ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














カテゴリ:モノ 家 雑貨 蒐集( 379 )
2017年 06月 24日
今しか履けない雨靴を買った

去年の台風シーズンの大雨の日、雨靴代わりに古いガーデンシューズで出勤したら、会社に着いた頃には履き口が靴下にねちねち張り付いて、本体部分も裂けて中に水が浸みてきた。

劣化してだめになったガーデンシューズは、これ。
元はコロンとした形だったのに、久しぶりに取り出して数分履いたらぐにゃりと変形してきた。
f0000211_22442881.jpg
まだ元気に庭で活躍していた頃 (2009年)
 ↓
ぐにゃり。
f0000211_22444163.jpg
f0000211_22444503.jpg
買ったのは元気な頃の写真の数年前だから、10年ほど前か。
もう充分活躍してくれた。
ありがとう。


ガーデンシューズをしまっていた箱も処分しようと下駄箱から取り出したときに、その上に載っていたこのつっかけも取り出した。
f0000211_22460644.jpg
生協のチラシで見かけて砂色×オレンジ色のステッチの色合いが気に入って、近所履きか事務所履きにと買った安いサンダル(ミュール)。
まだほとんど履いてないうちに写真のようにインソールとかかとが分解してしまい、しっかり着く接着剤を買ってこようと思いながら、早数年。
その間に履きやすい事務所履きも買ったし、直してもまた履いてるうちに他の部分が分解してきたら困るし、もういいか、と処分を決めた。
写真に残して、ばいばい。



で、履いてきたガーデンシューズが崩壊した日、デスクの下で靴下を乾かしながら
「また次の台風も近付いて来てるらしいし、いい加減レインシューズを買おうか」
「やっぱりサイドゴアのショートブーツみたいなのが無難か…」
とネットを見ていたら、スニーカータイプの完全防水レインシューズを見つけた。
パラディウム パンパパドルライト WP 73085(楽天ショップにリンク)
f0000211_22463424.jpg
真っ白、きれい!
ハイカットスニーカー、懐かしい!

この形で雨靴なのは、ツボ。
ひも靴だけど、ひも掛け部分も内側に水が入らないように防水になっているらしい。


グレーもかっこいい。
パラディウム パンパパドルライト 73085-072 WP WP MNRLGRY/WT/WDTHRS グレー レディース(楽天ショップ)
f0000211_22465435.jpg


きれいだなあ、と写真に見とれていたら、パラディウムを履いているという人たちから「コンバースよりかわいいです」「パラディウムかわいいですよね。私これの黒使ってますが軽くて重宝してます! 脱いだり履いたりがちょっとめんどくさいですけども」との声が。
もしかしたら写真うつりがいいだけで現物はイマイチかも…と迷っていたけれど、現物もかわいいとは!
そっか、レースアップシューズって履き脱ぎの面倒さがあったっけ。
でも、冠水するような大雨なら口から水が入るブーツタイプはかえって危ないっていうし、この方が安全で歩きやすくていいかも。
軽いってのもいいなあ。これにしようかなあ…。



迷っていたところで、日清紡系の日清トーアが出している「レインダンス」という雨靴がすごくいいらしい、と声をかけてもらった。
検索してびっくり!
f0000211_22481713.jpg
予想外の形!
雨靴なのに、ニット!

履き脱ぎしにくそうだけれど、足にフィットして歩きやすそう。
最初に出てきた上の写真には「何??」と驚いたけれど、検索して出てきた着用写真を見ると、結構かわいい。
見た目のかわいさ(というか意外さ? 好き度?)も値段も、パラディウムとちょうど同じくらい。


しばらく迷った結果、こっちの「レインダンス」の方を注文した。
ハイカットスニーカータイプのは数年後でも定番で買えそうだけれど、これを買って履ける機会は、流通的にも年齢的にも今しかないかなと思って。




次の台風が迫ってきていたので、その場ですぐに注文。
届いた!

f0000211_22484268.jpg
生で見てもヘン!

うん、ヘンだけどかわいい!
f0000211_22485033.jpg
靴下に靴下を重ねて履くようなものだから、どこかに腰かけて両手を使わないと履き脱ぎしにくいのは承知の上。


生地アップ。f0000211_22484716.jpg表面は綿っぽく見えるけれど、ニットの裏側は水をはじくような繊維になっている。


気持ちいい!
f0000211_22485472.jpg


ただ、肌をそっと撫でられたりするのが苦手な人は、要注意。
試し履きしたり歩いたりしている間はよかったけれど、これを履いたままじっと座っていると、微妙にじんわり締め付けられる感覚に「うぎゃー!」となって、最初は5分と履いていられなかった。
(慣れたら慣れた)



このブログを書こうとして「レインダンス買ったの梅雨だっけ? それとも秋の台風シーズンだっけ?」と自分の過去ツイートを検索かけたら、2015年の「メモ。リーガルのBEAUFIT(ビューフィット)のレインシューズ」というツイートが出てきた。
ああそうだ、前に近所の店頭で見かけたリーガルの雨用ブーツが気になって、「いつか雨靴買うならこれかな」とメモしたんだった。
まあ、あれなら20年後でも履けそうだし、また次の次くらいに。



梅雨空の下、愛用中。
f0000211_22485972.jpg
やっぱり先にこっちを買ってよかった。
一度はこの雨靴を履く日々を過ごしておきたかったし、還暦過ぎてからだとこの履き脱ぎは大変そう。



