ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(292)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














カテゴリ:日記( 1595 )
2017年 05月 19日
おととい

会社を出てRと散歩したあと、通りかかった店で27回目の結婚記念日の食事をした。
f0000211_22112196.jpg
(いつもよりちょっとこぎれいな恰好)



平日のラストオーダー間際の時刻だったので、ゆったりした店内には先客はひと組だけ。
後半は貸し切り状態になった。
Rは白ワイン、私はお酒が飲めないのでノンアルコールモヒートを作ってもらって、乾杯。
f0000211_22114488.jpg

(なぜかジャー入り)

散歩中にiPhoneのバッテリーをほぼ使い果たしてしまい、モバイルバッテリーも車に残してきたので、以下、Rの小さなカメラを借用。


f0000211_22114483.jpg
(配置的・持ってこられたタイミング的・器の形的に「もしや、フィンガーボウル…?」と30分悩んだ飲み水)



何を食べたいか自分でよくわからなかったので、メニューの最初にあった簡単なコース料理を注文した。
リストにあったのはインボルティーニとかカサレッチェとかカッサータとか知らない名前の料理ばかりだったけれど、出てきたらどれも知っている味だった。
(メニューの料理名の下に小さく解説入れてー)

f0000211_22114349.jpg
茄子のインボルティーニ。「巻物」の意味らしい。
なすでハムを巻いてチーズやトマトソースをかけてオーブンで焼いたふう。
とろとろになった茄子が美味。

f0000211_22114427.jpg
レモンソースのカサレッチェ。
「カサレッチェ」はショートパスタの名前らしい。

f0000211_22114325.jpg
真鯛のソテー。これはわかる。

f0000211_22114306.jpg
エスプレッソと一緒に出てきたカッサータ。
「カサ」が付くので家庭料理か自家製の何かかと思ったけれど、このカッサはCASAではなくCASSAで、「家」とは関係ないらしい。


隣のテーブルに誕生日プレートが運ばれてきたのでダメ元で訊いてみたら、私たちも記念プレートを作ってもらえた!f0000211_22114339.jpg
きれい!
さらに、プレートを間にしたふたりの記念写真も撮ってくれて、帰りに、その写真の入った二つ折りのフォトスタンドふうのカードをプレゼントしてくれた!
ありがとうございます!

久しぶりによその人に撮ってもらった自分の姿を見て「こんなおばさんなのかー」と、それが自分だという実感がわかないまま、帰って寝室のチェストの上へ。
あっという間の27年だったけれど、ふたりの姿にはしっかり27年の歳月が刻まれている。



穏やかに過ごせる28年目でありますように。
f0000211_22114287.jpg




   
にほんブログ村 その他生活ブログへ


[PR]
by karino-tohko | 2017-05-19 22:40 | 日記
2017年 05月 17日
日没時に
27回目の結婚記念日だったので、定時過ぎにふたりで事務所を出て、知らない景色のところに行ってきた。

f0000211_19583500.jpg

誰もない広い場所って、震えるほど気持ちいい。





   
にほんブログ村 その他生活ブログへ


[PR]
by karino-tohko | 2017-05-17 23:55 | 日記
2017年 05月 16日
夜更けに
f0000211_12453373.jpg


27回目の結婚記念日前夜だったので、仕事のあと、ふたりで地球の果てのようなところに行ってきた。






[PR]
by karino-tohko | 2017-05-16 23:55 | 日記
2017年 04月 22日
外はいい天気
風邪っぽかったのでミルクたっぷりココア色のストール巻いてきた。
f0000211_17153726.jpg
さらさらざっくりの木綿のストール。

そろそろ冬物しまわないと。



書きかけの長文がたまっているけれど、まずはちょっとずつ更新する練習から。

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ



[PR]
by karino-tohko | 2017-04-22 17:27 | 日記
2017年 04月 06日
f0000211_20492303.jpg
開花した。曇り空。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-04-06 20:59 | 日記
2017年 03月 25日
高濃度乳房だった

翌朝は健康診断。(ええ、10日前に書いた半月前分の続き…)
健康管理センターの受付で「昨晩の9時以降、何も食べられてませんか?」と聞かれて正直に夕食の食べ終わりが10時半頃になってしまった旨を伝えたら、「では胃の検査は一番最後にまわしましょう。最後なら食後12時間は経つからたぶん大丈夫でしょう」と、検査の順番を変えてもらえた。

