ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2016年 01月 14日
初めての自分の運転での帰省覚え書き
母の病状と家の様子が気になって、この二連休に、初めて自分の運転で帰省した。
走行距離は、二年半前にパオで思い切って遠出した道のりの数倍(だと思う)。
車での帰省は、結婚して数年目に、Rの運転で一度したっきり。
確かそれが初めての帰省でそれ以降またしばらく帰ってなくて(ええ、実家、結構近いんだけど)、妹にこどもが生まれたあと時々ひとりで帰るようになってからも、いくら妹やRから「なんで車で帰省しないの」と言われても「なんで命がけで帰省しなきゃいけないの」と頑なに電車で帰っていた。

今回も電車で帰るつもりでいたけれど、妹が仕事で迎えに来れないので途中の移動が難しく、乗り換え案内をにらみながら「日帰りで病院だけ行こうか。それとも一泊で実家にだけ掃除に帰ろうか…」と迷っていたら、Rが「車で帰ればいいじゃない。そしたら病院も家もKちゃん(妹)とこも行けるよ」と。
「そんな遠距離、無理!」
「全然遠距離じゃないよ」
「私には遠距離! 車で行くなら家も仕事も全部片付けてからじゃなきゃ、事故でも起こしたらどうするの」
「高速で行ったらすぐだよ」
「高速なんてそれこそ命がけ! 進入とか合流とか無理!」
「じゃあ下道でもいいから、一度グーグルで見てみたら?」

で、しぶしぶgoogleマップでルート検索してみたら、
「え? 車だったら電車の三分の一の時間で行けるの??」
私にはたどり着けそうにないように思えていた距離が、家と会社の二往復ほどの時間で行ける計算になる。
「まさか!」
信じられない思いでさらに経路を確認していたら、
「あれ…? ここ、免許取り立ての頃に行ったことある! Koさんらが運転の練習にって横でナビしてくれて私の運転で行った! こんな遠くだった??」
結構近くてさらっと行けた記憶があるけれど、地図で見ると、母の病院までの道のりの半分を超えている。
「私、免許取り立てでこんな山道をこんな遠くまで行ってたのか。しかも人を乗せて。怖いもの知らずだったんだなあ」
いや、怖いもの知らずなのは同乗した友人らの方か。
「ここまですぐだったし、病院も思ってるより近いのかな」
「だからそう言ってるじゃない」
行けそうな気がしてきた。

そう言えば、12月に母の入院する病院に行ったとき、ひと気ない最寄駅で降りると今にも降り出しそうな空で北も南もわからなかったのが、iPhoneに入っていた方位磁石と地図のナビで病院まで歩いてたどり着けたっけ。
あ、もしかしたらiPhoneでgoogleマップも見られる?(当たり前? いや、IS01じゃ地図が死んでたんで)
…と見たら、googleマップがカーナビになって音声案内もしてくれる!
「すごいよ、iPhone!」
「いや、スマートフォンはそういうものだから」
「IS01じゃこんなことできなかった! しかも、これタダで使えるんよ! 音声付きカーナビがタダ!」
「そういうことができるのも含めてのiPhone代10万円だから」
確かに、インターネットができて音楽が聴けてカメラも写真編集ソフトも付いてて音声ナビも入ってて、その他アラームだの歩数記録だの睡眠管理だのパソコンではできない様々な機能も盛りだくさん。10徳ナイフどころか百徳電話くらいだから、10万円するのも当然な気がしてきた。

ナビがあるなら心強い。
これからは、帰省しなければいけない用も多々増えてくるだろうし、何時間もかけて電車を乗り継いで帰るより、いつでもさっと帰れるようにしておいた方がいいだろう。
山中で電波が届かない場合に備えてパソコンのgoogleマップをプリントして、そこに目印や交差点名などを書き込んでおき、試しに会社から家までそのgoogleナビを使いながら帰ってみて、これならなんとかなりそうだ、と心を決めた。

車で帰るなら、妹に「まだ家に余分にあるからそのうち持ってくわ」と言ってたスリッパ類も持って行けるし、「要る?」「見ないとわかんない」と話してたダウンジャケットやフリースパーカーも持って行って見てもらえる。
ガソリンを満タンにして、万が一山の中で立ち往生した場合に備えてコンビニで飲み物とチョコレートを買って、iPhoneの音声ナビに目的地の病院をセットして、出発。


「すごい! 次に曲がる交差点までの距離を予告してくれる!」(あたりまえ)
「家からこんな遠くまで来たのに、まだ10分も経ってない??」(距離感おかしい)
山中のトンネルや大きな三叉路、覚えがある。
Rと帰省したときに通ったんだっけ。
あのときは、親に道順を確認して、愛用していたアルプス社の道路地図「アトラス」を見ながら帰ったんだった。
当時はちょうどカーナビシステムが開発され始めた時期で、バイト先でその地図データを作る作業をしていたけれど、まさか、カーナビが電話機にセットされる時代が来るなんて思ってもいなかった。


そうこうして、はるか遠い地のように感じていた病院まで、無事到着できた。
ナビもなく、山中で何かあったときに外と連絡の取れるケータイ電話もない時代だったら、怖くて挑戦できなかったはず。
文明の利器、万歳。
途中でガス欠になっては危ないと出発時に満タンにしておいたガソリンは、ひと目盛りも減ってない。
ほんとに近いんだ。
さらに、その病院から電車だと一時間半ほどかかる親の家までも、車ならほんの20分ほど。
しかも、途中で自由に買い物にも寄れる。
今さらだけど、車ってなんて便利なんだ。


12月に帰ったときにひどく荒れた妹宅がショックだったので、途中で重曹とクエン酸と掃除ブラシとキッチン泡ハイターを買って妹宅に行き、妹が仕事から帰ってくるまでの間に、爪先立ちでおそるおそる入ってた汚トイレと蛇口以外触れると手が汚れそうだった洗面台とカビだらけだった浴室を掃除しておいた。

翌日は、妹がお手上げ状態だと言ってた母の家の整理。
ひとりでやるのは滅入りそうだけれど、母が生きているうちに整理できるのは心理的にはまだ救いか。
f0000211_08401.jpg
(妹んちのトイレのドアにいたひと。いや、人じゃないか)


   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2016-01-14 00:46 | 日記
<< 夢で見た道をたどる 年末年始 >>