好きな雨靴と好きな傘で過ごす梅雨、うれしい。

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


シックなモノトーン。
 ↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

RAIN DANCE 3690005レインダンス 防水ニットシューズ スニーカー
価格:9990円(税込、送料無料) (2017/6/23時点)



数年後、レインダンスが傷んで次に買い替えるときは、これ。






メンズサイズはこちら。
 ↓



[PR]
by karino-tohko | 2017-06-24 23:03 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 06月 15日
4割減らしたパジャマ
四月に、気に入っていた六部袖のパジャマ(にしていたワンピース)の背中が破れた。
f0000211_20490354.jpg
f0000211_20494721.jpg
十数年着てきたリネン製で、生成り生地×衿と袖口の白の配色が気に入っていた。
年末にも、気に入っていた、20年物近いシャンブレー生地の六分袖のパジャマが着替え時に裂けたばかり。


がっかりしていたら、続けてRのパジャマも背中が擦り切れてきた。
このRのパジャマも、おそらく20年物近い。
ドビー織り風のプリントの色合いが好きだったので、傷んでない袖部分でブックカバーか巾着でも作ろうかとも思ったけれど、そう思って残してある生地が他にもたくさんあるし取り掛かるまでに早くても数年かかりそうなので、やめた。
f0000211_20524325.jpg
f0000211_20532996.jpg
残念だけれど、写真に残して古布回収袋へ。



20年前後愛用してきたお気に入りのパジャマを続けて処分した勢いで、パジャマの引き出しの中を整理した。
f0000211_20540261.jpg
私のパジャマだけで一段満杯だった引き出し。

f0000211_20542775.jpg
ぽってり起毛した冬のネル地や、ざっくりした夏のリネン。
着心地よさそうなパジャマを見ると、その生地に包まれたくてついつい買ってしまってた。


f0000211_20550021.jpg
この左奥の一角は、30年以上前に買って20年くらい愛用していた、白地にグレーやナチュラルカラーのパイピングが入ったロングシャツタイプのものばかり。
今も大好きなデザインだけれど、長年の愛用で生地が薄くなってきたのかそれとも若かった頃は気にしてなかっただけか、一枚では透けることに気付いて着づらくなって、ここ10年程は眠ったまま。
(宅配便に起こされてパジャマのまま受け取りに出ることも多いので)


それら、着なくなったけれど色や形が大好きでなかなか手放せなかったパジャマと、あまり好きでないのでほとんど着なくていつまでも傷まず処分できなかったパジャマ、計7着を処分した。
f0000211_20563973.jpg
合わせて10枚のパジャマとお別れ。
どれも20年から30数年前のもの。
ありがとう。
さようなら。


これで、30年以上着ているパジャマは、これが最後の一枚になった。
f0000211_20560148.jpg
ゆったりした幅広のロングシャツタイプ。
f0000211_20575164.jpg
白無地のパジャマばかり着ていた33年前に唯一買った柄物。
白無地のものは傷んでも替えがあるけれどこれはないからと、傷まないようにたまにしか着なかったけれど、持ってるだけじゃもったいない。
今ならリネンの縞のチュニックやワンピースも簡単に手に入るし、どんどん着よう。


うん、リネンのシャツ、簡単に手に入るようになった。
これは、愛用のパジャマ二枚が立て続けに破れたこのタイミングで安くなっていたので、パジャマにと買ったフレンチリネン100%のチュニック、3000円也。
でも考えてみれば、パジャマよりも、この時期の部屋着がない。
(下が七分丈のレギンスしかないのに上がおしり丸見えの短いシャツしかないので庭に出辛い)
部屋着にすべきか…。
f0000211_20581729.jpg
f0000211_20585044.jpg
遠目にはシャンブレーに見えるけれど、私には珍しくストライプ柄。
(あ、上の33年物もストライプだし、数年前に買ったのもストライプだ。
私の引き出しの中ではパジャマにだけ存在するストライプ)



残ったパジャマ9枚+着ないけれど残してあるパジャマ1枚(結婚して最初の誕生日くらいにRがプレゼントしてくれたBETTYちゃん柄のロンパース型パジャマ)+新調した(部屋着にするかも知れない)1枚。
f0000211_20592045.jpg
f0000211_20594989.jpg
好きなもの、もう少し絞ろう。



この日の遅い昼食は、午後6時半のバームクーヘン。
f0000211_21001589.jpg
ごちそうさま。



    
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-06-15 21:09 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 06月 10日
茄子色のリネン
リネンといえば、このリネンのキッチンクロスが好き過ぎて、手にするたびにテンション上がる。
f0000211_16570479.jpg



写真を引っ張り出してきたついでに、これを撮った日のツイートを転載しておく。


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


3月19日10時。
ベッドから出た。


13時半。
朝のうちに起きたのに動き出せないと思ったら靴下はいてなくてヒーターから離れられなくて、靴下はいても動き出せないと思ったらすごくお腹すいてて。
でもご飯もパスタもないから、ずっと前に買ってひとつ飲んで「失敗!」って残してて先月期限が切れてたブルーベリーとオリーブのヴィシソワーズを飲んだ。
f0000211_16570545.jpg
(生協のちらしで見かけて気になって買ったけれど、ほぼ、ブルーベリーミックスジュース。見た目もこんなのじゃなかったし、期待したヴィシソワーズの裏ごしザラとろ感がなかった。ちょい残念!)


