ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2016年 03月 02日
台所リセット (片付けられない親の家の掃除と片付け 18回目その四)
帰省三日目後半から最終日。
床磨きと台所整理の続き。

他がすっきりしてキッチンワゴンの上も空っぽになったら、ワゴンの下で長年ほこりを被ってきたものもなんとかしたくなってきて、思い切って手を付けた。

f0000211_1737106.jpg
触るのがこわいハンディジューサーの箱。
もしや、中身はレトロ版ビタントニオのようなコンパクトジューサーかハンディブレンダー的なもの?
だったら欲しいかも、と取り出したら、

f0000211_17375228.jpg
どちらのタイプでもなくて、押し潰して絞るジューサーだった。
私も持っているけれど使ってなくて、人に譲ろうとしているタイプのもの。
残念。
f0000211_21205190.jpg
(家のはこれ。再掲。隣のトースターも持て余してる)

箱は汚れていたけれど、ジューサー本体は袋に入っていてきれいな状態。
買ったのか、粗品でもらったのか。
箱ごときれいなまましまってあったら、妹の学校のバザーに出してもらえたのに。
母もすっかり忘れているだろうし、メールや電話で聞いても何のことを言ってるのか伝わりそうにないので(なら捨てろって?)とりあえず洗ってしまっておくことにした。

f0000211_17391023.jpg
ジューサーの箱の後ろにあった急須の箱もこわい。

f0000211_17394359.jpg
中は、銀紫に光る萬古焼の紫泥の急須。
ああ、これも箱がきれいな状態で保管されていたらバザーに出せたのに。

f0000211_1740922.jpg
湿気のシミとカビが一面に浮いた茶葉ミルの箱。
これも中身(撮り忘れた)はきれいだったので、分解してよく洗って除菌スプレーしてすすいで乾かして移動。



「これがあるせいで、このワゴン部分がすっきりしなくて毎回すぐ元通りになるんだろうなあ…」
そう思って今回は思い切って、4年半前の片付け時からずっと気になりつつも手付かずだった、これらの横の大きな梅干し瓶三つに手を付けた。
f0000211_1838340.jpg
(再掲。透明瓶には見えない状態)

長年ずっと足元にあったのに、4年半前の時点で母親自身これらの存在を覚えてなかったし、いくら「昔作りの梅干しは古くても大丈夫」と言っても、このぶよぶよになった白いものや黒いものを食べる気にはなれない。
母親も「また今度見るから」と言ってたのに4年半たっても触れてもいないようだし、もう捨てるよ。

用事の電話のついでに一応「処分するよ」と報告したら、「大きな梅干しの瓶…? どこにあった?」
…。
f0000211_17411477.jpg
瓶ごと私の家に持って帰って分別処理した方がよさそうなので、ほこりが飛ばないようにキッチンワゴンの下からそっと取り出して流し台でさっと洗って、

車に積めるように外で乾かしておいた。
f0000211_17413551.jpg

カビが生えてほこりの積もったワゴンも空っぽになったので、f0000211_17415524.jpg

外で洗って磨いて乾かしておいた。f0000211_17421635.jpg



台所に戻り、4段×3つの引き出しを整理した勢いで、他の引き出しにも手を伸ばした。

f0000211_17423818.jpg
一番深くて大きい、長らく開け閉めされてなかったらしいコンロ下の大引き出し(木のまな板6枚が入っていた場所)も抜いて、湿気のシミが上がっていた底から全部掃除してアルコールで拭いて、

f0000211_1743068.jpg
すっきり。

f0000211_17431946.jpg
整理して空いた上の段には何をしまおうか迷ったけれど、コンロの横に積み上がっていた使用中のラップやホイルを入れることにした。
(物があふれてるのに他に入れるものがなかった)
元あった場所の下なので以前と同じ場所から手に取れるし、これなら何がどれだけあるか前よりは把握しやすそうだし、これで持つ本数(種類)が減っていけばいいんだけれど。

f0000211_17434862.jpg
引き出しに「ラップ、ホイル」ラベル貼った。
(スチームクリーナーでも落ちなかったコンロ部分の掃除はまた今度)

元あった場所は
f0000211_1915259.jpg
 ↓
すっきり。
f0000211_17471725.jpg



前に飴やお菓子がバラで放り込まれて蟲の巣になっていた引き出し(記事の最後の方)が、今回はビニール袋で埋まっていたと思ったら、流し台下の引き出しがあの状態に向かいかけていた。
f0000211_17474472.jpg
袋から出すと虫がつきやすくなるし、いつ頃のものなのか賞味期限もわからなくなるし、何がどれだけあるのかも把握しにくくなるから、なるべく大袋のまましまおうよ。
袋から出すなら何か別の容器に移そうよ。(できれば袋から賞味期限を切り取って貼って。)

