ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














カテゴリ:未分類( 903 )
2017年 07月 08日
50年前のサマーニット

五月の同じ日。


この週もシーツ類を洗った。
奇跡。えらい。
(以前は年に3回くらいしか洗濯しなかったのに)
f0000211_20144879.jpg


二度目の洗濯物を干していたら、隣家の人がまた庭先のレタスを摘んでくれた!
ありがとうございます。
f0000211_20145364.jpg



ここ数年、古い衣類を少しずつ整理している。
この日、手放すためにタンスの引き出しから取り出しのは、10着。
f0000211_20145894.jpg
下から3枚目のプリントシャツは、くすんだ色合いとレトロな柄とふっくらしんなりした生地が気に入って、二十代の頃によくタンクトップの上に羽織っていたもの。
このシャツの補修用布も出てきて、「そう言えば残してたっけ。考えてみればこういうシャツにこんなのが付いてるの珍しいなあ」と端布に付いていたタグを見たら、フランスのファブリック会社とデザイン提携している生地だそうな。
こういう柄はもう似合わないだろうし処分しよう、と取り出したけれど、あらためて見ると、やっぱり好きな色合い。
生地もまったく傷んでなくてきれいなままだし、やっぱり残そうか…いや…うーん…。



f0000211_20150451.jpg
この地域で古布回収された衣類は、ほとんどは裁断してリサイクルに回されるらしいけれど、一部は古着として生かされるそうで、まだきれいな状態の服にきれいなボタンが付いていると、(何に使うあてもないけれど捨ててしまうのはしのびないので)「ボタン取って残しておこうかな」「いや、服のまま生かしてもらえるかも知れないなら、服につけたままにしておいた方がいいのかな」と毎回迷う。
この赤いバッテン付きのくるみボタンとレースのカーディガンの半透明のまるいボタンも、迷って迷って、結局そのまま回収袋に入れた。



山の右側の一枚は、母が十代か二十代の頃に着ていたらしい、昭和30年代の半袖のサマーニット。
母が30年ほど前に処分しようとしたのを、シャリシャリした独特の手触りと小さな襟とカサカサした小さな小さな艶消しボタンが気に入って、「着ないけれど残しておきたい」ともらったもの。
まだきれいな状態だし、昭和レトロなものを扱ってるお店で引き取ってもらえたらなあ。
f0000211_20150903.jpg




今も好きだけれど年齢的に(あるいは体形的に)着なくなった古い服、なかなか処分が進まない。


  
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-07-08 20:33
2017年 07月 01日
五月の裏庭

(もう順不同で目に付いた写真をUP)


知らないうちに、裏庭にあやめ群生地ができていた。

f0000211_19090055.jpg
いや、裏庭に菖蒲っぽい葉が生い茂っていたことは知っていたし、十年以上前に、この脇の横庭に数本咲いているのを見たことはあったけれど、こんなふうに広い範囲で咲いているのを見たのは去年が初めて。
気付いた時にはもう花が終わりかけていたので、来年も咲くなら、とリマインダーセットしておいて、今年の五月に撮ることができた。
(撮るのが遅くて日陰になってしまった)





この日、四年目の四季成りレモンにたくさん花がついているのに気付いた。

f0000211_19090910.jpg
毎年ナミアゲハの幼虫に丸坊主にされて新芽も食べられてしまうせいか、いつまで経っても苗木サイズで、「一年目は実が成らないことがあります」と書かれていたのに、一年目どころか何年経っても実を付ける気配のない木。
買ったの何年前だっけ、と過去記事を検索したら、去年、「アゲハの幼虫がついたらとるのはしのびないから、産卵されないように先に苗にネットをかけておこう」と書いてたのが出てきた。
ああ、そうだ、忘れてた。

このあと見てないけれど、今年もそろそろ丸坊主になっている頃かも知れない。
来年こそ、と思ったけれど、網をかけて蝶や蜂が来ないと結実もしないかも。
網を掛けるタイミング、難しそう。
f0000211_19090962.jpg



この日、鮮やかなアロエの花も咲いていた。

   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-07-01 19:16
2017年 06月 28日
あじさい
f0000211_21425492.jpg

Rが撮ったあじさい。



黄緑がかった白い花が好き。
庭にこんな色のあじさいが欲しい。






   にほんブログ村


美しいあじさい&6月のイメージショット!