15時。
力尽きかけてる…。待って。今日まだ宅配便受け取って着替えて靴下はいてスープとプリン食べることしかしてない…。
f0000211_16570551.jpg
(体を預けたクッションから見上げる昨晩の洗い物が残るテーブル)


このあいだ棚の中でドリップコーヒーを見つけたのを思い出して起き上がって淹れた。
飲んだらうごく。
f0000211_16593329.jpg
このリネンのキッチンクロスが好き過ぎて手にするたびにテンション上がる。
好きの気持ちを原動力に動く。


16時。
朝受け取った宅配便を開封した。
届いたのは、ボロボロに破れてきて洗い替えが一枚だけになっていたリネンシーツを無印で新調したもの。
今なら無印週間で会員は1割引! ←いや、37%OFF!
今まさに無印週間なうえに、今、麻平織フラットシーツ自体が期間限定で3割引(!)になっていて、MUJI会員はその割引価格からさらに1割引。
しかも、店舗まで行かなくてもネット上でその価格で買えて家に届く。(店頭での引き取りも可)
(無印良品 麻シーツ→寝具>麻シーツ|無印良品ネットストア。フラットシーツとボックスシーツ、各サイズ オフ白、生成、ネイビー、ライトブルーの4色あり)
f0000211_16570523.jpg
シーツ、ベッドにいる時間はRの半分くらいしかないのに、寝返りもほとんど打たないのに、なぜかいつも私の側だけが擦り切れたように薄くなって破れてく。
体から何か出てるのか。


18時。
台所の床掃除した。(したかったのはそこじゃない)
f0000211_16570548.jpg

結局この日やったのは、宅配便の受け取りと台所の床掃除の二件。
いろいろなかなか進まない。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


お気に入りのメランザーナ(茄子)色。
汚れが目立たないので(汚れてもわかりにくいので)食器や手拭き用ではなく、鍋つかみ・鍋の底拭きや器を包むのに使ってる。



私がリネンのシーツを使い始めた頃は簡単に買える範囲ではMUJIのが一番手頃だったけれど(それでも高かったけれど)、今見ると、ずいぶん安くからあってびっくり。
ただ、やや厚みがあってざっくり&ぷるん感のある(上のキッチンクロスと似た感触の)MUJIのとは違って、シャリっとした薄手の生地のようだけれど。
夏にはいいかな。(汗が下の敷パッドまで抜けてしまうかな)




[PR]
by karino-tohko | 2017-06-10 17:12 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 05月 16日
古いセルロイドの靴べら
長年Rが愛用してきたレトロなセルロイドの長い靴べらが割れてしまった。
おそらく、昭和初期くらいのもの。
お気に入りだったのに、ちゃんと写ってる写真を撮っていなかった。


PCの中を探したら、一部が写っている写真を発見。
f0000211_20461838.jpgf0000211_20462382.jpg
トルソーの向こう側に少しのぞいてるパールっぽい色が靴べらで、セロームの鉢の足元あたりに引っ掛けてあるのがその首の部分。



f0000211_20464372.jpgないと不便らしいので、新しいのを買おうと「シンプルなのないかな…」と探していたら、こんな靴べらが。

shoe-horn|nendo
これ、家の中でもやたらつまづいて転ぶADHDの人は買っちゃいけないやつだ…。
(刺さらない仕様になってる…?)




割れちゃった、と聞いてパッカリふたつに折れたのかと思っていたら、帰って見ると、まだ一見無事な姿で下駄箱にかかっていた。
f0000211_20463105.jpg

よく見ると、力のかかるかかと部分に大きな亀裂が入っている。
f0000211_20463015.jpg

割れ目をかませれば元の姿に戻る。
f0000211_20463016.jpg
「テープで止めて使う?」いや、いいよ。新しいの買って来よう。

しかし、真っ二つならいくら好きでも捨てるしかないと思ってたけれど、これじゃ捨て辛い。
セルロイド専用接着剤があると教えてもらったけれど、力のかかる部分だから、接着してもまた割れそう。
このままそっと下駄箱の隅に掛けておこうか。
長い靴べらを切って携帯用と2つに分けたことがあるという人がいたので、うまく削れそうだったら挑戦してみるかも。



ネットで検索したら無印良品のが白くてシンプルらしかったので、日曜日にお店に走って買ってきた。

が。
f0000211_20463154.jpg
…。
ネットで見て白い下駄箱に白いMUJIなら大丈夫かと思ったけれど、店頭で見た時点で、「真っ白じゃない…」
「あたまのカーブがやたらゴツいし全体のアールもきつい…」「白系なのにシンプルじゃない…」
それでもすぐに必要だから買って帰ってきたけれど、やっぱり違和感。
無色透明で形ももう少しなだらかですっきりしてそうなKEYUKAの方がよかったかな。
まあ、折れるまでは使おう。
よろしく。



 
にほんブログ村 雑貨ブログへ



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


KEYUKAの靴べら、MUJIのよりはすっきりしてそうだけれど、これも現物はイメージと違うかも。





[PR]
by karino-tohko | 2017-05-16 21:00 | モノ 家 雑貨 蒐集
2017年 05月 13日
ロビンエッグブルーの器
日曜日のお昼。
台所に入ると好きな色がグラデーションになっていたので、手元のスマホで思わず撮った。
前の夜遅くにふらふらになりながら洗い物をした時には気付かなかった。
f0000211_20400013.jpg
この緑がかった水色(ロビンズエッグブルーと言うと伝わりやすいらしい)の器三つを同時に洗ったのは、初めてかも知れない。
30年前に買ったプレートと、25年前に買った器と、数年前に手に入れたボウルと。


ちなみに、その隣にも似た色が。
f0000211_20401090.jpg
調理用ボウルは数年前からここが定位置だけれど、その上に不安定にのっているボウル(上のプレートと同じシリーズの30年物)は、長年テーブルの隅でほこりを被っていたのをお正月くらいに洗ってここで乾かして、そのまんま。
長年出しっ放しにしていたので、しまう場所が決まってない。
もう一度洗ってそろそろどこかにしまおう…。


5月に入ったばかりなのに、外は真夏日。
シーツを干しに庭に出ると(うん、洗った!)、先々週「なぜこんなところに葱坊主が? いや、アリウム…? いつか植えたっけ…?」と眺めていたのが、
f0000211_20401599.jpg
f0000211_16203868.jpg
咲いていた!