「ちなみに何を食べられましたか?」
ムール貝のアヒージョや生蛸のガーリックマリネといったメニュー名が浮かんだけど、求められてる答えはそういうものじゃないだろうし、おそらく消化具合を確認したいんだろうけれど、そして生蛸は消化悪そうだけれど、でもわざわざ生蛸なんて言うのもなんだし、もっと無難な料理は…等々考えながら
「えっと…クリームパスタとか…(ああ、ちっとも消化悪そうじゃないや…)」
「それだけですか?」
「いえ、えっと…(やはり消化悪そうな生っぽいものを挙げておいた方がいいかな。レア肉のカルパッチョがあったっけ…)牛の生の…カルパッチョとか…あ、誕生日だったので…」
と言い訳。
f0000211_21045284.jpg
(気になってた「生」の部分は省略された)


「では、あちらの更衣室で検査着に着替えて、向こうのソファでお待ちください」
おお、今回はロッカーを使えるのか。
以前、ここでの何度目かの健診時に先に検査着に着替えて荷物を全部ロッカーに預けたことがあって、「冬場は着込んでいて移動のたびに着替えるのが大変だから先に検査着に着替えるのかな」と、前回だったか厚いコートを着てストールを巻いたまま来たら、その回は来た格好のままコートと大荷物を抱えて各検査室をまわって大変だった。
で、今回もロッカーを借りられなかったら移動が面倒だと思い、コートもストールも車に残して来てしまった。
薄いシャツと検査着だけでは寒い。
ストールを取りに行きたいけれど、車は遠い。
f0000211_21045834.jpg
ロッカーを使える時と使えない時の差が季節でないとしたら何だろうと考えて、胃の検査をバリウムで受けるか胃カメラで受けるかの違いかも知れないと気が付いた。
普段は胃カメラを受けるようにしているけれど、今年は申し込みが年度末ぎりぎりで胃カメラの予約の空きがなくなってしまい、バリウムになったんだった。

これまでにここでバリウム検査を受けたのは確か一度だけ。ロッカーを借りられた回数と一致する。
今度から冬場の健診には、コートは車に残してストールだけ持ってこよう。



今回の健康診断で新たに知ったのは、自分の胸の乳腺濃度。
この健診のちょうど二日前くらいに「乳腺密度が高い胸はマンモグラフィでは乳がんを発見しづらい」というニュースが写真入りで流れてきて、でも、その写真に写っていた胸は私の胸のマンモ画像とは全然違っていたので、私には関係ない話だと思っていたんだった。
けれど、この日のマンモで「乳腺密度が高いので、痛みがあるならエコーも受けた方が安心です」と勧められて(左胸が時々シクシク痛むのが気になると問診票に書いておいた)、初めて自分の胸の乳腺濃度は濃いのだと知った。

『画像診断で、自分の“乳腺濃度”をぜひ知りましょう / 乳がんに際して知っておきたい役立ち情報|E-BeC』「マンモグラフィでは乳がんが見つかりにくいタイプの人がいます」
f0000211_21051580.png
最初にニュースで見て「私のとは全然違うから関係ない」と思ったのは一番右端の画像で、私の胸のマンモ画像は、右から二番目とほぼ同じ状態。
この二番目の状態も「マンモグラフィでは乳がんが見つかりにくいタイプ」に入るとのこと。
確かに、右端のほどではないにしても、白い部分が多い。

で、その場でエコー検査を追加。
軽い痛みがあったので丁寧に診てもらったところ、幸い、問題はなかった。

ちなみに「乳腺濃度」が高い乳房のことを、英語で「デンスブレスト(dense breast)」といいます。
アメリカでは、進行性乳がんをマンモグラフィで発見できなかった1人の女性の活動がもとになり、「乳腺濃度」に関する情報を本人に提供するよう医療機関に義務づける法律の制定が各州で進みつつあるほど、「乳腺濃度」を知ることの重要性が認識されています。

(上記リンク先より)

なら私は今度からはエコー検査だけでいいのでは? と思ったけれど、エコーでは石灰化した細胞は見つけられないとのことで、次回からも両方受ける方がいいとのことだった。



ひと通り検査を終えたあと、病院内の食堂で昼食をとってから、抹茶ラテを飲みつつ会社へ。
f0000211_21050333.jpg


後日届いた健診結果は、前回「脂質」が引っかかって赤字で「要治療」となっていた総合判定が「要経過観察」に落ち着いていて、ひと安心。
血糖と悪玉LDLコレステロールが高値なので、食生活と運動不足に注意とのこと。
あとは、前回(一昨年)A判定だった腎機能と胸部X線が「日常生活に差支えのないわずかな異常あり」のB判定になっていただけで、心配していたような大きな問題はなかった。

