ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(40)
(34)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2012年 02月 01日
菫色の贈り物
一昨年の一月の終わりの日曜日の夕方。
ネットでの一番古くからの友人のひとりの突然の不幸にショックを受けていた時。
なかなかそれを受け入れられず気持が整理できないまま、一日中部屋に座り込んで何度も何度もその人のブログや弔辞が寄せられた掲示板を眺めていたところへ、玄関の呼び鈴が鳴った。
出てみると、宅配便。
届いたのは、「トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート」のShinjuroさんからの贈り物だった。

現実の手応えを思い出させてくれるかのようにずっしりと重みのある函。
開けてみると、Shinjuroさんが装幀された幾冊もの『現代思想』と『ユリイカ』(写真の左隅に積み上がっているものも全て!)と、コラボレーションで参加されている映像作品のDVD『儚 十九夜物語』(映像作品だけでなく、DVDのパッケージと中の小冊子のデザインと舞台衣装も制作されています)と、作製されたexlibris(蔵書票)が出てきた。

f0000211_19135559.jpg
見本として出版社から受け取ったものなのでどうぞお気遣いなく、とのことばが添えられているお心遣い。
一枚一枚開いていく薄紙の包みや封筒に、とても丁寧で細やかな気づかいが感じられ、一冊一冊手触りの異なる美しい装丁の本は、手にするだけで慰められた。
メッセージが添えられたイタリアのカードには、まだ友人の不幸のことはブログにも書いておらず御存じないはずないのに、マリア様の像に手を合わせる少女の暖かな絵があり、両手でそっと包み込まれたように綴じられた便箋の中の文面にも、まるでその時の私の心情をどこからかご覧になっていたかのようなことばがあった。
不思議な符牒。
日が沈んでいく部屋の中で、ぼんやりと、その不思議を噛みしめていた。


日が経って落ち着いた頃、Rと一緒に見た『儚 十九夜物語』では、Shinjuroさんのコラボレーション作品に現れた文字(タイポグラフィ?)に、また驚いた。
その文字のデザインが、Rがタイトルなどを手書きする時の絵的な文字にそっくり!
いや、そっくりというのは大変大変失礼だけれど、丸とシンプルな直線が強調されたその不思議な形は、見慣れたRテイストで、思わずふたりで声を上げたほど。
そう言えばケースもR好みの菫色。
ますます不思議な縁を感じずにはいられなかった。


端正だったり柔らかだったりPOPだったりと、それぞれ表情の異なる装丁。
喪失感を埋めるかのような本の重みと、心に添うような繊細な蔵書票。
時間の流れが変わるような映像が収められたディスク。
一月の終わりを迎える度に、それらに囲まれ驚き癒されたあの時間を思い出す。
本当にありがとうございます。

f0000211_19142689.jpg

写真は届いたその夕方に陽の落ちかけた薄暗い部屋で撮ったもので、西日で色合いも少し変わっていて、ピントも甘々。
ブログ用にはあらためて撮り直そうと思っていたけれど、この写真にあの時の気持ちがそのまま一緒に写し込まれているような気がして、作品やデザインの色合いが少し変わってしまっていて大変失礼ながら、やっぱりこの時の写真を使いたくて。

Shinjuroさんの作品の本当の色合いを、ぜひこちらのブログでどうぞ。
「トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート」
(カテゴリの中の「HOLONの仕事」に、これまで手掛けられたデザインの一部が纏められています)


なお、Shinjuroさんのデザイン工房[HOLON]は、本日設立十五周年を迎えられたとのこと。
心よりおめでとうございます。
来年2013年2月に、日本橋茅場町の森岡書店さんにて、これまでのブックデザインとタイポグラフィの展示が催されるそうです。
お近くの書物好きの方は、ぜひどうぞ。
[PR]
by karino-tohko | 2012-02-01 21:13 | 日記
<< 私も母の年齢になる 超カンタン、鶏ささみのアボカド和え >>