庭のあれこれがしおれかけていたので、この日、今年になって初めて庭の植物に水を撒いた。
庭に水を撒くという行為をすっかり忘れていた感覚が不思議だった。



  
にほんブログ村 雑貨ブログへ

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


上の調理用ボウルは、Firekingの2000年復刻版に目盛り等のプリントが入った倉敷意匠とのコラボ商品。
15年前に新品在庫を処分価格で買ったものだけれど、今検索してみたら、プリントなしのユーズドの復刻版ミキシングボウルが当時の新品の倍の価格になっている!
ヤフオクの落札相場を見ると復刻版も昔のものも3000円台から落札されているようなので、探している人はネットオークションでじっくり待った方がいいかも。




ボウルの中で一番よく使っているのは、持ち手と注ぎ口のついた大きなバターボウル(BUTTER ではなく BATTER)。
何かを混ぜるのにはもちろん、持ち手があってさっと手に取りやすいので、野菜をざぶざぶ洗ったり乾物を戻したりするのに毎日重宝している。
2000年記念復刻版は従来のコレクタブル品より深さがあるそうで、容量たっぷりで便利。
これは復刻版ではなく昔のものらしいけれど、乳白色、きれい!(目に毒!!)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ファイヤーキング 【FIRE KING】ホワイトバターボウル
価格:6048円(税込、送料無料) (2017/5/12時点)


25年間手持ちのCDスタンドを食器の水切りに使ってきたけれど、水切りトレイに変えて正解だった!
(いや、CDスタンドより使いやすいのはあたりまえ)




[PR]
by karino-tohko | 2017-05-13 20:50 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 11月 12日
履き心地いい新しいミュールと20~30年前の靴の整理

去年 6年ぶりに買ったサンダル(ミュール)が履き心地良過ぎて春先から秋までほぼ連日履いていたら、10年くらい履くつもりだったのに、たったふた夏でくたびれてしまった。
ヒールが9cmもあるのに普通に走れるくらい足にフィットしたミュールで、足馴染みのいいリーガルの中で、履き心地を追求したというナチュラライザーの、そのまた中でさらに心地良さを実現したというN5シリーズのものだと知って、納得。
青味の強かった甲の革がいい具合のブルーグレイに褪せて、買った頃より好きな色になってきたところだけれど、コルク柄のソール部分は激しく傷だらけで、足形がくっきり付いたインソールは指の形に破れてきてる。
普段通勤に履く分には構わないかとソールの傷をクレヨンで隠して履いていたけれど、他の場所では履きづらい。

新調するなら同じように履きやすいミュールかサンダルをと、リーガルを置いている店をのぞいてみたけれど、気に入るデザインのものは見当たらない。
で、同じナチュラライザーで同サイズなら試し履きしなくても大丈夫かとネットショップで探したら、
「おおっ!」
まあまあ気に入るデザインのものが希望小売価格の 1/3(!)ほどでyahoo ショッピングに出ていたので、数日考えてから注文した。

買ったのは、ナチュラライザーのZepharというデザインのTaupe(トープ)。
ショップの商品写真は肌色に近い明るい色だけれど、色名がトープ(茶色がかった灰色)と書かれていたので注文前に念のためショップに色味を確認したら、写真に近い明るいベージュ系との返事。
それでも、そのショップに現物はなくて注文後にからアメリカから商品を取り寄せるとのことだったので、届いて箱を開けるまではドキドキ。
f0000211_17491772.jpg
箱から出てきたのは灰茶ではなく、ショップの写真に近い明るい肌色だった。
よかったー。
f0000211_17495161.jpg
N5シリーズではないので去年買ったミュールほどには走れそうにないけれど(移動の基本が「小走り」な私。目標物があると歩いていられない)、ヒールのあるミュールとしては上々の履き心地。
うれしい。


で、インソールが破れてきたお気に入りのミュールもまだ通勤で履く気でいるので残しておこうとしたら、靴箱が満杯。
少し前に靴を整理したばかりの気がするのに。
ああそうだ、スニーカーを買い替えた時にもサイズの加減で一足増えたんだった。

