「ほっ」と。キャンペーン
ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(345)
(290)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(39)
(33)
(33)
(22)
(18)
(8)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン  
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
ブログ専用アドレスでたまにしかチェックしないので、返事が遅れがちです。すみません。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2011年 10月 25日
かびた窓ガラス磨き (片付けられない親の家の掃除 四回目)
先々週の連休の帰省で、前々回に帰った時から気になっていた親の家の窓ガラスを磨いてきた。

窓ガラスが曇っているだけなら別に気にならないけれど、親の家の窓ガラスの半分近くは、なぜかこの状態。
f0000211_2036874.jpg
 ↓ アップ
f0000211_20364596.jpg
美しい結晶模様…のような、黒カビ。
外側ならともかく、窓の内側。
私の家の窓ガラスもずいぶん長らく掃除していないけれど、こんなふうにカビた窓はない。
暖房のない玄関ホールや夜寝る時以外はひと気のない二階の廊下の窓もこうなっているので、冬場の結露のせいだけではないよう。
原因はわからないけれどとにかく体に悪そうなので、スプレーボトルとガラススクイーザー(ガラススクイジー)持参で帰省した。

持って行ったスクイーザーは、真鍮製のこれ。
さっとひと拭きでプロ並みの仕上がりになるプロ仕様。
f0000211_20394729.jpg
以前愛用していたお気に入りのシンプルなやつ(エトレ(ETTORE) スタンダードスクイジー(真鍮) 12"(30cm):amazon)→
をどこかに失くしてしまったので、帰省前にホームセンターに買いに走ったら、柄の部分に紺色の滑り止めゴムが巻かれたこれしか置いていなかった。
まあ、どうしても目障りだったらゴムは外せそうなので、これで妥協。
これがあれば窓ガラス掃除が手早く簡単に終わるので、一家に一本、おすすめ。
どちらのスクイーザーも何サイズかあったけれど、私にはこの30cm幅が使いやすい。
どちらもそれぞれ、ワイパー部分の替えゴムや高所用の延長パイプも売っている(はず)。


あまり時間がなかったので、この日の窓掃除はカビている窓だけで、しかも内側だけ。
ガラススクイーザーがあれば、ぬるま湯をスプレーしてスクイーザーで拭き取るだけで汚れはきれいに落ちるけれど、カビているので殺菌を兼ねて重曹水をスプレーしようと思い、「お母さん、重曹持ってるって言ってたよね」と出して来てもらったら、
f0000211_20485137.jpg
まだたっぷり入っていてほとんど使ってない状態なのに、この年季の入りよう。
どんどん使おう。


まずは、玄関ホールの窓ガラス。
たっぷりのウエスを用意して、スプレーボトルに重曹と水を入れて振り混ぜたものを窓ガラスにスプレー。
この時点で、喫煙者のいない家なのに、茶色い液がたらたらと滴ってくる。
それをスクイーザーでひと拭き。
f0000211_204941100.jpg
他の窓に比べてそれほど汚れていないように見えたけれど、それでも、カビっぽいものがもろもろ出てくる。
そして、湿気を帯びたせいで何とも言えないにおいがぷんと立ち上がる。
ひたすらスプレーしてスクイーズ。
 ↓
f0000211_20502445.jpg
外側は掃除していないのでまだ白っぽくくもっているけれど、掃除前に比べるとずいぶんすっきりした。


次に、二階廊下の窓。
前々回の帰省時に最初にカビに気付いた窓で、西向きで日当たりよく風通しもよさそうなのに、なぜかカビカビ。
ここも同じようにガラスを掃除して、サッシ部分も掃除。
レールには排水口並みの汚泥がごっそり…と思っていたら、ガラス三枚目で、どうやら半分は、窓ガラスに張り付いていたカビらしいと気が付いた。
f0000211_20511797.jpg

f0000211_2052425.jpg
窓ガラスを拭いただけとは思えない真っ黒なウエス。


そして、母親の部屋と父親の部屋と居間の窓掃除。
f0000211_20545995.jpgこの点々も、アップで見れば見事な結晶模様。
 ↓
f0000211_20551540.jpg重曹水をスプレーしてスクイーズ。
 ↓
f0000211_20553270.jpg視界が開けた。


窓掃除のために母親の部屋に入ったら、三年前とずいぶん様子が違っていて驚いた。

f0000211_20561891.jpg三年前は、ドアを開けようとしたらこんな状態でドアが開けきらず、中に入れない状態だったのが、
 ↓
f0000211_20574163.jpg今回は、こう。
ガンが見付かった時に、さすがにこのままでは何かあった場合まずいと思って片付けたのか。

