ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2009年 08月 08日
決断できない
新しい健康保険証が届いた。
裏面に臓器提供に関する意思表示の記入欄がある。
「脳死」で「全臓器提供」に丸かな、いや、いったん記入したら、意志が変わったときには保険証ごと再交付してもらわなきゃいけないようだし、異議はないだろうけれど念のために私の分もRに確認してからにしよう、といったん保留。

夕方、別の場所で求職者の面接をして、そのあとそこでRに「はい、新しい保険証」と手を伸ばしてRのカードを差し出した。
「裏に臓器提供の意思表示の欄があるから、記入したかったら記入するようにって」
「提供するよ」
「脳死後? 心臓停止後?」
「脳死後」
「提供するのは、心臓、肺、肝臓、腎臓、膵臓、小腸、眼球…」
「全部」
私の正面で机の向こう側に座って、窓からの弱い西日を受けている穏やかな声のR。
伸びたくせ毛がくるくるふわふわ柔らかく光に溶けて、少し目を細めて静かに微笑むような表情をしている。
「いやぁ…」
急に泣けてきた。

以前は、臓器だけでも生き続けて誰かの助けになればと思っていたのに、なんだか、もう間もなく、白い柔らかなRの体にメスが入って切り取られていくかのような気持ちになって、今病院にいてそれを決断しなければいけないような錯覚を覚えて、気持ちが揺らいだ。
「大丈夫だよ。ぼくがいなくなってもぼくの心臓や肺は残るんだよ。誰かの中で生き続けるんだよ」
だーだー泣けてきて止まらない。
こちらを見ている穏やかな目。その目が無くなってしまうのは悲しい。
「目だけはいやー」
「代わりにきれいなガラス玉を入れてくれるよ」
「でも、いやー」
「じゃあ目は残しておこうね。目はおまえにあげるよ」
「いらないー。やっぱり今書くのやめて。また今度にして」
「じゃあ今度にしようね」
それでも泣き止まず、しばらくだーだー泣き続けた。

今は不安定になっているから、と思ったけれど、落ち着いて本調子になってから臓器提供に丸を付けもらっても、やっぱり、実際にその時が来たら、決心は揺らぐだろう。
脳死状態だと言われても、柔らかく温かな肌にメスを入れてその生を完全に終わらせてRを失ってしまう決断ができるだろうか。
斜めに射す西日の中に溶けていきそうなRが今にもいなくなってしまいそうに思えて、泣き止みかけても、静かに微笑んでいるRを見たらまた泣けてきて、いつまでも泣き止まない。



散々泣いたらあれこれ溜まっていたものが全部流れ出ていったのか、夜になってから、ずっと滞っていた仕事がいくらか進んだ。
[PR]
by karino-tohko | 2009-08-08 02:29 | 日記 | Comments(14)
Commented by ゆらね at 2009-08-08 04:01 x
私も自分が提供する側だったら「脳死後・全部」で構いませんが、家族の臓器を提供するか判断する場合は迷うと思います。その場に立ってみないと分からないだろうけど…。そう考えると、その選択を家族にさせることは避けた方がいいのかなとも思いますし。
こういうことを考えると急に目の前の相手が消えていってしまいそうで、胸が締め付けられそうになります。
涙によってストレスの成分が体外に流れ出るそうで、泣くと落ち着きます。
Commented by 桜餅 at 2009-08-08 11:39 x
何度も読み直して 自分の気持ちとオーバーラップしてもらい泣きしてしまいました

提供する事で助かる命がある事は頭では理解しているつもり… でもまだ心臓は動いているの… だからお願い!愛する人を奪わないで!! そもそも自分が生きてるうちに 愛する人がそんな事になって欲しくない!! 逆にRさんの立場だったら Rさんと同じ選択をするでしょう…
Commented by 桜餅 at 2009-08-08 11:41 x
続きです
誰かに「必要とされてる」と実感できず そもそも「自分は人間ではなく 人の型をしたモノなんじゃないか?」と感覚に蝕まれて今まで来ました うつの薬をもらっても全然効いてる感じがしません(あ、ジェイゾロフトももらってました)

もし自分が人間で 提供する事で助かる命があるなら パーツ取りにでも検体にでも使ってよ! それが「働く」事になるなら… そんな感覚です


長文ですみません…
Commented by 桜餅 at 2009-08-08 13:16 x
たびたびすみません
カリノさんが以前書かれた「遺骨でダイヤモンド」の話を思い出しました

Rさんはカリノさんを誰よりも愛してらっしゃる 痛いくらい伝わって来ます

ありきたりな言葉ですみません
Commented at 2009-08-08 16:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 紗更 at 2009-08-08 16:50 x
・・・何だか、読みながら泣けてきた。

Commented by karino-tohko at 2009-08-08 20:23
■ゆらねさん
以前からふたりとも口では「脳死後・全部提供」と言ってたのに、いざその意志をしっかり書き残すとなると、途端に迷いが出ました。
いえ、迷いが出たのは私だけで、Rに迷いはないようですが。
(私が泣きながら「おまえは私が『脳死後・全部』でもいいの?」と訊いても「ああ、いいよ」と答えてました。)

涙と一緒にストレス成分が排出されるそうですね。
あれこれたまっていたものが久しぶりに流れ出たようです。
Commented by karino-tohko at 2009-08-08 20:24
■桜餅さん
頭では理解していても、気持ちは混乱してしまいますね。
移植でも検体でも使ってもらえたら、と思っていましたが、
自分のはともかく、パートナーや家族のは、決断が難しいです。

「遺骨ダイヤモンド」、長く残せるなら残しておきたいですが、
でも、盗られたり換金されたりするかもしれないことを考えると、脆くても骨のままでいいかな、と。
いつかはどちらかが先に行くのだということを
つくづく考える年になってきました。
Commented by karino-tohko at 2009-08-08 20:25
■鍵コメント様
内側でぐずぐず溜まっていたものがだーっと出て
少しラクになりました。
Commented by karino-tohko at 2009-08-08 20:26
■紗更さん
どうもありがとうございます。
Commented at 2009-08-08 21:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by karino-tohko at 2009-08-10 18:39
■鍵コメント様
答え、なかなか出せませんね。
今でも出せない答えが、実際にその時にその場で出せるとは思えないです。
他に助かる命があれば、と思う一方、どうかこれだけは、と懇願してしまいそうです。
Commented by ヒロコ at 2009-08-11 22:41 x
以前は、役に立つなら、全部…と思っていたのですが、話題になった頃、主人が「俺はいやだな」って。
わたしは、家族の死を経験してないからかもしれない。
主人は幼いときに父親を大人になってからは母親を看取った。
その、死の瞬間から、移植の話が始まったら、そりゃー、今まで、納得していたことは、なんだったのってくらいの、気分になるんでしょうね。
たとえ、きれいなガラス玉が入ったとしても・・・。

移植して助かる命があるのなら・・・って言うせりふは、身内の時には、言えないんだろうな。
Commented by karino-tohko at 2009-08-15 20:33
■ヒロコさん
なかなか、頭で考えるようには感情は整理できないですね。
脳死でなく心臓死なら迷わないかもと思ったけれど、
検索してみたら、それも難しい問題のようです。
臓器提供の意思表示欄は、まだしばらくは書き込めそうにありません。
<< 「強姦罪には去勢刑を望みます」 読みづらい >>