[PR]
by karino-tohko | 2017-06-28 21:58
2017年 06月 19日
アニメ絵になった階段

深夜、お風呂で眺めていたtwitterに写真をアニメ風に加工するアプリのツイートが流れてきたので、「前に流行ったやつだ。きれいだなあ。私もやってみよう」とお湯に浸かりながらiPhone内の写真で試してみた。

f0000211_21204836.jpg


f0000211_21215082.jpg


f0000211_21215134.jpg


f0000211_21215062.jpg


細かな調整などはなくて、ただ「加工スタート」を押すだけ。
かなり好きな色調になって楽しい。
おかげでお風呂でのぼせそうになった。


このアプリ、なんで去年流れてきた時に試さなかったんだっけ、と検索してみて思い出した。
加工に使われる雲の画像の著作権云々や個人情報が抜かれる等で騒がれてたんだった。
そのあとアップルストアから消えたとか言われてたように思うんだけど、もう大丈夫なのかな。
インストールしちゃったよ。
(著作権に関しては、問題になるコンテンツは省かれたらしい)



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-06-19 21:33
2017年 04月 21日
筆箱(新アプリからの投稿テスト)
Rが十年ぶりに筆箱を新調した。
f0000211_19041448.jpg
(奥は色褪せ破れた筆箱)


ホワイトデーにこのゼリーをくれたんだけど、筆箱のおまけだったらしい。



   
にほんブログ村 その他生活ブログへ




[PR]
by karino-tohko | 2017-04-21 19:00
2017年 04月 05日
Rの誕生日も覚え書き(もう4月だけど)
蜂蜜が好きなRに、バニラの蜂蜜と守護天使の蜂蜜と、ウィステリア色とカナリア色のリネンのハンカチをプレゼントした。
f0000211_21101008.jpg

f0000211_21113080.jpg
ウィステリア色には白糸で、カナリア色には生成糸で刺繍入り。


幸い日曜日が誕生日だったけれど、ケーキを買いに出るの、遅過ぎた。
一番美味しいケーキやさんのウインドウは見事にからっぽで、もう一軒の店も、あまり選ぶ余地なし。
f0000211_21224845.jpg

夜は外食。
歩いていて見つけた初めての店で、おめでとう。
f0000211_21103596.jpg
3種類のグラスワインを同時に頼むR。

f0000211_21103581.jpg
スモークチキンのシーザーサラダ、山盛り。

f0000211_21103473.jpg
地鶏のたたき、美味しい。

f0000211_21103262.jpg
でもアヒージョはコレジャナイ感。
ただのオイル煮っぽい。


ケーキを4つ買ってあったのを忘れて食事でおなかいっぱいにしてしまったので、ひとつだけ半分こ。
あとは明日の朝ごはん。
f0000211_21103243.jpg

f0000211_21103275.jpg
甘い朝ごはんを楽しみに眠るRの誕生日。




私の誕生日にiPhoneのブラウザでGoogleを開いたら「Googleから誕生日のお祝いです!」って出てびっくりした。
ブラウザやGoogleには何も紐付けしてないと思うんだけど、なぜ??(こわい)

  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-04-05 21:30
2017年 03月 14日
親の後見人の親族同意書への署名捺印で始まる誕生日の朝
父にはもう家族のこともわからないし、食べてぼんやりして眠る以外何をすることもできないし、長く会ってさえいないけれど、ただ生きているというだけで何か自分の存在の支えになっている不思議。


先々週の水曜日は、自分の親の後見人の親族同意書への署名捺印で始まり、Rの親の生命保険の「本人に代わって全保険契約について本人同等に問い合わせできる」という「ご家族登録制度」への署名で締めた誕生日だった。
親の人生が終わりに近付いていることを再認識した誕生日。



それ以外には特に何もなく、いつも通りに終わる一日だったけれど、夜遅く、Rとふたりで外食しようと商店街に出て期待せずに入った店が大当たりで感激した。
f0000211_21490141.jpg

こんなところに店が、と表の看板を見てビルの階段を上り、客がひとりもいない店内におそるおそる(Rはずんずん)入って。
パスタやアヒージョでも頼めばいいかと思っていたら、最初に勧められて注文したアンティパスト盛り合わせでやられた。
ほんのひとくちずつの小さなアンティパストが、どれも美味。
f0000211_21490441.jpg
カトラリーが銀製なので驚いたら、元は本格的なコース料理を出していた店だったのが、今の時流ではそれでは客が入らないので、カジュアルなバル風に変えたとのこと。
道理で味も本格的。
ジビエや一流店でしか食べられないような料理も手頃に出ていたので、思わず手を出してみた。

アヒージョは数種類あった中からムール貝を選択。
f0000211_21491001.jpg
ビジュアルに迫力あり。


そしてまたもや「大学の先生ですか? えっ、違うんですか?」と言われるR。
さらに、ユニクロのフィールドジャケットを着て行ったのに、「お客様のようにセレブな方は…」と言われるR。
色白で食前にスパークリングシャンパンなんか頼んで西洋人のような指遣いしながら話しているとセレブに見えるのか。
しかし、先生っぽさとセレブっぽさはあまり相容れない気もするけれど。



