ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2015年 11月 12日
本を読む
十代までは絵に描いたような文学少女だったのに、何がきっかけだったか、長らく本を(特に文学書を)読めなくなっていたけれど、十月半ばの休日に、20年ぶりくらいに小説を手に取った。


その日は、スヌーズアラームをかけた平日でもなかなか起きられない7時台に自然覚醒して、8時からシーツと敷きパッドの洗濯をしつつ、寝室にルンバをセット。
シーツと敷きパッドを干したあと続けて日常の洗濯をして、自分が自分でないようだ、と朝から驚いていた。

昼頃、せっかくのお天気だし、と、風を通しに入った本の部屋で、本棚の上の高いところに、そんなところに置いた覚えのない私の本が段ボール箱に入れられ立てて置かれているのに気が付いた。

f0000211_15423645.jpg

普段、Rが私の物を移動することは滅多にないので、「どこに置いてたんだっけ? なんでRが私の本を…?」と不思議に思いながらその本の並びを見ていたら、その中の吉野朔実の『瞳子』に目が留まった。
『少年は荒野をめざす』の主人公の母親を描いた作品だというのは知っているけれど、読んだかどうかがわからない。
「中紙の厚いハードカバーコミックならページ数少なそうだし読み通せそうな気もするけれど、読んだんだっけ? 読む前にどこかに積んだまま忘れてたんだっけ?」と気になって手に取って、出だしを読めば思い出せるかと読み始めて、「覚えてないなあ。でもこれならこのまま読めそう」とリビングに持って入って読み続けて、そのまま一冊読み終えた。

f0000211_15433057.jpg
(読み終わってからわかった。読んでた)


たとえマンガでも、私が一冊何かを読み通すのは、何年ぶりかっていうくらいに久しぶり。
出てくる固有名詞がどれも懐かしい。
80年代に浸ってたものたちだ。
かつてはこの瞳子のように、好きな本と音楽と映画にどっぷり浸って、それらだけを食べるようにして生きていたのに。


「今なら…」と、なんとなく他の本も読めそうな気がして、同じ箱の中に並んでいた内の気になるタイトルの小説を手に取って、ぱらぱらめくって、いや、今はこういう翻訳文は…と戻して、紙カバーのかかった、持ち歩いて読むためにかけたカバーは見覚えあるけれど中身が何だったか記憶にないハードカバーを手に取って、タイトルを確認して読み始めた。


読み始めたのは、津島佑子の『真昼へ』。
短編が三篇収められている中の、最初の『泣き声』を読んだ。
久しぶりに物を読む私にもしっくり馴染む文章。
ここ何年か、何度かいろんな本を手に取ってはしんどくてすぐに挫折していたけれど、50ページ30分で読み終えることができた。
ことばがするする入ってくる感覚や、脳のそこここが刺激される心地よさは久しぶり。
「内容を把握しよう」と力んで集中して息切れしなくても、文章が自然に形ある情景に変換される。

勢いがあるうちに続けてもう一篇読みたいところだったけれど、覚醒しているうちにリビングの片付けの続きもしたかったし、先にRに約束していた買い物にも出なきゃいけないしで、いったん中断。


いや、短編集じゃなかった。
買い物に向かいながら「でも、あの出だしの話はいったい…」と不思議に思っていたら、次に続いてた。
買い物から戻るとクリーニング引き取り時間まで20分あったので、その間に第二章を通読。
55ページ、35分。
現実と記憶と夢の交錯する家族の喪失の物語。


夕食後、最後の章の90ページを読むつもりだったのに寝落ちてしまい、そのまま今に至っている。
今月中に読み終えたい。



     
にほんブログ村 その他生活ブログへ


ちなみに、上記「瞳子」さんの結婚後の名前は「狩野 瞳子」(かりの とうこ)なんだけれど、このブログでの名前はそれを拝借したわけではなく、たまたま。
と言うか、ブログを始めるにあたって、学生の頃に使っていた筆名「○○ とう子」のファーストネーム部分に音や色味の合う新しい姓を組み合わせて使おうと考えていた時、古書店で『少年は荒野をめざす』が目に入って、「そうだ、この主人公の『狩野』って姓、大好きだった。音も字面もいいし「トウコ」との馴染みもいいし、これで!」と即決したところ、使い始めてから、「狩野」の母親のファーストネームが「瞳子」だったことに気付いた次第。
なるべく同名の有名人がいない名前を作ったつもりだったのに、名前を借りてきた人の身内に同姓同名がいることに気付かなかったとは、思わぬポカ。

[PR]
by karino-tohko | 2015-11-12 18:28 | 日記
<< パーカーとコートの間に 西日の書斎 >>