ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2008年 01月 23日
検査
f0000211_15561021.jpg

続き。
大腸内視鏡検査で、奥の方にあった5mm大のポリープひとつと、入り口近くの直腸にあった小さなポリープひとつを取りました。
ポリープが問題ないものか悪性かは、採取した細胞を調べて後日結果が出るとのこと。
思っていたような悪い状態でなくて、ほっとひと安心。
ご心配おかけしました。
以下、自分の覚えと、これから受けるかも知れない人のために詳細を。

(長いので、PCいじれるようになってからmoreにしました。
安静にと言われながら携帯から4000文字近く打ってます。何考えてんでしょうか。)



1時半頃、腸の働きを止める注射を受けて、検査用の服に着替えて(上はブラを外して、金具の付いていないシャツの上から用意された糊の効いた前開きの白衣のようなものを。下は全部脱いで、お尻部分が開くようになった使い捨ての不織布のズボン一枚)、電気を通すのでと、結婚指輪も外して(長年嵌めっばなしで抜けなくてしばし石鹸水で格闘)、検査室へ。
「ちょっと大きな音がしていて怖いかも知れませんが、大丈夫ですよ」と通された検査室は、機械だらけ。

胃のレントゲンを撮るような台の上に立つと台が倒されてベッドになって、そこでまた簡単な説明を受けて、いよいよ検査開始。
検査室には、先生と看護士がひとり。
左腕に血圧計を巻いて(5分ごとに自動で血圧チェック)、先生が指で入口にクリームを塗ってから、カメラ挿入。
「お腹に力が入らないように、なるべく力を抜いて下さい」
内臓をゆっくり突き上げてくる感じで、胃カメラに似た感覚。
少し痛いけれど、我慢できる範囲。
私がウッと顔をしかめたりすると、看護士が手に手を添えたり声をかけたりしてくれる。
「大丈夫ですか? 気分悪くないですか?」「今もう半分くらい来ましたからね」等、声をかけて様子を見ながら入れられていく。
時々じゅわんと温かい液体を感じて、残っていた水便が漏れ出しているんじゃないかと思ったけれど、どうやら、残っているものを洗い流すお湯の噴出と邪魔な液体を吸い込むバキュームがカメラの管にセットされているらしい。

お腹の中がぐわぐわ気持ち悪くて少し痛いけれどこれくらいなら大丈夫、と思っていたら、突然、ぐわぐわを感じるのと別の辺りで、キンッとひきつるような神経に触ったような、何か危険を知らせるような鋭い痛みが。
「痛っ!」
「大丈夫ですか? ここはヘアピンカーブになっているので少しきついですが、ここを抜けたら直線部分になりますからね」
独特の強い痛みだったけれど、そのせいなんだろうか。
何かひどいことが起きたんじゃないだろうか。
でも、ひどいことが起きていたら、戻って来るときに見ればわかるから大丈夫か。
しばらくして、また同じ鋭い痛み。
そのきつい痛みは結局二回だけだったけれど、お腹の中では絶えずいろんな動きを感じていて、いつまたあの痛みが起こるかと緊張。

「痛みはどうですか?」
「はい、一番奥まで入りましたので、これから周りを見ながら戻って行きます。戻って行くのは入っていく時ほど痛みはないですからね」
ちょっとひと呼吸。

「あ、この一番奥にポリープがありますね。ここです。5mmくらいです」
入って行く時はモニタを見る余裕はなかったけれど、今は見られる。
画面の中央に、白い盛り上がり。
「ガンになるものかどうかは取って調べないと分かりませんが、多分大丈夫でしょう。念のために切除しておきます。
焼き切りますが、一瞬で痛みはないので大丈夫ですよ」
焼くところを見ようかと思ったけれど、怖くて力みそうで見ていられず、天井を見つめていた。
「はい、もう終わりました。出血しないように、ここに金具を嵌めておきますが、この金具は一週間くらいしたら便と一緒に自然に出ますので」
モニタを見ると、白く盛り上がったところに、金属とプラスチックでできた金具が付いている。
「この周りの白く盛り上がっている部分は大丈夫なんですか?」
「それはやけどの跡です。ポリープ部分はきれいに取れていますよ」
よかった。
その部分に、カメラと一緒に通っていた管から止血剤をかけて、そこの処置は終わり。

