ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(44)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2016年 01月 20日
服の山 (片付けられない親の家の掃除と片付け 17回目)
母の脊椎部分のCTスキャンに写っていた「何か」はガンの再発や結核菌ではなく、雑菌だったらしい。
(5年前のガン手術時の脊椎注射の際に入った可能性があるよう)
再発でなかったことには安堵したけれど、やはり、脊椎は一部欠けているとのこと。
損傷具合によってはこのまま半身不随になって段差だらけの家には帰れないかも知れないと言われながらも、ほんの少しずつリハビリのようなことを始めたようで、まだベッドから体を起こすこともできないけれど、一度、コルセットのようなものをはめて両脇を支えられて立ち上がらせてもらったときに「ちゃんと足で立ってるような感覚があった」そうで、「コルセットと杖があれば立てるようになるかも知れない気がしてきた」と言っていた。

一時はもう何もかもあきらめたような表情をしていたのが、少しでも前向きに考えられるようになってくれたのが救い。
ただ、これまで脚が不自由ながらもあんなに慌ただしくしていた母が何か月もベッドの上で何もせずに過ごすとなると、筋力の衰えとともに、認知症のリスクが高まりそうなのが心配。



年末には、「次に親の家を片付けに行くときには、もう母が戻らない前提で物を処分していかなければいけないかも」と滅入っていたけれど、家に戻る可能性があるとのことで、私も少しは前向きになれた。
けれど、たとえ戻れたとしてもこれまでのような生活はできないだろうし、唐突に時間を断ち切られたような生活の痕跡を見るのはつらいかも知れない。

それに、しばらく人の出入りのなかった家に入るのは、親の家でもちょっと怖い。
何かが潜んでいるかも知れない怖さと、見捨てられたものたちの気配の怖さと。


そんな不安を抱えつつ、親の家に着いてガレージを開けると、
f0000211_20115689.jpg
…えっと…確か秋に、もう少し片付けて帰ったはずだけれど…。


「私も片付けに行ったけどあまり時間なくって。とにかく服が多過ぎて手に負えない。なんであんなに服あるの。三部屋がお母さんの服で埋まってた。とりあえず積んでまとめといたけど、どれが洗ってあるのかもわからないし」と言っていた妹。
そういえば、家でいる時間はずっと通販雑誌を眺めてたっけ。
ペラペラの生地の似たような服を何枚も持っていたし(いや、私も同じ服の色違いばかり買ったりするけど)、家にいるあいだ通販で服を選ぶことで、ひとりになった隙間を埋めていたのかも知れない。

「暗くなる前に帰りの山道抜けたいから、今日は服を洗濯して取り込む間ないし、どこ片付けておいたらいいかな?」と妹に訊くと、
「あ、台所の床!」
「台所の床?」
「うん。おねえちゃん、床が黒くなってたの、スチームので掃除したったんやんな? お母さんが私に、前おねえちゃんがやってくれたみたいに台所の床掃除してって言っててんけど、私そんなんできないし」
ああ、前に洗面所やダイニングの真っ黒になっていたフローリングを何度かに渡って掃除したとき、私自身は「すごい変わりよう!」と感激したのに母は驚くでもなく「あら、ありがとう」と淡々としていたので何とも思ってないのかと思ってたんだけれど、喜んでくれていたのか。
よかった。
そういえば、ガスコンロが調子悪くて入れ替える予約を入れていたのに、突然の入院でいったんキャンセル扱いになったって言ってたっけ。
退院して家に戻れたら最初にその工事をするつもりで、見られると恥ずかしい床の汚れをきれいにしておきたいと思っているのかも知れない。
でも、工事するならまず、流し台周辺に積み上がっているものを片付けないと。


そんなことを思いながら玄関の戸をガラガラと開けると、
f0000211_20121929.jpg
…。
まず、ここからか。
しかし、前に片付けに来た妹は、なんでここをこんな状態のままにしていったのか。
奥の部屋の服の整理よりもまずここなんじゃ…と思いながら戸を閉めたところで、
「ドサッ!」
誰もいないはずの背後で、何か大きなものが落ちた気配。
驚いて振り向くと、
「!?」
家の中に黒猫!
首にリボンを巻いた黒猫が、向こうもびっくりした顔で構えの姿勢を取ってこっちを見ている。
「なぜ??」
驚きつつ玄関の戸を開けたら飛び出して行った。
もしかしたら、最後に妹が玄関を閉めてからずっと家の中に閉じ込められていた…?
ここがこんなに荒れているのはそのせい?
いや、リボンを巻いてたし、しばらく家を空けていた間に誰かが入って住み込んで、中で猫を飼っていたとか…?