何も考えずよりによって誕生日の翌日に健康診断を予約してしまい、「夕食は9時までに」と説明を受けていたのに、食べ終えたら1時間半オーバーしてしまっていた。
数年前は5分オーバーしそうになっただけで焦ってたのに、私もずいぶん成長した。
(会社を出るのが夜9時をまわるので、例年は健康診断前夜の食事は事務所でコンビニ弁当を食べて済ませたりしてた)




今ちょうどこれを書いている最中に、母から電話。
うまく行けば後見人の手続きが明日で終わりそうとのことで、手を付けてから丸々三ヶ月がかり、最初に取った診断書の有効期日ぎりぎりらしい。
お疲れ様。
お母さんも自由に動けなくなっているのに、まかせっぱなしでごめん。


    
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-03-14 22:10
2017年 02月 03日
75歳
今日が誕生日の母親にお祝いの電話をしたら、「早いなあ。もう75歳やよ。75歳っていったらほんとにお年寄りやなあ。早いなあ。もう老人なんやなあ…」と、母。
お母さん、70歳になった時も同じこと言ってたよ。
毎年、いや、いつもそう思っているのかも知れない。
私が、今の自分の歳が実感できないでいるように。


振り落とされそうな速さで過ぎてく私の時間も、これからまだまだ加速していくのだろう。

母の残りの人生が、満たされて穏やかなものでありますように。


f0000211_20180032.jpg
(このあいだ銀行帰りに通った公園)


母が70歳になったときの日記→「私も母の年齢になる」



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ


[PR]
by karino-tohko | 2017-02-03 20:25
2017年 01月 31日
明けましておめでとうございます(遅
と言うか、ただいま。
生きてます。
一か月以上更新しなかったのなんて初めて。
年末から年明けにかけて思いもよらないことが次々に起きてました。(終わってみればどれもたいしたことじゃなかったけれど)
また追々書きます。



f0000211_00043468.jpgf0000211_00145904.jpg右は、年末30日の朝、出勤前に母親から届いた米や野菜や餅。
丸餅の所々に小さな緑カビが生えていた。
以前は「餅のカビは発ガン性があるから」と、母もかなり気にしていたのに、目が見えづらくなったのか、細かいことにこだわらなくなったのか…。
母の老いを感じて辛い年末。



大晦日も出勤。
年内に投函しようと、「飲む点滴」の麹甘酒(ノンアルコール)を飲みながら年賀状書き。
早く書き上げて会社に行かないと。
f0000211_00191048.jpg

書き終えた頃には、隣家のテラス窓に反射して射し込む光がすでに夕方っぽくなっていた。
焦る。
f0000211_00191552.jpg

午後4時。
テーブル周りだけ簡単に片付けて、数の子の塩抜きをセットしてミニお鏡とミニ玉を飾ってから、この日動いた商品の伝票だけ処理しに会社へ。
数の子の薄皮剥きは、夜帰ってから。
f0000211_00214018.jpgf0000211_00214492.jpgf0000211_00214831.jpg

仕事のあとRの母親の家でRの弟や甥っ子らと食事して帰り、日付の変わる少し前に家を出て、除夜の鐘撞きと初詣へ。
f0000211_00255661.jpgf0000211_00260179.jpg

途中でiPhoneのバッテリーが切れそうだったのが、残量ギリギリ1%で帰宅できた。
そのうえ、年が新しくなって最初に現れたのは、亀!
幸先いい!
無事穏やかに過ごせる年になりますように。
f0000211_00342308.jpgf0000211_00342068.jpg
…と願ったのに、このあと災難続きだったよ…。


  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2017-01-31 23:59 | Comments(4)
2016年 11月 30日
あふれる葉物野菜と人生二度目のジャム作り

11月23日 祝日。
朝ご飯、フレンチトースト(市販品)。
昼ご飯、昨晩の名古屋コーチン鶏鍋の出汁でたまご雑炊。
f0000211_23382422.jpg
f0000211_23385275.jpg



葉物野菜が高騰しているらしいのに、家には採りたてキャベツ大玉2つ(「虫付き(かも)」との表示で買い手なく100円になってたのをひとつ買ったらもひとつおまけで付いてきた)と白菜2玉(生協注文後に他からももらった)と大量の葱(100円分注文したらどっさり届いた)と大根葉(もらった)と菊菜三束(ryと…
冷蔵庫に入りきらずに廊下に溢れてる。
頑張って使おう。
f0000211_23392091.jpg

