ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(292)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2015年 10月 30日
「石けんの香り」の正体


「クリームみたいな石けん」という文字を見ると思わずメロディ付きで再生される、あの、花王石けんホワイト。
その花王石けんホワイト レギュラーサイズ3個パックが届くモニター募集があったので応募した。
f0000211_17173653.jpg

子どもの頃から身近にあった石けんだけれど、今回このモニターに参加するまで、「100%天然植物原料の石けん素地」「天然由来スクワラン配合」「天然椰子ミルクをたっぷり使用」とは知らなかった。


花王公式ページの「花王石鹸の歩み」の初めに書かれていることばは、

「石鹸のない毎日を想像したことがありますか?
私たちの暮らしの中にいつもある小さな白い石鹸。
そんな、ごくふつうの当たり前が当たり前でない時代がありました。」


花王石鹸が生まれた約120年前の1890年(明治23年)当時、石鹸は高価な贅沢品の舶来物か、廉価で品質の劣る国産のどちらかしかなくて、その状況をなんとか変えたいとの使命に燃えたのが花王の創業者だったとのこと。
そして、職人や研究者らと半年かけて試行錯誤した結果完成したのが、蝋紙に包まれ能書きと証明書を巻いて桐箱に収められた石鹸で、3個入り35銭だったそう。
検索してみたら「明治23年頃の米10kgの価格は平均して50銭」「1000円は現在の2千万円」とのことなので、今の物価に換算したら、石鹸3個で7000円!?
以前の私なら(いや、今でも)、たとえ手に入っても「もったいなくて使えない」が発動するレベル。
f0000211_17183399.jpgf0000211_171855.jpg
(写真は「花王石鹸の歩み」より。かっこいい!)


そんな花王から届いた「花王石けんホワイト」は、包み紙を開ける前から、懐かしい「石鹸の香り」が匂い立っていた。
そう、子どもの頃身近にあった華やかな「石鹸の香り」。
久しぶりに使ってみて、こんなにきめ細かく泡立ったっけ、とびっくり。
今使っている洗顔石鹸と変わらないくらいたっぷりクリーミーに泡立つ。

f0000211_1719995.jpg
ほんとに真っ白な石けん。
オフホワイトがかった白タイルと青みがかった白い陶器の石けん置きの中で白さが際立っている。


ところで、この、決して「自然な」香りではない、でも「石けんの香り」っぽい「香り」は何でできているのだろうと検索したら、思わぬ記事が出てきた。

消臭芳香剤で人気の「石けんの香り」。
そんな、もはや誰もが知ってる「石けんの香り」だけど、「石けんの香りって、そもそも何の香り?」

社名などは出せないものの、石けん関係の仕事に携わる方が、詳しい話を教えてくれた。
「各社で基準は違うかと思いますが、フローラルブーケの香りの“花王ホワイト”が、石けんの香りの基準になっているらしいと言われています。この商品は、ローズの香りや、シャネルNO.5にも使われている合成香料のアルデハイド(アルデヒド)などで作られているんですね」
1970年に発売された花王ホワイト。どうやらこれが、昨今の石けんの香りの“張本人”らしいのだ。


「石けんの香り」って、そもそも何の香り?|Excite Bitより)

おお、まさに「石けんの香り」の日本基準だったのか。


f0000211_17194267.jpg
いつでも簡単に手に入るこのホワイト石けんのモニターにわざわざ応募したのは、実は、ダブルチャンスの「花王 Kao 石けんホワイト 4つの香り」が目当て。
「オリエンタル・フローラル(沖縄限定)」「フレッシュ・シトラス」「アロマティック・ローズ」「ホワイトフローラル」の4つパックだそうで、馴染みあるこのパッケージにこんな色違いがあるとは知らなかった。
しかも、なんだか昭和レトロな配色。→
とりわけ気になるのは、オリエンタル・フローラルの香り。(オリエンタル系の甘美な香りが大好き)
「石けんの香りの基準」が生んだ別バージョンの香り、ぜひかいでみたい。
(モニター募集ページより拝借)

【花王】のモニターに参加中


   
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-10-30 18:45 | 日記
<< Getty Images(の欄... 十数年ぶりの自分の顔 >>