ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2012年 08月 09日
ほんとうの『八月がくるたびに』
八月が来るたびに思い出す本。
f0000211_22245286.jpg

小学生の夏休みの読書感想文の課題図書だった、1971年版の『八月がくるたびに』(おおえ ひで・作 / 篠原勝之・え)。
本好きだったにもかかわらず読書感想文は大の苦手で、感想文用に用意された課題図書も苦手だった私。
6年間の課題図書で覚えているのは、この一冊だけ。
小学生の私にこの本の衝撃は大きく、この本がテーマにしている原爆に対してだけでなく、本というものに対する意識にも影響を与えられたように思う。


表紙や裏表紙の見返しや挿絵や最初のことばがすごく怖かったっけ…と検索してみたら、こんなブログ記事が出てきた。
「おおえ ひで・作 篠原勝之・え『八月がくるたびに』(71年初版)」 / 二筋縄

このブログによると、現行の『八月がくるたびに』は、装丁や挿絵が変わっているらしい。
この人が注文して手元に届いたという現行版の写真を見て驚き、がっかりした。
「おおえひで『八月がくるたびに』(2001年版)」 / 二筋縄
同じ篠原勝之さんによる絵なのにもかかわらず、初版本とはまったく印象が違う。
表紙や装丁だけでなく、中の挿絵もすべて差し替えられているとのこと。
これではもう、別物。
そして、このブログ記事を読んでもうひとつ驚いたこと。

「毎年夏になるたびに、記憶の彼方から脅かされ続けられる本なのだが、絵を書いたのが誰か知ろうとも思わず、数十年を過ごし、つい最近、その絵を書いたの が"ゲージツ家"のクマさんこと、篠原勝之だと知るに至った。あの人があんな絵を描くとは想像だにしなかった。」
(「二筋縄」より)

クマさん!?
この篠原勝之さんって、あのクマさんだったのか。
私も毎年のように八月になるとぼんやりとこの本の記憶に揺さぶられてきたものの、その絵が誰の手によるものかを意識していなかった。
あのクマさんがこんな絵を描くとは。


本棚にあることはわかっていたもののずっと手に取らずにいたこの本を、今年、おそらく20年ぶりくらいに取り出して開いた。
表紙には明るい色彩で、草花と麦わら帽子を手にした、放心したような表情の女の子が描かれている。
焦点を結ばず何を映しているのかわからない目と、炎を思わせるように書きなぐられた、ざわめく草原。
強い色彩とうつろな少女。


あの頃、目次の前にあるカラー口絵の、遠い未来を指すようなコラージュとそこに放たれたことばが不安で怖かった。

f0000211_2226023.jpgだれが…

どうして?


だれが…

どうして?


f0000211_22263270.jpgこどもが
おとなになり
また
そのこどもが
おとなになり

…けれどこどもたちは
おとなたちに
たずねるでしょう

だれが…
どうして



f0000211_22271265.jpg8月が

くるたびに…


現行版ではこれらの口絵はなく、「はじめに」として別のペン画が添えられて1ページにまとめらえており、最後のページのこのひと文も削除されているらしい。



物語が始まる最初のページには、「白い雲の船」という章題とはうらはらな、不安を煽るような重い色の大きな入道雲の写真があって、その数ページあとに、この挿絵があった。

f0000211_2228526.jpgここはまだ、平穏な日常が描かれているページで、ぼうず頭のお人形もただのぼうず頭の人形なんだだけれど、ここですでに、この絵がもう、こわくて仕方がなかった。
このあとに起こることを暗示するかのように、目を見開いて横たわる、坊主頭の無表情なお人形。

f0000211_222957100.jpgそのページのすぐあとに、主人公たちの住む長崎に原爆が投下され、突然起きた非日常の描写と怖ろしい挿画が続く。

「それからつぎつぎに、なんにもたとえようもない、にんげんのぎょうれつにであいました。おそろしいとか、ひどいとか、きよしがかんがえつくことばは、みんなあぶくのように、消えていきます。おじいさんもだまりこんで、きよしの手を、しっかりにぎっています。」

