ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














<   2005年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧
2005年 02月 27日
日曜日
昼前まで寝ていたら、会社からの呼び出しの電話で起こされた。
急いで会社に来て作業して、終わったら夕方6時。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-27 23:00 | 日記 | Comments(0)
2005年 02月 26日
台湾料理店で送別会
OVの人がまたひとり、JICAで海外に行く事になったので、送別会があった。
場所は、前に何度か中国の人の送別会などで使った台湾料理店で、料理がとても美味しい店。
運営スタッフや親しい人だけでこじんまりと、と聞いていたけれど、2時間ほど遅れて店に着くと、20畳ほどの和室が満席になっていた。
行ってしまう人の受け持ちは日本語能力検定1級対策班なので、送別会に参加している外国の人も日本語の達者な人が多く、ほとんど日本語だけで会話が進んでいる。
面白い話が飛び交って、帰る頃には、昼間のことで少し混乱していた気持ちも落ち着いた。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-26 23:30 | 異文化の人たち 日本語 | Comments(0)
2005年 02月 26日
Oねえさん
Rの母親が事務所に、Oねえさんが亡くなったと連絡に来た。
OねえさんはRの親類で、この事務所の隣に住んでいる。
近所の人から「夜中まで明かりが点いたままの日が続いている」との連絡が入ったのでRの母親が見に行ってみると、
浴槽の中で亡くなっていたらしい。
自宅で亡くなったので警察の調査があり、推定死亡日時は24日夕方6時頃とのこと。
私も夜12時過ぎに事務所を出たりしていたけれど、Oねえさんの家と反対方向に向かうので、明かりには気がつかなかった。
このところ冷え込んだ日が続いていたのに、冷たいお風呂に三晩も浸かったままだったなんて。
Rに「寒かっただろうね」 と言うと、
「だから腐らなくてよかったんじゃない」 と言う。
…。

数日前の朝、道路わきのごみ集積所でごみを出しているOねえさんの脇を車で通って出勤した。
いつもなら声をかけるのだけど、その時のOねえさんは普段昼間見るときと違って髪が整っておらずずいぶん白いものが目立ち、前かがみになっていたせいか妙に小さく見えて、声をかけづらく、そのまま素通りしてしまった。
あの日の夕方だったのかもしれない。

軽いパニックになっている中、Oねえさんの家にいるRの母親から「新札の千円札を90枚用意して欲しい」との電話が入り、急いで数えて持って行く。
その場にいた人に20枚ずつ数えてもらうと、一枚多いとの事。私ももう一度数え直して、確かに一枚多いことを確認し、「慌てていたので」と言い訳しながら一枚持って帰る。
その後Rの母親が、「多かったのは1000円どころじゃないよ。1万円多かったよ。90枚だったら、20枚ずつ数えてぴったりになるはずないでしょ。大丈夫?」 と、1万円返しに来る。
あー、親類の人たちに、あそこの会社は大丈夫だろうかと思われたに違いない。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-26 23:00 | Comments(0)
2005年 02月 26日
「DOGVILLE」
昨夜は久しぶりに早く(と言っても9時過ぎだけど)会社を出たので、仕事帰りに、
一時帰国したKeから預かっていたお土産を届けにIbさんちに寄った。
毎日Ibさんの家の前を通っていたのに、預かってから半月。
ついでに、OVの記念誌も渡す。

そのあと久しぶりにプールへ。
夜11時まで開いているので助かるけれど、それでも滅多に行けない。
いや、行かないだけか。

帰宅後、この間Rが借りてきて途中まで見ていたDOGVILLEの続きを見る。
8分目までが単調で長い。丁寧な描写なのかもしれないけれど、飽きてくる。
しかも、自分の価値基準でしか物事を判断しようとせず感情を剥き出しにする村人たちが会社の人たちに重なってきて、不快。
このままだらだら続いてそのまま安易な結末で終わってしまうのか、と思っていたら、いきなりな展開になるけれど、そこに持ってくるまでが引っぱり過ぎ。っていうか、冗長。(集中力のない私には。)
ひとりで見ていたらきっとこの最後のシーンまで持たなかっただろう。
なぜエンディングが David Bowie なのかはナゾ。あ、「Young American」 だから?
「これとまったく同じようなペースの映画を前に見たことがある。あ、そうだ! Dancer In The Dark だ! …あ、同じ監督の作品だって言ってたっけ?」
同じ監督だと聞いていた事はすっかり忘れてたので、これを見て Dancer In The Dark を思い出したというのは私にしてはすごくカンが冴えてたんだけど。
聞いた事をいかに早くすっかり忘れるかっていうダメダメさを再認識しただけだった。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-26 13:00 | ARTS、CINEMA、BOOKS | Comments(0)
2005年 02月 25日
激早求人サイト
さっき営業から帰ってきた来た人から、突然、退職願いが出された。
前々から給与面での相談があり、他の営業の人とのトラブルもあったので、少し心配はしていたけれど。
Rが隣室で話をして、退職願いを受理。
成績はイマイチだけれど、素直でいい人だったのに。
それにしても、営業の売上が落ちていて店のスタッフも足りなくて倉庫もうまく人がまわっていないこんな時に。
ああ…。

