ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2013年 09月 13日
アンダルシア手術 その1 球後麻酔
入院翌日、手術日の朝。
血圧、87-57。

看護師から「身に着けているものはすべて外して下さい」と言われたものの、長年はめっ放しの結婚指輪が抜けそうにない。
「石鹸水とかでがんばって外してみて下さい。どうしても外れなかったら…その時には何とかするので言って下さい」と、ペンチででも切られかねない言われ方をしたので、それだけは避けたいと、石鹸水で格闘した。
f0000211_23491614.jpg
外れた。
指にはくっきり、指輪の跡。
この指輪を一定時間指から外すのは、この23年間で初めて。
お守りを手放すようでちょっと心細くなった。


手術の始まる少し前に、Rが到着した。
看護師とRとの三人でひと気のない廊下を進み、大きく厚い金属製の扉の前で「付添いの方はここまでです」とRと分かれて、誰もいない廊下を通り、またドアを抜けて、また誰もいない広い通路へ。
そこで車椅子に乗せられて、手術用の帽子で髪を覆い、しんとした通路を抜けて突き当たりの自動扉が開くと、
「!?」
さっきまでのひと気のない空間とうって変わって、人、人、人…。
幅5mほどある広い薄暗い廊下を埋める何十人ものスタッフと、壁際を埋める様々な器具類。
突然現れた地下の秘密基地のような光景にびびりながら、両側に分かれて道を開けてくれるスタッフに頭を下げつつ薄暗い通路を車椅子で進んで、左右に並ぶ大きな扉のうちのひとつに進むと、中は、眩しいほど明るい広い手術室。
そしてそこにも、人、人、人…。
5人10人ではないすごい数のスタッフ(&研修生?)が慌ただしく行き来していて、これからそこで手術本番が始まるというのに、舞台裏にいるような錯覚を覚えた。


映画のセットのような光景に頭の中が真っ白になっている中、「はい、ではこちらに移って下さい」と車椅子をベッド脇に着けられても、もうすでに意識が朦朧としていて足元が覚束ず(いや、ただ眼鏡がなくて周りがよく見えてないだけで、まだ麻酔も何もしてないんだけど)、半分抱えられるようにして手術台へ。

何度も名前を呼ばれて手術する目を確認されて、左右から伸びる手にいろいろ付けられたり巻かれたり。
「かなり痛い」と聞かされていた局所麻酔以前に、左腕に点滴針を点す時点で、もうガチガチ。
これから受ける麻酔注射に比べたらこれくらい…と思おうとしたけれど、
「!!」
とんでもなく痛い! 点滴の針ってこんなに痛かったっけ。
しかも、うまく静脈に刺さらないらしく、しばらくあれこれいじったあと針を抜いて、手の甲に刺し直し。
ガキガキッと針先が骨や筋に当たるようなような感覚がして「うぐ…!」と声の出る痛さ。
でもそこでも血管に刺さらず、結局左手から右手に替えて、手首近くでなんとか刺さった。

そしてその間同時に、左右から次々に手が伸びて、血圧計を着けたり心電図を取ったり。
そして、目薬三昧、洗い三昧。
これでもかってくらいに何度も何度も目に液体がじゃぶじゃぶ注がれて、これほど消毒したり洗浄したりを繰り返さなければいけないほど菌に弱い場所をいじるのか…と、ビクビク。
いろんなものを流し込まれて、もう目玉がふやふやとふやけたような感覚。
その最中に執刀医からの挨拶があり、よろしくお願いします、と、祈るように口にした。


顔の上に、右目部分に穴の開いた布がかけられ、左目の視界が真っ白に覆われて、いよいよ、恐怖の局所麻酔。
「球後麻酔」とか言うものらしく、注射針を下瞼に刺して、カーブした長ーい針を眼球と骨の隙間を下向きに進め、眼の下をくぐってグイッと上にまわして眼球の後ろに注射液を注入するらしい。