で、履いていない古い靴がまだまだあるので、思い切ってあと数足処分しようと、靴箱の中をチェックした。



f0000211_17522308.jpg
20年近く前に、靴っぽくない素材とこのこのピスタチオグリーンが気に入ってデパートのバーゲンで買ったものの、一度も履いていないスエードのフラットシューズ。
最近はジーンズしか穿かないからこういうデザインの靴は履く機会がないし、いくらお気に入りでも履かないなら持っていても仕方ないし処分しようか…と取り出して、
「!?」
f0000211_17524979.jpg
中敷きに「DOLCE & GABBANA」の文字が!
最近twitterで見かけて「好きなデザインの服が多いなあ」と名前を覚えたばかりのDOLCE & GABBANA!
持ってた!
せめて一度は履きたい。残しておこう。


f0000211_17532526.jpg
このミュールは確か近所の店のセールで初めて買ったリーガルで、これも20年近いかも。
ミュールで、しかもヒールが8cmほどあるのに重心が安定して歩きやすくて、歩くどころか走れるくらい足にフィットしたので、「このメーカー、すごい!」と驚いたんだった。
しかも、履いた時の形がとてもきれい。
それ以降、リーガルファンになった私。
(なのに、セール以外でリーガルを買ったのは去年が初めて。すいません)
f0000211_17534835.jpg

気に入って何年も履き続けてインソールが破れてきた頃、お気に入りを完全に履きつぶす勇気がなくてしまい込んで、「インソールに革を貼り直せば…」とぼんやり思っていたけれど、今回買ったナチュラライザーと似た系統の色合いだし、アッパーの深いナチュラライザーの方が一層歩きやすいし、この機会に処分しよう。
長い間ありがとう。



処分するのに思い切りが必要だったのは、1985年に買った青緑色のトカゲ型押しのパンプス。
ニューアカデミズムが流行っていた頃、装飾過剰な服を着ていた頃のものだ。
長く伸ばした爪に深緑のネイルを塗って、菱形の血色の石の指輪を嵌めて、ジャガード織りや総刺繍の服にイミテーションの大きなバロック真珠やアンティーク風のネックレスを重ね付けして、不思議な地模様の入ったストッキングを穿いて、この靴を履いていた。
これまで箱を整理するたびに逡巡してきたけれど、写真に残して、思い切って処分しよう。
f0000211_17564417.jpg
さようなら、スキゾパラノ時代。
f0000211_17570587.jpg


花柄のパンプスも出てきた。
基本的に赤やピンクや花柄は苦手だったのに、20代後半、スエード素材とこの柄との組み合わせに惹かれて衝動的に買ったものだ。
イタリアのメーカーのデザインらしい。
超格安になっていてサイズがなくてキチキチなのを、「今買わなきゃもうこの革には会えない」と雑貨を買うように買って、一年ほど玄関に飾っていた。
うん、1990年頃、バブル期だったんだ。
(確か4,900円ほどのささやかなバブル)
f0000211_17575697.jpg
飾っている間に日が当たった部分はすっかり色褪せてしまったのに、心残りで残してた。

生地は好きでも合う服はなくて、結局靴裏はきれいなまま。
f0000211_17584352.jpg ごめんね。
さようなら。



「雨用」とシールが貼られた箱には、20代の頃によく履いていたのと同じ型の合皮のパンプスが入っていた。
f0000211_17591240.jpg
雨用に買った合皮だったけれど、この形って、雨の日には足が濡れるよね…。
まだきれいな状態だけれど、もう履くことはないだろうし、さようなら。


棚に並んだ靴をひとつひとつチェックしていたら、「CLASSIC TANGENT」と書かれた箱があった。
f0000211_18000385.jpg
なんだかすごく覚えある名前なんだけど、何だっけ? 一時期ここの靴をよく買ってたんだっけ?
で、どんなだった…?

開けてみると、中身は別のメーカーのレンガ色のヒールアップローファーに入れ替えられていた。
前回の整理でも、この形の靴ばかり何足も出てきたっけ。
f0000211_18003308.jpg
まだきれいだけど、こんなに何足もあってももう履かないしなあ…と思いつつ手に取ってよく見たら、
f0000211_18010122.jpg
内側の合皮部分がペリペリ剥がれてきている。
ああ、これもか。
革の部分がまだきれいなのに、裏の合皮部分が劣化して処分せざるを得なくなるものばかり。
捨てられない私の背中を押してくれてありがとう…。


f0000211_18012890.jpg
一番下の棚の隙間には、生協のちらしで見かけて事務所履きにと買ったものの、思ったより足入れしにくくて試し履きしただけのつっかけが押し込んであった。
見た目は好きなので庭履きにでも、と残してあったけれど、足入れの悪いものは庭履きには使えなくて、結局ずっと眠らせたまま。
これ以上残しておいても履くことはないだろうし、ごめんね。
さようなら。



他に履かない靴は…と棚の右半分のRの棚も眺めていたら、ペリーエリスの箱が。
f0000211_18021782.jpg
「20代の頃買ったやつだ、どんなんだっけ」と出してみたら、ずいぶん小洒落た靴。
(Rが敷いた中敷きは洒落てない)
f0000211_18023622.jpg
ほとんど履かないうちにおじさんになってしまったね。




f0000211_18025772.jpg
この日、最終的に私の靴を13足処分した。

前回靴を整理したのはいつだっけと確認したら、ほんの少し前だと思っていたのに、もう1年半も前だった。
  ↓
「下駄箱の中のタイムカプセル」
処分した古い靴は、この日と合わせて、計22足。
22足も減ったはずなのに、下駄箱の中にまったく余裕がないのはなぜ。
(靴を入れた棚板の手前の隙間に積んであった靴はなくなった)

そして前回の記事の中でも、「CLASSIC TANGENT」発見。
一番下の方の鬱金色のエナメルの新品のヒールアップローファー、「CLASSIC TANGENT」だ。
一時期愛用していたメーカーだったのかも。(記憶にない…)