腎臓は、元旦から時々出ている血尿の名残か。(先月再検査を受けたけれど何も見つからなくて様子見)
胸部X線は、去年だったか、何かでレントゲンを撮った際に初めて「片側の肺の上端に、昔に肺炎を起こした痕跡がありますね」「えっ!? 親には聞いてないしこれまでのレントゲンで言われたことありませんでした」と驚いたんだけど、もしかしたら昔じゃなくて、この1、2年間に気付かないうちに肺炎起こしてた…?
しかも、その時は「片方」と言われたのに今回の所見は「両肺尖炎症後像」と書かれているし、前回のレントゲン後にもう一度やってる…?
最近誤飲が多くて自分の唾でも窒息しそうになったりしてるので、要注意。(うん、高齢化)



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-03-25 21:17 | 日記
2016年 12月 27日
炭水化物を制す者は人生を制す
f0000211_21191895.jpg

このところずっと、休みの日に朝から起きても動き出せず、何から手を付ければいいか頭も回らず、ぼーっとしてほとんど何もできないまま終わる日ばかり。
そんな繰り返しのまま一年が終わろうとして、このまま何も片付けられないまま年老いていくのかと不安に思っていたけれど、一昨日の日曜日は珍しく、朝からハイピッチで動くことができた。
シーツを洗って干して、不要な衣類を整理して、台所の床を片付けて、積み上がった紙類を整理して、届いたまま部屋の中で行方不明になっていたカードを探して、炊飯器が壊れてきたので新しいものを注文して、二週間放置してしおれかけていたカモミールの苗を植えて、立ち枯れていたひまわりを片付けて、その他、気になっていたこまごましたことを処理して。

「いったいどうしたんだろう。やりたかったことがどんどんできてる」
…と思ったら、遅い昼食を食べた途端に、頭と体が鉛状態に。
「さっきまでの状態と今のこのどんよりの落差は何…」と停止しかけた頭をめぐらせて、気が付いた。
そうだ、炭水化物だ。
炭水化物だめなの、忘れてた…。
ここ最近動き出せないと思ったら、いつも朝に白パン食べてたんだ…。

この日の朝はパンがなかったから、オールブランを食べたんだった。
そうしてせっかく動いていた頭と体を鉛化させた遅い昼食は、好物のシンガポールのラクサ麺。
ずっしり大量にある麺を八分目ほど食べたあたりで異変に気が付いた。
「びゅんびゅん回ってた体と頭がどっしり重くなって止まってく…」
強烈なだるさと眠気と、わずかに残ったやる気を奪うどんよりした滅入り感。
今度から休日は、朝も昼もオールブランにしよう…。
(眠気で目が裏返りそうになって歩いていてもヘナヘナと倒れ込みそうだったけれど、眠らずコーヒーで乗り切った)


f0000211_2119546.jpg一番上の写真は、立ち枯れていたひまわりを片付けたあと。
この狭い一角に、枯れたひまわりがびっしりごっそり植わってた。
右は、ひまわりと一緒に抜けた再生じゃが芋。
茹でてサラダにしよう。




前夜のクリスマスイブはR不在で、私の夕食は事務所で大量の伝票に追われながらカップ麺で済ませたので、この夜はクリスマスご飯。
f0000211_21223845.jpg

f0000211_14205639.jpg
買ってきた博多地鶏が大き過ぎてフライパンにふたつ入らなかったので、別々に焼いた。




f0000211_21235180.jpg

その数時間後、お風呂でお湯に浸かっていて気が付いた。
「…寝落ちてない!」
なんとか耐えようと抗っても、このところ毎晩のように湯船で寝落ちていたのに。

そうだ、今晩は鶏が大き過ぎたからご飯は炊かなかったんだ。
お風呂での寝落ちも、迷走神経反射でなく炭水化物不耐症だった…?



当たりだ。
過去のブログをを確認したら、夕食後にリビングやお風呂で寝落ちるようになったのは、2009年春。
夕食に米飯を食べるようになったのも、2009年。
自分に炭水化物不耐症があるらしいと思ってたのに、夕食とお風呂での寝落ちの関係に7年間気付かなかったのが不思議。

そして、休日の朝にパンを食べなければ一日有効に使えることは、2012年に気付いてた(のにすっかり忘れてた)。→ 「眠気を制した者は休日を制す」

いや、「炭水化物」で過去ログを検索したら、米飯を食べると夕食後に寝落ちることや、休日に動き出せなくなることを、2008年頃から度々書いていた(けどすっかり忘れてた)。
がんばれ、私のあたま。



