ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2007年 02月 17日
親のこと
帰省時の気分低下の一番の原因は、たぶん親のこと。

母や妹によると、どうやら父にアルツハイマーらしきものが始まっているらしい。
そういえば去年の夏に帰省した時にも、後々とても気になった、でも思い出したくなくて気にしないようにしていたことがいくつかあった。
その時はアルツハイマーだとは思わずに、その気になる言動に、「やっぱり私のアスペは父親ゆずりだな。歳をとって自分の行動が客観視できなくなって露わになってきたのかな」と思っていたんだけれど、そうではなかったらしい。
今回私がいた間には、妹らから聞いて「ええっ!?」と思ったようなとんでもないことは起こらなかったけれど、確かに、会話に妙なところが多々あった。
それに、そのせいか、なんでもないようなことで突然眼つきが変わって怒鳴り出したりして手に負えない。
まあ、元々、突然眼つきが変わってヒステリックに怒鳴り始める人だったけれど、目に見えてひどくなっている。
まだ仕事には通っているけれど、車の運転もあやしい。
(昨夏の帰省時、父が運転する車に母と妹とその子どもらと私が乗っていた時にも、高速走行時に大事故を起こしかけた。その時は本当に、もう死ぬんだ、と頭が真っ白になった。今思い出してもぞっとする。それ以来、私が一緒の時には、父には運転させないようにしている。)
父は別の病気で国立病院に通っているので、次の通院時に母が付き添って脳も検査してもらうつもりらしいけれど、本人には自覚がないので、素直に母を連れて行くかどうか…。


夏の帰省時には、母のことでも気になることがいくつかあった。
それはアルツハイマーっぽいものではなく、まさに発達障碍っぽい、見ていてイタいようなことで、
「昔からこんなにひどかったっけ? 私が未発達で人並の目線を持っていなかったから、母親のことも見えていなかっただけだろうか」と思い、そんな母の様子を思うとなんとも言えないどうしようもない気持ちになるので、なるべく気にしないように気にしないようにと自分に言い聞かせていた。
f0000211_16162920.jpgでも、父があんなふうで母もしっかりしていないとなると、あれこれ不安が出てくる。
まあ、歳が歳だし、老いていく親の姿を見ることはみんなが通る道だし、仕方がないのだけれど。
今はいろんな点で自分に余裕がないので、親の変化を受け入れるのがちょっとつらい。

(写真は、帰省時に妹や父と影絵を見に行った古民家のギャラリーの一角)
[PR]
by karino-tohko | 2007-02-17 22:00 | 日記 | Comments(2)
Commented by みき at 2007-02-19 20:45 x
同級生のお母さんがアルツハイマー症です。
独特の扱い方があるようですが肉親だけにいろいろ辛いようです。

早くに診断されると薬で症状を遅らせることができるらしいけど、
その手のことに敏感で、病院に連れていくことも、目の前で話し
あうことも難しいそうです。


身につまされます。
明日はわが身。
Commented by karino-tohko at 2007-02-20 12:58
妹は 「お父さんまたあんなこと言ってるわ~。もう~」 と半分笑いながら流しているので、日々見ていると慣れるんでしょうけれど、
最初はやっぱりショックでした。
周りが 「今はいい薬があるから」 と、早く病院で診てもらうように言ってるようなんですが、そのために病院に行くというのが本人の心理的にかなり抵抗があるようなので、
次の通院時についでに診てもらう、というセンですすめるようです。

妹も親の近くにいるけれど、そうそう通うことはできないようなので、
これ以上症状があまり進行しなければいいんですが。
そばで様子を見ていられないだけに、気になります。
<< 父のことば 帰省 >>