出口に戻りながら、周りをチェック。
さっきのポリープからすぐのところに、さっきと同じような白い盛り上がりがあって、カメラはその周辺をぐるぐる映していたけれど、そのまま通過。
えっ、今のは取らなくていいの? と思ったけれど、思った時にはカメラから外れていて見えなくなっていて、先生に「今そこにあったのでは?」とは聞きにくく、シロートの私が気付くものをプロ中のプロの先生が見落とすわけはないだろうから、あれは似ていても違うんだろうと、見に戻りたい気持ちを抑えて、今度またそんなのがあったらその場で聞こうと、見落とさないように私もモニタに集中。

腸はホルモン焼きの肉のように薄ピンクでぷるぷる。
今回下剤で「宿便が出た!」という感じは全然なかったのに、どこにも便は見当たらない。
宿便が出たらスッキリ気持ちいいと聞いたことがあるけれど、腸の中は空っぽなのに別にスッキリ感はない。
「宿便」って、もしかしたら、誰かが作り上げた幻想?

「もう少しですからね」
戻っていくのは全然痛くないので、もっとゆっくり丁寧に見てくれていいです。

「ちょっとここのおうとつが見えやすいように、青い薬をかけますね」
カメラの脇から青い液体が出て辺りを染めて、先生がその辺りをじっくり見ている。
「ここに2mmくらいの小さなポリープがありますね。念のために取っておきましょう」
今度のは、見てもどれがポリープなのかわからない。
今度は焼き切るところを見ておこう。
何か細い金属のパイプのようなものが伸びて、腸の一ヶ所に吸い付いて、うにーっとガムのように引っ張っていく。
柔らかな腸が引きちぎられそう。
それが今自分のお腹の中で起きているかと思うと、思わず引っ張っられないようにと力が入りかけるけど、ガマン。
引っ張っていた先が焼き切られたらしく伸びていた皮がぱちゃんと戻って、薬をかけて終了。

「はい、もう出口です。少しぢっぽいものがありますね」
「出血はそこからだったんでしょうか」
「おそらくそうでしょうね」
そうだったのか、よかった。

検査終了。
時計は見ていなかったけれど、多分30~40分くらいか。
「今回はポリープを二つ取りましたので、この細胞について調べておきますが、多分問題はないでしょう。
10日後に結果が出ますので、またそれ以降に来て下さい」
「ありがとうございました」


お腹は少しピリピリ痛むけれど、我慢できる程度。
さっきの個室に戻って、お尻が少し濡れているようだったので汚水が付いたのかとトイレで拭くと、途中でかけた青い薬がペーパーに少し付着しただけ。
腸の中は空っぽだから、茶色く汚れることはないのか。

着替えてベッドに横になっていると、点滴セットが運び込まれてきた。
血管がなかなか出て来なくて、針を刺すのにかなりの苦労。
普段から血管が細くて出にくいけれど、今日は緊張で縮みあがっているかのよう。

その途中で、先生が、さっきの検査中に撮った腸内の写真を持ってきてくれた。
青く染められた二つのポリープと、それぞれのその周辺の写真。
検査時に私が見てもよくわからなかった小さい方のポリープは、写真で見てもよくわからず、一面に走っている青く染められた血管のような網目が一部少し開いているように見えるだけ。
その網目が気持ち悪くて、思わず見入ってしまう。

点滴を受けながらしばらくうとうとしていると看護士が入って来て、この後の生活の注意事項が書かれたプリントを見ながら説明。
点滴が終わると、受付で処方箋をもらって支払いをして、外へ。
薬局で薬を買ってから、3時過ぎ、ゆっくり歩いて帰宅。


検査費用、23,810円。
ポリープ切除は手術に該当するそうで、生命保険、医療保険に加入していれば保険金が出るとのこと。
薬は、出血を予防する薬と、炎症や腹膜炎を予防する薬と、明後日からは、お腹に力を入れなくても便が出るように、検査前に飲んでいたのと同じ便を柔らかくするマグミット錠。
薬代計580円。


二週間は、腹圧をかける動作、重い物を持つこと、激しい運動、バイクや自転車の運転、長距離ドライブ、旅行、アルコールは禁止。
(ああ、二週間、仕事が…→重い物を持つこと禁止。)
特に当日(と翌日)は、洗面・トイレ以外は安静に寝ていること。
家事もお風呂・シャワーも禁止。

当日摂れるのは水分だけで、重湯、お茶、水、具を除いたコンソメスープ、すまし汁、味噌汁など。
それらを熱くも冷たくもない状態で、少しずつ摂取。
牛乳は胃腸にいいと思っていたけれど、腸を刺激して傷口によくないそうで、牛乳や飲むヨーグルトは二日間禁止とのこと。
(コーヒー、紅茶、具の入った汁物も禁止。)