気を取り直して、急遽、某求人サイトの担当者に電話。
今ちょうど求人サイトで店の方のスタッフを募集していたので、そこに、前回使用した営業職の募集ページを至急UPしてもらうよう連絡する。
店舗スタッフ用に作ってあったトップページの会社情報も変更しなければならないので、電話を切った後、ページに修正を入れようとログインしたら、
もう原稿管理ページに「営業スタッフ」の枠ができて、「原稿完成状況」欄のグラフが70%まで伸びている!
電話を切って5分も経っていないのに!
しかもこんな時間に。
私の声がよっぽど切羽詰って聞こえたのか、
思ったように応募がないので向こうの担当者も焦っていたのか。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-25 20:04 | WEB、PCなど | Comments(0)
2005年 02月 25日
興味ないんかよ!
私「今日、電話したよ!」
R 「…」(自分のPCモニタを見たまま黙ってうなずく)
私「今日、電話したんだってば!」
R 「ふーん…」
(どこに、とか誰に、とか、聞けよ!)

私「ブログ作ったし。見る? アドレス教えてあげようか?」
R 「いらないよ。」
(そんな時だけはっきり返事するなよ!)
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-25 18:24 | R | Comments(0)
2005年 02月 25日
念願のクリニック予約
ついに!
クリニックに予約の電話を入れた。

ASやADHDを知ってから、足かけ7年。
家のすぐそばに大人の発達障碍を見てくれる「らしい」(と聞いたけど、「かもしれない」ともとれた)クリニックがある事を知ってから、早数年。
近くのADHDの親の掲示板でそのクリニックのことを教えてもらい、即ネットで場所を確認して見に行ったら、いつも通っている道に面したビルの二階だった。
近いしこれなら通えそう、と思って診察時間を携帯のアドレスリストに控えたものの、
クリニックの窓に貼られた「完全予約制」の文字が大きな壁となって、毎月「今月こそ予約の電話を…」と思いながら、何年も経ってしまった。

とにかく、こちらから電話を入れて日時を予約するという事が、私には非常に困難。
さらに、はるか昔に神経科で無神経な看護婦たちに嘲笑された経験や、人から聞いた、病院で発達障碍ではないかと話したら「はあ? 大人の発達障碍なんてないよ」とバカにされたように言われて取り合ってもらえなかったというような話も、予約の電話を入れる足かせになっていた。

