ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2013年 02月 15日
高校同窓会(と黒と紫の詩集)
50歳の節目にと開かれた高校の同窓会に出てきた。
(数日PCから離れると途端に億劫になって更新が止まってしまったけれど、帰省していたのは三日間だけ。)
50歳!? と、案内はがきにあった文字に驚く。年齢なりの自覚ナシ。
ついこの間中学の同窓会に出たところだと思ったのに、あれから一年経っていた。
早いよ。早過ぎる。

小学校から高校卒業までどんより過ごしていたので、同窓会類は30代まで完全にムシしてきたんだけれど、今になって、何かを取り戻そうとしてるかのように怒濤の勢いで出まくっている。
出たからと言ってその失われた「何か」をどうこうしようと奮闘するわけじゃなく、おおかた、誰かと誰かが話しているのをよくわからないままふんふん頷きながら聞いてるだけなんだけれど。


前日に帰省準備するつもりだったのができず、朝起きるまで何を着て行くかも全然考えていなくて、スカート何持ってたっけ、スカートの時に着られる暖かいコートはないんだっけ、次の日は姪っ子らの相手を頼まれてるから着替えも必要か、ってところから慌てて準備。
普段着の組み合わせでも光沢ある生地ならそれっぽくなるかと、ビロードのカットソーと玉虫織りのタフタ(? 角度によって色が違って見えるサテン)のスカートにしたところまでは「よそ行き」っぽかったけれど、寒かったのでカーディガンを光沢あるニットからウールに替えたら、途端に普段着になった。f0000211_223092.jpg
(右上のもやもやは鏡に引っ掛けてある麦の束)
まあ、前回、ちょっとカッチリめのブラウスとタイトスカートで行ったら結構みんなラフな格好だったしいいかと、これにボルドー色のレトロコートを着て山吹色のストール巻いて出発。


f0000211_2243489.jpg
正午、受付前。9割5分知らない人だった。(参加者100人)

数時間の歓談後、知らない人は9割に減った。(あまり変わりない)
「みんな、同い年やんね?」と確認する人がいたほど、見た目の年齢差が大きい。
中学の同窓会の時にも思ったけれど、小学生の頃から背が高く顔つきもおとなっぽかった人ほど、いつまでもおにいさん、おねえさんのままでいる不思議。


驚いたのは、それぞれ一年間だけ担任してもらったふたりの先生が名前を覚えてくれていたこと。
小学校からの12年間、今思い出しても腹の立つ教師が多かった中で、久しぶりにお顔を拝見して「ああ、この先生は『恩師』だった」と思えた先生方。
片方の先生とは6年前の同窓会でもお会いして、その時も、私より先に先生の方が私を担任したことを思い出してくれたんだった。(…ということを、今その時の日記を読み返して思い出した。)
好きな先生だったのに、なんて薄情な私。

もうひとりの先生とは、卒業後お会いするのは、おそらく初めて。
当時、私たちが問題を起こした翌朝の教室で、どんな剣幕で叱られるかと構えていたら、一睡もしなかったらしい真っ赤な目と憔悴した面持ちで現れて、長い長い沈黙のあと、「…なんであんなことしたんや」と、つらそうに静かに口を開いた先生。
あのがっしりしていた先生が、風に吹かれるとよろけそうな「おじいさん」になっていたことにややショックを受けた。
あれからそんなに経ったのか。
当時の先生が今の私よりも若かったことがなかなか実感できなくて、頭の中で何度も何度も反芻。
私もあっという間におばあさんになるんだ。

他の人との会話の隙間らしいところを見計らって「先生…、」と声をかけて近付こうとしたら、そばに行くまでに「ああ、○○さんですね」と、名乗る前に名を呼ばれ、当時と変わらないその穏やかな声に不意打ちで涙腺が緩みそうになってしまった。
「先生には本当にお世話になりました。卒業後に先生に頂いた年賀状のお返事、まだ持っています」
「えーっ、まいったなあ」
はがきには確か「ありがとう。君には在学中にも何度も励ましてもらったように思います」というようなことが書かれていて、それを受け取った時に「え? 私年賀状に何書いたっけ? 先生を『励ます』ように読めたってことは失礼なこと書いたんじゃ…。いや、それより在学中って…?」と、疑問符と先生の柔らかなことばでいっぱいになった私。
記憶の中では、はがきを手にとまどっている十代の私が、あの時のまま、あの時間で留まっている。


同窓会でもうひとつ驚いたのは、最初顔も思い出せなかった人(話してるうちに思い出しました。ごめんなさい)から「私、カリノさんにもらった手作りのミニ詩集、まだ持ってる」と言われたこと。
「えっ!?」
そんなの、作った記憶さえない。
「黒い表紙にカリノさんの手で糸綴じしてあって、中には紫や赤紫で詩やイラストが描いてあって…」
ヒーッ!
「卒業式のあと、確か○○ちゃんと一緒におうちに呼んでもらって、カリノさんワールドの黒と紫のお部屋にお邪魔して。詩集はその時にもらって、今も引き出しの中に…」
ウギャー! いや、それより、私がクラスの子を部屋に呼んだ?? びっくり。
「確か席が名前順で近かったから話すようになって…」
ああ、そうだった気がする。
それにしても、家に呼んで自作の詩集をあげたとは。クラスで友達ができたことがよっぽどうれしくて別れが名残惜しかったのか。(そのくせすっかり忘れてた薄情な私…)
「小さなキャンバスに描いた絵ももらって、それも持ってる」
うわ、処分しづらい邪魔なものをあげてしまってごめん! もう捨てていいよ!
「今もおうちは黒と紫のアンティークなインテリア?」
いや、それは黒歴史だから!(書斎にはやや当時の名残があるけれど。)



同窓会には何度か続けて出て、まあまあなんとかそれなりにふるまえるようになってきた(と思う)し、終わったあとの反動も少なくなってきたけれど、この帰省ではこのあと一緒に食事した姪っ子らに脱力して、そっちでダメージ受けて帰ってきた。
親の老いのこともあって、なんかいろいろもやもや。


私が育ったのは当時の新興住宅地で、かつては若い夫婦と就学期の子どもばかりでにぎやかだったその町が、今は高齢化してきて子どもが減り、この高校も統合することになったらしい。
親の老いと、自分が育った町の老いと、自分たちの老い。
いくらなぞっても、いくら電卓を叩いても、何かの数字のトリックに惑わされているかのようにぼんやりしていて、今自分がどのあたりにいるのかがつかめない。
夢の中で立ち歩いているようにずっと薄っすら乖離感があって、目が覚めたら全部夢で、やっぱり私は30歳くらいで、親も元気で、帰る町にも活気があるんじゃないかと思ってしまう。
f0000211_22135620.jpg
(車から撮ったのでぶれぶれ。
今は平らな町に住んでいるので、山に囲まれた景色が懐かしい)



そう言えば前にも一度、ブログの更新が一週間ほど滞ったことがあったなあと過去ログを検索したら、ちょうど去年の中学の同窓会後だった。
今回も、自分で思っている以上に刺激が強かったのかも知れない。
去年の同窓会の日記を読み返して、ああ、そうだった、と思うこといろいろ。
書き留めておいてよかった。
 ↓
「非日常へ」 (2012.1.13)



ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村
[PR]
by karino-tohko | 2013-02-15 22:30 | 日記
<< プジョーで挽く 非常用アルファ米を食べてみた >>