翌日からは、お粥と、舌で潰せるくらいの柔らかく消化のいいおかずを四日間。
その夜からはシャワーも可。
六日目からは、普通食とお風呂が可能。
(これらの日程は、切除した度合いによって、人ごとに変わるよう。)


プリントの最後には、
「お尻から血が出て安静にしていても止まらない、激しくお腹が痛む、発熱(37.6度以上)した場合は、昼夜を問わず、クリニック(TEL000-…)に連絡、または留守電に必ずメッセージを入れて下さい。折り返し連絡いたします。
連絡がつかない場合は、医師の携帯(TEL000-…)にお願いします。」
と書かれている。
安心。
先生、看護士さん、どうもありがとうございました。


いつも10キロ以上のカバンを持ち歩いているけれど、中身を少し減らさないと。
[PR]
by karino-tohko | 2008-01-23 15:56 | 日記 | Comments(8)
Commented by totte at 2008-01-23 16:15 x
お疲れ様でした。
検査の様子が分かるので つい、自分の体験と重ねてしまいました。
普通食に戻るのは 六日後ですか…
きっと 美味しいでしょうね。
いい病院の方々だったようで それも良かった。
病院で安心できるのって すごく大事ですから。

最近、食欲も旺盛で つい、病気の事を忘れがちだったので
また気を新たに 食生活に注意しなくちゃ。
今日も ゆっくりお休みくださいね。
Commented by karino-tohko at 2008-01-24 12:27
totteさん、
前にtotteさんも経験されたと聞いて、不安が軽減されました。
ありがとうございます。
私は思い込みや自己暗示にはげしく左右されるので、
検査前に安心できる病院だという情報が入って、安心して受けられて本当によかったです。

体調が落ち着いている時は、つい病気のことや体を気遣うことを忘れてしまいますよね。
私もこれを機に、これまであまり気にしていなかった便秘に気をつけて、
早食い・暴食を改めようとつくづく思いました。
Commented by ma at 2008-02-06 09:40 x
私も本日大腸検査を受けます。tohkoさんのマネばかりしているようで申し訳ありません。笑)
出血は随分前からありましたし、、やはり亡くなられたあの方のことも気にかかるもので。
潜血反応はありました。CEA(でしたっけ)はまだ結果がでません。
それより中性脂肪がおおすぎる500以上(単位は不明)。脂肪肝を治しなさいと言われてしまった。汗)

今やっと下剤の水溶液半分のみ干したところ。(自宅にて)

Commented by karino-tohko at 2008-02-06 12:47
maさん
今日ですか! 今頃病院で検査室に入られた頃でしょうか。
これまで便秘は「こういう体質なんだ」と気にせず放ってきましたが、
今回の事は、あの方がそろそろ気をつけなさいと忠告してくれたように
感じました。
maさんもどうぞ無事済みますように。
Commented by ma at 2008-02-07 21:04 x
昨日検査終了。本日夕食から普通食。といっても消化のいいもの。ごはんと、お豆腐だけでした。
私も痩せるかと期待したけどほとんど変わらず。

検査はあっと言う間に終了。ポリープ一個切りました。切った時だけかすかに痛み感じました。それ以外ほとんど無痛。本来今日も安静にしてなきゃいけないんだけど、デスクワークだからいいやと出社。プールは行きたいんだけど、それは我慢。

診断結果は2週間後。

下剤のんで10回以上トイレに行かなきゃいけなかったのが唯一辛かった。皮膚が紙であかむくれ、、、。お下品ですみません。
Commented by karino-tohko at 2008-02-07 22:03
maさん、お疲れ様です。
maさんの方も上手な先生だったんですね。よかったです。
検査前に不安であれこれ検索していたら、むりやりガンガン突っ込まれてお腹が裂けそうなほど痛いこともあるそうだと知って、余計なものを読んでしまったとビビってました。

そっか、紙。
私が下剤タイムを過ごした病院の個室内のトイレはウォシュレットがついていたので、快適でした。

2週間、落ち着きませんね。
maさんの結果もだいじょうぶでありますように。
Commented by ma at 2008-02-08 22:20 x
いやあ、落ちついていますよ。ガンと知らされてもさほど驚かないし、落胆もしません。多分だけど。
Commented by karino-tohko at 2008-02-09 12:40
maさん、そうなんですか。
肝が据わっていますね。
2週間、長いようで早かったです。
ご健康をお祈りしています。
<< 検査後 検査当日 >>