「あの、○○と申しますが、初めてお電話させてもらったんですが(と言いながら、これじゃあ怪しいセールスのような言い回しだ。切られてしまったらどうしよう、と、切られないようアセって思わず早口になり)、そちらではおとなの発達障碍を診てもらうことはできますか?」
「はい。」
「え…? あ…、あ、 はい… 」
何年もシミュレーションしてきた第一段階があっけなくクリアしてしまい、戸惑ってしまう。
早口過ぎて「発達障碍」のところを聞き取ってもらえなかったんじゃないだろうか、いや、TVでも出版でも成人の発達障碍がブームになっている(?)おかげで、広く知られてきているのかも知れない、いやいや、クリニックに電話しているんだから、知っていてあたりまえじゃないか、などが頭の中でぐるぐるして、次のことばが出てこない。
「…えーっと、あの、診てもらいたいんですが。」(あー、これじゃ子どものおつかい並みだ)
「はい。(やった!) ただ、現在非常に受診に来られる方が多くて予約がいっぱいで(ああ、この間TVで放送があったばかりだしなあ、いや、関係ないかな)、初診の方は30分取らせて頂きますので(やった、30分!いや、30分なんてあっという間か)、3月11日以降になりますが。(3月11日!)」
電話でパニックにならないよう、予約を入れてもいい日を携帯のスケジュールから紙にリストアップしておいた中に3月11日があった。
「じゃあ3月11日で! 3月11日の午前中は空いてますか?」
「はい。○時○分から○時○分が空いています。」
「じゃあその3月11日の○時○分から○時○分でお願いします!」
「はい。では、初診の予約の方には、お名前のフルネームと生年月日(年齢?)とお電話番号をお伺いすることになっているのですが、よろしいですか?」
予約が取れたことで緊張が解けたのか、あるいは反対に興奮したのか、言われた事が頭の中で整理できなくなっている。
「えーっとえーっと、あ、まず名前でしたっけ? ○○…あ、フルネーム、○○○○です。漢字は○○の○に○○の○、それから…」
ここで「ハイ、ハイ」と促されるように言われて、ああ、漢字は必要なかったのか、カナだけでよかったんだな、と気付くけれど、漢字の説明は自動再生になっているので途中では止められない。くどくてすいません、なんて余計な事を考えていたら、自動再生が終了した後に次が出てこない。
「それからえーっと、何だっけ、えーっとえーっと、ああ、誕生日は19○○年○月○日です」(あー!「誕生日」じゃなくて「生年月日」だろぉ! いや、それよりなんで西暦で言ってるの? いや、そもそも、聞かれてたのは年齢じゃなかったっけ?)
「それからもひとつは、えっとえーっと、何でしたっけ? 忘れてしまいました」 (ああ、信じられない! まるでわざと芝居してるみたいじゃないか)
「お電話番号です」
「家にいないんで、携帯でいいですか?」 (「普段家にいないので」、だろ。これじゃあ「今家にいないから」って、的外れな事言ってるみたいじゃない。)
「はい、どうぞ。」
「090-○○○○-○○○○です」
「では、前日の3月10日の3時頃に、予約の確認のお電話を入れさせて頂きたいと思いますが、よろしいですか?」(うわっ!すごい!)
「ええ!ぜひお願いします!うれしいです!すぐ忘れちゃうんです!」(あー、余計な事は言わなくていい!わざとらしい!)
「では、3月11日の○時○分から○時○分に予約をお取り致します」
「はい、3月11日の○時○分から○時○分ですね。3月11日の○時○分から○時○分。ありがとうございます!」(しつこい!)

とりあえず、予約完了。
うれしい!
電話を切ったらドキドキ興奮してきた。
約2週間後、っていうのは、心の準備をするのにちょうどいい。

電話での会話を反芻しながら、銀行に向かう。
「ああ、西暦が出てきたのはインターネットのせいだ。
ここ数日間にネットの登録ページで何度も生年月日を聞かれたし、ネットでは決まって西暦だし」と気付く。

今晩家に帰ったら、小学生の頃の通知簿と部屋の写真を探そう。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-25 16:58 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2005年 02月 24日
WEB
インターネットの世界はどこまでも際限なく広がっているようで、
反面、すごく閉じた世界に感じる。
いや、閉じているという表現は違うかもしれないけれど。

私の身近なリアル知人たちのほとんど(Rを除く)は、ネットにあまり親しくない。
なにしろ、この私が、PCやネットに詳しい人だとされているくらいなのだから。(--)
リアル知人たちと話していると、一日中インターネットの傍にいる自分が、
すごくこちら側に閉じこもっている人間に思えてくる。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-24 23:00 | WEB、PCなど | Comments(0)
2005年 02月 24日
また
こんな時間まで会社に残ってしまった。
しかも月末だというのに、仕事ではなしに。
明日もRはいない。
ジョブコーチが横にいないと、仕事に集中できない。
ああ…。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-24 00:45 | A-spectrumの脳みそ | Comments(0)
2005年 02月 23日
「No blog, No life」
「No blog, No life」 
(ブログのない人生なんてない。ブログなしに人生はありえない。…かな?)
http://soro.no-blog.jp/
なんと、ブログの主は70歳。なのにこの好奇心、この行動力、このセンス。
読むだけで気持ちが上向きになってくる。

これに刺激を受けて、昨夜いきなり、前々からupしようと書き溜めていた日記の一部をウェブ上にupした。
あまり人には読まれたくなかったので(じゃあなんでupするんだ、と言われそうだけど。単に勢いで。)最初は普通の日記用ページで作っていたんだけど、基本デザインがシンプルで写真もupできるページを探して作り始めたら、ログが12ヶ月分しか保存できない事が判明。
そこでまた別のページを探しているうちに、ブログでも非公開にしたりトラックバックを切ったりする事ができるとわかったので、ログを整理しやすいブログに変更。
使い勝手をいくつか試してみて、とりあえず非公開でここに書いていくことにした。

それにしても、ヤフオクといいここといい、ヘルプをユーザーの掲示板まかせにしているような気が。
今はみんなそんなものなのかな。
[PR]
by karino-tohko | 2005-02-23 23:00 | WEB、PCなど | Comments(0)