか、違うんじゃないの?

県が外国人向けに発行している情報誌に、それらの日本語教室の案内を載せるのはわかるけれど(その外国人向け情報誌の編集・翻訳・発行も、主に無償ボランティアスタッフがやってるんだけど。まあそれは置いておいて)、それとは意味合いが違うでしょ。
そもそも、本来自治体がすべきことを、見ていられなくなった人が集まってグループを立ち上げて無償で(いや、持ち出しで)ボランティアでやっているのに、それに対して援助するどころか、営利団体に紹介するのは間違ってるでしょう。
それでなくてもスタッフ不足、場所不足なのに。
せめて教室に場所を提供するとか、部屋代を一部負担するとかしてからにして欲しい。

事業主が、日本語のできない外国人従業員と日本人従業員間の仕事上のコミュニケーション問題で困っているのなら、NOVAや何かに会社経費で外国人従業員を通わせるか、講師を呼んで社内日本語講座を開くかすればいいんじゃないの?
事業所内に日本語や日常生活で困っている外国人がいるようなら、事業所に外国人無料相談会の案内を配布してもらったり(これも通訳などはボランティアがやってるんだけど)、社内に外国人相談窓口の案内ポスターでも貼るように勧めればいいでしょう。
(まあ結局、相談窓口からOVなどに紹介されてくるんだけど。意味が違うよね。)

どうして企業のために私達がボランティアしなきゃいけないの。
県、何考えてるんだ。
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-23 18:45 | 異文化の人たち 日本語 | Comments(0)
2005年 07月 23日
ADHDの記事
Rが 「日経ビジネスにもこんなのが載ってる。流行ってるんだなあ」 と雑誌を持ってきた。
連載の「心と体」の今号の記事が 「大人の注意欠陥/多動性障害」。
短い記事だったので目を通してみたら、

「中には自分がAD/HDだと知らずに生活している人もいる。
今ではだいぶ減ったものの数年前までは、精神科の医師の中にもいたくらいだ。」

ADHDの子どもがいる人などを除けば、自分がADHDだと知らない人の方がまだ多いんじゃないかなあ。
ADHDの精神科医がいても不思議はないし、むしろ、精神分析や脳科学に興味ある人も多そうなので、全体の中での比率より精神科医の中での比率の方が高かったりして。
(担当医がADHDクサイ、という声を何度か聞いた覚えもあるし。)
でも、前よりずいぶん減ってるの?? なんで?
昔から精神科医だった人がここ20年ほどの間にADHDを知って、自分もそうだと気付いて辞めて行ったとか?
新しく精神科医を志望していた人が勉強していく中で自分がADHDだと知って、精神科医への道をあきらめるとか?
うーん…。

「AD/HDかどうかを調べる簡単なテストがあるが、実際の診断は精神科医が行う。」
テスト? 初耳。
あ、もしかしたらDSM-IVやICD-10のこと? (あれはテストじゃないか。)
ADHDかどうかがわかるテストがあるのならやって欲しい。 (確定診断がまだ物足りない。)

「一般に人は頭の中で言葉を使って“自分と会話”することで、より最適な決断を下そうとするが、AD/HDの人の場合、このための作業領域の容量が不足している。」
「リタリンを投与すると、一時的に作業領域の容量が増え、薬が作用している間は、AD/HDの症状を抑えられる。」

うーん、違うと思う。
リタリンを飲んでも全然そんな感じじゃないし、ADHDを作業領域の容量から説明している説は初めて見た。
作業領域の容量が増えるなら並行作業もやりやすくなるように思うんだけど、私の場合はリタリンを飲んだらむしろ視界が狭まって、ひとつのことしかできなくなる感じ。
この間のテストでも、絵の並べ替えテストをしながら同時に計算問題を考えていたけど、リタリンを飲んでいたら同時に両方は考えられなかったかも。
(まあそれ以前に、リタリンを飲んでいたら計算問題が出された時点でパスせずに落ち着いて考えた可能性が高いので、同時作業は必要性なかったかも。)