前回下駄箱から取り出して「リサイクルショップにでも…」と思っていたシビラとツモリチサトのミュールと、さらにその前の片付けで取り出した未使用のシビラのパンプスと、同じく未使用のピンクハウス(!)の白いスニーカー、どれもまだ二階で眠らせたままだ。
あっという間に10年くらい経ってしまいそう。
f0000211_2134576.jpg
f0000211_214957.jpg
f0000211_2052387.jpg

  
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


yahooショップでこの1/3ほどの価格で買えるキャンペーンがあったけれど、今見たら終わっていた。
同店で色違いの黒も有り。
 ↓


W(C)は幅広のワイズで、M(B)は通常幅のミディアム。私は6.5W(C)(自分用メモ)


[PR]
by karino-tohko | 2016-11-12 18:23 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 11月 04日
パジャマ破れた

パジャマを脱ぐとき、いつもは前のボタンを全部外してからはらりと脱ぐのに、今朝、なぜそうしたのか、上ふたつのボタンだけ外してカットソーを脱ぐときのように裾をたくし上げてゴソッと脱いだら、
「ビリッ…」
f0000211_21342134.jpg
縫い目が切れた音じゃない。
いったいどこが? と見ると、背中部分がぱっくり。
砂色の生地をつなぐ白い織り部分が縦に15cmほど裂けていた。
f0000211_21392258.jpg


このパジャマは十数年物で、私のパジャマの中では新しい方。
生地の傷みも変色もなくてまだまだ着られるように思っていたので、不意打ち。
f0000211_21343317.jpg
ニュアンスあるシャンブレー生地と、肘まで覆う六分袖と、肋骨あたりのポケット位置が気に入っていた。

そんなに強く引っ張ったわけじゃないのに裂けたってことは、見た目ではわからないけれど、生地が薄くなっていたんだろう。
破れたところを繕ってもまた他が破れてくるだろうし、古布回収袋行きか。

引き出しの中には、これよりも古いお気に入りのパジャマがまだ満杯。
こうして破れでもしないと、好きなものはなかなか減らせない。
長い間、ありがとう。
さようなら。



■追記。
「このパジャマ、どこのだったろう」とタグを見たら、下着メーカーらしい淡いピンクのRockwellふうの書体で「ATELIER EQUAL」とある。
洗濯タグには「㈱イコール」。
もしかしたら定番の生地違いとかでまだ売ってるかも、いや、確か20年近く前のだからもうメーカー自体なくなってる可能性も…とダメ元で検索してみたら、今も販売しているナチュラル系のファッションメーカーだった。
http://natulan.jp/kikaku/l81_eqc/ (通販サイト ナチュランの過去の特集ページにリンク)
(書体はほぼ同じまま、ピンクのロゴからナチュラル系らしい生成りコットンテープにブラウン文字に変わってる)
もしかしたら、パジャマじゃなかった…?



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


アトリエイコールのシャツワンピース。
シャンブレー地で薄くて肌触りよくかつしっかりした生地で肘過ぎの袖丈ってところが似た流れ。
 ↓



[PR]
by karino-tohko | 2016-11-04 21:43 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 10月 08日
7月に手放した雑貨

5月の二階の洋間の整理で出てきた服だけでなく、古い雑貨も、twitterで声をかけて下さった方にいくつか引き取ってもらえた。
気に入ってるけれど使いこなせなくて、かと言って手放すこともできずにいた雑貨たち。


f0000211_20050322.jpg
きっかけは、このヴィンテージの三角コーナーふたつ。
二十年ほど前、三角コーナーが使いこなせなくて試行錯誤していた頃に「好きなホーロー製なら使えるかも」「失敗。もっとすっきりしたデザインなら使えるかも」と続けて買って、それぞれ数日で挫折して部屋の隅に放置してあったもの。

f0000211_20053746.jpg
赤リムの方は一面に細かなスパター模様が入っていて、それが本体をグレーっぽく見せている。そのくすんだ色合いと三方の水抜き穴の模様が気に入って手に入れたけれど、夜の蛍光灯の下で薄暗い流し台に置いた時点で、「失敗だ…」。
灰みた色と赤錆とが清潔感乏しい台所を一層薄汚れて見せた。

青い方はイギリス製。
先の経験を生かして清潔感ある色形のものを選んだけれど、日本製の三角コーナーよりひと回りもふた回り大きく感じるサイズで、我が家の狭い流し台には圧迫感あり過ぎた。
f0000211_20060346.jpg

どちらも手に入れた時点でアンティークと称されていたけれど、おそらく1950年代頃のもの。
我が家で眠っている間に20年経って、一層本物のアンティークに近付いた。
新しい用途での第三の人生を与えてもらえてよかった。



この三角コーナーを送るついでに、もしよかったら…と、箱に入るだけあれこれ送り付けてしまった。
(一応それぞれ確認は取りました。ありがとう)

1987年にパリの蚤の市で見つけたヴィンテージのブリキ缶。
f0000211_20065586.jpg
ふたは蝶番式。
遠目にはきれいに見えるけれど、近くで見るとふたもボコボコで結構年季が入っていて、中もブリキが黒変している。
ヴィンテージなのでシャビーってことで…。
f0000211_20073655.jpg
レンガ片やタイルのストック入れにしようと思ってるうちに、約30年経過。
時の流れは思った以上に早い。



ヤフオクでの後味悪い取り引きを思い出すので使う気になれなかった、お詫びにと送られてきたAfternoonTeaのホーローマグと、普通にスーパーで売っていた、新品未使用の購入時から年季が入って見えたブリキのペパーミル。
どちらも十数年前のもの。
f0000211_20080707.jpg
ミルはブラックペパー用とホワイトペパー用にとふたつ買ってあったので、未使用の片方を引き取ってもらった。
f0000211_20084250.jpg
パカッ。