おそるおそる中に入って見回したけれど、ウンコのあともないし、何かがガリガリされた様子もない。
私が荷物を置いてガレージを閉めに行った一瞬のすきに入り込んだだけだったのかも。



ダイニングの灯りを点けてコートを脱ぎ、風を通しに二階に上がって、ほぼ空っぽになっていた父の部屋に入ると、古い屏風に何枚か張り紙があるのが目に入った。
骨董らしい屏風になんでこんな雑に粘着テープで…と剥がそうと近付くと、
f0000211_2012458.jpg
私の字だ。
f0000211_20125927.jpg
いつだったか、父の日に韃靼蕎麦を送ったことがあったっけ。
そのとき付箋紙に走り書きしたメッセージだ。
もう一枚のクリーム色のカードも、私の名が入った楽天かどこかのショップのメッセージカード。
家にいた頃は不仲だったのに、枕元に私のメッセージを置いてくれてのは意外。
韃靼蕎麦を送ったのは確か楽天かyahooショップでだっけと購入履歴を検索してみたら、2005年。
まだ父に認知症の症状が出始める前だ。

父が貼ったらしいカードは父の意識の痕跡のように思えて剥がせず、そのままにしておいた。
(今度行ったら剥がそう)



普段母が使っていた二階のトイレのドアを開けると、床一面にトイレットペーパーの小さな切れ端が散乱し、壁際の棚にペーパーの空芯が乱立していた。
なんだか悲しくなって、とりあえず風を通そうと窓に目をやると、
f0000211_20132519.jpg
??
窓が白い。こんなだっけ?
目隠しシートのようなものを貼ってあるのかとよく見たら、

f0000211_20133762.jpg
違う。
ホコリが網戸の目をふさいでるんだ。
まるで紙漉き状態。

網戸をそっと外して庭に持って出て洗い、
f0000211_2014162.jpg
風が通るようになったトイレで、ざっと棚と床掃除…しようとしたら、ここも、手洗い器の水が出ない。
一階のトイレも何年も前に水が出なくなったままで、前回まで水が漏れ続けていた洗面所も、蛇口をひねっても何も出なくなっていた。
他にも、閉まらないドアや取っ手の壊れた錠、外れた敷居など、修繕箇所が多々放置されたまま。
不自由な体で戻ってきたら不便極まりなさそうなのでなんとかしておきたいけれど、どうしたものか。



母が寝起きしていた部屋や居間には、1mほどに積み上がった服の山。
妹が「積んでまとめておいた」と言ってたけれど、ほんとに積んであるだけ。
f0000211_20461242.jpg
通販会社から届いたまま未開封の段ボール箱もいくつかある。
滅入りそうになって慌てて台所へ移動した。



f0000211_20145920.jpg
妹が言っていたこの台所の黒い床の掃除は、次回、クリーナーワックスを持参したときにやることにして、今回は、先に流し台内外の掃除と片付けと、

f0000211_20151824.jpg
流し台の引き出しや冷蔵庫の中の食品の賞味期限をチェックして、期限切れのものや退院までに古くなりそうなものを処分したりもらったり。
食品はこれまでにも何度か整理したけれど、すぐにまた、期限切れがどっさり。
秋の片付け時に置き場所を作ったトイレットペーパーのように、母が過剰にストックしないよう、同一品の在庫数がぱっと見てわかるように整理しておきたいけれど、この日は期限切れのものを放り出すだけで時間切れ。

妹が「ごみは今度捨てに行くから置いといて」と言っていたけれど、いつになるかわからないし、その間に虫が湧いたり冷蔵庫から出したものが腐敗臭を発したりしたら大変なので、古い食品は全部車に積んで帰った。
思い切って車で来てよかった。



帰りにもう一度病院に寄って頼まれていた肌着や郵便物を母に届けてから、山を越えて帰宅。
山越えに入る前にすっかり暗くなってしまったけれど、ケータイのGoogleマップの音声ナビ機能のおかげで無事帰れた。


人生初の長距離運転(私にとっては。世間的には多分近距離)を終えて晩ご飯を作って食べてリビングで寝落ちて、深夜に寝落ちから覚めて、母の家から持ち帰った期限切れ食品を分別破棄。
崖っぷちのような妹宅と荒んでいく母親宅を思って滅入りつつ、朝方ベッドにもぐり込んだ。


    にほんブログ村 片付け。収納ブログへ
にほんブログ村 片付け・収納ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-01-20 20:55 | 日記
<< 熱帯魚のあと 夢で見た道をたどる >>