ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2007年 08月 20日
伯母の通夜へ
伯母が亡くなったという電話が入った。
子どもの頃、アメリカドラマに出てくるようなその目鼻立ちやスタイルやハスキーな声のせいか、なんとなく外国人かハーフだと思い込んでいた、大柄で陽気で華やかな印象のある伯母さん。
明日の告別式には出られそうにないので、今日、仕事を早目に抜けてお通夜に行くことにした。
数日前に着た喪服代わりの黒いブラウスとスカートは、ちょうど昨日洗濯して取り込んだばかり。
普段はなかなか洗濯しないのに今回に限ってこんなに早く洗濯するなんて、なんだか必要になるのがわかっていたかのようなタイミングで、複雑な気持ち。


ネットで地図と乗り継ぎと時刻表を調べて、駅へ。
ジョルダンによると、電車を3路線乗り継いだ先。
夕立後の車内の人たちは、西日の中でみな気怠げ。
久しぶりに1時間余電車に乗って、電車に酔った。
車窓から見下ろす雨上がりのだだっ広い河原を、ひとり歩くホームレス。
静かな車内でゴキ○○の話で盛り上がって「ゴキ○○が!」「ゴキ○○の…」と連発する女子高生。
毎日事務所と家の往復ばかりなので、外の人たちを見るのが新鮮。
あれ、少し前にも電車の中で同じことを感じたっけ、あれはいつだったろう、と考えて、5月に京都に行った時だったと思い出し、そう言えば先週のお通夜の時も今日と同じくらいの時刻に同じ路線の電車に乗ったはずなのに、その時の記憶は目的地の駅を出るあたりまでほとんどないことに気が付いた。
あれ、確かこの電車で行ったはずだよね…? という感じ。
どうしてだろう。


電車を乗り継いだ後路線バスに乗り換えて、葬儀会館へ。
会館の入口で母親と母の姉を見つけ、中の記帳台で父親を見つけた。
「お父さん、」
「お、…トウコちゃんか?」
えっ、なぜ、「ちゃん」付け??
父親に「ちゃん」付けで呼ばれるなんて、小学校低学年以来くらい?
いや、その頃でもそんなふうに呼ばれた記憶はない。
もしや、妹の子どもらと混同してる?
父 「なんで来たんや?」
私 「○○ちゃん(亡くなった伯母の長女)と私、同い年で中学生くらいの頃に文通とかしてたし、そのお母さんが亡くなりはったんやし」
父親は腑に落ちないような顔をしていたけれど、その後、お通夜の席で祭壇の前に遺族の4人が並んで挨拶するのを見て、
「前に立ってるあの女の子が、おまえの知り合いなんか? それで来たんか?」
お父さん、「あの女の子」は亡くなった伯母さんの娘で、お父さんがよく知ってる私と同い年のいとこだよ。
私の友達の家族がたまたまお父さんの親戚だったわけじゃないよ。
父親の症状が進んでいる気がする。
いや、私も、久しぶりに会ったいとこの顔がサッパリわからなかったんだけれど、そういう問題ではないよう。
それに、人目ばかり気にする見栄っ張りな人だったのに、お腹が出て上着もズボンも前が閉まらなくなってファスナーが半分開いているのが丸見えの服装でこういう場に出てくるなんて、考えられない。
(お母さん、家を出る前に身だしなみのチェックしてあげてよ。)
心配。


数年ぶりに会ったいとこは、少し憔悴している様子だったけれど、そんなに化粧っ気はないのに私とは別世代のようにきれいでスタイルが良くて凛としていて、30歳そこそこにしか見えない美形でおとなしげな年下の彼とはシャイな恋人同士のような雰囲気で、子どもの頃に彼女の家族がハイセンスな外国人ファミリーに見えたのと同様に、まるで別世界の人に見えた。
ああ、私もあれくらいの身長(170cmは軽く越してる)があったらなあ。
(現在166cm。もう成長しないか。)


Rの母親が倒れ、いとこの母親が亡くなり、私もそろそろ心の準備が必要なトシかもしれないと思いながら、帰路についた。
[PR]
by karino-tohko | 2007-08-20 23:00 | 日記 | Comments(0)
<< 急逝 「子供の誕生」 >>