作業台の上にもほとんど物がなく、

f0000211_20585380.jpg床も広い。

f0000211_20593233.jpgなんでこんな半端な場所に大きなピンクの水晶を置いてるんだろうと見るとコンセントが延びていたので、スイッチを入れてみたら、オレンジ色に光った。
ローズクオーツランプ?
「心と体にいい波動が出るからってお友達がプレゼントしてくれたの」と、母親。

f0000211_2191441.jpg母の部屋は珍しく片付いてはいたけれど、ほこりがひどかったので、ついでに掃除機がけ。
ベッドのヘッドボードがこの状態。
この10cm脇に枕がある。
気管支炎になりそう。



f0000211_21122239.jpg居間の窓はどうかと見に入ったら、座卓の上に、お正月に使った三宝ともろぶたを発見した。
もうすぐ次のお正月だというのに、もろぶたの中には打ち粉がそのまま入ってる。
いや、私んちもまだ二階のミニ鏡餅を飾りっぱなしではあるけれど。
f0000211_21125966.jpg「これ洗うのに使えるもの、何かある?」と訊いたら、新品のままどこかで眠っていた亀の子束子が出てきた。
使わないものがいろいろ揃ってる。
親子だなあ。
f0000211_21142045.jpgすっきり。



網戸もひとつ洗った。
洗面所の小窓の網戸。
f0000211_21275531.jpg写真では伝わらない汚さ。
網の一本一本がほこりで三割増し太く見える。
それでなくても窓が小さくて薄暗い洗面所が、汚れのせいで一段と暗い。
f0000211_21281144.jpg古ハブラシでひとこすり。
どれだけ汚れていたかよくわかる色の違い。
f0000211_21284439.jpg洗って風呂場で乾かし中。
f0000211_21292569.jpg洗面所が明るくなった。



f0000211_21195439.jpg一階の廊下の窓は、と見てみたら、窓ガラスのカビはセーフだったけれど、物ひとつないこんな掃除しやすそうな廊下の床にほこりや塵がたんまりたまっていた。
ざっと掃除機かけ。


こんな簡単に掃除できそうな廊下も掃除しないのは、掃除機が非常に使いづらい機種だからかも知れない。
最初この家を掃除しようして「掃除機貸して」と出してきてもらったら、ちょうどその少し前に、Rの母親の家で掃除を手伝ったときにあまりにパワーが弱く、そのうえスイッチや延長パイプがあまりに使いづらくて驚いた掃除機とまったく同じものが出てきたので、二重に驚いた。
Rの母親にも「今度Rさんに新しい掃除機買ってきてもらおうか?」と言ってた機種。
これでは今以上に掃除頻度が上がることはないだろうと、二日目のお昼にみんなでお好み焼きを食べに出た帰りに、妹と電気店をまわって掃除機を買ってきた。


もうひとつ、驚いたこと。
台所の換気扇のスイッチが入らないので見てみると、ボタンが油でコテコテに固まっていた。
汚れてコテコテになってきたので触るのがイヤで触れずにいたら、ますますコテコテになった?
我が家の20年間掃除していなかった換気扇フードでも、なんら問題なく機能していたのに。
なんでこの家の汚れはなんでもこんなにレベル高いんだろう。


帰りに母が「持って帰り」とくれたかぼちゃ。
「かぼちゃ? これが?」と驚く長さ、40cm余り。
こんなかぼちゃ見たことない、と驚いて写真を撮っていたら、撮りながら「あれ…?」と、何か思い出しかけた。
f0000211_21304676.jpg
f0000211_21305951.jpg
今、これを書きながら検索したら、出てきた。
これだ。ここの四枚目の写真。→http://karino.exblog.jp/3245574/
ああ…。がんばれ、私の記憶力。


f0000211_2132360.jpg
掃除した二階の窓ガラスを通して見る夕焼け。

今回やったのは、カビの生えた腰窓10枚+テラス窓3枚の掃除、母の部屋と父の部屋と居間のほこり掃除(長年のほこりが積もり固まった居間の出窓の細々した小物掃除が難関だった)、洗面所の網戸洗い、風呂のカビ掃除、放ってあったもろぶた洗い、台所の換気扇フードのスイッチ部分の掃除、廊下と階段の掃除機かけ、そして、使いやすい掃除機購入。
親の家にいて起きていた時間はたった15時間ほどなのに、なんという掃除濃度。
自分の家もこのペースで掃除できたなら、どんなにぴかぴかになることだろう。
[PR]
by karino-tohko | 2011-10-25 21:58 | 日記
<< 落ち着きのない母親 F氏の蔵書がやってきた >>