虫除けに庭の月桂樹の枝葉が一緒に放り込まれているけれど、効いてない。
f0000211_17484265.jpg
虫が湧いていた形跡はあるものの、今回は引き出し自体はまだ無事。
かじられる前に気付いてよかった。

しかし、なんでガムがこんなふうに黒くなるの…?f0000211_17513296.jpg

食品が入っていた引き出しの中に、なぜか靴べらと、オニビシの実。f0000211_17522063.jpg
オニビシは、昔忍者がまきびしに使っていた実。
石のように硬いけれど、やっぱり実は実。虫がもぐり込んでほじったような粉が中から吹き出していた。
こういうのは引き出しにしまっちゃいけない。
庭の木の椅子の上に移しておいた。


お菓子が入っていた引き出しの下の段には、調理道具が入っていた。
いろんな形の道具が無理矢理押し込まれているので、互いに引っかかって出し入れしづらくなっている。
いや、多分ほとんど出し入れしてないんだろう。
みな野菜のアクやなんかで茶色くなったり、湿気のシミが付いたりしている。
f0000211_17532435.jpg
…と思ったら、その奥にも食品が混じっていた。
で、ここも防虫用に月桂樹と、カビないように乾燥剤…を入れてるつもりで、半分は脱酸素剤。


引っかかっていた調理道具をひとつひとつ取り出していったら、使ってないらしいお玉がいくつも出てきた。
こんなに持っているなら、なぜ、付け根にこびりついた黒い汚れが落ちない柄の取れた50余年物のお玉を使い続けているの。

f0000211_1754738.jpg
普段母が使っているのは、水切りかごに挿してある、結婚当初から使ってきたらしいお玉。
私が小学生だった頃には白い樹脂に濃いピンクのバラの絵が入った60年代デザインの持ち手が付いていたけれど、焦げたり熱で溶けたりして下の方からどんどん崩壊してきて、いつの間にか樹脂部分がなくなっていた。
柄が短くて細くて薄くて持ちづらいし、落ちない汚れが不潔なので、母親に確認取って処分することにした。
長い間ありがとう。


この引き出しにガシャガシャぎゅうぎゅう詰め込まれていた調理道具類は、全部洗ってハイターしてアルコールスプレーしてすすいで乾かして、
f0000211_17543531.jpg
f0000211_1755122.jpg
元入っていた引き出しと、飴が入っていた上の段と、コンロ脇のツール入れ仕切りのあった引き出し(前々々回の日記の最後の方)との三段に分けて入れ直した。
(右下の黄緑色のはワゴン下から出てきた茶葉ミル)

f0000211_17581494.jpg
その下の調味料ボトル用の深い引き出しも、いったん全部出して掃除して整理し直した。
掃除前を撮りそびれたけれど、引き出しの底に茶色や黄色の液体がべったりこびりついて、とっくに賞味期限の切れた調味料も何本も混じっていた。
整理したら空きスペースができたし、いつも流し台の上に何本も転がっている洗って乾かした空きペットボトル(水筒代わりか何かに使うらしい)をここに入れたらどうだろう?



まだまだ他に扉があるなあ、何が入ってるんだろう、と開けてみたら、
f0000211_17584326.jpg
f0000211_180821.jpg
棚の上や調理台やワゴンの上は物が山積みなのに、11枚ある吊り戸棚の扉の中はどこもあまり使われていない。
そう言えば、背の低い母親にはまったく手が届きそうにない高さなのに、踏み台も置いてない。

ガレージで三宝や調理器具がほこりを被っていたけれど、どちらにしろ滅多に使わないものなら、この中を掃除してこっちに移した方がほこりも被らないし、ガレージももう少し片付く。
今回は時間がないけれど、次回はこの中をやろう。



気になる引き出しや棚の中を先に整理して、夜10時から昨晩の黒い床磨きの続きを始めた。
f0000211_1803588.jpg
床下収納周辺を磨いていて、ふと、これが床下収納だということに気がついた。
中、どうなってる?
おそらく前世紀から開けてないよね…?
ひとりで開けるのは怖いので、次回、妹と一緒に開けてみよう。



午前1時半。
床にこびりついた汚れの除去、完了!
f0000211_2021427.jpg f0000211_1823686.jpg
掃除中(掃除前の状態は撮りそびれた)→ 掃除後

明日、持ってきたクリーナーワックスをかけて、残った時間でできるところまで棚の中の整理をして帰ろう。
雨になりそうなので暗くなるまでに山を抜けたいし、病院に1時間ほど寄るとしたら、午後1時半に荷物をまとめ始めて2時出発か。