f0000211_22304981.jpg目の粗い白黒写真をコラージュした挿し絵。
子ども心に本当に怖ろしかった。
中には、黒焦げの遺体らしき写真が使われている絵もあった。
「ああ、こんなのあったっけ…」
そういう絵も問題になって大きく改訂されてしまったのかも知れないけれど、その頃はただ「死がそこにある生々しい挿し絵」として受け入れていた。


f0000211_22314268.jpg当時、なぜか、このページのこの挿し絵が一番怖かった。
ページ全面を使った大きな絵だったように覚えていたけれど、違った。
この絵のせいで、この女の子の「きぬえちゃん」という名前までおそろしく感じていた。


f0000211_2232959.jpg裏表紙見返しのこの文字もこわかった。
…けど、それよりこの、ここに貼り付けられている手製の図書カード入れのような封筒は、何??
封筒の切り口は子どもがハサミで適当に切ったようにゆがんでいて、マジックでバツと丸の印が付いている。
そう言えば、学校の学級文庫に、自分の本を預けるシステムがあったような気がする。
この本を家に置いておくのがこわくて、読んだあと、教室に預けていたのかもしれない。
一度読んだあとは、手に取るのも怖かった。



本文のあと、著者の おおえ ひでさんの「あとがき」の次に、「解説に代えて」として、「≪どうわの本棚≫編集部から 先生と両親へのことわり書き」という、本文の三分の一くらいの小さな活字が並ぶページがある。
「低学年のこども向け≪どうわの本棚≫の一冊に、この作品を、このような形で加えたことについて、ずいぶんご批判もあろうか、と予想されます。ふつうなら、差しでがましい言い訳をすべきではないのですが、編集・制作の過程で、いろいろ迷ったり考えこんだりしたことを、そのまま記して、批判を深めていただこうと思うわけです。」

このページのことは記憶になかった。
この本を私たちに届けてくれた人の、当時子どもだった私たちへの思いに触れることに緊張しつつ、見開き2ページに渡るその文を読んだ。
「画家の篠原勝之さんにさし絵をお願いするときも、格別の討論を深めたのでした。たんに、被爆のむごたらしさをリアルに複製する「リアリズム」でもなく、ましてや、作品のつらさを甘くカヴァーするのでもなく、むしろ率直に、「原ばく問題」そのもののこわさを、きびしく表現するのが正当なことではないだろうか?―と。」

「ここに一冊の本があって、もしもこどもたちが、この本とめぐりあったならば、そこには『原ばく』のつらさやこわさが、きっちりと描かれている―そういうきびしい本を、こどもたちこそは、まっとうに受けとめてくれると信じるのです。教科書で『原ばく問題』をひた隠しにしながら、安手で残酷な映像やマンガの世界をこどもに安売りしているむごたらしい通念と現状に対して、むしろこの一冊にこもるあたたかさをこそ、対置したいと思うのです。」

どれほどの決意でこの本を私たちに届けてくれたのか。
泣けてくる。
この文章の最後に、発行者である小宮山量平さんの記名がある。


確か二学年共通の全国課題図書だったからRもこの本を知っているんじゃないかと思ったんだけれど、知らないらしい。
どうやら、私が小学3年生だった時に、3,4年生共通の課題図書だったよう。
その時Rは2年生。
この本の共通の思い出がなくて残念。


課題図書にもなったのに、版は重ねられず絶版となり、その後、まったく違う絵と装丁に変えられてしまったこの本。
八月がくるたびに、思い出す本。


復刊ドットコムに、この初版本のリクエストが上がっているよう。
登録アドレスとパスワード探して投票してこよう。
復刊ドットコム:復刊リクエスト 『八月がくるたびに』1971年版


現行版ではこうなっています。

八月がくるたびに (新・名作の愛蔵版)/ amazon



■8月10日 追記。
昨晩のクマさんのつぶやきに、この本と小宮山量平さんのお名前が出ていました。
f0000211_11253539.jpg
(フォントがひどくてすみません)

御礼のことばを伝えることができれば、と思っていたけれど、今年の春に亡くなられていました。
大切な本をありがとうございました。
合掌。
[PR]
by karino-tohko | 2012-08-09 22:42 | ARTS、CINEMA、BOOKS
<< まぶしくなったらね POPピルケース >>