ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2015年 07月 08日
「『私』を失う病」
ゴールデンウィークの帰省時に、病院から特別養護老人ホームに移った父親に面会してきた。
初めて訪れたその施設は、思っていたよりもずっと小さく、山深くにひっそり忘れられた幼稚園のようで、曇り空の下、車を降りてその前に立っただけで胸を締め付けられるようだった。

山を削って造成された見上げるような坂の住宅地を抜けて山に入り、ひと気ない山道を奥へ奥へと進んで、ここに置き去りにされたらもう戻れないであろう気がしてきて、まさに姥捨て山のようだと胸が痛んだところに現れた小さな建物。
鬱蒼としたひと気ない場所で不思議な明るい色に塗られた壁をしていて、しんとした小さな園庭にそこにはいない幼児向きの遊具が並んでいて、かえって、ここは打ち捨てられた場所だと告げているようだった。


面会の手続きを済ませ、職員の方に連れられて天井の低い廊下を進むと、足元の覚束なそうなお年寄りが手すりにつかまったり椅子に腰かけたりしている廊下があって、そこに父のいる部屋があった。
部屋は、天候のせいか外の木々のせいかやや薄暗く、パイプベッドと小さなロッカーが4つ入った小さな4人部屋で、病院の相部屋そのもの。

「起こしてきますね」
視線の先には、半分カーテンを引いたベッドで背中を丸めて横向けに小さく丸まっているお年寄りがいる。
大きさも形も父の姿をしておらず、もう死が近い老人のように見えるけれど、あれが父なのか。
「あ、眠っているなら…」「いえ、もうすぐ夕食だしそろそろ起きておいてもらった方がいいので」と、男性の職員が中に入って行って眠る父に声をかけて抱え起こし、車椅子に移して廊下まで連れてきてくれた。

一年ぶりに会う父は、いっそう知らない人のようになっていて緊張したけれど、薬の加減か、去年会ったときよりは穏やかな人間らしい表情を見せることが多かった。
春先に狂暴になったので薬を変えたところ、表情がなくなり足の力もなくなって立つことができなくなったので、少し前に薬を半分に減らしたとのことで、この時も立つことはできないようだったけれど、目が合うと時折笑っていた。
母親によると「この間より目つきも普通になった」とのこと。

自分の名前が言える日と言えない日があるとのことで、この日は母の「自分の名前、言える?」に反応がなく、「わからない?」と言うと黙って頷いていた。


数年前、認知症が急に進んで物事が理解できなくなり始めた頃、自分の頭がおかしくなってきたことに絶望と不安を感じていた様子だった父親。
今の父には、家族の記憶も、大切にしていたものの記憶も、自分の人生の記憶も、何もない。
自分が誰なのかわからなくなるのはどれほど不安だったろう。
「自分で自分の名前がわからなくなる」今の自分の状態を、父は不安に思っているだろうか。
それとも、もうその不安もなくなっただろうか。
ぼんやり宙を見るような目で何を思っているんだろう。


この日一時間ほどいた間に父が発した言葉は三つ。
父「おおやけ」
私「おおやけ?」
父、頷きながら「おおやけです」。
何だろうと考えていると、続けて
「つきどい、つぎどい」
「つぎぞい?」(和歌山出の父は「ぞ」を「ど」と発音する)
頷く父。
その時はアクセントが違ってわからなかったけど、今字面で見ると「付き添い」か?

そのあとずっと黙ってテレビを眺めて、帰る少し前に「そとで○×※△□…」
聞き取れず「外?」と聞き返すと頷く。
「外に出たいの?」
頷く。
「もうすぐご飯の時間やし、また今度にしよか」



山奥に父を置き去りにするような後ろめたさと、世間から隔絶されたような場所で父を四六時中見守って下さっている職員の方々への感謝と申し訳なさの入り混じった思いから、深々と頭を下げて施設を後にした。


来た山道を戻り最後の坂を登り切ると、突然視界が開け、眼下に新興住宅地が広がった。
そこから見下ろす坂道は、怖ろしく急勾配で長く、夢で見る光景のように非現実的で、まさに下界に下りる道のようで、ああ、日常へ戻るんだ、と、まるで甦生するかのような感覚になって、あの場所が死の側にあるのを強く感じ、父に忘れられた母はいつもひとりでこの道をどんな思いで通っているのだろうと不安になった。



(日本精神神経学会学術総会の実況ツイートより。松沢病院 齋藤正彦先生のことば?)




   にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村 その他生活ブログへ
[PR]
by karino-tohko | 2015-07-08 18:53 | 日記
<< 父の認知症進行覚え書きと、軽度... 母への土産は「掛けられるシンク洗い」 >>