朝のオールブランと夕食の白米減量で、生活が正常化できて命の危険も減るかも。
(お風呂での寝落ちは命にかかわる→「お風呂で寝てはいけない」
片付けられないまま老いていくかと思っていたこの先に希望が見えてきた。


 
にほんブログ村 その他生活ブログへ







[PR]
by karino-tohko | 2016-12-27 21:25 | 日記
2016年 12月 24日
最後の電球交換
f0000211_232757100.jpg

脚立の上で爪先立ちしてやっと指先が螺子に届く、玄関の灯りの電球交換。
重みのあるガラスのセードを片手で下から押し上げつつ、もう片手の指先で、下からは見えない上部の螺子を手探りで探して回して締め、爪先立ちのまま脚立の上で回転して次の螺子を手探りで探し、さらに次の螺子を探す。
途中で腕がだるくなっても、全部の螺子を締め終えるまではセードを押し上げている手を離すことはできなくて、もし離してしまったら、片側の螺子に引っかかっているだけの状態のセードは、それ自身の重みで落ちて割れてしまうかも知れない。

ここの電球交換は確か三度目で、前回交換したのは、ちょうど十年前。
次はもう自分では替えられないかも知れないと思っていたけれど、なんとかぎりぎりできた。
今回の交換までにLED球が開発されていたのは幸い。
これが最後の交換になったかも。




でんきゅう型のお酒、「天久」の青瓶と、向こう側に無色透明瓶。
       ↓
  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

しばらく残してあったこれらの空き瓶は、数年前に写真に撮って思い切って捨ててしまったけれど、以前から気になっていた天気管(ストームグラス)が好きな空き瓶で自作できるものだと知って、この瓶を捨ててしまったことをちょっと後悔。







[PR]
by karino-tohko | 2016-12-24 23:34 | 日記
2016年 12月 07日
捌いてみた

f0000211_14551971.jpg
届いた。(買ったわけではない)
掘り出したときのルックスがやたら多足類っぽい。

f0000211_14555054.jpg
「活」とは書いてあったけれど予想以上に生きてるのが届いて戸惑ってる。動き激しい…。

f0000211_14571947.jpg
「中にもう一匹いる…? もしや、死んでる…?」とのけようとしたおが屑の中からいきなりグワッと立ち上がってきたもう一匹。
びびって床にぶちまけたおが屑を掃除しながら捌く覚悟をつける。

添付のしおりに「このまま捌いて身を刺身に、頭部はお味噌汁や鍋の出汁に」と捌き方が書いてあるけれど、さすがに生きたまま捌いて食べるのは勇気が要る。
なんかずっとプクプク音出してるし、声っぽいものを出されると…。
いっそ飼いたい…。



f0000211_14591190.jpg
もうこのまま丸ごと塩茹でに、とも思ったけれど、「刺身で食べられる機会なんて二度とないだろうし」「でもそのために残酷なことを…」「けど塩茹でならお正月に近所のスーパーでもありそうだし…」と迷いつつ、一生に一度の機会かも知れないし、と、捌くことにした。


Rの帰りを待つうちに環境に慣れたのかじっと動かなくなったところを、Rに後ろから背中を支えてもらいながら、開始。
とにかく、最初のひと刺しが怖ろしい。
「ギャー!」「違う、違う! 人間じゃないから!」「ごめんねー!」「ほんと、ごめん!!」と叫びつつ妄想振り払いつつ、刃を入れた。
いろんなこと想像していろんな光景が頭に浮かんでギャッ!となるたびに手を離して妄想振り払って「ごめん」連発して、ニ尾捌くのに45分。
普段ならそのまま口に運びそうな包丁に残った小さなかけらも、「さっきまで生きてたひとの肉片」に思えて、そっと皿へ。

残った殻や頭は味噌汁に。
f0000211_15025371.jpg
f0000211_15033824.jpg
味噌汁を作っている間に気持ちも落ち着いてきて、お皿の上の「肉片」も「料理」になった。

f0000211_15042324.jpg
御馳走様でした。
合掌。


  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2016-12-07 15:14 | 日記
2016年 12月 05日
食べてみた

先週作ったりんごジャムは、やはり、ジャムじゃなく砂糖煮だった。
トーストに「塗る」というよりは、「載せる」。
f0000211_20164180.jpg
ごっぽり盛る状態になるので、トースト2枚で1/2瓶消費。
つまり、トースト2枚に砂糖100g…。
覚悟して食べよう。



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2016-12-05 20:19 | 日記