ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2013年 08月 31日
Rの疑問
入院の1ヶ月前に、Rと一緒に手術説明会に出た。
同じ系統の手術を受ける本人とその家族の計十数人が、病院の長い長い廊下の奥の部屋へ通されて、配布された十数枚の資料と壁のスクリーンに投影される図や写真を見ながら、手術方法や手術後の注意点や起こり得る合併症などの説明を聞くこと、約半時間。

f0000211_1818656.jpg
「網膜に癒着している後方の硝子体を切除して、その周囲のゼリー状の硝子体を掻き出して、空いた眼球内を特殊なガスで満たします」
前にインターネットで読んだ「眼球に三本の金属棒が入ってくるのが見える」手術の状況が、断面図で説明された。
「この眼球に入っている三本の棒は、眼内を照らす照明と、人工房水が出る管と、手術器具です」
ああ、やっぱりそれをやるのか…。
「手術で起こり得る極めてまれな合併症のひとつに、眼球穿孔があります。強度の近視の場合、眼球が奥に長細かったり白眼の膜が薄かったりするために、眼球の膜が破れて、虹彩などの組織が出てきて失明することがあります。まあ、確率としてはゼロに近いですが、起こらないとは言い切れません」

私くらいの近視は「強度の近視」に含まれるんだろうか。
私はまだ網膜の表面に孔は開いていないので自然治癒する可能性もあるようだけれど、それでも手術は必要なんだろうか。
私の場合、「よりによって」ってふうに間や運が悪いことがよくあるし、しなくても治るかもしれない手術をしたせいで運悪く失明してしまったりしたら…。


医師 「以上です。何か質問がある方はどうぞ」
R  「はい」
(え? 私と同じような心配を…?)
医師 「はい、どうぞ」
R  「硝子体は何の役に立ってるんでしょうか」
(は?)
R  「今の説明では、いいところが何もないですよね。むしろそれがあるせいで、こういった病気が起きてしまう」
医師 「その通りです」
(えーっ?)
医師 「なので、全部取り去って水(房水)に置き換えても問題ないのです」
R  「ではなぜそこにあるんでしょう」
医師 「今は役目がなくても、太古には何か必要があったのかも知れないですね」
R  「進化の忘れ物のようなものですね」
医師 「そうですね」
Rと先生、違う世界に行ってる。


そのあと出た質問は、
Q 「手術後のうつむき姿勢って、ずっとですか? ご飯食べる時はどうやって食べたらいいんでしょう」
A 「あまり上を見上げて食べる人はいないと思いますし、うつむいて食べてもらえばいいですよ。飲み物にはストローを使えば大丈夫でしょう」
Q 「私はお腹が出てるので、うつ伏せで寝るのはしんどそうなんですが」
A 「クッション類を用意していますので、それらを胸の下に当てたりして工夫してみてください」
Q 「手術は痛いですか?」
A 「麻酔をしますので痛みはありません。ただ、その麻酔の注射がかなり痛いです。もし手術中に痛くなってきたら麻酔を追加しますので言って下さい」
等々。



この日の説明の中で一番驚いたのは、術後に起きる可能性が高い白内障に備えて、あらかじめ水晶体と入れ替えておく人工レンズのしくみ。
眼の中の水晶体を超音波で砕いて吸引して、代わりに人工レンズを入れるんだけれど、なるべく小さな切開部で済むよう、レンズは柔らかな素材で作られて折りたたまれていて、眼の中に入れたあと自動的に展開するようになっているらしい。
すごい。
で、どんなふうに折りたたまれているんだろうと気になって検索したら、この手術、以前は眼球を1cm以上切開してレンズを入れて、その後、眼を縫合(!!)する必要があったらしいことがわかった。
現在は折りたたみレンズのおかげで3mmほどの切開で済んで、傷は縫合なしに自然にふさがるらしい。
よかった。
手術受けるの、本当に今でよかった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-08-31 19:19 | 日記
<< 62分の1 「瞳の顛末」 >>