「どこにしまったっけ」と探した、5月の片付けで発掘した特大、大、中、小のエアパッキン。
f0000211_20094917.jpg
色々持ち腐れてる。




最後に、30年物のセルロイドのクリップ。
f0000211_20101067.jpg
5月の片付けで発掘したセルロイドのクリップが、淡い色のは全部ポロポロ分解してしまって鮮やかな二枚(↓)だけが無事だったので洗ってしまっておいたんだけど、この日一緒に送ろうと取り出したら、これらもひそかに分解始めてるらしく、表面に水ではない何かが浸み出してたんだった。
f0000211_20122342.jpg
で、代わりに別の二枚を送ったんだけど、今検索してみたら、セルロイドは長期間保管するうちに酸化して分解することがあり、その分解熱が蓄熱して自然発火することもあるとのこと。
ええっ!?
一箇所への大量保管や熱気で発火することがあるとは聞いていたけれど、分解に関係してたのか。
ってことは、これらと同時期に入手した我が家のセルロイド類、危ないかも。
要注意! 気を付けて!



f0000211_20125150.jpg
ありがとう、ありがとう!




リビングの片付けの方は、相変わらず一進一退。
 
にほんブログ村 雑貨ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2016-10-08 20:22 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 09月 24日
5月の二階の洋間の本の整理(最後)

f0000211_19473106.jpg
5月22日。
(今更だけど書き留めておく)
朝8時過ぎから起きて、いくつもボタンが取れて綴じ部分が綻んでた麻のパジャマ(にしてるフロントタックのワンピース)を繕って、隅に黒カビが出始めた浴室にキッチン泡ハイターして、洗ってもすぐ匂うようになってたタオルを熱湯漂白剤浸けしてから、11時、ゆうパックが届くのを待ちきれずに朝ご飯。
(ゆうパックを受け取ったら、3月からまだ一度しか行けてないエスプレッソ朝ご飯食べに行くつもりだった)


この日はゴールデンウィークに時間切れで止まっていた二階のRの本の整理の続きをするつもりで、でも先に、やっと習慣付いた台所の床掃除をしておきたくて一階に掃除機を下ろそうとして、下ろす前に寝室の棚を掃除して、階段を掃除しながら下ろして、廊下や洗面所にも掃除機かけて。
f0000211_19482762.jpg
そしたら洗面所で、棚から落ちたらしい洗剤の試供品が床に転がって中身が浸み出てフローリングの表面を剥がしかけているのを発見。
ショック。
未開封の古い試供品、早く使ってしまえばよかった。

クリーナーワックスを持ってきて傷んだ床を気休めに磨いて、ついでに、棚から落ちた大きなボトルが当たってへこんでいたミニペールのふたを内側から叩いて直して。f0000211_20250441.jpgf0000211_20250744.jpg

やっと台所にたどり着いて掃除機かけてフローリングワイパーで掃除し終えたら、もう1時半。
にちにちの維持掃除だけで日曜日が終わってしまう。


色々脱線しながらこの日整理し終えたかった二階にたどり着のは、午後4時。
すでにふらふら。
f0000211_19511804.jpg
(日焼けしないよう、整理途中の本の上にダンボール箱を被せてた)


ついに取り掛かれる!…と思ったらウエスを持って上がるのを忘れてたので取りに下りて、いきなりプリン休憩(兼昼ごはん)。
f0000211_19515194.jpg

午後4時半。
糖分が脳に届くまでの15分間、ベッドで痛む腰を伸ばしてた。
始める。
f0000211_19521185.jpg
(マズい本は写ってない…と思う)


午後6時半。
整理分類を始めてから2時間経過。
分類に迷う本はRにメールで確認しながら整理していったけれど、収拾つかなくなる一方。
f0000211_19523745.jpg


午後9時過ぎ。
本が入ってたダンボール箱、全部開いた!
f0000211_19531141.jpg


午後10時。
Rが帰ってきたのでこの日はここまで。
f0000211_19533877.jpg
最後のとり天の日だけど、揚げ物する体力残ってないよ…。


午後11時。
揚げたよ。食べたよ。


午前0時。
昼間ざっと掃除した台所の床にとり天を揚げて跳ねた油が飛んでたから、クリーナーワックスで拭き掃除してきた。
自分が自分でなくなったよう。




5月29日。
昼12時。
したいこと、しなきゃいけないことがたくさんあって待ち遠しかった日曜日なのに、起きた時からドーンとのしかかってくる不安感があって、ずっと座ったまま。
そろそろ動こう。


日焼け止めを塗って二階に上がって(本整理中の二階の洋間はサンルーム状態で陽射しが強い。早く本を片付けてしまわないと本も焼ける)、本の脇にやむなく干してた洗濯物を片付けて、「あ、ニット手洗いして干しとかないと今日中に乾かないや」と思い出して洗面所に降りて、洗面台の多肉が目に入って「砂足さないと枯れちゃう」と砂を取りに庭に出て、砂場の脇に埋めたじゃが芋の葉が黄色くなってきてたので「掘り起こし時…?」と収穫始めて、その後ようやく二階に到着。
f0000211_19541619.jpg
いつも思うけれど、掘り出したじゃが芋にほとんど土が付いてないのが不思議。
毎回こう。
掘り出したまま洗ってない状態で、これ。
芋の周りに空気の層がある? まだ若い芋で成長中だから?


