ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2012年 01月 13日
非日常へ
同窓会の刺激が意外に大きくてしばし日常に戻れず。

二十数年ぶりか三十数年ぶりの同窓会に出て実感したこと。私は自分の年齢を見誤ってる。いろんな意味で。
ここ数年ずっと、今自分がヒトの一生のどのあたりにいるのか測ろうと、何も手掛かりのない空っぽな場所で物差しを手にうろうろしていた。


f0000211_0333613.jpg

同窓会の朝、新年早々電車に乗り遅れた。
充分早く起きたのに、間際になって手袋が片方見つからないというお約束の展開。
手袋をあきらめて家を出ようとしたら、数年ぶりのパンプスなのにどれを履くのか決め忘れていて、急いで選んだものに久しぶりに足を入れようとすると入らなくて、さらに予定外の雨で傘も必要になって。
駅まで走ったけれど2分差で間に合わず。
最初の駅で2分遅れると途中の乗換駅で30分待ち。最終的に予定より45分遅れで到着した。


同窓会への参加は少し迷ったけれど、出てよかった。感慨深い。
怖ろしい記憶の掘り掘り返しもあったけれど。

爆撃第一弾は、「確か、ポエム書いてたよね?」
ひいぃーっ!
結構みんな人の過去のエピソードを覚えていて怖すぎる。
「夏休みの自由研究発表にはびっくりした。とにかく強烈な子だった」と私のエピソードを話す君のことばが私には強烈。
「ほら、あの話、覚えてる? すごい子がいてねーって我が家で語り草になってる」
語らなくていいから! っていうか、それ、ちょっと話変わってるから!


誰だったかすぐには思い出せない人も多い中、会う人ごとに言われたのは「○○さん! すぐにわかった!」「全然変わってない!」
ああ、この頃もおかっぱにメガネだったんだ。
十代後半からコンタクトレンズにして髪型もいろいろ変えて衣装っぽい服装にしたりして、姿かたちだけでも別人になった気でいたけれど、結局一周して元に戻ってる。
自意識ガチガチで人目を気にしていた頃と、そんなもの枯れて人目なんてどうでもよくなってきた今とで同じ姿をしているのも、不思議なもの。


十代までの記憶はろくなものがなかったので、以前は同窓会ってことばに嫌悪感を覚えるほどだったけれど、数年前に何かの気まぐれで思い切って出た高校の同窓会が覚悟していたほどしんどいものではなくて、むしろ、わだかまっていた自分の気持ちの整理にもつながったので、あとになってから、出てよかったとつくづく思ったんだった。
今回も、この二十数年ぶりの機会を逃して次回となるといったい何歳になっているかわからないし、できるうちに気持ちの整理をしておきたいという思いと、このところ「またそのうちに会えるだろう」と思っていた人が亡くなることが相次いだので、会える人には会えるうちに会っておきたいという思いもあって、「参加」に印をつけたはがきを投函。

いざ参加してみると、当時はいろいろ気にし過ぎて話しかけることもままならなかった人と普通に話せることに、自分でもびっくり。
何よりも、会いたかった人たちに会えて、「うわーっ!」と歓声を上げたいくらい嬉しかった。
これといって何かを話せたわけじゃないけれど、会えただけで本当に嬉しかった。
ありがとう、ありがとう。


お昼から始まった会は、2次会、3次会と盛況で、その日のうちに帰ろうと、4次会の前に抜けてきた。
その場ではただただ懐かしさや思い出話でいっぱいいっぱいだったけれど、ひとりになって少し時間が経ってから、頭の中がぐるぐる。
夜中、またヒーターの前で寝落ちて朝方目が覚めたとき、なんとも心の落ち着きどころのない夢を見てぎゅーとなった。
すっかり冷めたお風呂を温め直して夜明け前にゆっくりお湯に浸かっていたら、昼間の会話があれこれよみがえってきて、また、「うぎゃー!」
翌日も、前日の強烈な非日常がボディブローのようにずんずん効いてきた。
数日間その余波にゆるゆる弄られ続けて、今、ようやく落ち着いてきたところ。


で、今、ヒトの一生のどのあたりにいるのかって?
なんとなくわかった気がするけれど、うまく説明できない。
[PR]
by karino-tohko | 2012-01-13 00:41 | 日記
<< ゆるゆると生存曲線 遡って、大晦日から元旦 >>