「では、麻酔の注射をします」
先生の声。
よかった、先生がしてくれるんだ。
長ーい注射針がこちらに向かってきて、思わず目を閉じる。
「目は閉じないで、開けて」
眼球に直接刺すわけじゃないって言ってたよね。だいじょうぶ、だいじょうぶ…。

先生が指で眼窩をあちこち押さえて刺す場所を確認しながら、「…ん…?」。
えっ、さっきの点滴みたいに、刺しやすい場所がないとか…? と、いちいちビビる。
「では、刺しますよ。痛いですからね」
はい、聞いてます…。
ぐ…、と、針の入る感触。
(ぎぇ! い…痛い…っ!!)
「はい、頭はそのまま、目だけ右の方を見て。…はい、左見て。はい、上を見て…」
眼球を動かす神経に触っていないかどうかを確認しているような様子。
瞼に針の刺さった目を動かすのは怖ろしいけれど、恐る恐るそちらを見る。
それが終わると、次に、顔の奥に針を押し込んいく。

クン、クン、クン…
クイン、キーン、グー、クーン…
これまで感じたことのない、何とも形容し難い痛み。
眼球の下をくぐってグイッと上に…と聞いていたけれど、もう、針がどの辺りにあるのか、何がどうなっているのかわからない。
いろんな組織が詰まった中を、指の感覚だけで押し込まれていく長い針。
目の下というより、頭の奥深くをいじられているような感覚。
ただ痛いだけでなく、これまで知らなかった、「普通じゃ触らない部分の神経か何か」をどうこうしているような不思議な痛みで、そこに「…ん?」「う…」という先生の疑問符や唸り声が重なって、「本当にこれで合ってるの? 何か間違ってない? 何かとんでもないことが起きてない??」と不安にのまれて、半分失神しかけた。

いや、だめだ。
ここで失神してしまって手術中に目が覚めて、「あれ? ここは?」ってふうに目をきょろきょろさせたり頭をもたげたりしたら、大惨事になってしまう。
意識をしっかり持たなきゃ、持たなきゃ…と、食い縛り。

あとで考えてみたら、ここでグーッとガチガチに食い縛っていたいたせいで、余計に筋肉が硬くなって針が通りにくかったのかも知れない。
途中何度か(ぎゅーっと握ってる)「手の力を抜いて!」「指を開いて」と言われて手の力を抜くようにしたけれど、顔や全身の力を抜いてとは言われなかったので、顔はガチガチのままだった。
(気付けよ、私)


「ふう…」という先生の溜息と共に、ずいぶん長い長い時間に感じたその長ーい針の注射が終わったあと、朦朧とした耳に、
「落ち着かれたら、次に、耳の横に注射します。落ち着きましたか?」と、研修医っぽい若い声。
「…いえ、まだ…」
今続けてやられたら、今度こそ失神する…。
「そうですね。じゃあもう少し待ちましょう」

「脈も落ち着いてきたし、もうそろそろいいですか?」と、同じ研修医(?)の声。
「…はい、お願いします…」
今度はこの先生の注射らしい。
「痛いですよ」
はい、聞いてます…。でも、最強(らしい)さっきのに耐えたんだから、きっと大丈夫。
「はい、口を大きく開けてー。閉じてー」
と、指で顎関節を確認して、
「刺します。もう一度口を大きく開けて」
…ぐあーっ!
神経のど真ん中を串刺しにされたような痛み!
だ、だけど、さっきのに比べたらマシ!(な、はず!)
ただただ痛いだけだから、耐えられる!(はず!)


この二本の麻酔注射が終わった時点で、もうふらふら。
次回に続く。




タイトルは、眼球をかみそりでサックリ切るシーンが有名なルイス・ブニュエルとダリの映画 『アンダルシアの犬』/amazon より。
手術する可能性が高くなった頃、手術概要を検索して「目に金属棒が…」って話を目にした時から、頭の中には、あのサックリ画像が。
Rも同じ連想をしたらしく、「アンダルシア・オペだね」と。
やーめーてー!



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村




[PR]
by karino-tohko | 2013-09-13 00:12 | 日記
<< アンダルシア手術 その2 凝視 入院 >>