ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2006年 02月 12日
カレーを求めて北へ
イベントの備品の件でメールが届いて目が覚めた。
ついでに一緒にインド料理を食べることになって家を出たけれど、行った店のインド人シェフが帰国中だったので、はるか北の店に足を伸ばすことに。

f0000211_20363727.jpg家を出た時には晴れていたのに、北に向かうほどに重い雲が空をおおって雪が降り始めて、強く吹雪いてきた。
走っている車からカメラを向けたけれど、道の両側はどこまでも真っ白な田んぼ。
その向こうは降りしきる雪で何も見えない。まるで北国。
こんな吹雪の中をカレーを求めて何十キロも北に向かうことになるとは。
こんな田舎にほんとにインド人シェフのいる店があるんだろうか、と思いながら着いたのは、ひと気のない田舎駅前の店で、外観は普通の喫茶店。
表にはスパゲッティとオムライスののぼり。
パンフの印象と違うなあと店に入ると、いかにもパスタやオムライスを置いていそうな内装で、店内には、遊んでいる子どもとそのお母さんとそのまたお母さん。みんな日本人で店の人たちらしい。
f0000211_2039169.jpg異国を思わせるのはカウンターの上に吊ってあるピンク色の飾りだけ。
インドカレーは客寄せのオマケだったのかなあと席に着いてメニューを開いて見ると、メニューはインド店風で、一般のメニューは、間違って入ってきた人のために用意してあるかのようなナポリタンとオムライスだけだったので、ちょっと安心。
でもあの奥さんたちがこのカレーを作るんだろうか、と半信半疑でカレーとナンを注文すると、別室からインド人シェフが出てきた。ほっ。
その後他の客が入ってきてオムライスを注文すると、別室から今度は若い日本人シェフが出てきた。
パンフにインドの人と一緒に載っていた、フランスやイタリアで修行してきたというシェフらしい。

キーマ・カレーとチキン・なんたら(忘れた)・カレーは、日本人好みの無難な味。(というか、はっきり言えばちょっと期待はずれ。)
石窯焼きのチーズ・ナンとココナッツ・ナンはもちもちしていておいしかった。

f0000211_20392394.jpg友人 「私らが考えている多国籍レストランも、日替わりにしなくても、いつもこんなふうに全部のメニューを置いていつもみんな店にいてもらって、タイ料理はこの人、ペルー料理はこの人ってふうに作ってもらったらいいんじゃないかな」
いつも全員にいてもらったら、それだけ人件費がかかるよ。
それに、各国の人が毎日一緒に同じ狭い厨房内にいて一緒に作業していたら、いろいろとモメそう。

写真はサービスのマンゴラッシー。
(カレーとナンの写真を撮ろうと思ってたのに、出てきた途端に喰らいついてしまってた。)

f0000211_20394037.jpg街の方に戻ってきてから、イタリア風の濃いコーヒーが飲みたくて、湖に面したイタリアンレストランへ。
コーヒーと一緒に、クラフト色の袋に入った砂糖が出てきた。
私  「このお砂糖、さとうきびのお砂糖だって。薄茶色でコクのあるやつ」
友人 「え? どうしてさとうきびのお砂糖だってわかったの?」
私  「この下にZUCCHERO DI CANNA GREZZOって書いてあるし」
友人 「それ、何語?」
私  「さぁ…。スペイン語じゃないんだったら(その人はスペイン語が話せる)イタリア語かなあ」
友人 「どの単語がどういう意味?」
私  「さぁ…。えーっと、ZUCCHEROが砂糖でCANNAがコーンかな」
書いてある文字をパッと見たときにパッと浮かんだけれど、考えると不確かになる。
何語かで砂糖をZUCCAとかなんとかいってた気がする。(スペイン語も似てるんじゃないだろうか。)
ラテン系語は似た単語が多いから、どこかで目にした何語かの単語からの連想で出てきたよう。
外国の人にパッと話しかけられてパッと日本語で「○○と○○?」みたいに返事して、「あれ、○○語できたっけ?」「ううん」「じゃあなんでわかったの?」「さあ。パッと浮かんだ」ってことが時々ある。
でも、いざ習った国の単語を聞き取ろうと構えると、サッパリわからない。
リラックスしてる時には、いつかどこかで無意識に記憶した物がパッと出てくるのかも。

家に帰ると、玄関ドアに袋がかけられていた。
中には福岡からの辛子明太子とメッセージ。
ありがとう。
いろんなものが味わえた一日。
(昼ごはんのカレーを食べた後帰ってすぐに取り掛かる予定だったゴミ部屋の掃除は、また来週。)
[PR]
by karino-tohko | 2006-02-12 23:00 | 日記 | Comments(0)
<< バブーシュ リタリンで死亡 >>