ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(292)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2008年 04月 15日
古い建物の残る町へ
この間の日曜日は、久しぶりに遠出した。
Rと一緒に行きたかったけれど、Rは仕事があったので、私だけ。
目的はふたつ。
小さな会場で催されている美術展と、友人の友人の個展。
やや不調でいろんな不安がぐるぐるしてしまって行こうかどうしようか直前まで迷っていたけれど、朝、思い切って着替えて家を出た。


行きは、その個展を手伝う友人の車に同乗。
会場近くで車を降りた後いったん友人と分かれて、友人に教えてもらったお肉屋さんでコロッケを揚げてもらって熱々を頬張りながら、古い建物の残るひと気のない静かな通りをひとりゆっくりぶらぶら。
通りかかった教会からは、日曜礼拝の賛美歌。
f0000211_12142330.jpg
f0000211_12145865.jpg


f0000211_1217576.jpg個展の会場は、日射しがたっぷり入る明治時代の洋館。
ゆっくり作品を眺めて、お話して。







思っていた以上に見応えあってそこで満足して、一番の目的だった美術展のことをすっかり忘れていたけれど、昼前、友人に声をかけてもらって一緒にその洋館を出て、古い町並みを歩いて美術展へ。

f0000211_12183250.jpgf0000211_12185527.jpg

美術展はふたつの会場に分かれていて、どちらも、ひっそりした通りにある古い民家を改装した建物。
すぐそばに近付くまで、どこが会場なのかわからないほどだった。
美術展の詳細は、また別記事で。


個展の手伝いのある友人は先に美術展会場を出て洋館へ戻り、私は3時頃までその会場の蔵でビデオを見て過ごして、そこを出た後、朝買ってきたパンを食べながら元来た道を引き返し、途中で、来る時に通りかかって気になっていた別の古い洋館の中へ。
こちらは大正時代の建物で、地元の建築保存運動グループによって再生、改修中とのこと。
中にはゆったり歓談できるスペースがあって、アンティークの展示や民芸品や水彩絵葉書の販売などもされていた。
一階のロビーには通りかかって入ってきた人たちが数組いたけれど、「あちらもどうぞ」と勧められてのぞいた他の部屋や二階には誰もいなくて、がらんとした部屋に響くのは、私の足下できしむ床の音だけ。
f0000211_12214816.jpg
f0000211_12222130.jpg




f0000211_12225632.jpg
f0000211_12251052.jpg
f0000211_1228732.jpg
f0000211_12261660.jpg

そこを出た頃に、ぱらぱらと小雨。
いったん個展会場に戻ってから、ひとりで美術展の第二会場へ。

雨脚がやや強くなってきていたけれど、大きな鳥居をくぐると人出があり、ざわざわと祭りの準備中。
あたりのお店の周囲や堀の上には、小雨にけぶる、半分花が散ってもまだまだあでやかな濡れた桜。
満開の時期にはどれほど華やかな一帯だったことか。
f0000211_12314828.jpg
f0000211_12321825.jpg
f0000211_1232407.jpg

第二会場の展示品は少なそうだったので、早目に戻って今日が最終日の個展の撤去のお手伝いをするつもりだったけれど、会場で映されていたビデオに見入ってしまい、最初の洋館に戻った時にはほとんど撤去済み。
荷物の積み込みなどを慌しくされていたので、朝乗せて来てもらった友人に声だけかけて、バスと電車で帰宅。


朝は行こうかどうしようかぎりぎりまで迷っていたけれど、一日ゆっくりいろんなものを見て気分転換になって、煮詰まっていた気持ちもちょっとすっきり。
行ってよかった。
[PR]
by karino-tohko | 2008-04-15 12:34 | 日記 | Comments(8)
Commented at 2008-04-15 20:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karino-tohko at 2008-04-15 22:50
鍵コメント様、まさにそうです。
あまり検索にかからないようにと思ってあえて書きませんでしたが、
これだけでわかるとはすごいです。
この近くには他にもいくつかあるようなので、またゆっくり訪れたいと思います。
本当に時間がゆったりして、心地いいひと時を過ごせました。

鍵コメント様が行かれた展覧会も、案内を見てぜひ行きたいと思っていたのですが、
残念ながら行けないうちに終わってしまいました。
行ったらどこかですれ違っていたかも知れませんね。
Commented at 2008-04-16 07:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karino-tohko at 2008-04-16 18:50
鍵コメント様、おんなじです。
私もせっかくなので一度ゆっくり巡ってみたいと思いながら、
なかなか叶わずにいます。
その美術展、私も行きたくてチェックしていたのに行けませんでした。
とても残念です。
行きたいと思ったら、行く日を決めて心の準備しておかないと、
なかなか動き出せずに行きそびれてしまいます。
Commented by まっち頭 at 2008-04-17 13:53 x
かりのさんの写真、好きです。
きっと、かりのさんの目には この写真のように写ってるんでしょうね。

昔、写真って、芸術なのかな・・・と 思っていましたが、
まさに、その人の目に写る世界。
同じ景色、同じ対象物を見るのでも、人によって、まったく違うんですね。

それに気付いてからは、道をただ歩くのにも、少し意識が変わりました。
Commented by karino-tohko at 2008-04-17 19:26
まっち頭さん、ありがとうございます。
この日の写真は、だいたい見た通りのままに撮れて気持ちよかったです。
カメラを構えてシャッターを押しても、全然思っていたように撮れない時もあります。
そんな時は「ああ見えてるのに、なんでこんな写真になるの?」と不思議に思うのですが
(デジカメはその場で写真が確認できるので本当に便利です)、
きっと私の目やあたまの方に、何かフィルターがかかっているんでしょうね。

> 同じ景色、同じ対象物を見るのでも、人によって、まったく違うんですね。

最近つくづくそう思います。
目だけでなく、音も、もっと全体的な感覚も、自分が見て感じているようには人は感じていないというのは、
当たり前なようでいて不思議です。
Commented by nica* at 2012-07-03 12:30 x
いつも仕事の合間にのぞいてます。

初めまして。

いつもはコメントする勇気がなかったんだけれど、たくさんの写真をぼんやり眺めながら記事を遡っていたら、毎日見ている風景がカリノさんに切り取られていて、つい。笑

私は一度離れてみて、やっとこの土地の良さを知りました。

今年も秋に大きな展覧会があるので、お時間があれば是非。

こんなに前の記事にコメント。
見つけてもらえたらいいな、の気持ちを込めて送信!
Commented by karino-tohko at 2012-07-05 18:35
nica*さん、初めまして。
読んで下さってどうもありがとうございます。
こちらにお住まいの方からコメント頂けるとは!
思わぬところでなじみある景色が出てきたら驚きますよね。笑

日々暮らすには不便なところもあるかとは思いますが、いい町ですね。
特に休日に訪れると、時間がゆったり流れているように思えます。
前に行った時には、バスを最小限にして、散策を兼ねて会場から駅まで歩いて帰りました。(思ってたより遠かった!)

秋の展覧会、ぜひチェックしてみます!

<< パケット代 ピナ・バウシュ 『嘆きの皇太后... >>