ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2012年 01月 18日
うつろな父
同窓会に出るために帰省した日、せっかくだからと親の家にも少し顔を出して、三ヶ月ぶりの父親の様子にショックを受けた。

がらがらと玄関の戸を開けながら「ただいまー」と大きな声を出し、「帰ったよ」と声をかけながら部屋に入ると、顔をテーブルに伏せたまま反応のない父がいた。
眠っているのかと思いながら、「お父さん、帰ったよ。私、誰かわかる?」と声をかけると、ゆっくり顔を上げて「…わかるよ…おねえちゃんやろ」。
ああ、よかった。まだわかってくれてる。眠ってたんじゃないのか…と思ったものの、数秒ぼんやりこちらを見たあと、またゆっくりテーブルに顔を伏せる父。
単に眠いだけではないような、不思議な反応の鈍さ。
明らかに前までとは様子が違う。
あとから家に入ってきた母に「お父さん、いつもこんなふうなん?」と聞くと、「そやねえ」。
「だいじょうぶなん? 薬のせいなんかな」「そやねえ。静かでいいけど」
うーん…。

ああ、そうだ、と、初めて親に用意したお年玉を「お父さん、はい、お年玉」と差し出すと、またゆっくり顔を上げて、「…お年玉…?」
「うん。お父さん、前に私にお年玉くれた時に『そろそろ私があげる番ちゃうん?』って言ったら、『お父さんが仕事してるうちはお父さんがあげる番や。お父さんが会社やめたらその時はもらうわ』って笑ってたやろ? もうお父さん仕事辞めたし、私があげる番やよ」
「ふーん…」
わかっているのかいないのか、私があげたぽち袋を手に、表情なくぼんやり眺めている。
なんだかその様子にいたたまれなくなって部屋を出て、いったん玄関に荷物を整理しに行き、5分ほどして部屋に戻ってきたら、父は、まださっきと同じ姿勢のままぽち袋を見ていた。

目を開けていても、夢遊病者のようなうつろさ。
表情がなく、とにかく目つきが以前とは違う。
アルツハイマー病の薬に加えて秋から処方されるようになった坑鬱剤のせいなのか。
11月頃に頭の中が麻雀になった時にはまだ、何かを数えながら「おれ、上がりや」と嬉しそうに笑ったり、三つ並べた椅子に誰かが座ろうとするのを「この牌はわしのや!」と怒って阻止したりと、感情や表情はあったらしい。
その時はその時でショックだったけれど、この状態よりはましな気がする。


f0000211_19432857.jpg相変わらず物でいっぱいの台所の電子レンジの上に、適当なお鏡が飾ってあった。
その適当さがなんだか悲しくてカメラを向けていたら、「客間にもあるのよ」と、母。


f0000211_19434746.jpg客間をのぞくと、床の間の隅に、昔四人家族だった頃よりふたまわりほど小さくなったお鏡が飾ってあった。
「もう、昆布も干し柿もしてないの。橙ももうふつうのみかんにしといたわ」
昔は欠かさず、大きな昆布と長い串に通した干し柿が載ってたっけ。
元旦の朝は起きて着替えて顔を洗ったら、まずこの前に集まって正座して、父がこの三宝をめいめいの頭の上にかざしてなにやらむにゃむにゃ唱え、私たちも目を閉じて頭を下げて何やらむにゃむにゃ祈り、そのあと、三宝に載せられたお年玉袋をひとつずつもらうのが習慣になっていた。
普段はひと気なく薄暗いこの客間に明りをつけて大きなストーブで暖を入れ、お正月の三が日だけは三食ここでお雑煮とお節だけを食べて過ごして、ハレの気分に浸るんだった。



そんなことを思い出しながら、そろそろ行かなきゃと荷物をまとめてコートを着て、「お父さん、じゃあ行くね。またね」。
今度は返事はなく、顔もテーブルに伏せたまま。
次に来たときにも覚えてくれていますように。
[PR]
by karino-tohko | 2012-01-18 19:52 | 日記
<< ずっと乳白色 ゆるゆると生存曲線 >>