ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2015年 07月 09日
父の認知症進行覚え書きと、軽度認知障害を早期発見する血液検査
黄斑円孔のことで気になることがあって過去の日記を読み返していたら、すっかり忘れていたRのことばが書き留めてあった。

夜、リビングでうとうとしかけたところでRに右目に手を当ててもらっていると、眠りに落ちかけた耳に、
「おまえがガンになっても認知症になっても目に孔が開いても、何があっても大丈夫なように、お金を作るからね」
と、Rの声。
ああ、これまで「お金なんて、生活する分あればいいんだよ。多くは要らない」と言っていたRがお金を増やそうとしたのは、私の両親の話から、私が抱える二大リスク(ガンと認知症)を気にかけてのことだったのかも。
ごめんね。

「黄斑円孔 その2 進行」より。
ああ…。


年に一度帰省するかしないかだった私が最初に父の言動に違和感を持ったのは、2006年夏。父、69歳の時。
2007年の初めに、母と妹からどうやら父にアルツハイマーが始まっているようだと聞かされ、2008年の6月に父は仕事を退職。
記録を見ると、この頃私が最後に父に会ったのは2008年の5月で、その次は、母のガン手術に際して帰省した2011年3月まで約三年間空いている。
2008年に会ったときにはまだ会社に勤めていて運転もしていた父は、次に三年後に会ったときには、もう、自分の家もわからなくなっていた。

2010年に認知症と診断されて要介護度1の認定を受け、2011年には介護度2。
二度目の徘徊で保護された2012年11月に、排せつや入浴、着替え等に全介助が必要な要介護3と認定されたとのこと。
今の介護度は母に確認していないけれど、介護なしでは生活できず、「自分の名前」を忘れることが多い状態なので、要介護4か。
現在78歳。


要介護度とアルツハイマーのステージは別で、アルツハイマー型認知症の機能評価ステージ FAST(Functional Assesment staging of Alzheimer's disease)では、今の父は重度痴呆、高度のアルツハイマーに当たるステージ7らしい。

・FAST概要→FAST:Functional Assesment staging of Alzheimer's disease(三島改)
・FAST詳細→Functional Assessment Staging(FAST) (日本臨床61巻 増刊号9(2003)より)PDFです
・FAST 各期間の目安あり→アルツハイマー病における進行別対応、終末期対応 (筑波大学大学院人間総合科学研究科生涯発達科学/飯島飾教授:最近医学 Vol.66・9月増刊号 2071-2183 2011より)PDFです

ステージ7-a:最大限約6語に限定された言語機能の低下
語彙と言語能力の貧困化はAlzheimer型認知症の特徴であるが、発語量の減少と話し言葉のとぎれがしばしば認められる。更に進行すると完全な文章を話す能力は次第に失われる。失禁がみられるようになると、話し言葉は幾つかの単語あるいは短い文節に限られ、語彙は2、3の単語のみに限られてしまう。

ステージ7-b:理解し得る語彙はただ1つの単語となる
最後に残される単語には個人差があり、ある患者では”はい”という言葉が肯定と否定の両方の意志を示すときもあり、逆に”いいえ”という返事が両方の意味をもつこともある。病期が進行するに従ってこのようなただ1つの言葉も失われてしまう。一見、言葉が完全に失われてしまったと思われてから数ヵ月後に突然最後に残されていた単語を一時的に発語することがあるが、理解し得る話し言葉が失われた後は叫び声や意味不明のぶつぶつ言う声のみとなる。



ステージ7-e:笑う能力の喪失
この時期では刺激に対して眼球をゆっくり動かすことは可能である。多くの患者では把握反射は嚥下運動とともに保たれる。

ステージ7-f:昏迷および昏睡
Alzheimer型認知症の末期ともいえるこの時期は本疾患に付随する代謝機能の低下と関連する。

「日本臨床61巻 増刊号9(2003)」 より。PDF)


各期間の目安が書かれた「アルツハイマー病における進行別対応、終末期対応」(PDF)とこれまでの進行ペースから見て、父は持ってあと数年かと覚悟していたけれど、今月初めから、誤飲によるらしい肺炎を起こして入院しているとのこと。
よく引用を見かける『認知症の方の在宅医療』(苛原実・編著 南山堂発行 2010)によると、
「歩行障害が出現し、最期の半年~2年は寝たきりで過ごす。」
「最終的には嚥下反射が極度に低下あるいは消失し、末期となる。この段階で何もしなければ1~2週間、末梢輸液だけ行うと2~3カ月、胃瘻などの経管栄養を行っても半年~1年で死に至る。」
とのことで、思っていたより、その時は早く来るかも知れない。



60代で認知症が始まった父と体質が似ていることを思うと、大病や事故に遭わなくても、自分に残された時間はそんなにないような気がする。

そんな心配をしていたら、5月の初めにこんなニュースが流れてきた。
「血液検査で分かる認知症リスク 約100施設が実施」 日本経済新聞

検査の詳細や実施機関については、6月末に発表があった。
「MCBI ~軽度認知障害(MCI)を早期発見する血液検査~」
「MCIスクリーニング検査」は、認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の兆候を早期に発見できる血液検査です。
アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβペプチドの蓄積を間接的に評価することで、軽度認知障害(MCI)のリスクを調べます。
また、アルツハイマー病の発症に関連する遺伝子を調べる「APOE遺伝子検査」も行っております。
「MCIスクリーニング検査」と「APOE遺伝子検査」は1回の採血で同時に検査することができます。

ページ下にある「検査実施医療機関」を見ると、この近くにも検査が受けられる病院がある。
もう少し家の中を片付けたら検査してもらおう。
5年後位に。
(父のこともあるしリスク高いとは思っているけれど、実際に診断されたらこの先を悲観して何もできなくなりそうなので)



    にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-07-09 21:10 | 日記
<< 来年の楽しみ 「『私』を失う病」 >>