ADHD,アスペルガー症候群,インテリア,雑貨

ゆがんだもの レトロなもの
by カリノ
記録魔。保存魔。依存体質。プラシーボ体質。
片付けられない人間。
アスペルガー+ADHD。




汚部屋写真はこちら

karino.exblog.jp/18010845/




ブログタイトルをクリックすると最新記事30件が表示されます

(「タグ」「以前の記事」一覧も目次の下に本文が30件ずつ表示されます)




ブログランキング・にほんブログ村へ
  にほんブログ村


カウンター
[PR] キーワード広告

カテゴリ
全体
モノ 家 雑貨 蒐集
A-spectrumの脳みそ
ARTS、CINEMA、BOOKS
異文化の人たち 日本語
WEB、PCなど
好きなこと
R
日記
 
一時避難
一時避難2
未分類
タグ
(346)
(293)
(120)
(69)
(57)
(48)
(45)
(45)
(34)
(33)
(22)
(18)
(10)
(7)
(7)
(5)
A-spectrumの脳みそ参考リンク
■ADHD
■アスペルガー症候群(AS)
■高機能広汎性発達障碍(HF-PDD)

■ オマケ
 フロンティア★ADHD
 (漫画で解説★ADHD)



検索エラーがよく起きます。
「キーワードに一致する結果が見つかりません」と出た時は、そのままの画面でもう一度「検索」ボタンをクリックしてみて下さい。
 
検索
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
お気に入りブログ
夢見るかえる 
KHAKI DAYS
ふるふる、ぐるぐる
七味とうがらし
カメラの記憶
Clov's Kitchen
PG
ばーさんがじーさんに作る食卓
また同じ映画をみてしまわ...
村人生活@ スペイン
No Blog,No L...
r-photo
O, Sancta si...
糸巻きパレットガーデン
r-note
Kumatetsu Ga...
ヒビノアワ
くらしの手帖
堂本陶工房 日記
やっぱり・・旅へ
岩室温泉・松屋の幸せありがとう
SoL ~ Slice ...
窓の向こう側
MAISON ET TR...
kingstone Photo
リンク
・iStock:Linoleums
・PINGOO!:カリノ トウコ
・Pinterest:Karino Tohko
・Untitled
(tumblr Gallery : Untitled)

・裏ルンタ
・50になってもまんがを描いている (AHOHO!!!)
・Karachi’s Homepage
・inclusion
・変貌する歌声たちへのオマージュ
・片付けられない女魂
・おそらくその平凡こそ幸せ
・OIKAWA,Satoko blog
・X51.ORG
・a_a 
・夢で、逢いませう
・The Art Notes to the Swan of Tuonela トゥオネラの白鳥に捧ぐ鑑賞ノート
・廃墟ディスカバリー
・午前3時、万年床で見る光芒
・舟橋英次 迷宮の世界
・気がつけば82歳
・みたらしだんごのにおい
・汚部屋だらけの家を綺麗に
・ほんわかぽにょぽにょ
・とりあえず俺と踊ろう new!


リンクはご自由にどうぞ。
連絡は不要です。

Mail
メールはこちらまで
迷惑メールが非常に多いので、「こんにちは」「初めまして」以外の日本語の件名でお願いします。
  





このページをよく読んでくれている人が「よく読んでいる」ブログが表示されるそうです。
試しに貼ってみました。
あわせて読みたい





この日記のはてなブックマーク

テキスト庵
AX

Googleボットチェッカー




PVアクセスランキング にほんブログ村














2009年 06月 30日
ぐるぐる
昨晩10時頃、事務所で下の話を書いた後に、外出先から戻ってきたRの車に乗り込んで一緒に帰路についた。
その途中、ふとあることが気にかかり始めて、家の近くまで帰ってきてから、「ごめん、ちょっとだけ事務所に戻ろうかなあ…」。

R 「何? 何か忘れたの?」
私 「あ、やっぱりいい。大丈夫だと思う」
R 「何?」
私 「事務所でタバコ吸ってたんだけど、ちゃんと消したはずだけど、心配になってきて。吸ってたのは2時間ほど前だし、帰る前に吸殻入れを片付けた時には缶が熱くなかったから大丈夫だと思うけど…」
R、無言。
私 「きっと消したはずだし大丈夫だと思うけど…もし万が一、火事になって会社がなくなっても、怒らないでいてくれる…?」
無言。
私 「あ、やっぱりあとでひとりで見に行くから、今はいい。消したはずだし。ただ不安なだけだから」
R 「戻るよ」
私 「おまえは先に帰って休んでて。疲れてるでしょ。いったん家に帰ってから、私が自分で運転して行くから」
家に向かう角を曲がらず、黙って車を国道の方に向けるR。
私 「ごめんー、ほんとにごめん。絶対消したはずなんだけど、不安になってきて…」