4日目、最終日。
前日、前々日は信じられないくらいすっきりと8時台に起きられたのに、二日目なんてアラームが鳴る前に目が覚めたのに、この日はぐったり。
出発時刻が迫っているので11時前になんとか起きたけど、体がずっしり重くて、全身の筋肉がバキバキで頭がズキズキ。
まあ、普段の帰省時はいつもこうだから、前日と前々日が奇跡。


前日掃除し終えた床のワックス掛けから始めるつもりだったけれど、この日最初に取り掛かったのは、持ってきたダンボールチェストの組み立て。
ずいぶん前に人からもらって、使わないけれど捨てるのも…と残してあったもの。
あちこちの部屋に積み上がっている母親の服を少しでも整理できれば、と持って来たものの、そこまで手が回らなかったのでそのまま持って帰ろうとしていたけれど、母が妹に「洋服を入れるケースを用意して服しまっていって」と言ってたらしいので、使えるように組み立てておくことにした。
(フィアットの広くないラゲッジルームに予定以上に増えた生ごみと予定外の梅干し瓶三つを乗せることになったので積むスペースがなくなったせいもある)
f0000211_185505.jpg
「簡単にできるだろうから、置いていったら妹が組み立てて使ってくれるかも」とも思ったけれど、やっておいてよかった。
袋から出して広げてみたら思ってた以上に大物で、いきなり収拾つかない状態。
説明書の解説図と見比べても出だしからちんぷんかんぷんで先が見えず、最初の外枠を作るのにずいぶん手間取った。

午後1時半、完成。
30分ほどでできるだろうと見積もっていたのに、その三倍かかった。
これを組み立てただけで、この日予定していた持ち時間を使い果たしてしまった。
f0000211_1862524.jpg

出発予定時刻を過ぎたところで、もう夜までに帰れればいいやという気になって、台所のワックス掛けと残りの引き出しの掃除に取り掛かった。


流し台下にまだ一度も開けたことのない幅広の引き出しが一列あることに気付いたのは、この午後。
中には、乾物やシチューの素、インスタント調味料などの食品群がどっさり。
ここも、賞味期限がとっくに切れているものを整理したらがらがらになったので、飴の引き出しから生き残ったものをここに移した。
f0000211_1864720.jpg


台所の隅のこの棚もずっと気になっていたけれど、今回は手付かず。
中には古いビデオテープやカセットテープが乱雑に突っ込まれたままほこりを被っている。
次回しよう。
f0000211_1872620.jpg

あとは、気になる箇所を目の付くままに片付けて、日が暮れてきたところで急いでごみをまとめて戸締りして、午後5時出発。
途中もう一度母の病院に寄って、頼まれていた着替えなどを届けてから帰路へ。
夜の山道が心配だったけれど、昼間の突風も止んで雨も小雨程度で助かった。



f0000211_20134876.jpg
以前この状態 ↑ だったところから、今回のこの状態 ↓ までに、数年。
f0000211_1823686.jpg
(床面以外の全体写真、撮りそびれた)
達成感大きいけれど、時間かかり過ぎ。




自分の家に帰ってきたら、見慣れた散らかった汚部屋が秩序立って見える。
散らかっていても、機能している安心感がある。

お風呂、あたたかい。気持ちいい。
親の家は台所以外の水栓がことごとく壊れていて(トイレの水洗はかろうじて流れるけどトイレの手洗い器はアウト)、シャワーを浴びることもできなかった。
母が無事歩けるようになって退院できたとしても、あの家でちゃんと生活できるのかどうか、不安。

家の状態も不安だけれど、母の心の状態も不安。
ひとり暮らしになったのに、食器が作りつけの大きな食器棚に入りきらず出しっ放しになるほどあるのに、なのにさらに100均で食器をまとめ買いしてきたり、知り合いから戸棚いっぱいの食器をもらったり。
どの部屋にもタンスに入りきらない服の山があるのに、まだ通販で安い服をまとめ買いしたり。
その他諸々とんでもない量を買い込んでるので、父のことや自分の体のことや色々な喪失感から、買い物依存を起こしているのかも知れない。

このタイミングでRが『「片付けの魔法」にかかった米国人 大モテ、こんまり』という日経新聞の記事をメールしてきたので、入院中の母が家に戻れそうになったらこんまり本を買って行こうかとも思った。
いくら買い過ぎないように言っても無理なようなので、本を見てすっきり片付けたり物を減らしたくなったりしててくれればと思うけれど、どうかな…。
母にも読みやすそうかどうか、今度書店で見て来よう。


     にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-03-02 18:16 | 日記
<< 柔らかで履きやすくて歩きたくな... 誕生日ごはん×2 >>