重なるときはいっときで、果物も、普段はあってもバナナだけなのに、今はこの上さらに廊下にラ・フランスがひと箱ある…。
f0000211_23394861.jpg

野菜の写真を撮りに廊下に出て「写真撮ってる場合じゃない、捌かねば」と気付いて、冷蔵庫内の先週の紫白菜としなびかけたプチトマトをサラダにして食べて、晩ご飯用に大根葉の掃除して、白菜を漬物容器に入るだけ浅漬けにした。
f0000211_23401764.jpg
f0000211_23404020.jpg
f0000211_23405934.jpg
f0000211_23411644.jpg




4日後の日曜日、何もしないまま一日が終わりかけたところで、とろけてきたラ・フランスに追われているうちにモソモソになっていたりんご3玉でジャムを作り始めた。
f0000211_23413677.jpg
(こういう時のために植えておいた庭のレモンの苗木が一向に実をつけないので、無農薬レモンひとつ買ってきた)

ジャムを作った経験は、約30年前に一度きり。
確か、いちごジャムだったような…。(それすら曖昧)

作り方はもちろんまったく覚えていないので、まずは正統なレシピで、と(次があるつもり)、検索上位に出てきた辻調理師専門学校のレシピを見たら、砂糖の量がりんごの重量の60%!
「540g!?」
f0000211_23415790.jpg
レモンは1/2個。

f0000211_23432104.jpg
皮は剥いても剥かなくてもいいとのことで、皮にペクチンが多いそうなので、今回は皮付きで。
よく洗って芯を取って、5mm厚のイチョウ切りに。
(レシピを流し読みして四等分してイチョウ切りにしたけれど、あとで読み返したら「6~8等分に割り」とあった。うん、そうした方がよかった)

f0000211_23435288.jpg
「5mm厚さ」に切り始めたものの、「いや、ごろっと実の形の残ったプリザーブドっぽい方が好きだし」と、途中から荒い切り方に。
(けど、やはり5mmにすべきだった)

f0000211_23441199.jpg
レシピ通りに「直径18cmの鍋」を用意して材料を入れたけれど、りんごを入れただけでほぼいっぱい。
どう見ても、山盛りの砂糖は入りきらなさそう。

f0000211_23443438.jpg
寸胴鍋に変えた。
余裕。
鍋に入れる時点であらためて砂糖の量にびびって、少し減らした。
(減らして正解だった)
f0000211_23445461.jpg
残した砂糖。この3倍くらい残してもよかったかも。

f0000211_23451897.jpg
竹べらで混ぜながら中火で煮る。
時間は書かれておらず「柔らかくなるまで」のようで、別のレシピを見ると30~40分くらいらしい。

その間に、ジャムを詰める瓶を5分以上(とあったけれど念のため15分ほど)煮沸消毒して乾かして。
f0000211_23453560.jpg

f0000211_23463088.jpg
砂糖が全部溶けて、甘酸っぱいりんごの香りが漂い始めた。
30~40分煮ればいいかと思っていたけれど、ここからが長かった。

f0000211_23470050.jpg
35分経過。
とろとろ砂糖煮状態。とろあま。
うっかり味見したら止まらない。
このまま食べ尽くせそうな激うま。
けど、まだまったくジャムっぽくない。
レシピ通り、もう少し小さく薄く切るべきだったかも。

「りんごから水分が出て、柔らかくなれば、ミキサーにかけるか裏ごす。
(皮や、りんごをそのまま残したものを作りたければ、この作業は必要ない。)」
とあったので、このまま煮続ける。

f0000211_23471882.jpg
水分の抜けたりんごだったからか、なかなかジャムっぽくならなくて、いつまで煮ればいいんだろうと煮続けて1時間半。
煮詰まってきたのでこれ以上はムリかと、煮沸消毒して乾かしておいた瓶に詰めた。

f0000211_23474923.jpg
かなり味見で減って、ぴったり3瓶分できた。
水分が少なかったせいか、煮詰まってもジャムというより砂糖煮っぽかったけれど、瓶に詰めたらジャムっぽく見える。

そして、途中の砂糖煮状態で最高に美味しかったのが、煮詰まって極甘になった。
甘過ぎてほっぺたが痛いほど。
いや、シロートが長期保存するにはいいか。
(この砂糖の分量で作って煮沸消毒した瓶に詰めれば、未開封なら冷蔵庫で1か月近く保存できるとのこと)
もっと早く食べ切るつもりなら、もっと砂糖を減らしてもいいかも。

f0000211_23482594.jpg
トントン空気抜きするのを忘れたので、手前のバンビのふたの瓶(青葉仁会のジャムが入ってた瓶。「あおはに」って音が好き。aohani)、しっかり空気が入ってる。
この瓶から食べよう。
いただきます。



  
にほんブログ村 その他生活ブログへ

[PR]
by karino-tohko | 2016-11-30 23:56