ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(44)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2013年 05月 30日
黄斑円孔 その2 進行
黄斑円孔自体はまったく痛みのない病気だそうだけれど、2月に検査で右目に強い光を受けたあと、その直後から翌日くらいまで右目奥に滲みるような刺すような痛みがあって(同時に同じ検査を受けた左目にはまったく痛みなし)、今月に入ってから、その時の痛みに近いものがたびたび右目奥に起きるようになっていた。
ただの疲れ目かも知れないけれど、気になる。
そう言えば、見えない部分も広がってきている。
2月には1/4くらい欠けていた文字が、いつの間にか、8割くらい欠けて片目では読みづらくなっている。
ちょうど三ヶ月経つし、別の科で予約を入れている他の部位の検査が済んだら、すぐに眼科に行こう。

…と気にしていたところで、白い面を見た時に右目だけに見えるようになっていた視野中央の小さな無色の丸(黄斑円孔によるものらしい)の周りにひと回り大きく、みかんを輪切りにしたような、ピースマーク☮のようなものが見えることに気がついた。
微かな残像のように見えるけれど、中央の透明の丸を見ながら目を細めるとぎらぎらと浮き上がる。
いつから? 黄斑のくぼみの周りが浮き上がりかけてる?? 三ヶ月ごとに様子を見て進んできたら手術って言ってたけど、一気に進んでるんじゃないよね??


で、別件の検査が無事済んだ先週末、眼科で二度目の眼底検査を受けてきた。
結果、右目奥の痛みの原因は不明。
やはり、疲れ目か肩こりから来ているのではないかとのことで、睡眠をたっぷりとって時々肩を回して凝りをほぐすなどして様子を見るようにとのこと。

そして、黄斑円孔の方は、先生が二月に予想されていた以上に症状が進んでいた。
(上二枚の画像は前回の再掲)
f0000211_2133857.jpg通常の状態の中心窩。
網膜・硝子体手術:大阪 坪井眼科 より)
「窩」の名の通り、この凹んだ状態が正常らしい。

f0000211_214284.jpg2月時点の私の右目の中心窩。
凹みが浅い。
画像の上部で弧を描いて左右から伸びている薄っすらとした線(後部硝子体皮質)に引っ張られて、中心窩部分の網膜が浮き上がってきているらしい。

f0000211_20594190.jpg5月時点。
さらに引っ張られて、網膜の表面が下の層から完全に浮き上がり、切れる寸前になっている。
ここが切れると、網膜に孔が開いた状態になるとのこと。


先生によると、「孔の開く直前です。いつ開いてもおかしくない状態です」と。
「こうやって眼底の様子を詳しく見ることができるようになったのはごく最近で、数年前にはまだこの技術はありませんでした」
その頃だと、はっきりこの病気だとわかった時には、手術しても視力はなかなか戻らなかったよう。
ああ、患ったのが今でよかった。

孔が開いてから半年以内に手術すれば視力が戻る可能性が高く、さらに早い今の時点の予防手術なら手術も簡単で、従来の視力が保てる可能性も最も高いとのこと。
ただし、少ないとは言え、当然リスクも伴うとのこと。
今の時点で手術するかどうかを大学病院等で相談してみるか、それとも、中にはごくまれに自然治癒することもあるので孔が開くまで触らずにいるか、どちらにするかと訊かれて、今の時点では手術は受けない旨を即答。
三ヶ月ごとの予定だった眼底検査を一ヶ月ごとに受けて様子を見ることになった。


「SKKヘルス・ドット・ネット 目と健康シリーズNo.20」の「黄斑円孔」の項によると、今のこの網膜内に空洞ができた状態が、「ステージ1」らしい。
「この状態がステージ1で、視力はまだ0.5程度はあり、ふだんは両眼で見ているので気付かないこともあります」
とあるけれど、元々の視力が近視+乱視で0.05程度、眼鏡で矯正しても左右共に0.3程度なので(この1,2年で度が進んで眼鏡が合ってない)、視力自体が落ちているのかどうかわからない。
今回の視力検査では、ランドルト環(視力検査に使うCの字形の輪っか)全体が見えない部分にすっぽり入ってしまい、正しい視力が測れない状態だった


孔が開くとその時点で視力ががくんと落ちるけれど、それでも両目で物を見ていると大差ないので、すぐに異常に気付く人は少ないとのこと。
気を付けていよう。
手術には2週間近い入院が必要。
決算がひと段落したら、至急、Rに引き継ぎを始めないと。



こちらのサイトに、この手術の詳しい経緯が書かれている。
「黄斑円孔 治療 私の場合」
http://www.infosnow.ne.jp/~kamijokaz/ouhanchiryo.htm
「この病気には4つのステージがあり、たいていの人は第3ステージで来院するそうですが、私はそれより軽い第2ステージだったそうです」

私がまだ孔の開く前の、さらに網膜に空洞ができる前の第1ステージ以前で気付けたのは、とても幸運。
2月には、網膜に孔が開く可能性が高いと聞いただけで強いショックを受けて、もし入院となったら会社はどうなるのかと目の前が真っ暗になったけれど、実際にそうなるまでに時間があったおかけで、少しは気持ちの整理ができてきた。


ごくまれに自然に治ることもあるという話に可能性を託して、これ以上進まず手術しなくて済むように祈るのばかり。
いや、祈るだけでなく、自然治癒力を高めるために今度こそきちんと睡眠をとるようにしよう。
あと、効果あるかどうかわからないけれど、目にいいと言われているブルーベリーも摂ろう。
(母親が、ブルーベリーを乾燥させた実を日に十粒ほど食べるようになったら、一ヶ月前までぼやけていたテレビの文字がはっきり見えるようになってきたらしい。ほんとに?)
あと、ルテインも。
そもそも網膜が引っ張られるのはゼリー状の硝子体が委縮するせいらしく、ルテインは、その網膜や硝子体に欠かせない栄養分とのこと。



夜、リビングでうとうとしかけたところでRに右目に手を当ててもらっていると、眠りに落ちかけた耳に、
「おまえがガンになっても認知症になっても目に孔が開いても、何があっても大丈夫なように、お金を作るからね」
と、Rの声。
ああ、これまで「お金なんて、生活する分あればいいんだよ。多くは要らない」と言っていたRがお金を増やそうとしたのは、私の両親の話から、私が抱える二大リスク(ガンと認知症)を気にかけてのことだったのかも。
ごめんね。



どうかどうか、自然治癒しますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-05-30 21:22 | 日記
<< 顔が覚えられない私が顔認識テス... 黄斑円孔 その1 前兆 >>