この連載は毎回同じ人が担当してるのかな、医科関係のことはそれぞれその科の専門に書かせないと、と思って誰が書いたのか見てみたら、「談話:国立成育医療センター 発達心理科医長 宮尾益知」。
専門家なのか。
私は専門家じゃないからよくわからないけれど、なんとなくそこここの説明が違ってるような気がする。

(引用は、「日経ビジネス」 2005年7月25日号より)

[PR]
by karino-tohko | 2005-07-23 18:30 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2005年 07月 22日
頼りない税理士(と大好きな税理士)
おととい、決算書が上がってきた。
税理士からもらった決算仕訳を入力して、こちらの残高試算表や減価償却の残を決算書に合わせようとしたけれど、なかなか合わない。
一致しない科目の仕訳をひとつひとつ拾っていくと、税理士からもらった仕訳にもれがあることがわかった。
ワケのわからない仕訳になっているところもある。
部門や補助科目が間違っているくらいはともかく、科目まで間違っているところも。
しかもよりによって、月々のロイヤリティと明記してある支払手数料がなぜか交際費になっていたりする。
税金が高くなってしまってるじゃないか。もうこれで決算書作っちゃったの?
プロでしょ? あ~、信じられない。

今日税理士に来てもらって、仕訳の不一致部分について質問した。
案の定、税理士のミスだった。
税金が少し高くなってしまっているけれど、もう決算書は税務署に提出済のようで、少額だしそのままで済ますことになった。
税理士事務所の所長さんも、まさかそんな間違いがあるとは思わなかっただろうし、そんな細かいところまではチェックしなかったんだろう。
いくら私がチェックの鬼だと言っても、シロートから仕訳に赤ペンを10箇所以上入れられ、税金の計算ミスを指摘される税理士っていったい…。


以前の担当税理士は、担当になった頃はまだ20代半ばだったけれど、とてもしっかりしていた。
ミッフィーちゃんの上履きをはいて休日の午後のような涼しげなワンピースを着た学生のようなその人が税理士だと聞いて最初は驚いたけれど、仕事はカンペキでどんな質問にも的確に答えてくれて、社内の状況や人事についても的確なアドバイスをくれた。
会話の中で国際協力関係の仕事をしている友人の名前が出てきたので驚いたら、OVの授業以外のグループ活動や他の関係する活動に参加していたことがわかって、二度ビックリ。
彼女が参加する団体のイベントを覗かせてもらったら、歌って踊れる税理士として紹介されていた。
OVの補助金の推薦者にもなってくれたし、Rの変人ぶりもずいぶん気に入ってくれていた。

とても頼れるいい人だったけれど、数年前にその若さで独立してしまったので、残念ながら担当が今の人に替わってしまったのだ。
今の担当は30代後半くらいの男の人。
以前はRも、税理士が来る日は時間を合わせて、試算表を見ながら経営について意見を求めたりアドバイスを受けたりしていたけれど、今は「今度の金曜日に税理士が来るよ」と言っても「関係ないよ。あの人に会っても仕方ないよ。」
Rは、仕事上でつきあう仕事ができない人に対してはとても冷たい。
相談や質問がある時には、その人を通さず、直接所長に連絡している。
まあ、私から見ても頼りないと思うほどの税理士なので、仕方ないけれど。
もう少し落ち着いたら、今の契約を解除して、あの独立した人にお願いしたいところ。
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-22 21:55 | Comments(0)
2005年 07月 22日
エアコン故障
私の願いが通じたのか、今日の午後、事務所のエアコンが故障した。
電気工事の資格を持っている営業マンの人に配線や配電盤を見てもらったけれど、異常なし。
本体の中の部品がいかれたのではないかとのこと。
メーカーに修理を頼んだら、来てくれるのは約一週間後。
さすがに、狭いのにPCが多くて風の通らないこの事務所でエアコンなしはきつそうだけど、扇風機と冷風機があるし、冷房ガンガンよりは体によさそう。
ちょいうれしいかも。
(修理代がかかるのは困るけれど。)
[PR]
by karino-tohko | 2005-07-22 21:40 | 日記 | Comments(0)