玄関脇のタイムに薄紫の花が咲いていた。
この日突然咲いたわけじゃないだろうけれど、この日までまったく気付いてなかった。
f0000211_19543266.jpg

この日初めて、庭にヒメコバンソウが生えているのを見つけた。
このちらちらした小さい三角の花穂、好き。
庭にやってきてくれて嬉しい。
でも増えて手に負えなくなると困るので、大きなひと株だけ残してざっと抜いた。
f0000211_19545287.jpg

午後2時。
取り掛かる。
そんな私をよそに、隣家ではこの日もバーベキューパーティーが始まってる。
f0000211_19551896.jpg



黙々と作業し続けて午後7時。
ギリギリ日があるうちになんとかカタがついた!
f0000211_19553799.jpg

f0000211_19555521.jpg
本の部屋から溢れて未整理のまま箱に詰められてたRの本、全部分類してダンボール箱40箱に詰め直して分類ラベルを貼った!
(湿気がこもらないよう、各壁面と箱との間は数cm開けた)



途中で読みたい衝動に駆られた数冊を、落ち着いたら読もうと抜いておいた。
(1月に読みかけて止まった本がまだそのままだけれど)
f0000211_19561438.jpg
って言うか、このうちの半分は、買ったまま読めてない私の本だった気がする。
本の部屋にも、買ったまま読めてない私の本がおそらく数百冊単位で残ってる。
今再び本を読む習慣が戻ったとしても、もう一生かかっても読み終えられそうにない。
本にどっぷりはまる体力と集中力よ、もう一度。



  
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ


[PR]
by karino-tohko | 2016-09-24 20:06 | モノ 家 雑貨 蒐集
2016年 09月 12日
白木の小さなフロアワイパー

お気に入りの白木の掃除用具と言えば、もうひとつ、今年の春に思い切って買ったものがある。
100円のブラシとは値段もサイズも大きく違うけれど。
f0000211_15290625.jpg
ブラーバのモニターになって台所の床掃除の習慣が付きつつあったとき、「せっかく床掃除する習慣がついてきたんだからブラーバを返却したあともこの習慣を維持したい」「汚れ始めに気付いた時点でさっと手軽に床掃除できれば」「ついつい手に取って掃除したくなるようなものを目につくところにスタンバイしておけば」ってことで、前々から気になっていた商品を検索したら、三割引きになっているショップを見つけた。
しかも、期間限定の値引きクーポンもある。
「これは、今買えってことでは!」

「でも、使うかなあ」
「このサイズだと使いづらそうだし、今台所に置いてあるのも結局使ってないしなあ」
「けど、好きなものだったら使いそう」
「いや、今持ってるのも好きな乳白色のを買ったのに使ってないし(100円ショップのだけど)」
「いやいや、これは100均のの何倍も好きだし」
迷って「残り1点」の文字を二晩見送って、三日目に購入ボタンを押した。


買ったのは、 tidy フロアワイプミニ(楽天にリンク)。
f0000211_15293524.jpg

f0000211_15321012.jpg
白木+アルミ+天然皮革の色合いにうっとり。


f0000211_15325771.jpg


ワイパーだけが写っている写真ではどれくらいミニなのかわかりづらいけれど、私が持つと、これくらい。
f0000211_15332359.jpg
キッズサイズ。
少しうつむかないと使えない長さだけれど、ほんの数歩で端まで行き着く狭い台所で使うだけだし、その半分近くは元々かがみ込まないと届かない棚の下なので、問題なさそう。



ヘッド部分も小さいので、セットするワイパーシートは、普通サイズのを半分に切って使用とのこと。
f0000211_15335199.jpg
普通サイズのシートに対してヘッドはこれくらいのサイズ。

半分にカットしたシートにワイパーを載せると、ピッタリ。
f0000211_15340879.jpg

四隅の丸いところがマジックテープになっているので、シートを折り返すだけでセットできる。
f0000211_15342751.jpg
ワイパーシートを毎回いちいち半分に切るのは面倒なので、まとめて切ってアクリルケースに入れておくことにした。


ちなみに裏は、ソフトなフェルト貼り。
f0000211_15344312.jpg
光が当たって色が飛んでいるけれど、裏のフェルトはくすんだベージュ。
濁った色なので、汚れが目立ちにくくていいかも。


「360度自由自在に動く」とあったヘッドと柄をつなぐ部分は、見ての通り木に木をかませてある形なので、引っかかったり勝手にカクンとなったり。
あまり「自由自在」ではない。
でもまあ、我が家の狭い台所では充分これで間に合う。



前に100円ショップで買った乳白色+アルミのフロアワイパーは冷蔵庫と食器棚の隙間に置いていたけれど、その「隙間」がなんだかほこりっぽく感じて、なんとなく手に取りづらいんだった。
f0000211_15350914.jpg
かと言って外に置くと「出しっぱなし」感が半端ないし、倒れてきて足でも引っ掛けたら危ないし。

でもこの小さい白木のなら、「出しっぱなし」でも気にならない。
f0000211_15352952.jpg
ああ、毎日でも手に取りたくなる。
(でも取ってない…)



   
にほんブログ村 インテリア雑貨ブログへ


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■


6,000円台じゃ買う勇気はなかったけれど、3,000円台なら決心できた。
寝室にも一本欲しいかわいさ。
 ↓



[PR]
by karino-tohko | 2016-09-12 15:27 | モノ 家 雑貨 蒐集