疲れているRを早く休ませるどころか、余計に疲れさせてしまった。
不安状態になると強迫的になることは時々あるんだけれど、いつもはひとりでいる時に車を走らせたり戻ったりで、一緒にいる時にはせいぜい、同じ車で出勤する朝に「ごめん、もう一度鍵を見てきていい?」と、数十秒待たせるくらい。
こんなふうにRを巻き込んでしまったのは初めて。
「本当にごめん。遅くなるし、今日はもう晩ごはんは食べて帰ろうか。冷麺とか好きでしょ? 好きな店に行っていいよ。おまえの好きなの食べて」


で、バックミラーに映るRの疲れ切った目を気にしつつ事務所まで戻って、鍵を開けて中に入って、こういう時は何度吸殻入れを確認しても「ほんとに消えてたっけ」とまた不安になるのは目に見えているので、吸殻入れを手に外へ。
明かりを消して再び鍵をかけながら、「吸殻入れはここにあるからもう大丈夫。…いや、まさか、足元や机の上に火の付いた灰や火の粉が落ちてなかったよね…?」と気になり始めて、いやいや、あの状況でそんなふうになるわけないし、ここでまた中に引き返したら、さすがにRも「いい加減にしてくれ」となるに違いない、と、ありえない不安を振り払って車へ。
で、車のドアをバタンと閉めてから、「あ、今、ちゃんと鍵かけたっけ…?」

鍵をかけようとドアの方に向き直ったのは確かだし、鍵をまわした感触も手に残っている。かけたはず。かけたに違いない。きっとかかってる。かかっていると思いたい。
いや、もう、火事にさえならなければ、鍵くらいかかってなくてもいいか。
たとえ鍵が開いていても、ちょうどこのタイミングで泥棒がやってくる可能性は低いし、もし泥棒に入られたって、たいして盗られるようなものはないだろう。
そう言えば、前に事務所に泥棒に入られた時も目ぼしい物はなかったらしく、確か金庫の中の硬貨を2000円ほど盗られただけで、あとはドア錠の修理代がかかっただけだった。
もしドアが開いていたら泥棒に入られても鍵を壊されずに済むし、かえってラッキーかも。


そうやって「火の粉」や「鍵」の不安を振り払って、うどんやさんへ。
店内で食券売り場から席に向かおうと振り返った時と椅子から立ち上がった時に、くらりと足元が揺れた。
ああ、コレも出始めたか。
自分ではそんなにストレスを感じているつもりはないんだけれど、こうやって強迫感や眩暈が出てくると、ああ、結構まいっているのかも、とわかるので助かる。
ちょっとだらだらしてもいいことにしよう。(いつもしてるけど。)
それから、事務所でタバコ吸うのはやめよう。(前にも何度か、夜遅くにひとりで確認しに戻ったことがある。そう言えば、Rが出張でいない時ばかりだったような。)
[PR]
by karino-tohko | 2009-06-30 18:26 | 日記 | Comments(9)
Commented by 浅田 まき at 2009-06-30 19:03 x
かりのさん、こんばんは。

確認したはずなのに、それでもつきまとう不安感。
ワタシもそんな感じです。
出かける時の戸締り確認は手順をキチンと決めていて、その通りやらないと気が済まず、
なのに、鍵を締めて階段を降りた後に「あれ?ホントに締まってた?}とか、手順が同じゆえに「それは昨日のことじゃ・・・」とか思えてきて
また玄関に戻る。というのは、よくあります。
今さっきしたことを昨日のことだなんて、自分でも大丈夫か?と思います。

そういう自分をエイヤっと抑えつけても余計おかしくなりそうなので
「ワタシは変態なんだ」とか「確認マニアなんだ」と思うことにしてます。
何の解決にもなっていませんが。
Commented by どうやらみそ at 2009-06-30 22:10 x
強迫症状も体調管理の「目安」として使ってもらえれば、症状冥利に尽きることでしょう。
火の元や鍵については、携帯電話についてるカメラででも、火を片付けた写真や鍵を閉めた写真を撮っておいて、自分に見せてやることで、脳が納得してくれることもあるようなので、必要なときにはお試しください。あと、「燃えるなら燃えちゃえー。」「もうなんでも好きにとっていけばー。」と口に出すことで脳が納得することもあります。
私の「まいってる目安」の強迫症状は、一枚の紙なのに、どうしても2枚以上あるように思えて、紙を爪先で2枚以上に分割しようと、カリカリ触り出すことです。この症状の場合、写真を撮って自分に見せて、脳を納得させてやることはできませんが、この症状が出てきたら、こまめに「だいじょうぶ。一枚だよー。」と自分に声をかけてみたり、「お、そうか、そうか。」と自覚して、いろいろ気をつけるようにしています。
何はともあれ、相当にお疲れのご様子。こころして養生なさってください。
Commented at 2009-07-01 03:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-07-01 03:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by n_home at 2009-07-01 14:16
あります。ぐるぐるぐるぐる。
もう自分の行動のすべてが信用できないこと。
列挙にいとまがないです。
Commented by karino-tohko at 2009-07-04 18:43
■浅田 まきさん
> 「それは昨日のことじゃ・・・」
あります、あります!
つい今やったことなのか昨日やったことなのかわからなくなるんて、ほんと、「大丈夫なのか? 私」と思います。
で、確認しに戻ったのに、確認しながら「今度こそ」とか余計なことを考えていたせいで、また次の瞬間「今、ほんとにちゃんと確認したっけ? 玄関まで戻ってドアノブをガチャガチャやったけど、無意識にガチャガチャ回しただけで、開かないかどうかちゃんと見てなかったような…」と不安になって、また戻って…。
いつまでもぐるぐるやってます。
私も、気にしすぎると余計にひどくなりそうなので、それが起き始めると「ああまたか」「私はこういう面倒なヤツなんだ」と開き直るようにしています。
「ワタシは確認マニアなんだ」、効果ありそうです!
Commented by karino-tohko at 2009-07-04 18:45
■どうやらみそさん
写真、火の元の確認に役立ちそうです。
二度三度と気になりそうな時に試してみます。ありがとうございます。
(鍵は、私の場合、鍵穴に鍵を刺して写真を撮ったものの、写真を撮ることに気を取られて鍵をまわしたかどうか余計にわからなくなりそうなので難しそうです。)

> 一枚の紙なのに、どうしても2枚以上あるように思えて、紙を爪先で2枚以上に分割しようと、カリカリ触り出すこと

なんとなく、知覚の変容(急にものがまぶしくなったりする「知覚変容発作」ではなく、ぐわーんと手の先が遠のいて小さく感じたりする不思議の国のアリス症候群のような)に似ているような、不思議な感覚ですね。
(大学の頃、何もない親指と人差し指の先で、薄紙の枚数を確かめるかのように、または見えない小さな粒を丸めるかようにくるくるすりすりやっていると、そこから不思議な知覚が起きてくると言ってた人がいるので、その印象から似ていると思うのかも知れませんが。)
みそさんも、どうぞ疲れをためられませんように。
Commented by karino-tohko at 2009-07-04 18:46
■鍵コメント様
強迫症状の出る方が意外に多いようで、ちょっと安心しました。笑
様式美、なるほど。そうやって位置づけておけばちょっとは落ち着くかも。
それにしても、そのご実家でのお話、すごいです。気がかりで仕方なくなるのもやむを得ないような。
そしてそれよりも、お仕事上での事件!
私は、従業員の「あそこに刃物はなかったよね?」に、ああ、そう言えばあったけれど、まあ滅多なことはないだろう、と甘く考えていたのですが、
頂いたコメントを読んでひやりと致しました。
「そういう仕事」がいったいどんなお仕事なのか、妄想が膨らみます。

ピナ・バウシュの件、こちらのコメントで知りました。
あまりに急なことだったので驚きましたが、亡くなる9日前にも舞台に立ち、告知を受けて5日後に亡くなられたとのことで、毅然としたふうなあの人らしいと思えました。
黙祷。
Commented by karino-tohko at 2009-07-04 18:47
■n_homeさん
ああ、n_homeさんも。
仲間が多くて心強いです。(嬉し泣き)

ところで、この次の次の記事の本文中で、n_homeさんのブログへのリンクを貼らせていただきました。
(ぐだぐだな記事の中で申し訳ないです。)
事後報告になりましたが、不都合等ありましたらご遠慮なくご連絡下さい。
<< 帰宅途中 出しっぱなしの水道 >>